●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●悪法にならんや、働き方改革。

2018年06月30日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
働き方改革関連法案ってのが可決された。ここに至るまで、働き盛りボリュームゾーンにあたる40歳前後のビジネスパーソン向けの『政治勉強会』なんぞに顔を出したが『これって、だまし討ちの時限爆弾なんじゃないか』と感じた。かつて、派遣関連の法案の際にも『製造業』なんかの派遣は含まれていなかったが、気がつけば派遣社員のすそ野が広がり、いつだったか『年末派遣村』という『炊き出し』みたいなのがクローズアップされていたのを思い出す。非正規の枠が広がってどうなったか・・・。今の『年収300万円時代』である。


【写真:もう、年収200万円時代を視野に入れてもよかろう】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆15年前、年収300万円時代到来を予感したが・・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は森永卓郎氏の回し者ではない。

だが、実際のところ15年前、
会社を辞めて独立し『まぁまぁ』の年収を維持していた。
独立したから、ホンネは会社時代の3倍ほどの年収を目指したが、
現実には、会社時代のまま『平均、横ばい』であった。

商売を畳んで、タクシー乗りになって、見事に年収300万円台に。

私の場合、じわじわと年収が低下したのではなく、
商売の失敗で、職を変え、雇用の受け皿業界である、
タクシー業界に転向したのが、主たる要因である。

家のローンや家賃がないだけ、マシ・・・というもの。

今回の『働き方関連法案』は、今のところは、

・同一労働同一賃金
・高度プロフェッショナルの成果主義



まぁ、割と、体裁のいいことを並べている。

政治勉強会の『トリック』は、
・非正規の人を、正社員並みに・・・とかいう。

政治勉強会には『今、正社員で、多少は不安があろうが、
年収にも不満はなく「みんなの賃金が上がればいいな」と、
能天気な勉強家』が集まっている。

実際は『正社員の給与を、非正規並みに落とすのが狙い』だ。

今のところは高度プロフェッショナルとかいう、
へんてこなカテゴリーの人が『成果主義』で、
会社は勤怠管理をせずに『結果さえ出せばいい』のような謳い文句。

だが、知らないうちに(あなたが気づかないうちに)・・・。

なんだかんだと理由をつけて『諸手当のカット』が目に見えている。
私が、この15年ほどを観察していて感じるのは、
郵政民営化で、カネはズブズブに流れていき、
民営化された郵政は『いろんな諸手当がカットされて賃下げ傾向』になっている。

メガバンク(大企業)化した郵政が『モデルケース』にならんや?。

今や、年収300万円が『最大のボリュームゾーン』に成り下がった。
広告屋時代の知人も、なんだかんだと理由をつけられ、
毎年10万円ずつ年収が下がり、15年がかりで年収300万円に落ちた。

その君は、15年前、450万円の年収を手にしていた。

理由をつけられ、毎年10万円ずつの年収が落ちたのも、
特段、ボンクラでもクズでもなく、
きちんとした、まともな印刷屋さんの営業マンで、
与えられた目標(ノルマ)も、毎月、きちんとクリアしている。

だが、15年がかりで、年収が150万円下がっているのである。

朝7時過ぎには出勤し、退勤は終電間際。
平均睡眠時間は5時間程度。
私と同い年で、今は管理職だが、
再来年くらいには管理職の座を後継者に渡していく方向だ。

試算では、5~10年で、100万円ほど年収が落ちるかも知れない。

手に乗るカネが『タクシー運転手並み』に下がっているにもかかわらず、
労働時間は、タクシー運転手の『隔日勤務並み』のハードさ。
このまま続けていたら、過労死するぞ、と警鐘を鳴らすのだが・・・。

この程度で驚いていてはいけない。

国公立大学を出て、知名度が高い大手企業に勤めているOLさんでも、
『うそ!?ホンマに、そんな年収なの!?』と耳を疑うことも、
最近では、なにも珍しくなくなってきたのである。

そんなエリートさんの年収が、5~600万円にも満たない。

少し前の『女性セブン』に載っていた『読者層の世帯収入』が、
なんと『270~300万円がボリュームゾーン』とあり、
正直なところ『なんじゃこれ、タクシー運転手以下やないの』と感じた。

それでも、今は、不動産プチバブルになっている。

先日も、京都の老舗企業を継いでいる後輩と会ったが、
京都市内は、えらい地価が上がって、
固定資産税やらが上がって、難儀ですわ、と聞いた。

土地を転がしたり、売ったりしない生活者は迷惑この上ない。

おそらく2020年の東京五輪か、
誘致できたとして、大阪万博が終わった頃には、
このプチバブルは、弾けるやろうね、が共通の答えだった。

そこらで発生する『不良債権が織り込み済み』の法案なんじゃないか。

どうも、この働き方改革法案は、
『低賃金で、死ぬまで働け。生かさず殺さず法案』のように見える。
そのために『世論操作』のためにも、
外資系生保のCMを使って『人生100年時代』を刷り込んでいる。

だまし討ちの時限爆弾法案・・・えらいことにならなきゃいいが。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●あなたにとって「つぶしが利くコト」って何ですか?。

2018年06月29日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
今日、働き方改革法案という悪法が可決される見通しだ。まぁ、この法案については明日に述べたい。さて、葛之屋末兵衛が『そんたく団』の旗揚げ前に『原体験』を語っていたときの要点メモが出てきた。ヤツは『平均的な』サラリーマン家庭に生まれ、勉強して『いい大学』を出て『いい会社』に入るのが『普通』と思っていた。そこで、いい大学に入るために、高校は『進学校』に入ったが『成績至上主義』の中で『自分の居場所』が見つからず、今でいう『ひきこもり生活』を過ごした、と言っていた。それが『人生最初の挫折』だというが。


【写真:まずは、若いうちに、早く世間の波に揉まれることだ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平均だの、普通だの、いい学校だの、いい会社だの・・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いい学校に入るのが『普通』と考えていながら、
入った進学校の高校に『居場所がなかった』とは変だ。
私から見たら、贅沢そのもので『リサーチ不足』としか言いようがない。
不登校、今でいう『ひきこもり』の原因を成績至上主義の中で、
自分の居場所が見つからなかったとは、仰天の言い訳である。

さらに、成績至上主義と経済至上主義をこじつけていた。

まぁ、誰でも親の悪口を言われたらいい気はしないだろうが、
私が思うに、葛之屋の家庭環境は『親が子をダメにした』。
だいたい、私の頃は、自分が大学に行くことなど・・・。

親より贅沢をしてはいかんな、そう考えて一旦高卒で就職した。

・いい大学を出て
・いい会社に入って
・世間一般に優秀と思われる職業に就く

こんなことを、ウチの親が言ったことは一度もない。

まぁ、せいぜい『高校までは行かせてやる。あとは自分でせえ』。
ところが高校1年のとき、遊び呆けていて、
このまま遊び続けたら『留年やぞ!』と担任に言われ、
親は親で『留年したら、学校なんか辞めさせて丁稚に出す』。

・親戚の饅頭屋か仏具屋で丁稚修業か
・高校をきちんと卒業するか

親の条件提示は『この2択』しかなかった。

とにかく、成人したら自分で食えるようにせえ、それだけ。
高校を留年したら、即刻退学で住み込みの丁稚奉公。
さらに、高校に行かせた分のカネは丁稚修業で稼いで、
奉公先から100%回収する、お前の取り分などなし、であった。

学校の居場所どころか、留年したら家にも居場所がないのである。

何とか留年は免れて高校2年生からは、
平均値を維持する程度の成績までは回復したが、
『小遣いなんかやらん。そんなカネはない。自分で稼いで工面せえ』である。
『学校、行かせてやるだけ、ありがたいと思え』という式だ。

今から考えれば、親なりに『生きる術を学べ』という教育だったのだろう。

15~16歳の子供がアルバイトで稼げるカネなど知れているのだが、
うちの父親は『アルバイトで稼いだカネ』については、
一切、口出しをせず『大事に使えよ』しか言わなかった。

さらに『アルバイトとはいえ、いろんな奴がおるから気ぃつけえよ』だ。

ま、要するに『悪いヤツもおるから油断すんな』という意味だ。
高校を出たら一旦就職をしたのだが、
とにかく『何でも経験や。だが、つぶしが利くようにしとけよ』。

・営業力をつける
・コミュニケーション能力をつける
・手に職をつける

耳にタコができるほど聞かされたのは『つぶしが利くか』である。

また、『何でも経験や、いろんな経験をせえ』は、
今から考えれば『経験を積むことは、世の中の仕組みを知ること』である。
いろんな経験を積むということ自体が、
世渡りをしていかないと『経験を積む』という目標がクリアできない。

仕事がイヤになって、転職するときも『それも経験やな』でおしまい。

私は現在、タクシー屋のおっさんをしているが、
多少は世の中の仕組みが少し見える程度の経験値を積んだと自負している。
また、毎月400人ほどの乗客を輸送する関係上、
毎月400人の『人間模様』を見ざるを得ない。
年間で4,800人、この10年で48,000人の人間模様を見てきた。
因果な商売だが、タクシーの車内は『日本の縮図』でもある。

先日、ある若者が乗ってきて『農業をやりたい』と言って夢を語っていた。

まぁ、あんまり水を差すのも悪いとは思いつつも・・・。

・わし『農業したいんかいな』
・お客『は、はい』
・わし『カネ、持ってんの?』
・お客『はい、まぁ』
・わし『なんぼ?』
・お客『ほどほどに』
・わし『百姓、したことあるんかいな』
・お客『いや、初めて』
・わし『したいんかいな?』
・お客『はい』
・わし『やめとき』
・お客『なんでですか?』
・わし『悪いことは言わん。やめとき。儲からへん』
・お客『それって、やり方次第でしょ』
・わし『素人がやる商売ちゃうで』
・お客『ネット通販とか、直販とか、農協通さずに・・・』
・わし『みんな、そんなこと言うねん。でも儲からへん』
・お客『そうですかね』
・わし『うちの会社に農家やってる運転手、ようけおるで』
・お客『ホンマですか?』
・わし『なんでや、わかるか?』
・お客『わかりません』
・わし『普通にやっても儲からへんからや』
・お客『有機栽培とか、だめですかね』
・わし『そういう夢を描いて、農家に修業に行ったやつが、
    「夢を追えなくなりました」言うて、死んだやつがおる』
・お客『えぇ!・・・(絶句)』

延々、続くのだが、この青年は『考え直してみます』で一件落着。

この青年も、葛之屋末兵衛同様に『一途』な様子だった。
受け答えもしっかりしていたし、平均的な家庭に育ち、
そこそこの大学を出て、まぁまぁの会社に入ったようだが、
どうやら、人間関係で悩み、自然界や農業という『異業種』に、
『居場所を求めているだけ』だった。

『つぶしが利くように、今の仕事、しばらく続けてみたら?』

葛之屋末兵衛や、南そんたく傀儡集団一味は、
能書きだけは一丁前に垂れて御託を並べるが、
なにせ、いろんな経験を積む前に『現実逃避の夢』を語る。
夢を描くのは悪いことではないが、
今の仕事を通じてでも『世の中の仕組み』はある程度わかる。

その『世の中の仕組み』がわからないと、ちょっとしたことでつまづく。



▲ちょっとしたことで、つまづいたら、これである。
 (※とある駅の『お客さまと列車が接触し・・・』の事故現場) 

葛之屋末兵衛が『農を身に付けたら何があっても生きのびられる』という。

まぁ、間違ってはいないが『要は、これも「つぶしが利く」』という程度。
わざわざ、NPO法人を設立して、
能書きを垂れて御託を並べるほどの話ではない。

『二種免許を持っていたら、免停や免取りならない限り生きのびられる』

話しの次元は似たようなもんである。
世間の波に揉まれるのは『しんどいこと』だが、
それなりに『得るもの』もあって、
どうしてもチャレンジしてみたいことがあればやってみたらいいが、
今の子は『とにかく、世の中の仕組みを知る前に投げ出す』のが気になる。

経験を積んでいかないと、世の中の仕組みなどわかりっこないのだ。

普通だの、平均だの、みんなカンタンに口にするが、
自分の生き方に、普通も平均も関係ない。
将来にわたって、食べていけて、仕事が続けられるか。
つぶしが利く『何』を持っているのか。
働き方改革の波に呑まれても、やっていけるか・・・。

そういうことを、今の親御さんが『どう教えているのか』甚だ疑問である。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●メディアの見方は半値八掛けで十分。

2018年06月28日 | 日々の呆れごと。
家の固定電話に、ときどき自動音声で世論調査の依頼が入る。この『世論調査』の目的は『世論操作』である。


【写真:この調査に、何の意味があるのか、わからん】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆世論調査以外にも、いろいろ世論操作が行われている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪北部地震のあと、メディアを通じて、
なんかっちゃあ『南海トラフとの関連性は・・・』を見聞きする。
先日も、昼下がりの情報番組で、
ある司会者が地震の専門家に『南海トラフとの・・・』を連呼していた。

だが、専門家は、理路整然と答えていた。

司会者は、どうしても南海トラフとの関連性にこじつけたい。
なぜなら、民衆の不安を煽ることで、
その局にCMを流している防災関連業者への『忖度(そんたく)』が、
大きく働いているのである。

夕刊紙でも『南海トラフの予兆か』が1面の大見出しである。

ただ、夕刊紙らしく『南海トラフの予兆』は大きな文字で書かれ、
最後の『か』は、見出しの大きな文字の1/8くらいの級数だ。
夕刊紙は民衆を煽るのが仕事だから仕方がないが、
まぁ、それでも『えーかげんなことを・・・』と感じた。

さて、地震の専門家は・・・。

『南海トラフが動いてから70年。
 一旦、エネルギーが放出されると10年位は影響があるものの、
 その後、40~50年は「静か」になりますね。
 静かといっても、エネルギーは溜まっていきますから、
 その一部は内陸に向かって溜まっていきます。
 そこから、断層、つまり「しわよせがキツイ部分」が、
 内陸型の直下型地震になって、断層が動く、ズレるという現象が起きます。
 南海トラフも東北の震災同様、プレート型で沈み込みで、
 耐え切れなくなったプレートが跳ね上がるときに大きな振動が発生し、
 それが、大規模の地震を引き起こします。
 日本の場合、プレートは近海の海底で発生しますから、
 当然、大津波を引き起こします。
 これが、南海トラフなどのプレート型の地震です。
 今回の大阪北部地震は、南海トラフのエネルギーが内陸に溜まったと考えられ、
 耐え切れなくなった断層がズレを生じました。
 プレート型の地震は、概ね100年周期で起きているのは統計でわかっています。
 100年間の後半4~50年間に、
 概ね10回前後の内陸型直下型地震が起きています。
 今回の地震で7回目ですから、この20年間で、
 あと2~3回くらい直下型地震がおきるとで南海トラフが動くかも知れません。
 これも、過去の統計で、必ずいつ起きるか、なんてのは今の技術では、
 何とも言えないですね。
 今回の大阪北部地震が南海トラフを引き起こすトリガーになるとは、
 ちょっと地震のメカニズムや規模から考えても無理がありますね』

司会者は、ここまで説明されたら返す言葉がなく『ではCMです』で終わった。

メディアの役割は、民衆を煽って、
それに対応するための技術開発や関連商品業者の『忖度』が働く。
かつて、北朝鮮が核だのミサイルだの『きなくさいとき』は、
不動産屋や工務店が結託して『核シェルター』を売り出していた。



民衆は、思ったことを勝手に言っているだけである。

五輪と核やミサイルをこじつけるのも姑息だ。
スポーツの祭典にしろ、核やミサイルにしろ『政治』の上での『外交手段』であり、
戦争は『終局的な外交手段』である。

戦争を起こさせないのは民衆ではなく『政治家の仕事』だ。

世論調査をはじめ『世論の操作』は、
民衆を『そう思わせる洗脳手段』である。
ときどき、凶悪な犯罪や、それも通り魔や若年層の被疑者の犯行は、
情報番組が『待っていました!』という『ネタ』である。

町の声の『こわいですわ~』を集めて垂れ流す意味がわからん。

天神橋筋商店街なんかで、
連れもって買い物に来ているおばちゃんの『こわいですわ~』を集め、
司会者は『町の声でした。それではお天気にまいりましょう。〇〇さん~!』

視聴者を、なめてんのか、と思う。



これも、地震が起きたら都市機能マヒしまっせ、の印象操作。

どう捉えようが、それは『あなたの勝手』だが、
世論調査の結果で多数派が是と思わせるのが世論操作の目的であり、
そこを見極めておかないと、大勢に流されてしまうのだ。
私は世論調査は、世論操作と見ていて、
あんなものは半値八掛けくらいでしか見ていない。

しつこいが、世論調査は、世論操作である。

また、葛之屋末兵衛が『これだ!これしかない!』と感化された、
DASH村のような農村移住をそそのかす番組なんかも、
いわゆる『意識高い系』の『世論を操作する番組』であることを、
付け加えておきたい。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●連帯保証人に、なったら・・・。

2018年06月27日 | 世の中の仕組み
借金であれ不動産賃貸物件であれ『保証人』には極力ならないことだ。ここまでは、おおかたの人が『頭ではわかっている』のだが、いざ頼まれたら気軽に引き受けてしまうケースが、ままある。私自身も15年ほど前に不動産賃貸物件の連帯保証人になって『夜逃げ』されて、えらい目にあったし以後、保証人の類は一切お断りを通している。保証人になるなら『腹をくくる』。それがイヤなら、保証人を頼んできた人と絶縁する、それくらいの重大な決断である。よくよく考えていただきたいのは、印鑑証明書と実印を用意してハンコを突くということは、自分が借主であるという自覚だ。特に『根保証』や『根抵当権』が設定されている書類は、一歩間違えば『気がつけば莫大な借金を背負う』。


【写真:気軽にハンコを押してはいけないよ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆身に覚えがない借金が、急に降りかかる『連帯保証』。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このところ同業者の訃報が増えた。

中でも、ちょっと悲惨やなぁ・・・と感じるのは、
亡くなったご本人は死後3週間後に変死状態で発見された。
勤務先の管理職が様子を見に行って発覚したのだが。

無断欠勤3日目くらいに見に行けよな。

亡くなって3週間もすれば、
元気なときの様子とは全く異なり、
表現しにくい状態で発見される。

今回は、それだけで済まなかった、という話だ。

亡くなったAさんは、今のハイツに入居する際、
元同僚Bさんに『連帯保証人』を依頼し、
そのBさんも『二つ返事』で引き受けたのである。

Aさんは、3か月分の家賃を滞納しBさん宛てに督促が来ていた。

さらに悪いことが重なるもので、
Bさん自身が、心療内科に通うほどの、
うつ状態で、仕事も3か月ほど休んでいた。
その間の収入は『健康保険の傷病手当金』しかなかった。

Bさんの生活自体が『ギリギリ』の状態である。

そこにAさんの家賃滞納の督促が届き、
うつ状態が、さらに激しくなった。
ここにきてAさんが亡くなったという知らせがBさんに入る。
病死とはいえ、死後3週間経過した発見だから借りていた部屋は大変である。

露骨に書くが・・・。

・遺体の腐敗
・害虫の大量発生
・死後膨張による体内ガスの破裂
・体液や内臓が破裂により吹き飛ぶ
・物件内の異臭(死臭)

賃借人死亡で、明け渡しになる。

賃貸物件は、入居時に戻して退去するのが前提である。
普通の人が、普通に引っ越しをするのなら、
原状復帰も、そんなに難儀なことはない。
だが、死後3週間も遺体が放置されていたのだから、
部屋の内部は相当に荒れ、確実に『事故物件』の扱いである。

Bさんに、さらなる災難が降りかかる。

・滞納家賃の支払い
・残された家財の処分
・原状復帰
・事故物件に至り、価値減額に対する補償交渉

もう、大変なことである。

死臭を知らない人にはピンとこないだろうが、
ガスマスクでもしないと部屋に入れないくらいに異臭が沁みつく。
いくら、連帯保証人であれ、そんな部屋の後片付けなど、
素人には無理である。

専門業者に依頼するしかない。

・滞納家賃:18万円
・家財処分:10万円
・特殊清掃:40万円
━━━━━━━━━━━━
・合計金額:68万円

Bさんに、68万円の一括支払い請求書が届いた。

まぁ、実際のところBさん自身が『うつ状態』で、休業中。
かろうじての収入が健保の傷病手当金で、
働いていたときの60%ほどの収入しかない。

交渉の結果、管理会社が一旦費用を立て替えて分割弁済に・・・。

もともとAさんとBさんは、同じ会社で働いていた。
このときに仲良くなり、お互いに『カネに困っていた』ときく。
そこで、AさんもBさんも、金融屋からカネを借りることになり、
お互いに、お互いの保証をするという『相保証』という間柄に至った。

この時点で、保証人になることに慣れっこになり感覚が麻痺していたのだ。

その後、諸般の事情でAさんもBさんも違う会社へ移り、
ときどきは連絡を取り合うものの、
交流もだんだん疎遠になっていった。

そこに、家賃滞納の督促や、死亡の通知である。

督促が来る半年ほど前にもAさんの1か月分の家賃滞納があり、
このときはBさんが立て替えて支払った。
そこで、Bさんは不動産管理会社に対して、
保証人解除の申し込みをしていたが、
管理会社は『別の保証人を立ててくれないと受けられない』と拒絶。

そのまま、ずるずると今日に至った。

例え、賃貸住宅入居時の連帯保証人であっても、
気軽に受けたらBさんのように『降ってわいた支払い』がくることもある。
入居する本人は『認印』でいいが、
連帯保証人は『印鑑証明書』を提出し『実印』を押す。
いわば、本当の借主は連帯保証人、という認識がないといけない。

印鑑証明書と実印がいるときは『腹をくくれるのか』だ。

気軽に連帯保証人のハンコを突くと、
忘れたころに、とんでもないことが起き、
そのときになって慌てても、もう遅いのである。

さらに、Aさんの借金の相保証をしているBさん・・・。

不動産関係の支払いを、一旦は分割弁済の着地になっているが、
借金の弁済分を含めたら、もう首が回らない状態だ。
結局、Bさんは自己破産の手続きに入ったのである。

連帯保証人は、保証できる財力がなければなってはいけない。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●世の中の仕組みを知るためには・・・。

2018年06月26日 | 世の中の仕組み
連日で恐縮だが、ねいちゃーくらぶNPO・そんたく団。構成員の定着率が著しく低い。団長の葛之屋末兵衛も、頑張っているつもりのようだが・・・。


【写真:そんたく団は、このサイクルにのっているか・・・?】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆まずは、経験値を積むこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ねいちゃーくらぶNPO・そんたく団を引き合いに出しているが、
このNPOに限らず『自分の人生設計』に役立つよう、
あくまでも『事例』として出しているに過ぎない。

そんたく団は、経験値の絶対数が著しく少ない。

構成員の定着が低いのは『団長』自身の経験値が少なく、
あれこれ能書きを垂れ、御託を並べても、
関心を持った人が『この人なら!』とついていってみよう、
といった気にならないのが実情である。

経験値が少ない砂上の楼閣は基礎が軟らかく転覆の危険がある。

・人間ってのは『自分が生きてきた経験値』でしか判断できないもの。
・だったら、いろんな経験をせえ
・経験を重ねたら『なるほどな』と気づく
・この積み重ねが『自分の値打ち』になる
・やっているうちに『世の中の仕組み』が見えてくる
・世の中の仕組みがわからないと、いざというときに慌てる
・世の中の仕組みを知ることで大事なことを知る
・その中(今、やっていること)で、自分はどうしたいのか
・ネットなどは、補完的な道具でしかない
・自分の人生設計を『デザイニング』できるか

そういうことが、まるでわかっていないのが、そんたく団である。

まぁ、価値観が違うヤツらに、
ナンボ理屈をこねても、わからんヤツはわかりよらんもの。
逆に、価値観が近い人同士ならば、
わざわざ理屈をこねんでも、通じるモンは通じる。

本を読むのもいいが・・・。

本は商品価値を高めるために理屈をこね、
一定のページ数という『ボリューム』を作っている。
本は安価に疑似体験できるが、
実際に自分で経験するのとは、
全く別の次元である。

こういうことがわかっていないのが葛之屋末兵衛と追従勢力者。

私なんぞに、しつこく、とやかく言われるのがイヤなら、
もっと、経験を積んで『おぉ!すごい!』と、
言わせるくらいになってみたまえ。

世の中の仕組みを知る第一歩は『経験値を積むこと』である。

子ヘビや大ミミズを捕まえて、
ワイルドだろぉ!の演出は『もう、ええぞ』。
大収穫祭なら、もっと営業用の写真を顔の本に載せ給え。

営業用の写真・・・わからなかったら、もっと経験値を積め!。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。