●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●情報洪水をかわす。

2016年09月30日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
幼少の頃から『常識を疑え』と教えられてきた。『血液型の性格判断』など『疑似科学』で『何の根拠もない』のだから、全く信じていない。『神経がこまやか』と言われるA型の人で『ものすごくテキトー』な人もいるし、『典型的なマイペースなB型』と言われる人で『ものすごく気配り上手』な人もたくさん見てきた。多種多様な人間の性格を『4種類のくくり』に放り込むこと自体が理解に苦しむ。『多くの人が信じ込むことで「社会的ステータス」を得ているに過ぎない』のである。血液型に限らず、『大衆操作』のテレビとて、関西には『ほとんど無関係』な『豊洲新市場問題』や『オリンピック施設建設費問題』などを昼日中から延々垂れ流している。『この裏側で何が起きているか』を考える方が、建設的だと思うのだが。


【写真:玉石混淆の情報が溢れる昨今、ガセネタも多い】

疑似科学とは『科学を装ったガセ』である。

血液型性格診断など医学的根拠もない。
さらに科学的根拠もない。
だが、みんな信じている。

血液型性格診断を信じているのは『日本』だけである。

大昔は『地球』という概念はなかった。
そもそも、私たちが住んでいるところは『平ら』と、
みんながそう信じていた。

遠くから近づいてくる船が『マストから見えてくる』ことに誰かが気づいた。

本当に平らだったら船全体が小さく見え、
近づくにつれて大きく見える。
今だったら『あたりまえの常識』だが、
当時『地球は丸い』とか言ったら『アホ扱い』だ。
下手したら『魔女&悪魔狩り』の憂き目に遭っていたかも知れない。

昼下がりの奥様番組は、テキトーだ。

あらかじめ用意したパネルに、
紙を貼って『少しずつめくりながら』番組を進める。
コメンテーターも司会者も『フリー』の人で、
テキトーなことをテキトーに話している。
逆にアシスタント役の局アナは、
あんまりしゃべらない。

フリーランサーが下手打ちしたら契約解除したら済む。

局アナの場合は『放送局の社員』だから、
うかつにクビを切ったら『解雇』の扱いになり、
フリーランサーのように『部品の取り換え』では済まない。

下手すりゃ『放送局』が『労働基準監督署の監査対象』になる。

ましてや『不当解雇』で訴訟にでも至れば『おおごと』だ。
そういう理由もあって、局アナは『にこにこ』しているだけ。
ときどき入ってくるニュースを淡々と読むのが仕事だ。

奥様番組の展開は・・・

・断定できたことだけ事実を伝える
・疑惑に主観で述べる
・不安を客観的に煽る

この繰り返しで番組が何十分も制作される。

いつだったか忘れたが、
昼下がりの奥様番組で『少年犯罪増加』とか言っていた。
実際のところ、少年犯罪自体は『そんなに増えていない』。
むしろ、今の団塊世代が少年時代には、
飛びぬけて少年犯罪が多かったのである。

ウソだと思ったら、犯罪白書でも見てみるといい。

そういう世代が『ジジババ』になっているのだから、
高齢者の万引きやら『高齢者犯罪』が増えているのだ。
少年犯罪が増えているような『気がする』のは、
昔は、少年犯罪ごときで全国放送などしなかっただけ。

つまり、凶悪犯罪以外は『ローカル報道』だけだった。

さらに、わけがわからないのが『企業のお家騒動』だ。
ついこの前までは『大塚家具』だったし、
ちょっと前は『大韓航空の娘のナッツリターン』。
昨日くらいから『ロッテグループの裏金問題』。

私らからすれば、問題でも課題でもないし、知ったこっちゃない。

奥様番組が下らなさすぎるので、
国会中継をラジオで聞いていても、
あらかじめ用意した質問原稿を読み、
あらかじめ用意した回答原稿を読んでいるだけ。
報道の『裏』で何が起きているかは伝えられない。

当たり前の話を、改めて言っているだけだ。

メディアは『大衆操作の道具』である。
本当の富豪は『インターネットの情報など信用しない』。
ヒマつぶしにネット情報を見ている人が多いから、
多くの人が信じて『社会的ステータスを得ている』のが、
今、多くの『情報』と言われるネタである。

物事を判断する基準があるか・・・?

政治、文化、科学、宗教、言論など、
社会全般にわたり『物事を判断する基準』がないと、
正邪も見極められず真贋を見抜くこともできない。

ただ、流れてくる情報洪水に振り回されるのがオチなのだ。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。



●超単純、メモ術。

2016年09月29日 | 手帳&文具マニア
読者より『カンタンなメモ術を詳しく教えてほしい』との要望があったので、今日は『メモ術』を記事にしてみたい。


【写真:素材は、コンビニで入手できるA6ノートである】

単純に、時系列に書いていけばよい。

コンビニで入手可能な『コクヨのキャンパスノート』だから、
学生時代のノートを思い出してほしい。
授業での板書を書き写したのと同じで、
気づいたことを『ページごとに時系列で書くだけ』でよい。
私の場合は、約一か月で1冊を使う。


▲隣のページと脈絡がなくても構わない

1冊のノートに『情報を集約する』のだ。

提出する必要がない『私的な領収書』なども、
このノートに貼りつけておく。
個人事業主の人ならば『出金メモ』を書いて、
領収書をスクラップ帳に貼っておけば、
確定申告時に『これ、なんだったっけ?』と悩まなくて済む。

きちんと経理処理をしている人は従来通りでいい。

行動メモと金銭管理は『つながっている』から、
あとは、スケジュール帳と照合したら、
何の商談だったか・・・くらいは簡単にわかる。

とにかく、忘れたら困ることを何でも時系列で書くのが大事。

今は、デジタル機器が身近にあるので、
パソコンに入っているフリーソフト『メモ帳』に、
検索ワードを『ヒマなとき』に打ち込んでおく。
こうすれば、背綴じのA6ノートをバラして、
ファイリングする必要がない。

ここまでは『管理業務的』なメモの話。

メモを取れとしつこく言うのは、
いろいろ理由があるが、
大事なのは『思いつき』『アイディア』『ネタ』だ。

アイディアは浮かんでは、すぐに消える。

消えてしまう前にノートに書くのが大事なのだ。
人によって関心事が異なるが、
自分が取り組んでいることや、
趣味・道楽・テーマに合ったことが見つかれば、
とりあえずメモをしておくに限る。

そのうち、面白い企画になることが多々ある。

ラジオやテレビから流れてきた情報も、
けっこう役立つ内容があるし、
電車の中吊り広告のコピーでおもしろいものも、
メモしておくと『応用』が効くことがある。

とにかく、時系列で何でも書く。

アイディアだけを書こうとしても、
普段から『メモを取るクセ』が付いていないと、
いざというとき『あれ、ノート、どこだっけ?』と、
ノートを探しているうちに『せっかくのアイディアを忘れる』のだ。
人間の記憶容量(メモリ)など、たかが知れている。

A6のキャンパスノートは『チープ』だ。

確かに見た目はチープだ。
だが、メモを取る習慣がついてくると、
見た目のチープさからは想像できない、
『ディープ』な情報バンクになる。

『チープさ』がイヤなら『革製ブックカバー』でも巻けばいい。


▲革製のブックカバーをつけたA6ノート(文庫本サイズが合う)

打ち合わせ時などは『体裁』もよくなる。


▲中身が、チープなA6キャンパスノートとは誰も気づかない

1、時系列で何でも書いたり貼ったりする
2、ページごとにタイトルをつける
3、つけたタイトルをデジタル化して検索ワードに

どんなタイトルをつけるか・・・

例えば『160929032 A6ノートの情報バンク化』とか。

検索して、目的のページに素早くたどり着くために、
コード番号をつけるのが『ミソ』である。

『160929-832』とは『2016年9月29日/8冊目の32ページ』を意味する。
もっと、情報が増えてきたら『タイトル』のほかに『分類項目』を入れればよい。
テキストファイルのメモ帳でも『検索性』はいい。
自分だけの検索ファイルだから『体裁』など構う必要もない。
ワードなどで作ると『ファイルのデータが重くなる』のでオススメしない。
J-Editなど、もっと検索性に優れたテキストソフトもあるが、
これは、情報量が増えたときに移行すればいい。

慣れないうちは、PC付録の『メモ帳』ソフトで十分だ。

アナログの『ノート』でメモを取り、
デジタルの『メモ帳』ソフトで検索する。

デジタル機器がなかったころはシステム手帳が格段に便利だった。

システム手帳を20年使ってきたが、
この1年はA6ノートを試験的に使ってきたが、
全く、不自由さを感じなかった。

さらに・・・。

背綴じのノートだから、
書いた記憶があれば『必ず、どこかに書いてある』のだ。
システム手帳のリフィルだと、
分類を間違って『散逸した』という苦い経験もある。

手軽に上手く『情報バンク』を作りたい方には絶対にオススメの手法である。

最後に余談だが、
どこでも入手できるA6ノートは、
汚れて気に入らなくなれば、
『すぐに新しいノート』に切り替えができる。

1か月に1冊ずつ使えば・・・。

毎月、新しいノートを新調することになって気分がいい。
駅ナカのコンビニでも安く買えるのが嬉しい。
もしも、A6キャンパスノートが東急ハンズにしかなかったら・・・。

相当なストレスになると思う。手軽が何よりだ。

▼昨日の記事の写真引用元▼
JAL123便・31年目の記録

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。



●手帳を使うと。

2016年09月28日 | 手帳&文具マニア
先日来『手帳』に関する記事を書いている。今日の記事は『背綴じ手帳』か『システム手帳』か・・・という趣味性の話ではなく『手帳を使うメリット』の『入門レベル』について書いてみたい。手帳を上手く活用できれば、有能な秘書を雇っているのと同じくらいの効果があるのだ。


【写真:108円で購入可能な手帳とノートでもOK】

手帳を使わない人と使う人とでは『人生』で大きく差がつく。

例えば、今日の仕事は会社に着いてから、
指示書通りに仕事をして、
時間が来たり指示書の作業を完了したら、
退勤できる『手帳不要』な方にも、
ぜひ、手帳使いにチャレンジしてほしいと思って書いている。

どこの書店や文具店でも入手できる『能率手帳』でいい。

システム手帳は『データバンク』として使うのが前提だから、
正しい分類や正しいファイリングをわかっていないと、
かさばって携帯性や書き込み性に不満が出て、
いずれ『使いにくい』と投げ出してしまう。

まずは『背綴じ』の『能率手帳』にチャレンジしよう。

私が社会人になって33年になる。
この間、手帳やメモ帳を持たなかった期間はない。
その33年間を振り返ると、
手帳を使う人と使わない人との『差』を、
まざまざと見せつけられてきた。

背綴じ手帳を33年間使い続けていたら・・・

33冊分の『成長の過程』が詰め込まれている。
残念ながら、システム手帳に移行したり、
数回の転居や転職などで失念したり処分した手帳があり、
20年分くらいしか残っていないのが悔しいところだ。

さて、手帳を使わない人の印象。

・仕事は大ざっぱで雑
・作業効率は悪い
・変化を嫌う
・出世は『年功』しか望めない
・おカネに関しては『冗費』(無駄遣い)が目立つ
・忘れものが多い(忘れたことすら忘れている!)
・用事がなくても『残業』をして居残る
・モテ度は『盛り上げ役』止まりで『友達』以上の発展がない
・オンオフの切り替えが苦手
・いつも時間に追われて達成感や充実感がない
・本気度が伝わりにくいからキーマンを紹介されにくい
・目標達成に遠回りしたり、達成までの時間がかかり過ぎる

仕事で手帳を使う必要がない人は・・・。

金銭管理に特化してみるのも一案だ。
まず『予算』を立てる。
次に『決算』を出す。
こういうのには『正解』というものは存在しないから、
例を挙げるならば『月次』で予算を立て、
週ごとに『予算』どおりか確認する。
また、追加予算や先送りもあるだろうから、
その都度『見直し』をやってみる。
そして『月次』で決算を出し、
翌月の『月次予算』を立てる。

これだけでも『冗費』が相当カットできるはずだ。

混沌とした世相だが、
生きていく『目的』と、
目的を達成するための『目標』は持ちたい。

一生、一年、一か月、一週間、一日・・・

私自身、いろんな方と交流があるが、
生涯の目標を持っている人は、
少なくとも『5か年計画』や『3か年計画』を持っている。
さらに、手帳には『年次計画』が明示され、
常に『進捗状況』を確認しておられる。

水が高いところから低いところに流れるように・・・

目標は『大局』から『俯瞰する』のが大事だ。
会社だと『事業計画』を立てるが、
自分の人生も『生涯計画』を立てた方が、
つまらないことに追われなくて済む。

人づきあい、時間、カネ・・・

無防備でいたら人、時間、カネを奪われる。
今は、スマホやPCで管理できる時代だが、
デジタル機器とアナログの手帳は、
得手不得手をわかった上で使い分けるべきだ。
こと、スケジュールに関しては、
アナログで管理する方がいい。

アポの電話が入っても電話を切って予定を確認してかけ直す手間が省ける。

相手が何かの用事があって会いたいというのだから、
相手の電話代で『事を済ませる』のがスジだ。
昔のように不在時にかかってきた電話に、
『戻り次第、お電話差し上げます』という時代ではない。
ケータイ・スマホで即座に片付くのだから、
かけてきた相手の費用で片づければいいのである。

打ちメシ・・・という略語がある。

これは『食事しながら打ち合わせ』の意味だ。
時間帯によってはアルコールが入る場合もある。
あくまでも『打ち合わせ』がメインだから、
ヘベレケになるまで飲んではいけない。

大事な用件は酒が入っていてもメモを取る姿勢が大事だ。

打ち合わせに『手ぶら』で臨むなど『もってのほか』である。
かといってB5サイズの会議ノートでは食事も興ざめ。
こんなときは、さりげなく内ポケットから手帳を出して、
サッと書いて、内ポケットにしまう。
いい大人が『箸袋』や『紙ナプキン』へのメモはいただけない。

相手は、そういう姿勢を見ている。

年末になれば『手帳使いノーハウ本』が書店に並ぶ。
こういうのは『すでに手帳を使っている人』が、
さらに『もっと、うまく手帳使いになるための本』である。
色分けがいいとか、ポストイットを併用するとか、
そんなのは、一定限の域に達している人が考えて行動するもの。
初心者は、ただ、ひたすら『毎日、手帳を開いて書いていく』のが大事。

自分の人生を大事に生きるか、雑に生きるか、それは自由だ。

今は、スマホでもスケジュール管理はできる。
だが、水没したり、電池切れ、焼けたら終わりだ。
パソコン管理も可能だが、
近所の喫茶店にコーヒーを飲みに行くのに、
重たいPCを持参するのは非現実的だ。

紙の手帳は『意外に強い』。

最後に、少しショッキングな事例だが、
31年前の日本航空123便のアシスタントパーサーが、
ご自身の手帳に『避難誘導の手順』を、
書かれた遺品が公開されているのでご紹介したい。


▲JL123便乗務員さん(享年29歳)の手帳メモ。
(JAL123便墜落事故31年目の記録より引用)

ご自身も恐怖と戦いながらも、
不時着を祈りつつ乗客の安全誘導を書かれている。
この手帳には遺書的な内容は一切ない。

まさに、プロ魂だ。

生きたくても生きられなかったJL123便の520名。
生きられるのに自ら命を絶ってしまう方が年間3万人。
今後、どうなるかわからない昨今だが、
せめて、手帳ひとつでも駆使して、
いい人生を過ごしてほしいと願うばかりだ。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。



●人づきあい。

2016年09月27日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
家内が、短大以来の友人と『付き合いの距離をあける』と言い出した。よくもまぁ、39年も付き合いができたものだと感心する。この年齢になると、若い頃と異なり『話題』が、どうも陰気くさく老人的になってくる。さらに『電話&メール魔』で、時間ばかり取られる。私は『そんなに時間泥棒されるんなら、いっそのこと、付き合い自体を切ったらどうか』と提案した。いろいろ思い悩んだようだが『その方向』で行動に移した。また、同じ付き合うなら『心のレベルの高い人を厳選して付き合えばいい』ともアドバイスした。決して、私自身が、心のレベルが高いとは思わないが、レベルの高い人と付き合う方が『学び』がある。人生の折り返しを過ぎたら、どうせなら『心地いい時間を共有する方がいいに決まっている』。


【写真:そういう人を見つけると、いい人生になる】

かくいう私も今年に入って交際の距離をあけた人が数名いる。

若いうちは『自分の軸』を模索状態なので、
いろんな人と付き合うのも人生勉強だと思う。
だが、できれば30歳代には『自分軸』を固められれば、
その後の人生設計に『ブレ』が最小限に収められる。

私の場合は、42歳のときに『自分軸』を見つけた。

きっかけは、売掛金の焦げ付きやら、
商売に関することで思い悩んでいたとき、
とりあえず『カネ関係を整理する』ことと、
今後の人生設計での指針を立てた。

細かいことは割愛するが・・・。

その時に『交友関係の見直し』も図った。
30歳代のころは『異業種交流会』を主宰したり、
とにかく『人脈拡大』に精を出したのだが、
結局は『交友関係が雑に』なった。

当然、おカネの使い方も交友関係に比例して雑になった。

SNSでも『友達申請』をバンバン行って、
しょっちゅう『オフ会』なんぞを開催した。
何度か会えば『いろいろフォローし合う』必要が出て来るし、
人と人を紹介したりすることもある。

人の紹介は『回り手形』のようになる。

レベルの高い人なら紹介者を飛び越して、
紹介された同士に勝手に商談や、
ビジネスを組むことなどしない。

そのビジネスが上手くいっていたらいいのだが・・・。

・納期が守れない
・品質が思っていたレベルに達していない
・取引条件が、どーたらこーたら
・入金が遅い
・代金を踏み倒された 云々

紹介者を飛び越すから罰が当たる。

トラブルが起きたら『泣き言』を言ってくる。
もちろん『頭越しに勝手にやったのだから私が関知する案件ではない』。
こういうことを言えば『えらい人を無責任に紹介した』とか言われる。
こちらからすれば、私が『空手形』を発行して、
『不渡りになった責任追及された気分』だ。

こういうことがあるから人の紹介には慎重になった。

関係のない話を延々聞かされて、
責任問題をなすりつけられれば、
時間泥棒の域を超えてしまっている。

こんな経験から『利害の絡む人間関係』は『面倒くさいもの』と学習した。

余分な話だが、利害以上に『しがらみ』が絡む交友関係や親戚づきあいは、
『薄情』かも知れないが『遠慮』させてもらっている。
昔から『遠くの親戚より、近くの他人』とはいうが、
その『見極め』がだんだん甘くなっている世相だ。

とかく、SNSなどで『つながりやすい』現代だが・・・。

文字情報(記号の羅列)の付き合いは、
リアルな交友関係以上に、
慎重にすべきだなぁ・・・と感じる昨今である。

本当の友人とは『叱咤激励』できる仲だと思う。

♪民主の大爆笑♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。



●ファブリーズタクシー・・・?

2016年09月26日 | 日々の呆れごと。
以前いたタクシー会社が『ファブリーズタクシー』のシールをボディに貼っている。要は、車用のファブリーズをクーラーの吹き出し口に取り付けて『車内を浄化している』と言いたいのだろう。だが、タクシーは『無臭』が基本だ。ファブリーズをつけて嬉しがっているのは『無知』の証拠である。あんな程度で除菌など、たいしてできるものではないし、乗客の中には『化学物質アレルギー』のお客さまだっているのだ。『車内のニオイが気になる人が〇〇%』とか、いかにもマーケティング調査の結果、採用されたのような触れこみだが、ファブリーズに含まれる危険物質を知ったら、こんなものをつけて喜んでいるのは『会社あげてのバカ集団』としか言いようがない。


【写真:ファブリーズタクシーのHPより引用】

要は『車内が汚く、乗務員が不潔だから臭う』のだ。

1、乗務員は清潔な制服、洗いたてのYシャツを着用
2、出車前の衣服と車内のニオイチェック
3、フロアマット・ゴミのない車内・濡れた雑巾を持ち込まない
4、できるだけ車内での食事をしない
5、喫煙休憩後、最低3分の間をあけ、制服をはたいたり、
  うがいや深呼吸するなど車内にタバコのニオイを持ち込まない
6、こまめな車内換気
7、身につける香水は控えめに

運行管理者と乗務員が『常識的点検』をすればファブリーズなど不要だ。

除菌成分云々と『ぼやかしている』ファブリースだが、
第四級アンモニウム塩など『危険物質』はきちんと表示されない。
乗客は『せいぜい数十分』しか乗らないから、
到着したら『それでおしまい』である。

ファブリーズの危険性←クリック

乗務員は『勤務中、危険物質を吸い続ける』のである。

仰天するのは『拾うより選ばれるタクシー』と標榜して、
ファブタクと銘打ち『ファブリーズを強調している』。
乗客側からすれば『ファブリーズのニオイがするから選ぶ』のか?。
中には『ここは靴の中か、汚れた靴下か』という、
鼻が曲がりそうな臭いタクシーがあるかも知れない。

そういう車なら『くさっ!乗るのん、やめとこ』で他車を探せばいい。

わざわざ『ファブリーズタクシー』などシールを貼っていなくても、
何にも考えていないタクシーは空調の吹き出し口に、
車用ファブリーズをつけている。

はっきり言って『吐きそう』になるが・・・。

テレビCMを見すぎて、
家の中にファブリーズをまき散らす人も増えている。
長期間まき散らせば『人体に悪影響がある』。
ましてや、体が小さい『ペット』は、
人間より早く影響を受け『場合によっては短命』になっている。

気になるのなら『次亜塩素酸水』の方がマシである。

車内おう吐があったとき、
私は『次亜塩素酸水』で消毒している。
ファブリーズの除菌など疑わしいし、
経験上『消臭効果も期待できない』のだ。

今、大阪でファブタクは『2社』走っている。

ファブタクは『臭くないタクシー』とか言っているが、
ファブリーズの誤魔化したニオイがキライな私は、
率直に『ファブリーズは臭い』と思う。

まぁ、嬉しがりのタクシー会社・・・。

ファブタクの『自慢』サイトを下にリンクしておくので、
興味のある人は『話しのネタ』がてら閲覧しておくのも、
おもしろいだろう。

嬉しがりのファブタクリスト←クリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。