●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●新しい?営業車でロールコール参加

2014年08月31日 | アマチュア無線・BCL
【写真:繁華街で食いつきがいい小型車】

28&50MHzAMのロールコール参加につき、
出庫は少し早めにしました。

とりあえず2/3日分くらいは稼いで時点でチェックイン

その後、いつもの待機場に戻り、
『ここから、そこ』までの近距離客を3回送って、
最終電車のタイミングになった。
先頭の個人タクシーに乗りかけたお客がこちらに来た。

奈良の富雄まで・・・

ロールコールで遊んでいても、
運が向いているときはこんな感じですなぁ。
ちなみに金曜日は京橋から八幡まで行くことができました。

●ID-31を積んでみた

2014年08月25日 | アマチュア無線・BCL
【写真:営業車で久しぶりに無線機搭載】

搭載というより、
置いただけです(笑)。

マイクを引っ張ると、
無線機までついてくる。

近いうちに固定せねば。

●タクシーに復帰!

2014年08月23日 | アマチュア無線・BCL
【写真:無線配車もない、流し一本の小型で初心に戻る】

印刷屋に復職したはいいものの、
世の中の変化についてゆかず、
30年前と変わっていない業界体質に辟易した。

印刷屋の営業は1日の走行距離がタクシー並み!

日々、タクシー並みに走るわりに、
収入ではタクシー運転手に及ばない印刷営業。
タクシーなら入庫して納金したら、
それで1日の仕事は終わりだが、
印刷営業は帰社後に『見積もりの嵐』である。

朝、8時に出社して帰宅が22時・・・

タクシーで14時間も営業すれば3万超えだ。
業種が違うから単純比較はいけないが、
こと『カネ』だけを考えれば、
タクシーの方がマシである。

まぁ、印刷ノーハウを思い出したから、よしとしよう

さて、タクシーに戻って早や3週間。
今週から『小型』で営業に。
消費増税後『中型』は680円に値上がりし、
多くの『ワンコイン』も姿を消した。
小型の場合『下限運賃』の660円。
これだと歓楽街に並んでも『先に売れる』から、
商売がしやすい。

商売がしやすいってことは無線配車などいらない

車はボロだが『要は売れればよい』のだ。
ましてや夜のことなので、
外見など酔っ払いはみていない。
たまに鬱陶しい客もいるが、
30年前から進歩も発展もない、
印刷屋の上司と永遠に付き合うことと比べたら、
イヤな客など『せいぜい30分辛抱したら終わり』である。
上司となれば『毎日』にこと。

なんてことをボヤきながらネタ仕込みをして・・・

そのうちタクシー本などを出してみよう