横浜スローライフ -- My slow life in Yokohama

位置情報、地理情報に関するサービス、その他日常生活から思ったことを気ままに記す不定期のんびり日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

iPhoneのマップアプリでのカーナビゲーション

2016年04月17日 14時45分32秒 | 地理情報関連
 最近、不慣れな場所にクルマで訪問する際に、iPhoneのマップアプリ、そう2012年9月の初回リリース当時、パチンコガンダム駅で有名になった、あの純正のマップアプリを使っている。そして満足している。使えるのだ。

 そもそも、道路ネットワークデータはパイオニアの100%子会社のインクリメントPが提供している「カーナビ品質」なので、満足に利用できて当たり前なのだが、日本に地図チームを持たないAppleが、果たして上手にそのデータをアプリとマッチさせられるかは、私は結構疑問を持っていたし、当初はやっぱり使えるものではなかった。その後地道な改良が重ねられて、十分な実用性を持つようになっている。

 昨年、Appleウォッチを買い、道案内を「トントン」と叩いて教えてくれることに感動し、マップアプリのカーナビ機能を使い始めた。

 私の標準的な使い方であるが、
 1)クルマに乗って、siriに「○○へ行くルートを教えて」と話しかける
 2)siriがその目的地を認識すれば(結構な確率で正解だ)自動でマップアプリが立ち上がる
 3)「出発」を押すだけで案内が開始される
 4)ウォッチを身につけていれば、曲がり角の直前にトントンと叩いて教えてくれる

 音声案内は、他のカーナビアプリと違って、あらかじめ録音された単語を用いないため、日本語に慣れていない帰国子女みたいな感じだ。個人的には、その舌っ足らずなのも良いかなと思う。


標準で3Dナビをしてくれる。視認性はとても良い。
あれこれ余分な情報を表示しない、Appleらしいシンプルな画面も好みだ。
POIも進むにつれて次々と表示される(この選択が今ひとつ適切で無いけれども)。
多数の建物をポリゴンから都度描画していることもあり、結構バッテリーを食うのが悩みどころ。


目的地に近づくと、「目的地は左側」と念押しの案内が出る。これも嬉しい。

 国内ではGoogleマップの利用が「常識化」していて、Appleのマップアプリを使う機会は少ないが、私はカーナビ機能に関しては、Appleも十分に活用する価値があると思う。
Comment   この記事についてブログを書く
« 株式会社ゴーガの技術顧問に... | TOP | CartoDB 2016 Japanに参加して »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 地理情報関連