●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●ブログコメントで、書類送検。

2019年07月19日 | 雑ネタ
50歳代の女性が書類送検された。理由は、元アイドルで現タレントのブログで、コメント欄に書き込んだ中傷誹謗ということらしい。


【写真:ブログコメントで中傷誹謗すると『事件』として告発される場合も】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆無知が罪を生む。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

報道は概要を切り取って伝えるので、
詳細は、よくわからないが、
何やら、元アイドル現タレントが気に入らなくなって、
ブログのコメント欄で中傷誹謗の文言を書き込んだのが発端。

内容は『死ね。消えろ』といった、稚拙な文言。

書かれたタレントは闘病中で、
死ねだの消えろだの書かれると、
かなり、堪えるから告発に至ったのだろう。

私は『双方の無知』が、罪を生んだ。

タレントなどの有名人は普通に暮らしても、批判されやすい。
ブログのコメント受付設定する方が『どうかしている』のだ。
所属の芸能事務所もマネジャーも『きちんと管理』できていない。

一般人のブログですら、コメント合戦でカンタンに炎上する。

今回、書類送検された50歳代の女性。
ワイドショウにしたら『おいしいネタ』で、
無責任なコメンテーターが『いい歳をして』とか、いじり倒していた。

良い面、悪い面、両方持っているのが人間で、歳など関係ない。

私も『いい歳こいで、何言ってんだ、このオッサン』と思われている。
だが、ブログなど『暮らしのガス抜き』程度の存在だし、
書いている内容は『便所の落書き』と変わらない。

その程度のこと。

私も、再々『ねいちゃーくらぶNPO・そんたく団』や、
代表理事の葛之屋末兵衛と、同一家に対する批評を書くが、
ねいちゃーくらぶNPOもそんたく団も葛之屋末兵衛など、
そういう名前の団体や人物は実在しない。

フィクション風に仕上げている。

要は、向こうがこっちの便所のドアを開けて、
その便所の壁を、いちいち見に来ないと伝わらないようにしてある。
さらに言えば『わかる人がわかれば、それでいい』のだ。

いくらなんでも、葛之屋末兵衛のサイトに『消えろ』とまで書けない。

直接、相手のサイトに書くだけで『威力業務妨害』になるし、
そこに死ねだの消えろだの書くと『脅迫』になる。
送検された50歳代女性も、現タレントに対して本気で死んでほしいとか、
消えてほしいとかは思っていないのだが、

ボキャブラリー不足で、そういう表現しかできない人だった、ということ。

・発信側も、ブログコメント設定をしない
・読者も、コメント設定がなされていても、直接書かない
・言いたいことがあれば、自分のブログを立ち上げて、そこで書く
・どうしても伝えたいことがあれば、他の方法で伝える(郵送とか)

それが『いい歳をしたヤツ』がする『悪いこと』だろう。

私は15年ほど前からブログを書いているが、
ネットのような匿名社会は些細なことで、
炎上すること自体を最初から織り込み済みなので、
コメントを受け付けないようにしている。

特に尖った意見を発信するブロガーがコメントを受けないのは『常識』だ。

コメントを受けないことを他のBBSや個人ブログで批判されたこともあったが、
こちらが見に行かない限り、私に伝わってもこないし痛くもかゆくもない。
文句があれば『電話してこい』と『電話番号』まで公開していても、
いたずら電話すら、かかってこないのが『ネットの匿名社会』の特長だ。

ねいちゃーくらぶNPO・そんたく団にしても・・・。

こんなクソ団体、ほっといても勝手に消えゆく運命にあるのだが、
初期の段階で『叩きのめして会員の士気を低下させる』のが目的だった。
だから『関係者だけが見てわかればいい』という内容にした。

あたりまえだが『名誉棄損で訴えられる内容』だ。

ところが、名誉棄損は親告罪。
個人の便所の落書きごときで、
それも『仮名』や『フィクション風』に仕上げた内容を、
どうやって親告罪で立件できるのか。

大人げないといえば『それまで』だが。

・NPOの2期分の会費として1万円の損失を被った(3期目は返金させた)
・会員に対して、切り捨てる不利益を受けた
・他の会員の意見を聴いても、同様に感じる人が相当数いた
・代表理事がNPO法人を私物化し、さらに税法に抵触する疑いが常態化
・会員に『無賃金労働』を強いて、やりがいの搾取をする悪質な経営者

叩きのめすに十分な条件が揃い、少額とはいえ金銭的な損失があった。

ねいちゃーくらぶNPO・そんたく団自体、
多くの会員が抜け、方向性が変わった。
これだけでも十分に目的を果たしたのだが、
やはり『壊滅に追い込む』のは未達である。

かといって、ヤツらのサイトに直接書くと脅迫や威力業務妨害になる。

非常にめんどくさくて、大人げないのだが、
じっくり時間をかけて、
痛めつけて叩きのめすしかないのだ。

スマホやケータイで、誰でも『やりとり』ができてしまう昨今・・・。

私も含めて『底辺人口が増えたら、必ず乱れる』のが情報社会。
道楽のアマチュア無線でも『ブーム』のときは、
アマチュアバンドが『はちゃめちゃ』に乱れたし、
暴力団絡みの事件やトラブル、殺傷事件も起きた。

素人を野放しにしたら、事件が起きるのはあたりまえ。

炎上など『普通に起きる』のだし、
動画サイトで、バイトがアホなことを撮影して、
威力業務妨害になったりするのも『あたりまえ』のこと。

ワイドショウが『おいしいネタ』を血眼になって探している。

実際は、些細なことなのだが。
なんでもかんでも、手軽に気軽に『誰もやってる』ってのは、
一旦、事件に発展してしまうと通用しない。
そういうことを踏まえて、
ネットの匿名社会と付き合うべきだろう。

冒頭のタレントブログ事件も、双方が無知過ぎで罪を生んだのである。

今日も読んでもらって、毎度おおきに!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※記事は、表現と言論の自由に則ったエッセイで、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。
※このブログは、筆者の『思考の格納庫』です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2019 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


JR鴻池新田駅/地下鉄・門真南駅など東部大阪エリアでの、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。
なお、ご乗車前30分にはご予約いただければ幸いです。
※遠方に出ている際、ご希望に沿えないこともあります。
 その節は、ご容赦ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







この記事についてブログを書く
« ●群れない。 | トップ | ●始末をすることのスタートは... »
最近の画像もっと見る

雑ネタ」カテゴリの最新記事