JF4CADの運用日誌2.5

アマチュア無線局JF4CADの活動内容紹介ブログです。

京都府福知山市(JCC 2202)移動運用報告

2018-07-29 | 移動運用結果報告
7/28(土)に京都府福知山市(JCC 2202)夜久野高原に移動運用に行ってきましたのでご報告します。

連日35度以上の猛暑日が続いています。外出することすら危ない状態であり移動運用ができないのですが、今日は猛暑日にはならないようですので午前中のみ移動運用に出かけることにしました。

日除けのない移動地は危険なため日除けのできる場所になりますから福知山の夜久野にしました。もちろん保冷剤を凍らせて持ち込みます。

バンドは18/24/28/50MHzです。ハイバンドのシーズンもほぼ終わりですが、どれだけ入感するでしょうね。50MHzのアンテナは先日の福岡移動でフェーズラインがちぎれ修理したばかりです。ちゃんと使えるか確認も兼ねてのQRVとなります。

というか台風が近づいていますね。出発前に福知山市の時間ごとの天気を確認し、荒れた天気になる前に帰宅できることを確認しての出発となりました。


福知山線の始発に乗り福知山で乗り換えて上夜久野に向かいます。このあたりの路線も7月の大雨で被害が出ましたが比較的早く復旧できました。問題になるのは復旧まで1年以上かかるとされる芸備・木次・福塩線で、いずれも備後落合駅に近い山間部はJR北海道の維持困難路線と同等、あるいはそれらよりも利用客が少なくいずれ廃止の話が出ると言われていましたのでどうなるのでしょうね。

JRの上夜久野駅に到着。静かな無人駅です。誰も来ない広場に到着。東屋があるので日は除けられます。


50MHzのHB9CVと21MHzのダイポールを用意します。

50MHzのHB9CVは先日の福岡移動でこのようにフェーズラインがちぎれてしまいました。このため前の週に修理しました。第一電波の製品はIVの単線を使っているので曲げに弱く、長年使用するとどうしてもこの部分がちぎれてしまいます。Radixみたいに高張力繊維線を入れたより線を使ってくれると耐久性が高くなるのですがコスト面で使わないのでしょうかね。

毎年5月の沖縄移動の前に点検しており今年も問題ないことを確認していたのですが、どうしてもこれが起きますね。今回は修理上がりなのでテストを兼ねてのQRVです。

50MHzはまだオープンしていないので21MHzでスタートです。よく開いているようで21.230MHz付近までQRVしている局が出ています。空き周波数を見つけて9時45分にスタートです。1エリアがオープンしていますが既に台風の影響が出始めているため1エリアの移動局は出ていません。21MHzでも福知山市は珍しいようで「7MHzではQSOしたことはありますが21MHzの福知山は初めてです」という方が相次ぎました。

50MHzで何か聞こえましたのでQSYしてみましょう。あれ、6エリアですか。びっくりです。南西方向で強力です。どうもScも発生しているようですね。2エレではScは無理ですが何局かQSOできました。修理はうまくできたようです。


11時になりました。上夜久野発の福知山行きは11時48分と12時48分。オープンしているので12時48分にしましょう。まだ風は弱く、12時48分発でも台風の影響なく帰宅できそうです。後半戦は21MHzのアンテナを24/28MHzに張り替えました。

ただCondxが落ち始めており今ひとつでした。12時で引き上げましょう。


福知山駅では今夜の特急の運休告知が既に出ていました。この時間帯はまだ平常通りで無事帰宅できました。今夜と明日の食料を買い込み台風に備えたいと思います。


本日は21MHzで11局、24MHzで5局、28MHzで2局、50MHzで3局の計21局でした。ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 7/28 京都府福知山市移動 | トップ | コメットの新製品情報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

移動運用結果報告」カテゴリの最新記事