●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●大手志向の学生増加傾向

2016年05月23日 | 集客技術研究所
今日の朝刊で、就職情報会社『マイナビ』が来春卒業予定の大学生と大学院生へ『就職希望先』についてのアンケートを実施したと載っていた。就職先として『大手がいい』と答えた学生は48.4%にのぼり、2016年卒より5.5%増えた。一方、中小企業希望者は47.0%で、2010年卒以来7年ぶりに大手希望者が上回った。マイナビは、多少は景気回復感があり『学生優位の「売り手市場」が反映され、採用日程が大幅に変わった2016年卒者との比較で「学生が楽観的になっている」』と分析している。


【写真:大手希望者と景況感がほぼ一致していると見える】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★調査に応じた学生は15,000人だそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・絶対に大手がいい
・できれば大手がいい
  この2つを合わせると48.4%。

・中堅・中小がいい
・やりがいがあれば中堅・中小「でも」いい
  中堅・中小希望者は47.0%。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★仕事についての考え方は・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・楽しく働きたい=29.0%
・生活と仕事を両立させたい=24.5%
・人のためになる仕事をしたい=17.7%
・自分の夢のために働きたい=10.8%

まぁ、経験がないから仕方がないが『割と甘っちょろい』。

とはいえ、入れるならば『一旦は大手に』と思う。
楽しく働けるか、夢が叶うかは『その人次第』だが、
大手には大手にしか身につかないスキルがある。
今、タクシー乗りをやっている私が言うのも何だが、
一応、大手企業の乗客には『それなりの対応』ってのができている。

これは『大手の息がかかった会社で勤めたことがある』からだと自負している。

大手には『大手でしか身につかない言葉や所作』がある。
中堅や中小、零細だと使わない言葉や所作なんてのもある。
さらに、大手がイヤになっても『ツブシ』がきく。
中堅・中小・零細から大手へ天職というのは、
よほどのスキルがないと難しい。

私が大手系の会社を辞めた理由。

もともと『広告の仕事』をやりたかったのと、
大手系は『歯車の歯』に面白さを感じなかった。
とりあえず『営業のイロハ』を学んで、
給与と賞与を貯めてデザイン系の専門学校に入った。
そこで、広告の制作現場で役立つスキルを身につけた。
今となっては、何も役に立たないスキルだが、
当時は『それなりに重宝され、楽しく仕事ができた』のである。

大手に入れるなら入っておいた方が『経験値』が積み上げられる。

大手は原則的に『新卒』しか採用しない。
中堅・中小・零細は『中途採用』のチャンスもある。
また、大手だと『組織で仕事をする』ことの意味も身につく。
大きな案件を任され、大きな金額を動かせることもある。
理不尽なことも多いのが『会社員』だが、
個人事業主や請負労働者と比較したら、
格段に守られている。

経験を積んで仕事をしながら将来設計をしても遅くない。

精神病になってしまうほど追い込まれているならともかく、
今のところ、可もなく不可もなく仕事ができているなら、
誰もわからない将来のことを不安がるより、
目の前の仕事をきちんとこなしていく方がいい。

30代、40代は『板挟み』だ。

社内の年齢を考えても『中間』にいるのだから、
板挟みは『ただの通過点』でもある。
昨日に書いたことと矛盾点があるが、
多くの人が通った道で『長くは続かない』。

今後、大手が破たんしてスモールビジネスに移行するかも知れない。

未来のことは誰もわからない。
しかし、大手の経験がスモールビジネスにかなり活用できる。
仕事に対する考え方は『甘っちょろい』と書いたが、
楽しく、人のためになり、夢を叶えるのは、
どちらかといえばスモールビジネスの方が近道に思う。

生活と仕事の両立・・・これは当たり前のことだろう。

大手に勤めれば『人脈』も広げやすい。
気をつけなければならないのは、
人脈も『社名』『看板』についてくる。
退職したら『確実に離れる』のが大手の人脈だ。

せっかく大手に入れたら・・・

ぜひ、人としての『器(うつわ)』を大きくしてほしい。

・守衛さんにも丁寧に挨拶する
・清掃のおばさんにも『いつもありがとう』とねぎらいの言葉をかける
・協力会社(下請けさん)も大事にする
・社内であっても『次工程はお客さま』と思うこと
・自分がITネイティブでも先輩をバカにしない

ABCの法則を紹介しよう。

・A=当たり前のことを
・B=バカにせず
・C=ちゃんとやる

こういった『あたりまえのこと』をきちんとすれば、
大手だろうが、中堅・中小・零細でも、
いい人生が送れるはずだ。

逆に・・・

現代は『無縁社会』と言われて久しい。
誰とも口をきかない。
困っている人を見ても見て見ぬふり。
そんな無関心な態度は、
自分の生きる力も奪っていくことを、
肝に銘じておくことだと思う。

やりがいのある仕事は、人のためになる仕事である。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<PR>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://ameblo.jp/mintakudann/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲私が参画している『NPO法人・みんなの未来かいたく団』▲
耕作放棄地再生、人の再生、物の再生をミッションに
大阪・大阪近郊の耕作放棄地を開拓・開墾して、
都会と里山をつなぐ活動を展開しています。
通称『みんたく団』と呼び、河内長野に『みんたく畑』を開拓中です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










※下記の広告は本記事とは無関係です。


ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« ●週末に多くの酔客を乗せて思... | トップ | ●タクシーの乗客と話すこと。 »
最近の画像もっと見る

集客技術研究所」カテゴリの最新記事