●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●デフレは続くよ、いつまでも・・・。

2019年01月14日 | 小金持ち研究所
お正月に、経済界の新年祝賀会の様子がテレビで流れていた。そこでテレビ局各社は経済界の社長連中に『今年の景気予測は・・・』と、質問をしていた。プラス方向に示していたのは金融界が多く、トヨタは『横ばい』、つまり『プラマイゼロ』を示していた。巷では、2020オリパラに続き、大阪万博やIR(統合型リゾート)が動くから、どうたらこうたらと騒がしい。大阪の場合、旗振りしているのは維新であり、今は『いわゆる都構想』で、維新と公明が『都抗争』になっている。何をいつまでも『田舎芝居をやっているのか・・・』と、冷めて見てしまう。時限的に『バブル』を招くのは必至だろうが、バブルなんてのは必ず弾ける。誰かが、最後にババ抜きのババを引くのが『世の中の仕組み』でもある。関西ローカルでは、今日の15時22分からカンテレで『新・ミナミの帝王』が放映される。今の世の中の仕組みを知る上では、このドラマは『なかなかよくできている』と思っている。ヒマな人は見る価値ありだろう。タイトルは『親の心子知らず、子の心親知らず』。誰の身にも起きて不思議はない題材を扱っているから、くだらないセミナーやワークショップに行くより勉強になる。(私はカンテレから番宣代などもらっていませんが・・・)


【写真:こんな見通し図は『希望的観測』に過ぎない】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆インフレに転じたら、カネ持ちが困る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

経済界を握っているのは『カネ持ち』である。

アベチャンが『2%のインフレ基調に、どうたらこうたら』と、
いわゆる『アベノミクス』を打ち出したときに言っていた。
確かに、一部の物価は『そのとおり』になっている。

2%も物価が上がって、困るのは庶民だけである。

要するに、カネ持ちが1億円を持っているとして、
2%のインフレになったら200万円の損失だ。
逆に2%のデフレになったら200万円の利益である。

その200万円の利益に、税金はかからない。

庶民感覚でインフレを感じるのは、
日用品、食料品、嗜好品なんかの値段が上がって、
そこに『物価高』を感じさせることで、
インフレ基調を実感させるという狡猾なやり口である。

例えば420円のタバコが約7%値上げで450円になった。

これだけでも1か月でタバコを30箱買う人だと、
1か月で1箱あたり30円値上げされているのだから、
900円も余計に払わないと希望のタバコが買えない。
酒でも、似たようなことが起きている。

カネ持ちは、生活必需品程度の値上げは気にしていない。

経済界の新年会でトヨタの社長が『前年と横ばい』を示した。
これを見て、あなたはどう感じただろうか。
『あ~、なんだかんだ言っても、横ばいかぁ・・・』だろうか。

トヨタが『景気拡大基調』を示したら、どうなる?。

日本の各企業の『賃上げの基準値』は、なぜかトヨタに準じている。
トヨタの社長が『景気拡大しますよ!』とか、声高に叫んだら、
あたりまえだが、春闘で交渉材料にされ『賃上げ』にも影響する。

実際、トヨタ社内の景気はよくっても、ホンネは賃上げを抑えたい。

私たち庶民は『おカネはモノを買うための道具で手段だ』と考えている。
例えば、ボーナスで100万円のカネが入ったら、
庶民は『住宅ローンを払って、美味しいものを食べて、
旅行に出かけたり、服を買ったり、化粧品を買ったり、
余った分は貯金をする・・・』って算段がほとんどで、
カネを使う『計画』を立てるのが一般的だ。

カネ持ちは、そんなことには『1円も使わない』。

だいたい、カネ持ちってのは『カネを増やすことが大目標』だ。
生活に必要なモノは全て持っているし、
わざわざ『あの人ごみ』に混じって、
サービスの悪いハイシーズンに旅行や買い物に出かけるようなことはしない。
彼らは、3億を5億に、10億に・・・増やすことしか考えない。

もし庶民が3億円の宝くじが当たったとすると・・・。

キャバクラや新地、ミナミのクラブへ通い、
周囲の取り巻きができて『いい気』になって、
調子に乗って、モノを買ってやり、
自分へのご褒美と称して高級車やブランド品を買い漁り、
会ったこともない親戚がカネを借りに来たり、
おかしな非営利団体が『寄付』を求めて押し寄せる。

あっという間に、3億円を溶かして流してしまうのがオチである。

私自身、庶民の底辺で『あたふた』しているのが現実だが、
カネ持ちの行動パターンを常に観察している。
ある程度の資産家になれば『生活のペースは安定している』。

ちょっと、小金が入ったからと『自分へのご褒美』など、やっていない。

わざわざご褒美など自分でやらなくても、
盆と暮れには『アホほど、中元や歳暮』が届く。
また、資産家には資産家向けの金融商品の情報が入り、
カネがカネを生む仕組みになっている。

どこぞの屑物問屋一家みたく『自宅で立飲み屋ごっこ』などをやる資産家はいない。

昨日は消費税の話を取り上げた。
今日はデフレの話を取り上げた。
どっちも『カネ持ちがトクをする世の中の仕組み』なのだ。

カネ持ちが3億円を持っていて1%のデフレで300万円分の余剰が生まれる。

しつこいが、この300万円には税金がかからない。
あたりまえだが、3億円が3億300万円になったのではない。
3億は3億のままだが、1%のデフレになっただけで、
それだけで300万円分の買い物をしようと思えばできるのである。

日銀の低金利政策は、相変わらず続いている。

アベチャンのアベノミクスが失敗だの叩かれているが、
こんなもの、最初から『やる気などない政策』だ。
庶民の方が圧倒的に人数が多いから『家計を直撃するモノだけ』を、
値上げして『インフレ基調になっている気分にさせるだけ』の話しだ。
その値上げ分だけを賃上げして『相殺する』ってのが、せいぜいだろう。

デフレを止めない実行犯は『日本銀行』なのである。

だが、確実に庶民の必要なモノの値段だけは上がる。
そこに加えて、社会保険財源を保険料から消費税に付け替えて、
法人、すなわち『カネ持ちだけ』がトクをする仕組みづくりが、
着々と進んでいるのである。

だからこそ、くだらない無駄遣いをやめて『現金を1円でも残せ』というのだ。

・モノを、必要以上に欲しがらない
・人脈という『呪文』や『呪縛』から離れる
・メディアの宣伝文句や宣伝工作に乗っからない
・自分へのご褒美など、貧乏くさいことをやらない
・何も考えずに、飲み会に『ほいほい』と顔を出さない

スマホも、カネ食い虫である。

しつこいくらい書くが、
スマホで決済など、やめるべきだ。
あるいは、日用品やコンビニでの買い物にクレカなど使わない。

必要な現金を持って出かけ、減っていく現金をきちんと管理する。

別に、金持ち父さんを真似ろという話ではない。
一生、ラットレースでも構わない。
だが、カネ持ちの行動を観察したら、
多くの庶民とのカネに対する認識が全く違うことに気づくべきだ。

デフレこそ、カネ持ち天国を作る秘薬なのだ。

私は、長く続いたデフレが『もっと続けばいい』と思っている。
そこそこ働けば、そこそこのカネが入ってくるし、
入ってきたカネのうち、決めた金額を最初に貯金すれば、
まぁまぁのカネが、そのうち貯まってくる。

今の世の中、生活に必要なモノは揃っているのだ。

わざわざ、テレビショッピングやネット通販で、
今あるものを代替えするような無駄遣いなどしなくても、
まぁまぁの日々が過ごせるはずじゃないか・・・?。

貯金もせずに『カネ持ちになりたい』など、考え方が間違っている。

収入が多いとか少ないとか、そういうことより、
もっといえば低収入よりコワイのは、
何度も書いているが『どんぶり勘定』なのだ。
キャッシュフローがよくて羽振りよく、
カネをぱっぱかぱっぱか使っていては『カネ持ち』にはなれない。

例え、金額が少なくとも、すぐに動かさない定期預金にカネを持っておく。

普通預金や当座預金の残高など、
それは貯金とはいわず、
ただの残高であり、傍目に見たら『運転資金』でしかないのだ。

まだ、デフレが続いている今のうちに、考えを少し変えてみたら・・・という提案だ。

※記事は、表現と言論の自由に則ったエッセイで、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。
※このブログは、筆者の『思考の格納庫』です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2019 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ●消費増税の「あめ玉」に、惑... | トップ | ●心は折れるモノだが、時には... »
最近の画像もっと見る

小金持ち研究所」カテゴリの最新記事