●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●小学生でもできる「超カンタンな金銭管理」。

2018年10月18日 | 小金持ち研究所
いつも書いているように、金曜日の酔客の一部の人が『現金を減らしたくないのでクレカで払いたい』という。マイレージを貯めて『航空券に交換する』とか『目的意識』があるのなら話は別だ。だが、『手持ち現金を減らしたくない』というのは『金銭管理ができていない証拠』に他ならない。超カンタンで小学生の算数レベルで十分に金銭管理ができる方法を書いてみる。


【写真:家計簿は『出金記録』でしかない】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆あなたは『割り算』できますか・・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引き算と割り算さえできれば『金銭管理』は誰でもできる。
現実には『加減乗除』の結果の『和差積商』が必要だが。

まぁ、とりあえず、手取り収入から必要経費を差し引く。

・貯蓄
・家賃や住宅ローンなどの住居費(駐車場代も含む)
・食費
・光熱費
・通信費
・あらかじめわかっている交際費 などを合計して『予定経費』とする。
(※商売をやっている人は、予定納税額分を残しておかないと知らないよ)

手取り収入-予定経費=残ったおカネ÷30日=1日に使えるおカネ。

計画一般にいえることだが、
貯蓄を最初にもってきたのは『準固定費』として、
先に計上しておくのが大事である。

残ったおカネを貯金する・・・という手法ではカネは残らない。

例えば、手取りから経費を引いて9万円残れば30日で割ると1日3千円。
この範囲で収まったら『勝ち』、収まらなかったら『負け』と、
少し、遊びの要素を入れて、出金した内容を記録しておく。

ヒマがあるなら、家計簿帳を小遣い帳にしてもおもしろい。

ただ、大事なのは『家計簿を付けた』だけではカネは貯まらない。
こんなものは、ただの出金記録だ。
経理の複式の帳簿とは、チト違う。

だからといっても、やらないよりは、やった方がいい。

面白い話をしてみよう。
中小企業の多くが『二重帳簿』にしているといっても過言ではない。
じゃあ、なぜ『不正』までして二重帳簿にするのか・・・。

税務署対策だからだ。

税務署は、税金を取り立てるのが仕事で、
税務調査という『監査』で会社に乗り込んできて、
隠している課税対象品を見つけて追徴課税するのが目的。

だったら、それを見越して二重帳簿を作っておく。

税務署員が来たときに『実は・・・』と二つ目の帳簿を出して、
貯め込んでいるカネを使って『修正申告』を行う。
下手に隠し倉庫などを使って隠し在庫やらで、
ひっくり返されるより、二重帳簿を認めて修正申告をした方が、
あっさり引き下がってくれるものだ。

税務署員は『手土産』さえ渡せば、それでおしまい、なのだ。

こんなものは中小企業に限らず大企業も『当然のこと』としてやっている。
ときどき、名だたる一部上場企業が『申告漏れ』で報道されるが、
たいていが修正申告をして追加納税した、と伝えて終わり。

悪質な脱税で挙げられて捕まるよりマシなのだ。

今は、不動産バブルの割に景気が陰気くさい。
これも少し考えたらわかることだが、
多くの企業では中間決算が行われ『賞与』の時期も近付いている。

この時期になると、無駄な経費削減が叫ばれる。

要するに、経費で外へ出るカネを残しておき、
手元の手形やらを並べておけば、
中間決算で、ナンボ儲かって、賞与の時期に、
『いくらのカネが手元にあるか』が勘定しやすい。

そういう手法も織り交ぜて、あなたの賞与が支給されている。

話しを元に戻すが、可能な限り賞与のカネは手を付けないこと。
このカネを、貯金に入れておくクセをつけて、
個人の『内部留保』を増やしておくと『いざ』というとき、
クレジットカードの世話にならなくても済む。

また、今、じわじわと物価が上がっている。

私の目安は『物価が4%、円安が15%』を超えたら警戒だ。
来年に消費税が2%上がるが、すでに嗜好品やら燃料費なんかは、
モノによっては6~7%も上昇している。

・タバコ代:420円が450円に、約7%の上昇
・ガソリン代:145円が160円に、約10%の上昇

現政権はインフレが2%が安定的になったら、金融引き締めを行うと思う。

モノの値段が上がるということは貨幣価値が下がるということ。
こんな状況下に入っているのだから、
僅かなクレジットカードのポイントなんかに惑わされても、
物価上昇でポイントなんか、吹っ飛ぶ。

本人は資産運用のつもりかも知れないが・・・。

少し金融を勉強した人なら、
こんな僅かな運用益などハナクソみたいなもの。
普通預金や定期預金の利息よりはマシだが、
クレカのポイントなんか、利回りにもならない。
私は、こんな考えだから、店が発行するポイントカードも持たない。

まずは、きちんと『現金管理』を行い、できるだけ『現金決済』が望ましい。

昨今、キャッシュレス時代が喧伝されているが、
こんなものが普及し過ぎると、
あなたのカネの流れが『すべて記録に残る』のだ。
あたりまえだが、クレカの支払いなど格好の標的である。

私は切符代わりのICOCAカードで十分だ。

最後に強調するが、
足し算、引き算、掛け算、割り算といった、
義務教育で習う程度のことで、
十分に金銭管理ができるのである。

感情より勘定、これ大事だと思う。

※記事は、表現と言論の自由に則ったエッセイで、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。
※このブログは、筆者の『思考の格納庫』です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落『遺物は真相を語る』(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309027111/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


大阪市内の隠れた名所を、ベテランタクシードライバーがご案内。
大阪ナイトツアーは、いかがですか。

・料金:タクシーメーターによりますが、
    2時間で、5,000~7,500円(料金応相談)
・開催:日・月・水・木 20時、市内指定場所からスタート
・催行人数:1名様~4名様まで
・お問合せ:080-6187-8665
・営業時間…18:00~翌2:00(定休日:毎週火曜日)
※一般の通常お迎え業務は、諸般の都合により中止しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ●コンプレックスがなくなる!? | トップ | ●人と同じは、高くつく。 »
最近の画像もっと見る

小金持ち研究所」カテゴリの最新記事