●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●本日のブログは休載します。

2014年03月31日 | アマチュア無線・BCL
諸事情により本日のブログは休載します。

この記事をはてなブックマークに追加

●本日のブログは休載します。

2014年03月30日 | アマチュア無線・BCL
諸事情により本日のブログは休載します。

この記事をはてなブックマークに追加

●一か月ぶりの28MHz運用

2014年03月29日 | アマチュア無線・BCL
【写真:最終土曜日は28.305MHzAMで・・・】

毎月の最終土曜日は、
3エリア28MHzAMロールコールです。
私は仕事中にチェックインしますので、
営業の車にマグネット基台でアンテナを設置し、
シガーライターから電源を供給するという、
非常に簡単な設備です。

V・UHFのハンディー機のような運用だ

コンディションがよくない時期は、
とりあえず設置して、
『キー局まで電波が届けばよい』と、
どちらかといえば消極的?な感じです。


▲非常にいいかげんな設備ですが・・・

この日はコンディションもよく、
南方の『ほにゃら』をはじめ、
CQ World Wide WPX ContestのSSB部門の開催日。
AMロールコールの周波数を聞いていても、
なにやら海外のSSBが入ってきたり・・・。

チェックイン後、時間が少しあった・・・

9M4DXがCQを出していたので、
いつものようにSWLをやって、
パイルが収まったころを見計らって、
とりあえずコールしてみた。

モービルホイップでも十分にQSOができる!!

9Mは珍局ではありませんが、
いいかげんな設備でもオーバーシーが可能なのが、
電波道楽のおもしろいところ。
私がアマチュア無線をやっていることは、
勤務先の多くが知っているので、
『どこまで飛ぶのん?』とよく聞かれますが、
『さっき、マレーシアとつながったよ』といえば、
びっくりされるのがおもしろいですねぇ・・・。



この記事をはてなブックマークに追加

●モノクロ写真な世界

2014年03月28日 | にわかフォトグラファー
【写真:モノクロならでは・・・】

モノクロ写真のおもしろいところは、
ライトとシャドウのコントラストでの表現でしょうね。

写真は『まち歩きin鶴橋』の際に撮影したもの。
f:3.5 1:125(Nikon-COOLPIX-S3500)


▲桃谷の銭湯 f:3.5 1:125(Nikon-COOLPIX-S3500)


▲天保時代に『大坂』ではなく、
 『大阪』の標記がある貴重な道標
f:3.5 1:125(Nikon-COOLPIX-S3500)

モノクロフォトの場合、
あんまりごちゃごちゃ説明を入れない方が、
いいと思うのですが・・・。

まだ、デジカメなんてのがなかったころ、
一眼レフに凝っていた時期がありました。

今のデジカメって、
fがいくらだの、シャッター速度がナンボだのと、
撮影データまで記録されてしまうんですね。

コンデジとはバカにできませぬ・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

●まちあるき(鶴橋~桃谷界隈)

2014年03月27日 | ぶらぶら、まち歩き
【写真:鶴橋駅前にある不法投棄禁止の看板】

JR鶴橋界隈は日本語や韓国語が飛び交う、
パスポートのいらない外国のようです。


▲『民衆仏教』という宗派にこだわりがない寺


▲七福の辻と呼ばれる複雑な昔の交差点

もともとは『六道』と呼ばれていましたが、
仏教用語で六道は『地獄・餓鬼・畜生・修羅』などの、
四悪趣を含んだ『地獄と天国の境界』を指すような意味があったので、
細い路地を無理やり入れて『七福の辻』と名付けたそうです。


▲今は埋めらてた旧平野川に架かっていた橋の跡

昔の平野川は大きく蛇行していて、
それが原因でたびたび大洪水を引き起こしていました。
現在の平野川は近代に開削され、
多くの現韓国済州島出身者を雇用したそうです。
そんなところにもこの地に、
在日コリアンが多く住む由来になっています。


▲牧場があった・・・

今は牧場はなく、貸しガレージになっています。

▲鶴橋警察署跡

昔の警察署はレンガ造りの壁が、
高さ10mにもなっていたそう。
奥のレンガの塀はその名残。

江戸時代から残る集落跡など、
見どころが多い鶴橋界隈でした。





この記事をはてなブックマークに追加