●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●四畳半の町!?大東市住道エリア<その3>

2013年01月26日 | アマチュア無線・BCL
【写真:大東市は水害の歴史が・・・】

寝屋川水系が流れる大東市。
かつては『水害』の町だったそうです。
北からは寝屋川が東からは恩知川が流れ込み、
住道駅前で合流します。
駅前周辺は『ゼロメートル地帯』です。


▲暖かくなれば、ここからEスポで遊べるかな・・・


▲今はひっそりとした佇まいですが、
 昔の表通りだった。
 旧河内街道に面したお寺さんの白壁が美しい。
 大晦日は『除夜の鐘』が響いていました。


▲同じく旧河内街道に面したお家の蔵です。
 石でできた壁が2m以上あって、
 かつての水害から家宝を守っていたのかなぁ・・・


▲大雨のときに閉められる鉄の門。
 この橋が閉められたら、我が家も警戒態勢に・・・。
 毎月20日前後には『点検』のため深夜は通行止めになる。

普段の風景は『石ころ』のように、
景色なんて意識しないのですが、
こうやって、
地元をぶらぶら歩いてみると、
普段は気づかないことが見えてきて、
いろいろ掘り下げてみたくなります。



●四畳半の町!?大東市住道エリア<その2>

2013年01月25日 | アマチュア無線・BCL
【写真:大東市役所。ここも徒歩5分】

大東市民会館と大東市役所は、
数百メートルしか離れていません。

どちらも飲食スペースがあって、
運営会社は同じなのですが、
メニューの豊富さなどは市民会館の方が多いです。

市民会館の飲食スペースでは、
昼間から刺身やビールもいただけます(笑)。


▲市役所庁舎屋上に上がっている各種無線のアンテナ群。
 果たして『災害時』に役立つのだろうか・・・?


▲地元ッ子では名が知れた『餃子の丸正』さん。
 店内でもいただけますが、圧倒的にテイクアウトが多い。
 味には定評あり。


▲家内と時々立ち寄る『居酒屋・まんだ』さん。
 店内には『たぬき』の置き物が100個近くあります。
 ほのぼの夫婦がやったはります。おっちゃんがおもろい。


▲居酒屋の帰りに時々立ち寄る、
 『喫茶・スナック』のサガワさん。
 朝はモーニングタイムですが、
 夜勤明けの人が立ち寄るので『朝から居酒屋』的な一面も・・・。

上記、すべて『徒歩5分』圏内です。
やっぱり『四畳半の町』ですなぁ~(笑)。

●四畳半の町!?大東市住道エリア<その1>

2013年01月24日 | アマチュア無線・BCL
【写真:歩いて『50歩』の割烹風すし屋さん】

当局の常置場所は大阪府大東市。
JCCコードは2522です。

最寄駅はJR学研都市線『住道』駅で徒歩7分。
電車の乗り継ぎがよければ、
家から北新地まで30分あまりで着いてしまいます。

そんな当局の周辺を『ぶらり』歩いてみました。


▲徒歩1分のファミマ。タバコの購入や、
 宅配便の送付、書類のコピーなど、利用頻度が高い


▲ここも徒歩1分の大東市民会館。
 コマーシャルベース関係の会合などで利用しています


▲徒歩2分の近鉄バス停。ここから『生駒登山口』まで1本。
 阪奈道路のてっぺんまで400円で行けます。
 移動運用のスタート地点!?


▲毎月、QSLカードの発送などでお世話になる郵便局。
 こちらは徒歩5分で行けちゃいます。

駅近というロケーションですが、
大東市自体はそんなに大きくありません。
市の東半分は生駒山系の山林です。

市の主要なモノは、
当局の常置場所から徒歩10分以内の位置にあり、
手を伸ばせば何でも届く、
いわば『4畳半』の町です。(笑)

●編集後記

2013年01月23日 | アマチュア無線・BCL
【写真:無線雑誌の編集後記のページ】

無線雑誌を購入して、
一番最初に目を通すのが『編集後記』です。

この『編集後記』で一番おもろいのが、
女性エディターの斎藤麻子さん。

今月号は『年末年始の食生活』について。

年末年始は6割増の食生活になるから、
胃袋の容量も比例して6割増になる。

食べる量は元に戻ったものの、
容量が割増状態だから、
常に空腹・・・

笑える!!

毎号毎号、ホンマおもろい。

ある号では、ネコには逃げられ犬には吠えられ・・・
また、違う号では、
組み立て式の棚を作ってモノを置いたら、
棚板が落ちて・・・のくだり。

他のエディターさんは、
みんなアマチュア無線家なので、
無線関係の編集後記ですが、
この斎藤さんだけは違うようで、
普通の女性の視点がおもしろい。

毎号、ホンマ楽しみにしています。

ははは・・・。

●7メガのアンテナ調整

2013年01月22日 | アマチュア無線・BCL
【写真:年代物の物置だが、それなりに接地効果があった】

当局のHFアンテナの設置場所は、
製造から3~40年が経過した『年代物』の物置。

物置の屋根に、
マグネット基台を貼り付け、
アンテナ給電部から、
物置のボルトにアーシング。

さらに、
念のためにλ/4のカウンターポイズを張って、
アンテナアナライザーでSWRとインピーダンスを測定。


▲7.1MHz周辺でVSWRが1:1.5前後で『よし』とした


▲インピーダンスも『こんなもんでしょう』で『よし』とした

今回、アンテナアナライザーを導入して、
『長ささえあれば電波は飛ぶ』という、
無造作に10m張ったワイヤー+アンテナカップラーと、
アーシング処理したモビホとを比較してみました。

実際の飛び自体には大きな違いを感じないものの、
アーシング処理したモビホの方が、
バンド全体のノイズが極端に少なく、
ワイヤアンテナの場合、
コモンモード系のノイズも感じられることがわかりました。

また、各種文献のとおり、
ワイヤー+同軸にも電波が乗って、
同調点が『ようわからん』という状況でした。

おもしろいことに、
6MHz台と8MHZ台にも同調点があったり、
これは『物置』とワイヤーの距離が近いために、
おかしな『干渉』が発生しているのでしょうね。

当面、7MHZ帯はモビホで運用し、
ワイヤーの給電部に直付けできるカップラーを製作し、
フルサイズワイヤーを試してみたいと考えています。

今回、アンテナアナライザー導入に、
多大なお力添えいただいた『けいはんな通信』さまに、
感謝申しあげます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆けいはんな通信さんのご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・所在地:〒630-0115 奈良県生駒市鹿畑町62-4
     鉄道:近鉄・学研奈良登美ヶ丘駅・徒歩5分
・TEL0743-79-4388
・FAX0743-79-5188
・営業時間:午前11時 ~ 午後7時
・定休日:毎週木曜日
http://www18.ocn.ne.jp/~kei_tsuu/

▲国道163号線・鹿畑交差点すぐ▲