●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●マジメで真っ直ぐ君に、伝えたいこと。

2018年08月31日 | 世の中の仕組み
マジメで真っ直ぐ君たちは、偏差値の高い学校を出ている割に、案外と『世の中のしくみ』というものが、わかっていないように感じる。いつもの『ねいちゃーくらぶNPO・そんたく団』にしても、テレビやネット情報で『耕作放棄地が問題だ』とか『食糧自給率が40%を切っている』だの『ニートやひきこもりという「無業者」が問題だ』と、メディア情報を鵜呑みにして、すぐに『中途半端な行動』を起こして、にっちもさっちもいかなくなる。メディアが伝える情報など『すでに手垢にまみれたクズ情報』というのは、賢明な人は『わかっている』のだが、どうしてこんなにも『クズ情報が氾濫するのか』を、考えたことがあるのだろうか・・・。


【写真:このような『利権』を脅かすような行為は、お上が許さないことになっている】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆農を身に付けるより、世の中のしくみを知る方が大事だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いきなりだが『売春防止法』という法律をご存知だと思う。

生臭い話題で恐縮だが、
この法律の目的が『売春をなくするための法律』と思っていたら、
あなたは『相当に、おめでたい人』で『すごいモノ知らず』である。

売春防止法の目的とは・・・。

要は、ある特定の風俗店にいくと、
カネさえ払えば『女性が相手してくれる』のは誰でも知っている。
なのに、売春防止法という法律が成り立っているのは?。

『お上に内緒で、儲かる売春は許さんぞ』、これがホンマの目的なのだ。

ここまで生臭いのは極端な事例かも知れないが、
歓楽街の雑居ビルの一室で『バカラ賭博』をやったら、
警察が内偵を重ねて、一気に踏み込んで『全員が御用』となる。
だが、パチンコ屋やら競馬、競輪、競艇なんぞは『御用』にはならない。
やっていることは『賭博開帳』で、本質は全く同じことだ。

これも『お上に内緒で賭博開帳は許さんぞ』という『仕組み』だ。

今、パチンコ屋にも逆風が吹き、規制強化の嵐である。
まぁ、パチ屋がなくなることはないと思うが、
強化した分『IR』だの『聞こえのいい名前』で、
カジノを国内に作って『国家レベルで一儲けしましょうぜ』となっておる。

今まで、パチ屋や、ヤクザが『儲け倒した分野』で国が儲けようとしている。

アングラな世界の人は『そんな泥臭いこと』は止めにして、
投資やらITやらに強い人を集めて、
締め付けが強い暴対法など『どこ吹く風?』で儲けている。

仮想通貨なんぞで、中国マフィアと組んで『大儲け』しているじゃないか。

だいたい、ディトレーダーなんかが脚光を浴びるってのも、
私は『どうなんだか・・・』と思っている。
ディトレーダーはアホではできないし、株式投資の知識も必要だ。
だが、『朝、買い注文、午後、売り注文』ってのは、
そんなに『まっとうな商売』とは、とても思えない。

形を変えても『カネのニオイがするところにヤクザあり』である。

だが『暴対法』なんぞが強化され、
街中から、ヤクザが肩で風を切って歩く姿など見なくなった。
歓楽街のど真ん中にあったヤクザの事務所は、
かつては『街を威圧するのが目的』だったが、
ヤクザに圧力をかけたがために、ヤクザがタクシー運転手をする羽目に。
また、ヤクザがタクシーを利用したら、どれだけ紳士ぶって丁寧か。

世の中、どないなっとんのだ・・・。

だいたい、新しい法律やら、許認可制が敷かれたら、
そこには『必ず、新たな利権が絡んでいる』と見たらいい。
まぁ、ソフトバンクの孫正義氏が『この国はバカな国』というのも、
要は『利権』やら『許認可で守られた偽善』への抵抗だろう。

だが、お上に逆らったり、利権を脅かすと『牢獄行き』が待っている。

かつて、超右寄りの『ニッポン放送』をホリエモンが手に入れた。
だが、それもつかの間で、いろいろな罪をなすりつけられて、
逮捕、起訴され、初犯にもかかわらず『実刑判決』で、
ホリエモンは、臭いメシを食う羽目に遭った。

これも『お上に逆らったら、こうなるぞ』という見せしめである。

あの『ねいちゃーくらぶNPO・そんたく団』にしても、
偏差値の高い学校を出ている人が多い割に、
発展どころか、どんどん衰退しているのはなぜか・・・。

泥臭い『営業経験者がいない』のだ。

営業経験者がいないということは、
営業活動の『キツさ』を知らないってこと。
現金を見ることなく、給料日には指定口座に現金が入る。
誰かが営業してくれたものを『与えられて』こなし、
締日から数日後には『当たり前』のようにカネが入る。
ラクをしているクセに『人間関係がどうたら』と文句を垂れる。

こんな体たらくだから、発展などありえない。

そんたく団はニートを、ひきこもりを、
社会に引っ張り出すのも『目的のひとつ』らしいが、
だいたい、自分らが親の価値観で、モラトリアム的に大学進学し、
帝国陸海軍の軍人からモーレツサラリーマンに代わっただけの話で、
やってきたことは、戦前の日本と『本質的に何も違わない』。

要は『愚民化政策』に『引っかかっただけ』ちゅうこと。

失業者や、ニートを引っ張り出すのに、
国がワークシェアリング導入だのを推進して、
失業者を雇ったら『補助金を出す』とか、
そんなもんは『論理が逆立ちしとる』と、私は思う。

そんたく団も、テキトーな企画書で行政から助成金をせしめた。

会ったこともない会社や店に飛び込んで、頭を下げたり、
『おたくの仕事を、うちにやらせてくれ』といっても、
たいていが相手に蔑まれたり、邪険にされるのは、
やったことがない連中にはわからないだろうが、
精神的にも、肉体的にも、かなり『キツイ』ものだ。

だが、この経験をしていたら『メシくらい食える』のだ。

話しが飛躍し過ぎるが、33年前の日航123便墜落事故事件。
この事件の『第一原因』が『はっきりしない』のは、
多くの人が『知っている』はずだ。
いまだに『圧力隔壁の破断でしょ』といっていたら、
『あんたはアホですか?』としか言いようがない。

どの資料や、過去の新聞の縮刷版をひも解いても『疑惑』だらけ。

あの事件から10年くらいの間は『原因の再調査を!』と、
8・12連絡会の方々が熱心に活動をされ、
各地で署名運動を展開され、私も記帳した記憶がある。
何十万人もの署名が集まったにもかかわらず、
再調査は行われていない。

推論だが、この事件には『多くの利権が絡んでいる』はずだ。

・防衛庁(当時の)や米軍などの軍事的な何か・・・
・運輸省(当時の)
・建設省(当時の)
・空港整備特別会計
・ボーイング社との商談やB-747の購入計画

いろいろな利権が絡んでいるから、調査してくれない。

まぁ、今日の記事では、123便のことはここまでにしておくが、
今、メディアで話題になっていることは、
まず『どんな形であれ、利権が絡んでいる』とみるべき。

放送局が『その利権に触れたら、総務省から圧力がかかる』。

だからこそ、どうでもいいアマチュアスポーツの不祥事やらに、
ネタが集まって、お笑い芸人がコメンテーターとして、
無責任なことばかり言ってお茶を濁す。

もっと、真剣に伝えるべき内容がないんか、と思わないか。

同じ番組のCM枠で『サラ金のCM』と『過払い整理のCM』が入る異常さ。
もっといえば『銀行が、直営サラ金をやる』ような時代。
CMでは『銀行系なんちゃらカードローンだから、安心♪』とかいう。

もう、サラ金というより『サラ銀』と揶揄されても『おかしくない』。

もっといえば、サラ銀の審査、保証やら回収、延滞者の取り立てなど、
汚れ仕事は、傘下に入れた『もともとのサラ金』にやらせるのだから、
看板だけ銀行を名乗っているだけで、始末が悪い。

総量規制の対象から外して、何が『安心♪』だ?。

これとて、今まで『サラ金が儲け過ぎていた』のだから、
お上に逆らう金融屋を『ぶっ壊し』て、
金融庁の言うことを聞く金融屋を銀行傘下に放り込み、
潰れかけの中小企業にはカネを貸さず、
個人客相手の方が『儲かるから』と庶民をパンクさせる狡猾さ。

主要顧客は世間知らずの20~30歳代が利用者の50%を超えている。

今は、クレカで対応できている人にも、
有効期限を迎えたら『ヤング向けゴールドカード』を押し付け、
世の中の仕組みがわかっていない若者に、気分だけステイタスを与え、
融資枠を増やし『若者を塩漬け』にする。
借り入れグセがつけば、融資枠が足りなくなって、
銀行系カードローンとかいう『へんてこ』な『サラ銀』が出迎える。
メディアはサラ金地獄を追求すべきなのに、
相変わらず『サラ金は大きなスポンサー』だから、
テレビでも『サラ金問題』など扱わないし『サラ銀』の実体も伝えない。

銀行が金融庁と結託した利権商売といわず、何といえばいいのか・・・?。

世の中、全て『利権』で成り立っている。
代表者がアホでも、決算書が『そこそこマシ』だったら、
銀行は直接融資はしないまでも、
関連会社のリース会社などの金融屋なんぞに手を回し、
実質的な『迂回融資』で『押し貸し』をしている。

利権にアンテナを張れば、いろいろ世の中の仕組みが見えてくる。

世の中は『偽善だらけ』なのだ。
許認可だの、新しい法律だの、政治勉強会という『宣伝の場』も、
カンタンに言えば、偽善である。
要は、国や政治家にカネが入らない仕組みは絶対に許さんぞ、
これが国のスタンスというものである。

世の中は『無理が通れば、道理が引っ込む』ということなのだ。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落『遺物は真相を語る』(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309027111/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


大阪市内の隠れた名所を、ベテランタクシードライバーがご案内。
大阪ナイトツアーは、いかがですか。

・料金:タクシーメーターによりますが、
    2時間で、5,000~7,500円(料金応相談)
・開催:日・月・水・木 20時、市内指定場所からスタート
・催行人数:1名様~4名様まで
・お問合せ:080-6187-8665
・営業時間…18:00~翌2:00(定休日:毎週火曜日)
※一般の通常お迎え業務は、諸般の都合により中止しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●ツケ払いの適正額の考察。

2018年08月30日 | 小金持ち研究所
年収300万円前後の若い人が『1か月あたりのクレジットカード利用額が10万円程度ある』と聞いて仰天した。まぁ、こんな事例は『一部の独身者』だと思うが、月収から見たら、クレジットの支払いが占める比率が『33~40%』となる。見方を変えれば『オーバーローン』に近い。また、クレジットの他に、車などの長期ローンが5~7年で、毎月2万円~3万円が加わり『クレジットと割賦の支払総額が13万円』となる計算である。年収300万円の場合だと、月収25万円で52%が借金返しに消える勘定。手取りが30万円あるとしても43%が借金返しになり、こんなことを続けていては貯金もできないし、結婚など『到底、ムリ』である。


【写真:ツケ払いは『全て借金』と心得よ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆親も適正額を、子供に教えていないのが現状。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ケチケチして、貯金を趣味にしろ、とは言わない。

だが、クレカ市場の平均的な利用額や適正額を知っておく方がいい。
日本クレジット協会調べでは『平均利用額は月額3万円』で、
全体のうち約半数の45.7%になっている。

例えば・・・。

月収30万円家庭だと、
カード利用額の3万円は収入の10%で無理のない利用だ。
むしろ『堅実に活用している』と感じる。

同協会調べの平均利用額は『月額5万8千円』らしい。



まぁ、いくらを使おうが『その人の勝手』である。
仕事上での接待交際費やら、帰りのタクシー代を含めたら、
平均すると5万8千円になるのも、わからなくもない。
また、出張などの航空運賃をカード払いにして、
会社からの出張費の精算は現金で行う場合もあるから、
一概に、いくらが適正とは言い切れない。

問題は、社用が関係しない『個人の趣味的な支払』である。

道楽品を買うために、ぱっぱかぱっぱかと、
カードを切っていたら『そのうち、破綻する』。
だいたい、独身者が毎月10万円もカードを切ること自体が、
異常な購買行動であり『買い物依存症』に罹っている懸念がある。
何かの依存症に罹っている人は『たいてい、心の病』を抱えている。

まずは、心の病気の原因が何かを見つけて治すことが先決だろう。



また、車も金食い虫である。
冒頭に、長期ローンで2~3万円の支払いで車を買うのも、
クレカ支払が無ければいいのだが、
これだけネット通販などが普及している昨今、
車のローンだけでは済まないケースがほとんど。

確実に、オーバーローンを抱えている。

私があんまり好きでないカーオーナーのタイプは、
築50年くらいのボロ借家に住みながら派手な車を乗り回すヤツ。
派手な車もキャッシュで買えればいいが、
見栄を張るために、あるいは趣味的道楽で割賦で買うパターン。
車は、見方を変えれば『ステイタスシンボル』でもあるが、
そんな考え方が、はびこっていたのは昭和から平成に変わる頃まで。

見栄や道楽のための、オーバーローンは、誰も感心しない。

車の『本当の購入時の適正価格』を述べる。
私は、一番最初に働いた会社がカーディーラーだったので、
車の『本当の適正購入価格』は一般から見たら常識外だろう。

年収を12か月で割った金額が、購入時の適正価格だ。

例えば、ボーナス込みで年収が360万円だとする。
360万円÷12か月=30万円が購入時の適正価格なのだ。
あたりまえだが、30万円の車となると、
すでに耐用年数を過ぎた中古車しかない。
逆にいえば、年収360万円程度で車を持つなら、
30万円の中古車でも『十分、ぜいたくをしている』ということ。

言いかえれば『その程度の身分だ』ということ。

もっといえば年収600万円の人でも、
車の購入時の適正価格は『50万円』である。
仮に年収1,000万円としても『83万円』で、
こんな金額だと、やはり中古車しか買えない。
みんながみんな、この適正価格に気づけば、
日本の自動車産業が成り立たないので、
勢い、ローンに手を出して分割払いするしかない。

堅実な人は、カネを貯めて、キャッシュで買っている。

トヨタをはじめ、自動車メーカーは『いろんな不祥事』を起こしている。
一応、申し訳程度に、ニュースで軽く伝えてはいるが、
あんまり、しつこい報道はやらない。

どのメーカーも、メディアにとっては『上得意様』だからだ。

本来なら、昼下がりのワイドショウで取り上げると、
非常に、おもしろい(興味深い)ネタの宝庫なのだが、
車、家電、通信などは『上得意様』だから、
よほどの不祥事でもない限りワイドショウネタにはならない。

もっとワイドショウで取り上げてほしいのだが・・・。

スポンサーという関係性から、
利害がない『アマチュアスポーツの不祥事』や、
民放に放映権がない『相撲界の不祥事』が扱われる。
利害関係がある、車や家電や通信関係のCMがバンバン流れる。

それが『世の中の仕組み』なのだ。

中でも車などは『高額商品』だから、
どうしても新車や高年式車を手に入れたければ、
割賦販売を利用するか、買えるだけのカネを貯めるしかない。
庶民であればあるほど、貯金をせずに割賦に手を出す。

あれも、これも割賦で買うから、カネが貯まらない。

流行りのスマホにしても『中古機』で十分なのだが、
SIMカードと中古機の『業界内の兼ね合い』で、
一般には、扱いにくく『ケータイショップの言いなり』だ。

・住宅ローン
・車のローン
・ケータイ(スマホ端末の分割払いを含む)代
・教育費
・生命保険料

収入の大方が、こんな形の支払いに消えていく。

若い人は、まだまだ世の中の仕組みがわかっておらず、
『そんなもんかな』と、周囲のムードに流される。
気がつけば、いい歳をして『貯金ゼロ』も増えているのが現状だ。

何度も書いたが、貯蓄は大人の義務でもある。

貯蓄がないと、いざというとき『キャッシング』でしのぐしかない。
キャッシングに手を出せば、後はお決まりの消費者金融、果ては町の金融屋。
誰でも、超えてはならない『一線』を超えてしまう危険がある。

だからこそ、所得に見合った『購入時の適正価格』を知るのが大事なのだ。

いつまでも、クレカなんぞで『ツケ払い』をやっていると、
ツケ払いが『当たり前』になり『ローン人生』になる。
メディアが『キャッシュレス時代』を喧伝しているが、
ツケ払い以外にも、いろんなキャッシュレスがある。

なんでもかんでも、メディアを信じて疑わないことから卒業しよう。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落『遺物は真相を語る』(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309027111/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


大阪市内の隠れた名所を、ベテランタクシードライバーがご案内。
大阪ナイトツアーは、いかがですか。

・料金:タクシーメーターによりますが、
    2時間で、5,000~7,500円(料金応相談)
・開催:日・月・水・木 20時、市内指定場所からスタート
・催行人数:1名様~4名様まで
・お問合せ:080-6187-8665
・営業時間…18:00~翌2:00(定休日:毎週火曜日)
※一般の通常お迎え業務は、諸般の都合により中止しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●「~だけ」

2018年08月29日 | 雲助稼業のボヤキ
世の中には、いろんな人がいるものだと、あらためて思う。


【写真:こんな金額なら、わからなくもないが・・・(本文参照)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『領収証だけください』の『だけ』って・・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たまに『こいつ、あほちゃうか』と思う客に出くわす。

先日も、運賃680円に対し『1万円札』を料金トレイに置き、
さらに『領収書だけください』という高齢の女性客がいた。
私はびっくりして『おつり、いらないのですか?』と聞いた。
領収書だけくれ、と言われれば誰でも『釣りはいらないのか』と思うだろう。


▲運賃680円で、1万円札を出して『領収書だけください』って、誤解を招くぞ。


▲『どうだ!1万円札、入りまぁ~す!』ってマクドナルドか・・・?

その女性客は『へ?、いるに決まってますやん!』ときた。

まぁ、そんなこっちゃろうと『はい、お釣り9,320円と領収書』と、
手渡ししたら、その女性客は『私、何か変なこと言いました?』という。
そこで、ちょっと、からかってやろうと言ってやった。

『あの、領収書だけくださいって仰いましたよね。
 こういう場合『~だけ』と仰ると、
 「お釣りはいらないです」という意味になるのですよ』

私が言う『意味』がわからないらしく『きょとん?』としていた。

外国人なのかな、と思ったのだが、
その女性客は『長いこと生きてきて、
そんなこと言われたん初めてやわ』と、
半ば怒りながら吐き捨てていた。

『まぁ、指摘する人が、いてはらへんかっただけでしょうね』と降車を促す。

『~だけ』とは、漢字では『丈』と書く。
意味合いは『~に限る』や『~のみ』である。(広辞苑より一部引用)
タクシーで支払い時に『領収書だけください』と言われたら、
あたり前だが、領収書のみ渡して、ドアを開けて降車を促す。

そのお客の・・・。

国語の成績がダメだったのか、アホだったのか、
親が教えていないのか、事情はわからないが『領収書だけくれ』といいながら、
釣り銭を要求するのは『言葉の使い方としては間違っている』。

ときどき、本当に領収書のみで、お釣りはいいという『~だけ客』もいるが。

『~だけ』を使う客の97.5%は『きっちり、お釣りを持っていく』。
領収書が必要なお客は、おおかたの場合『経費で落とす』のだから、
釣り銭も、きっちり持っていくのは、こちらもわかっている。

釣り銭不要で領収書を必要とするお客は・・・。

たまにしかいないが、運賃が『920円』で、
支払いが1,000円札の場合。
釣り銭は80円だから『あ、お釣り、いいよ』という場合もなくはない。


▲920円で、領収書だけちょうだい、っていう例は、なくはないが・・・。
 まぁ、ほとんどが80円のお釣りを『きっちり』持っていく。

だったら、領収書だけくださいなんて、ややこしいこと言うな!

領収書を持っていく客とは、もめると厄介である。
何せ、会社の所在地や電話番号、号車番号も明記されているから、
あんまり、説教をすると『キレて会社にクレーム電話』をかける。
会社もこの手のクレームには慣れているので、テキトーにあしらうが・・・。

どうあれ、間違っているものは、間違っているのだ。

これが、若い人なら、仕方がないなぁ・・・と思うのだが、
なぜか、70歳前後の高齢者と40歳代の男女問わずに、
『領収書だけ、ください』というお客が多いことに気づいた。

まぁ、年齢的には『親子関係』にあるのかな、と思う。

普通は・・・

お客『おいくら?』
わし『920円です』
お客『領収書、いただけます?』
わし『すぐ出しますね。先にお釣り80円です。
   はい、領収書です。お忘れ物ありませんように。
   足元、お気を付けください』

こういうやりとりなのだが・・・。

ときどき書く『920円になりまぁ~す』など、
口が裂けても言わない。
すでに、メーターが920円をカウントしているのだから、
成るも、クソもない。
まぁ、この記事を書きながら感じたのだが、
『~だけ』を使うお客は『千円からで・・・』と、
『~から』を用いることも多い。
余分な『~から』など言わずに『千円で・・・』といえばいいし、

ときどき、国語の乱れが気になるのだ。これも『タクシーあるある』なのか?。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落『遺物は真相を語る』(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309027111/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


大阪市内の隠れた名所を、ベテランタクシードライバーがご案内。
大阪ナイトツアーは、いかがですか。

・料金:タクシーメーターによりますが、
    2時間で、5,000~7,500円(料金応相談)
・開催:日・月・水・木 20時、市内指定場所からスタート
・催行人数:1名様~4名様まで
・お問合せ:080-6187-8665
・営業時間…18:00~翌2:00(定休日:毎週火曜日)
※一般の通常お迎え業務は、諸般の都合により中止しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●「買わない」という「選択」。

2018年08月28日 | 小金持ち研究所
断捨離が、相変わらず流行りのようだ。断捨離をしても、またモノが増えて、断捨離を繰り返す。なんでこうなるのか・・・。『モノを買うからだ』。買わなければ、モノは増えないし、買ったとしても、取り換え需要で買ったものなら、モノを買った時点で古いモノを『普通ゴミ』で捨てたら済む。混迷極まりなく将来が見えない昨今、消費ばかりしていたら、いつまで経っても断捨離の繰り返し。私は、必要なモノ以外は『極力、買わない』という『選択』をしている。自己啓発の本などは『同じような内容の焼き増し』ばかりだから『図書館』で借りたら済む。脂っこい外食が続くと、体にもよろしくないし、カネもかさむから弁当を持参。缶コーヒーやコンビニコーヒーも、原価を考えたら『バカらしい』のだから、自家製コーヒーで済ませてしまう。たったこれだけの『工夫』でも『1日1,000円は浮く』のだ。一か月3万円を貯めることなど『やろうと思えば「誰でもできる」』。それをやるか、やらないかは『あなたの勝手』ですが・・・。


【写真:当たり前だが、モノが増えなければ捨てるモノは普通の生活ゴミだけ】

<訃報>
報道のとおり、漫画家の、さくらももこさんが8月15日に亡くなられました。
また、まる子のおねえちゃん(さくらさきこ)役の水谷優子さんも、
2016年に逝去されて、今春には西条秀樹さんも。
さくらももこさん、水谷優子さんは同世代で、すごく寂しいです。
謹んで、お悔やみ申し上げます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆消費すらできなくなったら、あなたの価値はなくなる、かも・・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どこぞのNPOが『もし、日本経済がおかしくなったら、
農を身に付けておけば、食糧を確保できて生きのびられる』という。
確かに、そりゃそうなのだが『日照り続き』や『洪水』なんかが起きたら、
せっかく丹精込めて作った作物が『わやくちゃ』になってしまう。

農は、やりたい人がやればいいが、そんなに甘くはない。

私は、おカネがあってもなくても『不安だ』というのなら、
今、おカネがあるうちに『おカネに頼り切らない生活術』を、
身に付けておいた方が『生きぬく力になる』と思っている。

カンタンに言えば『余分なモノを買わなければいい』のだ。

・本は、専門書以外、おおかた、図書館でコト足りる。
・食事は、全て、家でこしらえたもの。仕事も弁当持参。
・缶コーヒーやコンビニコーヒーは買わず、自家製コーヒー。
・暇つぶし用のスマートホンは持たない。
・大事な人に、手紙を書く。

ほぼ、こんな感じで、日々暮らしている。

さらに言えば『買わないこと』は『誰にでもできること』だ。
日本経済は、昔から『おかしい』し、
いちいち翻弄されていたら、身が持たない。
減った収入を副業でカバーするとか、投資で儲けるとか、
博打で・・・なんてのは、私にはやれるセンスがない。
だったら、まだカネがあるうちに『買わない習慣』を身に付け、
浮いたおカネを、貯蓄に回して『金融機関が上手く運用したらいい』。

だから『なるべく、余分なものは買わない』という選択をした。

いらんもんを欲しがるから、
余分な仕事をしないといけなくなるし、
仕事の比重が大きくなると『余分な付き合い』も増える。
大人だから『酒席』の付き合いもあるから、
時間を忘れて盛り上がると、終電を逃してタクシーの世話になる。

私は、こういう生活から、とりあえず『脱却』した。

勝ち組だの、負け組だの、下流だの、
イヤな言葉が流布している。
だが、よくよく考えたら『たかが所得の多寡』である。

まぁ、所得が多いに、こしたことはない。

私の知人で『G』という人がいる。
このGさんは、ある日、交通事故に遭って、
そのとき『健康保険の無保険者』ということがわかった。

それまでは、商売も羽振りよく、近所の飲み屋で散財していた。

ところが、交通事故の後遺症で『しびれ』が残り、
長年続けてきた仕事も廃業せざるを得なくなった。
また、過失割合が『Gさんにも20%ある』という判定で、
治療費の80%は相手の損害保険から出るが、
残りの20%はGさんの自己負担という結末である。

困ったのは、医療機関だ。

よくも何十年も健康保険を無保険で、
医療機関にもかからずにこられたものだと感心したが、
健保が無保険と同時に、無年金であることも判明した。
Gさんは69歳なのだが、働き続けたのは『無年金だった』のである。
だが、事故の後遺症で、仕事を続けられず廃業となれば・・・。

収入のアテはない。

結局は、医療機関が役所に交渉して民生委員の世話になる。
カンタンにいえば『生活保護受給者』となった。
このGさんは、現役で羽振りの良かったときは、
生活保護で酒を飲みに来る人を蔑視する発言が目立った。
だが、今は、自分が生活保護の世話になる立場になり、
飲み屋でも、隅の方で、おとなしくしている。

保護受給でも、ほどほどなら飲みに行こうが、その人の勝手だ。

私は、自分の中で『下流』を定義づけしている。
どういう人を下流というかだが、
自分の人生設計を描けない人や、
何も生み出さず、消費しか能がない人を『下流』と位置づけている。

消費しか能がない人が、消費すらできなくなったら『無価値』だ。

今や、平均年収300万円台時代になった。
ある主婦向けの週刊誌の読者の平均世帯年収も300万円台とあった。
実際に、ジリジリと低所得時代が現実化している。

かといって、食糧確保だけのために『農だ!』というのも極端だ。

何かを生み出す、という点では『農』も、いいとは思う。
だが、日本の住宅事情で限られた作付面積では、
自給自足できるくらいの食糧を『にわか農業』では難しい。

そんなことより、平均年収200万円台時代を想定したらどうだ。

今より、100万円も年収が下がるのだから、
相当に工夫しないと、生活が成り立たなくなる。
だが、これも考え様で『昭和58(1983)年当時』の物価を調べたら、
サラリーマンの平均年収は220万円くらいなのだ。

その頃のガソリン代は『高騰』といわれる、今とほとんど変わらない。

車などは、確かに今の方が割高だが、
200万円くらいの年収に落ち込んだならば、
車など手放しても、どうにでもなる。

やる気になれば、生活水準など、いくらでも調整可能だ。

・遠くに行かない
・いつも、似たようなモノを食べる
・娯楽が限られる

私は、中学時代から交友関係が広がらないジモティは好きではない。

だが、ジモティの行動を観察していると、
彼らなりの行動パターンを応用したら、
案外、無駄なことをせずに暮らしていけることも見えてきた。

カネを使わずに暮らすには・・・。

・自分の目の解像度を上げる
・自分の移動速度を下げる
・自分のモノの見方の角度を変える

私は旧友と会うときなどの用事がない時は、休日でも地元をブラブラしている。

私が批評するジモティは『ジモトの友達』が大事で、
決して、ジモトをよく知っているわけでもなく、
郷土としての地元ではなく、行動と交友範囲が狭いだけの人。

あんまり深く付き合っても『創造』からは程遠い存在。

前述のとおり、自分の人生設計を描けない人を『下流』と書いた。
私は、広告屋は辞めたが『クリエイター根性』だけは残った。
いわば、自分の人生をデザイニングする技術は持っているつもりだ。

これさえあれば、どうにでもなる。

地元べったりも、まとわりついて鬱陶しいが、
テキトーに地元の商店主あたりと仲良くなるのは、
決して悪くないし、多くのカネは使わないものの、
おカネを介在させた『利害関係』というクッションは、
不必要に馴れ合いにならなくても済む。

地元の商店主には、最初から『余分なものは買わない』と宣言している。

お互いに、必要以上に干渉しなければ、
鬱陶しいことも『最小限』に抑えられる。
また、地元をぶらぶらすることで、
ジモティでも知らないことが発見できたり、
あるいは、ジモティには当たり前すぎる『石ころ』が、
すごく歴史的価値があるモノだとか見えたりするのだ。

要は、使うカネは最小限で、いかに有意義な時間を使うか・・・。

何度も書いているが、休日のカネ遣いは『予算』を立てる。
私は『きっちり、その範囲で収まる行動』を取る。
それは、けっこう『緊張感』も走るが、なにしろ無駄遣いがなくなる。

これくらいしないと、カネなど貯まらない。

逆にいえば、モノを買えばモノは溜まるが、カネは減る。
だいたい、買うものなんて『似たようなモノ』ばかりだ。
似たようなモノが家の中を占拠して、
自分の身の置きどころが狭いなど、誰のための家なのか・・・?。

たまの散財は気晴らしになるが・・・。

毎度毎度の消費で気晴らしではこの先、大変だ。
人付き合いも大事だが、酒が入ったりすると、
他人のペースに流されやすく、
断ったりすると『付き合いが悪い』とか言われる。

若いうちは『付き合いが悪い』と言われるのに抵抗があろう。

私らくらいの年齢になると『家内が待っているので・・・』で済む。
あるいは、ウソでも『〇時に、遅がけの来客があるので、またね』でかわす。
かといって、誰とも会わないということもない。

・家族
・職場の人
・習い事の先生
・近隣のお店の人
・その他、地域の人や、旧友

これくらいで、十分に『社会参加』していることにならないか。

普段、何げなく使っているおカネの消費だが、
これも、本当に必要なものなのか、どうなのか、
見極めが大事だ。

・自分のための消費か
・他人のための消費か

いわゆる、ジモトのツレとつるんでいたら『他人のための消費』が増える。

何度も書くが『消費しか能がないような人』とは疎遠にしたらいい。
消費すらできなくなったとき、その人の価値は『無』になるのである。
おカネばかりに頼らず、賢く生きていくために・・・。

何を、どうしたらいいのか、じっくり考えてみてもいいのではないだろうか。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落『遺物は真相を語る』(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309027111/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


大阪市内の隠れた名所を、ベテランタクシードライバーがご案内。
大阪ナイトツアーは、いかがですか。

・料金:タクシーメーターによりますが、
    2時間で、5,000~7,500円(料金応相談)
・開催:日・月・水・木 20時、市内指定場所からスタート
・催行人数:1名様~4名様まで
・お問合せ:080-6187-8665
・営業時間…18:00~翌2:00(定休日:毎週火曜日)
※一般の通常お迎え業務は、諸般の都合により中止しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●行きすぎた資本主義の、ひとつを考察。

2018年08月27日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
真夏恒例、お涙頂戴、自分たちはCM収入やらギャラ収入がありながらの『感動の押し売り番組』の『24時間テレビ』が終わった。まぁ、今日は24時間テレビ批判は、またの機会にする。さて1980年代、仕事場で時計代わりに流していたラジオで、夕方の枠に『竹村健一のズバリジャーナル』という帯番組が2006年まで続いた。このとき、竹村健一氏は『高速道路を延々と作るより、日本各地津々浦々に空港を作った方が安上がりだ』と熱弁していた。確かに、高速道路にせよ、一般道路にせよ、工事費は天井知らず。対して空港の場合は、滑走路など長くても4km程度で、空港設備を含めても、道路を延々作るよりは『こぢんまりした工事』で済む。だが、ここに隠された何か・・・があったと私は感じている。ちなみに、竹村健一氏の論調は『保守で親米』だった。


【写真:仁川国際空港は、韓国にあるのに日本のハブ空港化を実現した】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆航空行政のニュースの裏を読む。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年1月19日、日本航空が事実上倒産した。

日航は、1987年に完全民営化されたが、
会社更生法の適用を受けるまでは、
日本エアシステムを吸収合併したり・・・。

羽田沖と御巣鷹の尾根など墜落事故事件を起こしたにもかかわらず、

ボーイング747(通称ジャンボ。以下B747)をバカスカ買い、
償却資産は増えるわ、エアシステムの機材や人員を引き取るわ、
かなり、経営状態が悪化していたにも関わらず、
自民党政権下で、経営改善が長年先送りされてきた。
エアシステムの機材まで引き取ったものだから保守点検整備は複雑化し、
日航にとって『お荷物』の『地方路線』まで引き取ったのだから・・・、

ほとんど『走れば赤字の国鉄状態』で『経営破たん』は当然の結果だ。

前述の『竹村健一のズバリジャーナル』は、
今から思えば、ある意味『国策の宣伝放送』だった。
それも、自民党からすれば目の上のタンこぶ的存在の、
朝日系列のラジオでも流していたのだから・・・。

左派も取り込む『悪政の宣伝放送』だったと言わざるを得ない。
(※竹村健一のスバリジャーナル:制作はニッポン放送)

右派系のニッポン放送で制作した番組が、
左派系の朝日放送でも流れるのだから、
結局は『聴取者に受ければ右も左もなかったのではないか』と感じる。

さて、空港整備特別会計ってのがあった。

空港を作るためには普通の税収の一般会計では、
飛行機を利用しない国民から文句が出る。
そこで、航空運賃に空港整備特別会計分の費用を上乗せし、
いわば、空港建設の費用を『乗客に負担させた』のである。

例えば成田に着陸したら、約60万円の着陸料とべらぼうに高い。

この着陸料が、空港整備特別会計という『国の財布』に入る。
一般会計とは別モノで空港特別会計は、
空港整備のためにしか使えないという特殊な税収だ。
成田に飛行機が着陸するたびに『特別会計の財布』にカネが入る。
どんどん、財布は膨らんでくると『じゃあ、空港を作ろう!』となる。

結果、国内に98か所もの空港設備ができたのである。

空港は国の特別会計で作るものの、
維持管理費は『地元負担』ということになっている。
おもしろいのは、国際線が乗り入れている空港でも、
利用客が極端に少ない地方空港では『免税店がない』。

例えば、茨城空港。

ここは、2010年に開港したが、
開港時に就航したのは韓国のアシアナ航空1社。
茨城~韓国仁川便だけ、という状態。

こんなことは、最初から分かっていたはず。

韓国の仁川国際空港の着陸料は、
ざっと22万円(2010年当時)とあり、成田の約1/3で済む。
また、日本の国際空港には必ず、韓国のエアラインが就航しているから、
成田や関空より仁川で乗り継いだ方が便利で安いケースがある。

実際、私が、韓国にハマっていたとき、

国内の韓国フリークと会う時も『ソウルで合流ね!』だった。
国内移動費を考えれば、各自がソウルに飛んだ方がいいのである。
仁川国際空港ができる前の金浦国際空港しかない時代でも、
ソウル経由や、ソウルでの合流は『至極、便利だった』のだ。


▲韓国・仁川空港は、日本各地を結び『東アジアのハブ空港』になった。

ここからは、憶測に過ぎないが、
日航123便が1985年8月12日の18時56分に、
群馬県上野村にある御巣鷹の尾根に、
墜落事故事件を起こしたのは、周知のとおりだ。

墜落に至る、最初の原因が仮に防衛上の訓練ミスとしても、だ。

これは、なかなか『はい、そうでした、すみません』とはいかない。
今、かなり、真相に迫る書籍が世に出て、
永田町や霞が関は『慌てて、火消しに走っている』のだが。

当時、土建屋を潤わせるための公共工事に空港建設は不可欠だった。

これも推測になるが、防衛上でのミスが明るみに出ては具合が悪い。
さらに、田中角栄氏が政界から消え、中曽根内閣に移り、
ボーイング社から、バカスカとB-747を買うためには、
御巣鷹の事故事件をボーイング社の修理ミスと、
日航側の点検ミスに『でっちあげる必要があった』のではないか。

・仮に誤射であれ、防衛上の機密が関係する『事故原因』は公表できない
・全B-747の機体不良が原因となったら、B-747の売れ行きに影響大
・売れ行きが鈍化したら、空港整備特別会計の収支が狂う
・田中角栄氏が去って、ロッキード社の商談が破談にできた
・ボーイング社から大量に買い付け、中曽根氏の思うままに・・・。

当時の日米首脳会談の『ロン・ヤス』など、何かあると思っていた。

戦時中じゃあるまいし、東アジア各国の空港整備にまでは乗り出せず、
結局は、国内の津々浦々に、空港の不要なところにまで空港を作った。
近畿エリアでも、伊丹空港、関西空港に加え『神戸空港』までできた。
だが、神戸空港など、発着便数も少なく、
維持管理は兵庫県民の一部負担だ。

当たり前だが、空港ができれば、負担分の地方税が跳ね返ってくる。



日本には『ハブ空港』という概念がまったくない。

上記の写真のとおり、自転車の車輪の中心を『ハブ』と呼び、
スポークで放射状に広がる先は『内外各地の空港』だ。
韓国の仁川国際空港は、日韓路線にも力を入れて便数を増やし、
日本が勝手に作ってくれた地方空港にまで乗り入れ、
日本の地方のお客の『国際線乗り継ぎ』も便利なようにダイヤを組んでいる。

今もなお、アベノミクス構想が続いているが・・・。

結局は、国内市場でしか、まともな商売ができていない。
災害復興とオリパラ以外は、ほとんど公共工事もない状態。
地方空港は『火の車』で、その地続きに現政権がのさばっている。
これを『行きすぎた資本主義』といわず、何といえばいいのだろうか。

耕作放棄地問題など、問題にもならない、と私は思うのだが。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落『遺物は真相を語る』(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309027111/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


大阪市内の隠れた名所を、ベテランタクシーがご案内。
大阪ナイトツアーは、いかがですか。

・料金:タクシーメーターによりますが、
    2時間で、5,000~7,500円(料金応相談)
・開催:日・月・水・木 20時、市内指定場所からスタート
・催行人数:1名様~4名様まで
・お問合せ:080-6187-8665
・営業時間…18:00~翌2:00(定休日:毎週火曜日)
※一般の通常お迎え業務は、諸般の都合により中止しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。