●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●耕作放棄地の裏側事情。

2017年08月31日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
昨日、鳥取県倉吉市にある法律事務所から書類が届いた。だいたい2~3年間隔で『盆過ぎ』に、こういう書類が届く。まぁ、開封する前から『また、誰かの相続やろ』と、予想は的中だが、内容に仰天した。


【写真:相続不動産目録で『農地』が『3,000坪はあろうか!』】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆こんな相続、いらない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

確かに、農地が3,000坪ほどになっている。

だが、仰天したのは名義人が他界したのが昭和24年。
今から68年前に亡くなった人の名義変更が、
『ほったらかし』になっていて『相続人が61人』ときた。
遠縁の親戚とはいえ会ったことも聞いたこともない人・・・。

めんどくさ・・・。

我が家は『倉吉の農地の相続なんか放棄!』でおしまい。
確かに、3,000坪の土地でも61人で割ったら、
1人あたり50坪にも満たないし『行く気もない』。

送付元の法律事務所に確認したら、こういう事例は氷山の一角だという。

法律事務所の担当者は『後日、鳥取地裁から書類(訴状)が届くので、
相続放棄されるなら、非提出で結構です。
もし、異議申し立てをするなら「答弁書」に自分の言い分を記載して、
裁判所に返送してほしい』という説明だ。

68年前に他界した人の物件など『なかったもの』同然。

数年前にも似たような相続案件の知らせがあって、
それは『宅地を売却して遺産分けをする』という内容だった。
だが、そのときも相続人の人数が今回同様で、
我が家は、相続の枝の末の方だったので『数万円』。

まぁ、現金なら喜んでいただくが遠隔地の農地などいらない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆耕作放棄地の多くが、相続時の名義変更失念物件。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

葛之屋末兵衛が、喜んで『3,000坪はあろうか!』と豪語する、
他人の農地にしても、実際のところ『相続の中身はわからない』。
今の時点で、名義人をはっきりさせてしまうと、
相続問題で親戚で『もめる』から『そのままにしている事案』が結構ある。

自分で取得した農地なら『移住』する値打ちもあろう。

葛之屋末兵衛が絶賛するK市の『耕作放棄地』にしても、
地主さんのご好意で『今は無償貸与されている農地』が、
きれいに相続されていたらいいのだが、
そういう『内緒(内証)』のことは親族でも『内緒』のことが多いのだ。

ウチのような『61人の相続人』がいたりしたら・・・。

あっさり放棄する人もいれば『異議申し立て』をして、
自分の取り分の土地を主張し『売却』を希望する親族もいる。
そうなれば、せっかく移住しても『期限を切られて追い出される』。
いくら『社会貢献事業です!』と抵抗しても、
何も行動を起こしていなかろうが『土地持ち』の方が、立場が上である。

所詮、借り物は借り物。事情が変われば小作人は出て行かなければならない。

また、生産緑地やら農地は『賃貸には農業委員会の許可』が必要な場合がある。
まぁ、そういう事情もあるから『無償貸与』ということになっているのだろうが、
無償貸与で、さらに住居でもないから『借地借家権』の主張もできない。

法改正の動きもあるが・・・。

生産緑地の賃貸促進を後押しするような法改正も決まったようだが、
これにも『相続』やらが発生したら『建前論』では片付かない。
新聞やテレビは『耕作放棄地問題解決策』を『美化』する動きがあるが、
一旦、親族で『相続問題』に発展したら『他人が口を挟む余地はない』。
他人の土地という『他人のふんどし』で『行動で示す!』と豪語したとて、
相続が発生して『出て行ってくれ』と言われれば従うしかない。

相続は、場合によれば『骨肉の争い』に発展するのである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●北のミサイルと日本経済。

2017年08月30日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
北のミサイル発射・・・『意外と日本は、脆いんだな』が率直な感想だ。Jアラートも『お粗末』。そもそも、北が日本と戦争をする理由などないから、民間・国民レベルで、防衛対策など特段準備する必要もない。間違ってはいけないのは『北が対峙しているのは韓国』だ。韓国と対峙する理由は『朝鮮半島の主権争いで勃発した「朝鮮戦争」が「休戦協定」で「争いが中断」しているだけ』のこと。休戦から60年以上経過し、休戦協定を破棄して『韓国の頭越しにアメリカと直接交渉で「平和協定」を締結したい』のが北のホンネ。そこを政治利用で『さも、準戦時下のようなパフォーマンス』で『国民の恐怖』を煽り、国防費をつり上げるべく『さらに軍需産業を活性化させるのがアベノミクスの本当の狙い』。言いかえれば、世界のどこかで戦時体制がないと日本の経済が活気づかない、というだけの話。金正恩斬首作戦という『ガセネタ』も出回っているが、金正恩を消したら、軍需産業の『金づる』がなくなるのだから経済面ではマイナスだ。ミサイル発射後の『町の声』など『どうでもいい茶番』だ。


【写真:国防の連絡が総務省・消防庁の仕事とは、何とも呑気な話である】
    ※要は、役場と消防署が連絡係というわけ。呑気でしょうが。
     『可能性』ではなく『危険性』という表現の方が適切なのだが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本経済より、自分である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の制空権が侵されたといえば間違いではないが・・・。

いくら北海道上空をミサイルが通過したといっても、
宇宙ステーションより150kmも上空の500kmを、
ミサイルが通過してオホーツク海の公海上に着弾しただけ。

破壊措置命令が出なかったことに批判も多いが。

日本の上空で破壊するより『公海上に落下したブツ』を、
北より早く、さっさと回収して『北の技術レベル』の見極めが先だ。
破壊措置命令がでなかったことを批判したい気持ちはわかるが、
本当の防衛ってのは『相手の武器や兵器を分析する』のが大事なこと。
なんでもかんでも破壊すりゃいいってもんじゃない。
高射砲でB-29を迎撃しても『弾の無駄遣い』だったじゃないか。

さらに、Jアラートは、恐怖を煽るだけのクズシステム。

それも国防に関する重要事項の伝達が『役場』と『消防署』の管轄である。
戦時中の『警報』は『軍管区発表』だったのに『総務省・消防庁』。
各役場が防災無線を流すのだが『役場任せ』で『うまく作動しない』のも出た。

その町の首長が『申し訳ない』と謝っている。

Jアラートが上手く作動しなかったことが『大問題』とか言うが、
それとて『上手く作動させるためのシステム強化の予算付けの大義』になる。
情報番組は、ことさら『町の声』を集めてテレビの画面で刷りこんでくる。
町の声など、どうでもいいし、アホか・・・と思う。

こうやって『世論』を作っていくのが『常套手段』なのである。

北が『資源のない日本を武力制圧するメリット』などどこにあろう。
かといって、米韓日の軍事力を相手に北が悪あがきをしても、
一瞬で、北の体制が崩壊して『北の難民があふれ出る』。
一番困るのは中国で、言語が同じ韓国も困るに決まっている。
だから、本気で北を崩壊させてやろうなど『誰も考えていない』。

本当は、北朝鮮関連報道など止めて、無視するのが一番なのだ。

日本の報道が騒げば騒ぐほど、北に手の内が伝わる。
当たり前だが肝心な『防衛省内部の作戦』に関しては一切報道されない。
安倍首相が『北に厳重に抗議した』とか言う。

国交?も大使館もない北朝鮮・・・。

その北の『どこの機関にどんな形で抗議したのか』が、
まるで、はっきりせず『重大な脅威』に話がすり替わっている。
朝っぱらから朝鮮総連に電話をかけて、
文句でも言ったのだろうか、FAXでも流したのか知りたいところだ。

脅威を煽れば、さらに軍需産業にカネが流れ『景気回復』につなげやすい。

北がミサイルを打ち上げるたびに、
軍需産業の会社は『やれやれ!もっとやれ!』と思っているし、
奇妙なことに安倍内閣の『諸問題』を打ち消すタイミングで、
北がミサイルを飛ばしてくれる。

裏取引でもやってんじゃないのか、と勘繰りたくなる。

びっくりしたのは、今回も関東の電車が止まったり、
Jアラートの情報メールに気を取られて『トラック同士がぶつかった』とか、
市民が『びっくりした』『こわかった』『何もできなかった』など、
そんなこと『最初からわかっていること』をわざわざテレビで流している。

おばちゃんがテレビで『避難の対策を考えてほしい』とまで言う。

そんなに心配なら、
防空頭巾でも縫うか、
ドカヘルでも買っておけば?

戦時中のように。

防空壕を作ったり、北のゲリラの来襲での本土決戦に備えて、
竹やり訓練や、バケツリレーなどの国防訓練でもやればいいのか。
大日本国防婦人会でも再結成して『隣組』を復活するのがいいのか。

そんなもの、先の大戦で何の役にも立たなかったではないか?。

戦時中は『国家の敵』を『鬼畜米英』と明確にして、
はっきりと特定できたし『聖戦の大義名分』も掲げられた。
だが、今、北が特段、国家の敵でもなく戦うための大義もない。

無駄な公共工事の代わりに『仮想敵』を作っているだけの話。

日本経済など『大きな問題』に『私たち個人』がどうこうできるものなのか。
仮に北が『日本の本土をめがけてミサイルを一発でもぶち込んだ』としたら、
それ自体が、北の自殺行為であり、そのことは金正恩自身が一番よくわかっている。

北のミサイル発射は『年間軍事計画』で粛々と打ち上げ花火を上げているだけ。

一体、北の『脅威』が『具体的にどんなことを指すのか』は、
ほとんどメディアでアナウンスされない。
そればかりか『ヒステリックな論議』ばかりで、
そこに『町の声』を集めても町衆自身が『思考停止』しているのだから、
『怖かった』や『どうしていいかわからなかった、対策を!』くらいの、
抽象的な世論しか集まらない。

ここまでやらないと、年間2%のインフレに持っていけないのか?。

日本経済も大事だろうが『今後、自分はどうしたいのか』の方が大事だ。
そういうことを考えていかないと、
ますます、思考停止が進んでいくことに私は危惧してならないのである。

冬の燃料に事欠く北が、日本を火の海にする能力などない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●「真実!」の情報は「嘘っぱち」が多いんじゃないか。

2017年08月29日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
よく『人工知能で10年後になくなる職業』とかいう記事を見かける。この中に『タクシー乗務員』も含まれているが『人工知能屋の茶番劇』だ。


【写真:もうすぐ都内あたりで走り出す次世代タクシー】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆タクシーに人工知能を搭載して『採算』が合うの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

心配しなくても10年後には勝手にタクシーは減っている。

要は、乗務員が高齢になって、
どんどん退職していっているからだ。
運輸局は、各事業所を『監査』で、
稼働率を調べて『減車』の指導を行っている。
数値目標は事業所ごとに異なるが8~12%というから、
ざっくりと言えば『10%減車』になる。

だが、そんなことに税金を投入しなくても、勝手に減る。

減った時点で『認可台数を減らせばいいだけ』じゃないか。
まぁ、私がとやかくブログでグチを垂れなくても、
今や、どのタクシー会社も『乗務員争奪戦』に躍起なのだ。

現在は、65歳以上の高齢者採用に必死である。

簡単に言えば『高齢者雇用の助成金目的』で、
くたばりかけているタクシー会社に『輸血』で持たしているだけ。
いわば『対処療法』に過ぎない。

本来ならば『世代交代』に各社が知恵を絞るべきだが。

タクシー運賃のほぼ全額が『粗利益』であり、
どの企業でも粗利益は『血液』と同様で、
横転(同業者からの転職)は会社にとって『輸血』に過ぎない。
ほとんどのタクシー会社は『輸血しながら止血していない』。
運転手が確保できて『出庫』さえしてくれれば会社は儲かる。

これが、今のタクシー業界の実情ではある。

だが、AI(人工知能)など『高コスト』なものを搭載して、
基本運賃が6~700円程度の『安い商売』に、
採算が合うとはとても思えないのである。

はっきりいって、タクシー乗務員は『低賃金労働者』ではある。

だったら、今ある車両を『だましだまし』使って、
供給が減ったら『客回転がよくなる』のだから、
若い人でも『食べていける職業に戻せる』のじゃないかな。

乗客は、ただの移動手段だけではタクシーを使っていない。

まだまだ『サービス業の認識が低い乗務員が多い』のが残念だが、
逆に言えば『無愛想な運転手が多いから私ら普通の接客をするだけ』でも、
お客さんから『今日は、すごく感じのいい運転手さんでよかった!』と言われる。

愛想よく接客するだけで680円の運賃に320円のチップもいただける。

だが、機械が勝手に運転し電子決済で料金を払うシステムに、
今の日本の道路事情や、お客さん個々の事情がAIに対応できるのか。
さらに、低賃金の職業をAI搭載する必要があろうか。



47%の職業が、10年後になくなる・・・と喧伝されている。

ということは53%の職業に集中するのか、
47%の職業の人の多くが『生活保護』なんかで暮らすことになる。
AIでどんな職業がなくなるのか知らないが、
だいたい、AI屋か、それに便乗するネット教育通販会社の喧伝でしかない。

深刻なのは、高収入の職業の方がAI搭載でコストカットが狙える。

AIだの、高性能なコンピューターが得意とするのは、
過去の事例や統計的な『データベース』を分析して、
Yes or Noをはじき出すような職業の方がなくならせやすい。
それで、国民の所得が平均化したら、それはそれでいい。
だが、旧ソ連の全体主義じゃあるまいし、実現しないだろう。

今までの『リストラ』を振り返れば・・・。

概ね、高給取りの管理職から『肩たたき』が始まる。
大して役に立たない新卒者や丁稚奉公のような若手社員は、
リストラ対象になるのは管理職が一掃されてからである。

まぁ、何とも言えないが。

かつての明治維新の頃のように、
それまで上の職業とされていたサムライは職業ごと消えたが、
農工商に商売替えをしたり、
位が上の人は士業や政治家なんかに職業を変えて生き延びた。

だから、AI屋の口車に乗って慌てる必要はない。

10年後になくなる・・・といわれる職業の多くが低賃金労働者の仕事。
そんなところにカネのかかるAIを搭載しても、
失業者が増えて『西成暴動』になっても知らないよ、だ。

ある程度は、人員削減の機械化は進むだろうが。

AI失業に不安な人は『コミュニケーションスキル』の勉強ができる、
接客の仕事に転職しておくとか、いろいろ対策は立てられる。
前述の『次世代タクシー』は『従来通り、人間が運転する』。

それでも、新車で1台あたり3~400万円だ。

こんなの、ペイラインに持っていこうとしたら、
東京式の運賃体系でないと難しい。
東京の中古車を買ってきて運用している大阪で、
次世代タクシーを導入できるのは東京資本のタクシー会社が、
デモンストレーション的に運行する程度だ。

もう、へそで茶が沸く『茶番劇』である。

実際に、本当に、AIで10年後に47%の職業がなくなって、
失業者が町に溢れたらAIどころではなく『経済破綻』は必至だ。

1億総活躍社会構想は『総崩れ』なのだ。

それでも本当に失業したら『みんなでやけくそ暴動』でも起こせばいい。
あ、これが、テロ等防止云々の法律に抵触するのか・・・。

笑うしかない、今の日本のプロパガンダである。あほくさ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●農村と教育。

2017年08月28日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
『日航123便、墜落の新事実』(河出書房新社/青山透子氏著)という本を読み込んでいる。そこで『なるほどなぁ!』と感嘆した記述があり、著者の主旨を変えないように紹介したい。


【写真:無知では、政治の良し悪しを判断できない、と本質を突いている】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆明治の頃に、農村に学校が必要だと考えたわけ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この本の著者は、123便で仲間や先輩を失った。

ご自身が国際線に異動を希望していなかったら、
この便の客室乗務員として運命を共にされたかも知れない。
自分の誕生日の前日に事故が発生し、
翌日は『事故を起こした側の人』としてアンカレッジまで乗務された。
本の出版が、先輩や仲間の弔い上げだけではなく、
今の世の中を問うていることに感銘を受けた。

さて、本題に入ろう。

日航123便・新事実の本をお持ちの方は、
182ページを開いていただきたい。
ここに、概ね2ページ(1見開き)にわたり、
今に通じる、重要なことが書いてある。

著者の『ひいひいおじいさん』が『農村に学校が必要』と考えた話。

当時の日本人のほとんどが『農民』であり、
農民は『国家の基本』となる『食糧を支える人』。
その彼らが主体となっていく時代、
民主主義の時代を構成する人たちに『教育は不可欠』と考えた。

なぜか・・・。

それは一方的に与えられる知識ではなく、
自ら考える力を持って、
政治の良し悪しを判断しなければならない時代が目の前にある。

そういう危機感から、学校教育の重要性を考えた。

あまり、ここで書くと『ネタバレ』になってしまうから、
詳しいことは『新事実』の本を手に取って読んで、
自らの頭で考えていただきたいと願う。

今の日本は・・・。

都合の悪いことを『なかったことにする傾向が強い』と感じる。
日航機の事故調査書類などは『後世に残すべき重要書類』なのだが、
この重要書類を『もう、過ぎたことだから』と、
いとも簡単に廃棄してしまうような『悪しき見本』がまかり通っている。

そのような世の中を見て育った人の行く末は、どうなるのだろうか。

1、農業(食糧生産)をおろそかにしない
2、経済優先で商売に傾倒し過ぎない
3、自然と語り合う
4、世界的視野を持つ
5、今の環境を守り続けること

これらこそが日本で生き続ける基本だと、著者は強く訴えている。

私は、このブログで『ネイチャークラブNPO』を批評しているが、
同NPO創設当初に『上記5項目』に当てはまる主旨を感じた。
だからこそ、このNPOの理念などにも賛同をし会員になった。

会員になったら、発展を望むのは当然だ。

だが、どうも理念の押し付けや能書きばかりで、
テレビやらネットなどメディアから得たような、
言いかえれば『一方的に人から与えられた情報や知識』で先走ったのを、
『おいおい、ちょっと待て。足元も固まらないうちに拡大したら倒れるぞ』と
警鐘を鳴らしたのだが『文句言い』のレッテルを貼られ『退会』したのである。

NPOだから、儲けなくてよい・・・?

実際には『儲からない分野だ』と逃げられたと解釈している。
だが、農業のみならず『あらゆる場面』で、
自分の思考を深めて『判断能力を養う』のは、
自律的に生きていくことにつながる。

それが『プロ意識』につながる。

儲かったか、儲からなかったか、を問うているのではない。
主宰者がハナ(最初)っから『プロ意識がないこと』を疑問に感じるのだ。



主宰者に『プロ意識』があれば、こんなジャングルにはならない。

大学進学率が50%を超えているが、
多くの人が、いざというときに発揮する『生きる知恵』は、
主観的だが30%も持ち合わせていないのではないか。

農業に関わるならプロの指導も必要だ。

教育に関しても『いい会社に入ったら安泰』というような、
わかったような、わからないような理屈にもならない理由で進学し、
高望みをして就職浪人のまま、
フリーター生活に甘んじている人がどれだけいるか。

大卒資格が、ただの入社資格に成り下がっている。

今、北朝鮮が『脅威だ』とメディアが騒がしい。
これとて『景気底上げの政治手法じゃないか』くらいの疑問を持つ人が、
一体、どれだけいるのだろう。
防衛(国防)の予算が年間5兆円超えでGDPの1%を占めるのを、
誰も何とも思わないのだろうか。
それでも経済が良くなると、本気で信じているのだろうか。

だからこそ・・・。

優れた教育者による『しっかりとした教育』が必要なのである。
無知では、政治の良し悪しは見抜けない。



社会人になってからこそ、知見を広めるのは、すごく大事だ。

今日のブログは、かなり『本からの引用』になったが、
日航123便・新事実からも『もやもや』が、
少し晴れてきたような気がする。

こういう語りも、123便から学ぶことになれば、と思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●ビッグアクションより、スモールアクション。

2017年08月27日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
葛之屋末兵衛率いる、ネイチャークラブNPOの定例総会が終わった頃だろう。再々、揚げ足を取っているが、自分の価値感で『あなたは行動も起こさず文句ばかり言う』という指摘には『いまだに、腸(はらわた)が煮えくり返る思い』である。だが、揚げ足の目的である『ぶっ壊す!』に相当近づいたと思っている。私は、何も行動を起こしていないわけではない。彼らが言う行動が『ビッグアクション』なのに対して、私は日々の『スモールアクション』の行動の方が大事だと考えている。習い事のエレクトーンにしても、1日たった5分の練習だが、これもできるだけ欠かさず継続した結果『何とか、右手、左手、足ペダルのベース』を操るところまできた。そろそろイニシャルレッスンも卒業である。


【写真:5年後の自分より、5分後の自分の成長をイメージしよう】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆情熱家は、妄想癖が強い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

情熱を持つのは決して悪くはない。

だが、人それぞれ異なる価値観の持ち主であり、
それぞれが個性を持った『人間』である。
そこに、強烈な情熱と妄想と理想を押し付けられても。

ついていくのが大変である。

けっこう多くの人は『人とは違った人生を・・・』とか思っている。
だが、これとて『多数派の考え』であり、
じゃあ、何か具体的なことはやっているのか・・・?と問えば。

月1回、休日に〇〇しています、とかいう。

月1回程度で、どれだけのことが継続されて成長できるのだろう。
何か聞いていると『投機的かつ短期的なギャンブル』のようで、
こんなので『人と違った人生』が訪れるとは到底思えない。

長期的に続けて勝ち続けられるか・・・が大事だ。

情熱家の着眼点はいいのだが、
どうも短絡的で『これだ!これしかない!』と思い込む。
そこに加えて『同属同種の人』を集める。

同属同種の人たちは、どうしても『身びいき』の傾向が強い。

その上、ネイチャークラブNPOなどは、
組織作りもままならず、組織の統制さえ取れていなかった。
言い出した人がリーダーで勝手にやってくれ、では結果は出ない。

組織なら、組織で勝つ。チームならチームで勝つ、これが大事だ。

スポーツ選手は、少しの合間にも練習を重ねる。
野球をやっている人は『素振り』や『キャッチボール』を欠かさない。
それも『5分だけやろう』と『5分』も『惜しまない』。

いきなり、甲子園に行けるチームはない。

甲子園の高校野球を支えている応援チームにブラスバンドがある。
アルプススタンドでトランペットやトロンボーンなんかを吹く姿はかっこいい。
だが、彼らは『まともに吹けるまでは、マウスピースの練習ばかり』。

動物園のアヒルか・・・?

休み時間もマウスピースで『プープー』やっている。
継続することで、唇の振動の『コツ』を次第につかめるようになって、
晴れて、楽器にマウスピースをつなげて『初めてまともな音出し』ができるようになる。

これも、5分、5分の積み上げ、スモールアクションの成果だ。

たった5分なのだが、たった5分でも『毎日やる』ことで、
脳に刺激が与えられ『日課』になれば『ルーティン化』される。
逆に『大げさな行動』を求められると。

脳は、変化を拒み、抵抗する。

誰だって、新しいことをやろうとしたらエネルギーを使うし、
それが、生きていくことや生活に直接密着しないこと、
あんまり優先順位が高くないことなら『後でいいや』『明日やろう』になる。

私は『明日できることは今日するな』主義者でもある。

だが、今日やらなくてもいいように『明日の段取り』を『5分』で立てる。
この5分があるのとないのとで『翌日のスタートが全く異なる』。
たった5分だが、1時間で12回の機会がある。

12時間だと144回の機会が与えられる。

ネイチャークラブNPOの草創期のミーティングや、
各種自己啓発セミナーに、出かけたときの感想だが、
一時的に気分が高揚してモチベーションが上がるのだが、
これも、どうしたことか長続きしないのである。

NMB48のライブに行ったときの高揚感、そんな感じですぐ醒める。

結局、人と違った人生とか能書きを垂れても、
脳が変化を好まないのだから、
やっても、やらなくても、結果は大きく違わないのである。

もちろん、継続はチカラなり、である。

そのチカラを出していくには『根性論』や『精神論』では説得力に欠ける。
私は、広告屋の頃に、ビッグアクションよりスモールアクションの積み重ねで、
脳みそを慣らしていくことの方が容易いことに気づいた。

毎日、継続することなど、集中できるのはせいぜい15分だ。

その15分も『5分を3回積み上げる』といった具合に細分化する。
毎日、5分×3回=15分程度なら『誰がやっても同じような結果が得られる』。
戦略を考えるならば『突飛なこと』ではなく『誰がやっても同じ結果』が大事である。

ビッグアクションでは、結果に大きく個人差が出てしまうのだ。

スモールアクションで『脳慣れ』をさせると、
おもしろいことに、誰でも似たような一定限の結果が得られる。
思い込みが強い人が『自己洗脳』に一旦成功したとしても、
外的要因が影響しだすと『やる気が継続できない』のである。

情熱に頼ることなく『脳慣れ』が『やる気』を引きだし『継続』の望みが高い。

どうしようもないネイチャークラブNPOを引き合いに出しているが、
脳慣れ、スモールアクションの積み上げは、
どんな職場でも応用ができるし『自分の人生』にも活用できるのだ。

生活習慣は病だけではない。

たった5分、空いた時間に何をするか。
アンテナを張ったテーマに関することをノートに書くことだけでも、
継続すれば『大きな知的財産になる』のである。

成功本が『本は買って読むべき』とかいうが。

そんなものは著者が儲けのために言っていること。
買おうが図書館や人から借りようが、
その本から何かを得ようとしたら『読む、書く』が不可欠。

私は、本に書き込むのがキライだからノートに書く。

この視点で考えたら買おうが借りようが同じだ。
要は、自分が何をどうして、どうなりたいか、
そのために、どんなアクションを起こして継続するか。
案外、5分の使い方次第で、人生も変わってくるものなのである。

ビッグアクションより、スモールアクション、ぜひオススメしたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加