●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●何が、国の借金が1,000兆円だ!

2016年11月29日 | 自分の頭で考えよう
シャブ&ASKAが再逮捕された。こんなのがニュースになって、ワイドショーで延々取り上げられるくらいだから、国の借金など『屁』でもないし『平和』な証拠である。


【写真:大手企業の決算を見たら『資産』に『有価証券』が掲載されている】

国の借金『1,000兆円』は『主として国債』だ。

財務省の広報は巧みに、
『国の借金が1,000兆円で国民1人あたり・・・』と、
何も知らない『意識高い系の人』もふくめて国民をたぶらかす。
人によっては『行きすぎた資本主義のなれの果て』と思うだろう。
別に資本主義が行きすぎてもいないし『ただの帳簿のトリック』だ。

腹が立つのは『国民1人あたり・・・』という『責任転嫁』だ。

主に国債を買っているのが銀行だ。
銀行は『私たちが強制貸付(預金)したカネ』で、
国債を『円建て』で購入している。
だいたい、国の借金ばかりクローズアップされるが、
日本から外国への『貸付』や『経済支援』なんか、
さらっとしか報道されていない。

国家レベルの貸借対照表や損益計算書はどうなっているのだろう。


▲私らが銀行に預けるカネは銀行側から見たら『負債』に当たる。

銀行が、強制貸付金をどう運用しようが勝手だが。

国債発行も勝手だが、
その支払金利のために『言葉巧みに増税』を企てる。
マスメディアの伝える話を聞いていると、
あたかも『国民が債務者』の扱いだ。
これに、怒る人が極めて少ないのが不思議だ。


▲銀行の負債のトップは顧客からの強制貸付金(預金)だ。

国民は債務者ではなく『債権者』である。

なんで、わしらが貸し付けたカネを勝手に運用させて、
国債と言う名の『ただの金融商品』を銀行に買わせた挙句、
財政がないとか『テキトーなこと』を言って、
国民から増税で金利を巻き上げる。

欺瞞だらけの会社の社長と同じではないか。

例えば、従業員100人の会社があるとする。
その会社は銀行から1億の運転資金名目のカネを借りている。
だが、実際は借り入れたカネには手をつけず、
金利を加えた返済を少しずつ行っている。
返済も滞らないので、銀行は折を見て『追加融資』を持ちかける。
カネが言ったり来たりするだけで、
会社の通帳には潤沢に現金が残る。

だが社長は朝礼の訓示で社員にはこういう。

社員には『業界全体も厳しく、わが社は1億円の銀行借り入れを起こした。
社員1人あたりに直すと100万円ずつの借金になる。
従って、私も頑張るが、業態改善に寄与してもらうべく、
営業活動に精をだしてほしい』とかぬかす。

マジメでまっすぐな社員は『えらいこっちゃ』と慌てる。

さらに姑息で私腹を肥やすのに熱心な社長は、
『営業成績が悪化すると8~10%の減給も覚悟してほしい』と、
これまた、社員にハッパをかける。

こじつけだが、消費税増税も似たような理屈じゃないか・・・?。

金融機関から借り入れを受けたら『負債』で計上する。
だが、融資を受けて振り込まれたカネは、
『資産』の項目の『現預金』に計上される。
1,000万円融資を受けたら『負債』『資産』とも、
あたりまえだが1,000万円が加えられる。

このカネを使わずに預金にいれておけば・・・。

これまた銀行の『負債』になるから、
あらたな貸出先を探して『融資』する。
融資先の10社が10社とも、
一切、融資のカネに手をつけなかったら、
帳簿の上だけで1,000万円が出たり入ったりするだけ。

銀行は『融資1,000万円×10社=1億円』が貸付金で『資産』に上がる。

借りている方も10社それぞれ1,000万円の現預金が増えて、
貸借対照表の資産と負債に1,000万円加えられるだけだ。
もちろん、金利を加えて返済するから変動していくのだが、
おカネの動きは帳簿と通帳の上だけで行われ、
銀行にある現金1,000万円は1ミリとも動いていない。

国の借金1,000兆円など、この手の延長に過ぎない。

よく、NHKラジオのニュースで、
『~比較的安全とされる円を買って、ドルを売る動きが・・・』と聞く。
これを聞けば『国の借金1,000兆円』が欺瞞だと見抜ける。
本当に、借金で首が回らない国なら『通貨の信用度』も低い。
朴槿惠や崔順実おばさん、カストロ議長、金正恩など、
呑気にワイドショーのネタになるのを見たら、
案外、能天気にいられるのも『国の借金』も絵に描いた餅みたいなもんだ。
蓮舫が青筋立てて怒っているのも『芝居』じゃないか、と思ってしまう。

1,000兆円は『主として円建て』で行われている国内問題。

これが、かつての『くず債権』をバラして集めて商品化した、
サブプライムローン債権のような『外貨建て』だったら、
もっと、大きな問題になっているはずだが、
今のところ『比較的安全』と『何と比較しているのかよくわからない円』は、
少なくとも『くず債権まみれ』にはなっていない。

国の借金を心配するより『自分の借金の心配をしたら?』と思う昨今だ。

とにもかくにも『国民は債務者ではなく「債権者」である』。
この違いに多くの方が気づき、
国の借金という欺瞞に『もっと、怒るべき』だと私は思うのだ。

だから、自分の頭で考えるクセをつけないといけないと常々言うのである。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。



●工夫。

2016年11月28日 | 自分の頭で考えよう
平日の私の1日あたりの食費は『5~600円』だ。1食あたりではない。1日あたりである。基本的に3度のご飯は『家で炊いたもの』。仕事中に食べる弁当は、朝食(私の場合は昼過ぎだが)と弁当のおかずは『ほぼ、同じ』。帰宅後の食事は『粗食』にしている。一時期、酒を飲んでいた時は、エンゲル係数が高かったが、酒をやめてからエンゲル係数は格段に下がった。かといって、相対的貧困でもない。米は『福井産こしひかり』で『単一原料米』だし、安物の食材は気持ちが貧相になるから、そこそこのものを買っている。だが、うまく使いまわしたりすることで、案外、食費は下げつつ『おいしくいただけるもの』だと感じている。


【写真:シンプル生活本の共通点は『自炊』や『工夫』が必ず載っている】

この欄で『ハレの日』と『ケの日』のことを何度か書いた。

平日は『ケの日』なので、
食事に関しても『気張らず、平素で粗食』。
米は『福井産こしひかり』を買っている。
10kgで3,500円ほどで一か月もつ。

3,500円÷30.5日=115円÷3食=約38円/1食

おかずは、野菜類、納豆、汁物、漬物、肉類はハムやら鶏肉を少々。
50歳を過ぎて、食べる量も少なくなってきたが、
それでも、ご飯は大き目の茶碗に一膳は必ず食べる。
仕事中、20時に弁当を食べるほか、間食は一切しない。

食べることは、生きること。それ以上もそれ以下もない。

糖分だらけの缶コーヒーも買わないし、
水道水の1,000倍の値段を取るミネラルウォーターなど、
バカらしくて買うこともない。
水など、公園でいくらでもタダで汲める。
昔と違って高度浄水された水道水は十分に飲用できる。

無駄遣いは『その費用分を「タダ働きしたのと同じ」を認識すべき』だ。

休日も、理由をつけて『今日はハレの日』と時には外食をするが、
酒を飲まなくなってから、
外食費も『ガクン』と落ちた。

夫婦で2~3千円で十分。

日々粗食にしておけば、
たまの休日には『多少、敷居が高い店』くらい、
屁でもなく行けるようになる。

そのうち、目玉が飛び出るような祇園の店に久々に行きたいとも思う。

いい歳こいだオッサンが、
いざというとき『そこそこのカネ』を、
右から左に動かせないと『何やってきたんだ』と。

要はどうバランスを取るか・・・だ。

酒を止めて以来、高校時代の体型に戻った。
50歳を超えて『食生活がいいかげん』だと、
腹が出てきたり、成人病に罹りやすくなる。
事実、同学年の同業者で『コンビニ食』ばかり食べている人は、
高校時代と比較して体重が30kgも増えたという。

いつも、カネがない、とか言っている。

この人がカネがないのは、
仕事をサボってパチンコに行って負けてくるからで、
さらに、負けた腹いせにか『コンビニ食をドカ食い』する。
趣味もないから休日は酒を飲むかパチンコに行くか。

太って、当然だ。

私は、仕事中の弁当も『食事の時間』をきちんと取っている。
客待ちのタクシーレーンで弁当を食べるような、
無様なことは絶対にやらない。
まぁ、薬を飲む時間と食事をとる時間を考えないといけないので、
食事を犠牲にしてお客を優先するようなことはやらない。

あたりまえだが『仕事より、食事が最優先』だ。

タクシーや宅配便の兄ちゃんの中には、
コンビニおにぎりやパンをかじりながら走っている人がいるが、
『こいつら、あほちゃうか』と思ってしまう。

身体とカネ(仕事)とどっちが大事なのか・・・?

ちょっと考えたらわかることなのだが、
『得るものがあれば、必ず失うものがある』のが真理である。
食事を『テキトー』にしていると、必ず病気になる。
食生活をきちんと考えてやっていても病気に罹ることがあるのに、
いいかげんにテキトーにやっていて、
身体にいいはずがない。

そういう事例をたくさん見たから、食事だけはきちんととる。

タクシー屋の仕事の目的は『カネを取りに行くこと』しかない。
まぁ、いろいろお客さんに喜んでいただくように工夫はするが、
基本は『カネを取りに行くこと』であり『仕事=カネ』でしかない。

だが、カネに拘り(こだわり)過ぎると浪費を招く。

余分に持ちすぎると『何かを失う』。
ほどほどの満足を得られれば、
長く安らかでいられるのである。
仕事=カネを取りに行くこと・・・あまりにも淋しい印象だが、
複雑な人間関係や厄介な仕事に悩むこともない。

気の持ちようだが、タクシー屋は大変に気楽な仕事でもある。

タクシーで多くの売上を作るには、
時間を多く取られるし、
多くの乗客を乗せるために『営業回数』も増える。

やり過ぎると、命を削る消耗戦になる。

中には、中小企業の部長クラスの報酬を得る乗務員もいるが、
実態は、家賃や車のローンに追われ、食事はすべてが外食である。
酒代やパチンコ・競馬・競輪・競艇・麻雀などの賭け事に走る。
私の1.5倍の報酬を得ていながら、
可処分所得のほとんどが遊興費に消え、
毎月、給与の前借で『自転車操業』のヤカラもいる。

多少の遊びは結構だが。

過ぎたるは及ばざる如し。
何事も、ほどほどに・・・。
これが、長きにわたって『安寧』でいられる秘訣だと思っている。
ストイック感はないが、食事は自炊で工夫すれば、
外食よりおいしく、安全なものを口にできるのである。
食費500円/1日・・・工夫次第で十分に可能なのだ。

取って付けたようなスローライフより、工夫の方が手っ取り早いと思うのだが・・・。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。



●タクシー繁忙期の裏ワザ。

2016年11月27日 | 旅客運送事業
師走も間近になり、深夜の歓楽街に『キョンシー』が多発する時期になってきた。私ら、タクシー乗りから見たら、右往左往しながら流しのタクシーを止めようとするお客さんの姿は『香港映画・キョンシー』出現だ。ほぼ毎週末の零時過ぎの歓楽街は、終電を逃した人たちが家路を急ぐためにタクシーに乗ろうとする。だが、考えることは皆さん同じで、いっぺんにタクシーが売れてしまい、歓楽街からタクシーが消えてしまう。さらに忘年会シーズンは、この時期にしかタクシーに乗らない人が街に溢れ、タクシー不足に拍車をかける。その時の歓楽街は『キョンシー状態』である。


【写真:歓楽街のタクシー待ちは、キョンシーである】

忘年会シーズンの金曜日の23時~03時はタクシーがつかまらない。

終点までは行かないが、
途中の駅止まりの最終電車に乗り、
そこから、タクシーに乗り継ぎを考える人が増える。

まず、朝までタクシーに乗れない。

こういう途中駅は『車庫がある辺鄙なところ』にあり、
普段は、数台のタクシーでコトが足りる。
そんなイナカに100人分のタクシーなど、
あるわけがない。

30台程度は待機するが・・・。

このうち10台程度は近隣客なので駅に戻ってくるが、
残りの20台は遠方に送っていくので、
30分から1時間は帰ってこない。

毎年のことだが、タクシーに乗れず始発まで待つ人がいる。

一例だが、大阪市内から奈良へ帰るお客さん。
少しでもタクシー代を安く上げようと、
途中駅の『近鉄・東花園行最終』に乗る。
東花園からタクシーで帰ればいいや・・・と、
安易に考える。

上手くタクシーに乗れたら6~7,000円だ。

だが、そうは問屋が卸さない。
東花園駅に着けるタクシーなど30台程度。
さらに年末になれば、
東花園に向かう途中で『別のお客さん』に乗られてしまう。
加えて、タクシーに乗りたい乗客が、
普段の数倍に膨れ上がる。

始発まで待つか、歩いて帰るか・・・。

これが、大阪市内だと、
ミナミやキタに戻ろうとする空車も、
タイミングがよかったらつかまえられる。
大阪市内から奈良までタクシーに乗っても、
1万円程度かかるが、
数千円の差額で『ほぼ確実に乗れる』。

繁忙期には、市内からタクシーに乗るべきだ。

走っているタクシーの絶対数が市内は圧倒的に多い。
概ね3~40%くらいは空車が見つかる。
タクシー乗務員側も、
辺鄙なところに出向くより、
少し走ったらお客が見つかる市内の方が、
仕事の効率もいいから、
特に繁忙期は市内にタクシーが偏る。

それでも、なかなかつかまらない。

年末は普段の週末とは異なる。
私らもテキトーにやっていても、
1日で2日分の仕事ができてしまうほど多忙なのだ。

前もって、知っているタクシーを予約するのも手だが・・・。

私の場合、最低、3,000円を超えなければ、
この時期の予約は受けないことにしている。
また、辺鄙な駅で朝まで待っても、
時間が過ぎれば過ぎるほど、
戻ってくるタクシーが減る。

みんな、目標金額に到達したら『入庫する』のだ。

よほどの使命感に燃えている運転手じゃなければ、
駅でお客さんが待っていようが、
自分の目標に達したらお構いなしで入庫する。

タクシーなんて、そんなもんである。

タクシーが不足する時期は、
待っている間に『お客さん同士』で、
『乗りあい』の相談をするのをオススメしたい。

タクシー乗務員側からは法規上『乗りあい』を誘致できないのだ。

・同じ方向に帰る4人を探す(運転手を入れて5人乗り)
・順番に送ってもらう『順』を先に決めておく
・遠い近い関係なく『3千円』なら『1人3千円ずつ』と決めておく
・余ったカネはチップとして運転手にやる

違法っちゃあ違法なのだが・・・

これくらいしないと歩いて帰るはめに。
逆に考えれば『1人で乗ったら8千円』もかかるところが、
申し合わせて4人で乗れば『2~3千円で帰れる』。

こういうのを必要悪(ひつようあく)という。

順法精神を守って寒いところで、
いつ来るかわからないタクシーをひたすら待つか、
申し合わせて必要悪を取るか。

まぁ、そうならないように、早めに帰ることをオススメしたい。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。



●時間泥棒な、朝までの、プロパガンダ番組。

2016年11月26日 | 自分の頭で考えよう
『朝まで生テレビ』はキライな深夜ワイドショーだ。田原総一朗司会で、いろんなパネリストが討論し合う。だが、ほとんど結論が出ない。意外と『意識レベルの高い君』が見ているというから笑えるのだ。私は討論好きを集めたプロパガンダ番組と感じて以来、見ていない。


【写真:深夜のボーっとした頭で見たら、洗脳されるのである】

朝まで~は『プロパガンダ番組』だ。

だいたい、深夜の時間帯に、
視聴者は、ボーっとした頭で、
日米関係がどーたらとか見聞きしても、
ただ、TVをつけているだけで電気代の無駄。

プロパガンダの目的は・・・?

洗脳が目的である。
プロパガンダ放送は広義で『宣伝放送』という意味がある。
特に『主義や思想の宣伝』が目的で、
洗脳しなければ価値がない。

内容は、昼間のワイドショーと大差がない。

討論好きなコメンテーターやパネリストが、
テキトーに自分の考えをしゃべるだけで、
司会者の田原総一朗氏も高齢で、
しまりがない。

結果的に『何も結論がない』。

昼間のワイドショーとて、
週刊誌ネタばかりで、
東京の新市場の盛り土がどーたら、
五輪開催地がこーたら、
朴槿惠や崔順実の両おばさんがどーしたこーした。

半無政府状態の隣国をこきおろしてどーなる?。

くだらない番組ばかり流していないで、
NHKも国会の討論を録画中継して、
深夜に流した方が『まだ、マシ』だ。

国民は、国会議員の動きや言動を『監視するべき』だと思う。

タレントや思想に傾いた漫画家、
文句しか言わない国会議員や学識経験者の討論など、
結論が出ないのは最初からわかっている。

『マジメでまっすぐ君』たちが喜んで見る『朝まで・・・』。

深夜にプロパガンダ番組を放送するには意味がある。
洗脳には対象者の脳みそを、
『ぼー』っとした思考回路にしておく必要があるのだ。

新興宗教が信者を洗脳するには『極限状態』に追い込むのが常套手段。

これを利用して『深夜帯』に、
けたたましい討論を『まじめでまっすぐ君』の脳みそに刷りこむ。
こういうことがわかった上で、
斜に構えて見るのはおもしろいとは思うが・・・。
まぁ、そんなヒマがあれば早く寝て、
一週間の疲れを早く癒す方が自分のためになる。

本当に意義高い番組なら『日曜の早朝』に本当に意識の高い人を対象に放送するはずだ。

ちなみに、朝から生テレビが放送される日は、
週末にもかかわらず『飲食店』も『タクシー』もヒマになる、
我々、深夜に仕事をする者にとっては・・・。

『商売敵(がたき)』でもあるのだ。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。



●どこが借金大国なの?

2016年11月25日 | 日々の呆れごと。
新聞に『東証続伸10か月半ぶり高値』と、景気のいいことが書いてある。こういう記事を見ると『どこが、借金大国なのか』と思ってしまう。国の借金が1,000兆円超えとかいうが、それも『無知で情報が少なく信じやすい人向けのプロパガンダじゃないか』と疑ってしまうのだ。


【写真:まぁ、新聞記事もプロパガンダのひとつだ】

発展途上国への経済支援・・・

本当に自国が大借金を抱えて『首が回らない状態』なら、
途上国であれ、発展した国であれ、
他国にカネを融通するような余裕はないはずである。

だが、大借金があるといいながらカネを融通する。

融通できるカネがあるから融通するのである。
言いかえれば『この国はカネが余っている』。
少し考えたらわかると思うのだが、
みんな『いざという時、困らないように』と、
銀行にカネを預けている。

銀行からすれば預金者から『強制貸付』されているのだ。

銀行だけじゃなく保険なんかでもカネを集めている。
だが、運用先が乏しいから、
カネの流れが滞っているだけじゃないか。
無理繰りでも融資先を見つけろ!というのが日銀だ。
融資先が見つからなかったから、
日銀は銀行に『マイナス金利』というペナルティを下した。

国会中継を見ていても笑えてしまう。

予算委員会なんかだと野党議員が、
『財政はどうするんだ!』とかヤジを飛ばす。
蓮舫が青筋を立てて総理に詰め寄る。

これも一連の出来レースなんじゃないか?

テレビやラジオを通じて『財政はどうするんだ!』と叫べば、
国民の一部は『やっぱり、カネがないんだ、この国は・・・』と思うだろう。
こう思ってくれれば政府の思うツボだ。

財政難だから年金が減額されても仕方がない、と勝手に思ってくれる。

発展途上国に支援するカネがありながら、
我が国の発展に寄与した高齢者への生活費は削る。
『意識高い系のマジメな人たち』は、
『あぁ、やっぱり、行きすぎた資本主義の成れの果てなんだ』と、
これまた、勝手に思ってしまう。

国のホンネはこうだ。

要は、もう生産性がない分野(高齢者への年金など)には、
カネを回したくない。
だから、国民には『1,000兆円を超える国の借金が・・・』とかいう。

我々、生活者からすれば・・・。

衣食住が満たされていれば、
政治体制も経済体制なんか、どうでもいい。
日々の生活の基本は政治でも経済でも、
韓国情勢でもトランプでもなく。

衣食住である。

逆に言えば、政治家がどんなに立派なことを言っても、
メシが食えない、着るものがない、
住むところがないんじゃあ話にならない。

とにかく、ギリギリのちょいと手前で止めておくのが常套手段だ。

これを、あんまりやり過ぎたら、
『欲しがりません勝つまでは』
『贅沢は敵』
『痛みに耐えて改革を』のような時代に戻ってしまう。

衣食住を犠牲にしてまで国家を優先する必要などない。

そういう政治家は全く信用ならない。
だが、今のところ、我が国には、
そこまで堕落した政治家はいない。
魔が差して政務活動費をちょろまかす程度だ。

ちょろまかすほどのカネが回っているのだから借金大国とはいえない。

どんな家に住み、どんな服を着て、何を食べているかは個々違うが、
今のところ、戦後間もないバラック住まいでもないし、
ボロ布をまとっている人もいない。
ホームレスでも『けっこう、うまいもの』を食っている。

テレビは、やたら『貧困問題』を取り上げる。

今の日本は、確かに格差も広がっているだろう。
だが、諸外国からみれば『相対的貧困』に過ぎない。
相対的貧困を『さも、絶対的貧困』のような取り上げ方自体が、
プロパガンダそのものだと思うのである。
そこに、気づくと、ワイドショーより国会中継の方が笑えるのである。

どこが借金大国なのか、おかしくて仕方がない。

▼♪~きのうまでのガラクタを処分、処分▼
https://www.youtube.com/watch?v=fPMI4oRh88k

今日がダメでも、いいトモロ~♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。