JF4CADの運用日誌2.5

アマチュア無線局JF4CADの活動内容紹介ブログです。

兵庫県篠山市が「丹波篠山市」へ改名か

2018-08-01 | シャック便り
兵庫県篠山市が2019年中を目処に「丹波篠山市」に改名したい、との意思を明らかにしました。合併や市制施行を伴わない市名の改名は1959年に愛知県挙母市が豊田市に改名した例などが知られますが、実例は僅かだとされます。


篠山市は旧多紀郡の篠山町・今田町・丹南町・西紀町の4町が1999年に合併してできた市ですが、旧氷上郡の6町が2004年に合併し「丹波市」を名乗ったこと、京都府船井郡の旧丹波町・瑞穂町・和知町の3町が2005年に合併し「京丹波町」を名乗ったことから混乱が生じているとされます。テレビで篠山市が取り上げられたにも関わらず丹波市に問い合わせがいった、などの例があるそうです。

篠山側は旧氷上郡の丹波市に対し市制施行時から異を唱えるなど「丹波」の名前にこだわりがあるようで、JR篠山口駅についても「丹波篠山駅」に改名しようという動きが一時あったようです。

市名については国からのガイドラインで「読みにくいものは好ましくない」「既存の市名と重ならない」などがありますが、その自治体の条例で変更することができるそうで、篠山側から異論の出た丹波市についても手続き上認められています。


過去の例からJCCコード(2722)に変更はないと考えられ、篠山市時代のQSOやQSLは今後「丹波篠山市」に改名したとしても引き続き有効になるものと思われます。今夏のハイバンドシーズンはそろそろ終わりですが、焦って篠山市を探す必要はないと思います。

#とはいえ改名の前後で移動運用をする局(「篠山祭り」)が絶対出てくるんだろうな、と思っていますhi
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« コメットの新製品情報 | トップ | 8/5 大阪府茨木市移動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シャック便り」カテゴリの最新記事