●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●ねいちゃーくらぶNPO、脱退者との会食<4>

2018年03月18日 | マーケティング感覚を磨こう
ねいちゃーくらぶNPO・脱退者との会食シリーズ。もう、飽きたかな・・・。ひとつ言えるのは、NPOなんてのは『余暇活動』。もっとわかりやすくいうと『楽しみ』や『娯楽』の延長なわけだ。ねいちゃーくらぶNPOは『アミューズメント性が全くない』。つまり、参加しても『楽しくない』。関西弁で言うと『おもろない』『しょ~もない』。とどのつまりは『そういうこと』なのだ。


【写真:これぞ、元祖『せんべろ』である。1,000円で堪能するのが立ち呑み通】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆代表理事は、代表の器、なし。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

同席者の発言は( )で、くくっている。

(よくわからないのが、ヒッキーとニートの取り込みなんです)

わし『そやろ。さっきも言ったけれど、
   ヒッキーやニートは「家庭問題」です。
   代表理事のいう「自分の原体験」なんてのは、
   ヒッキーの一事例に過ぎません。
   自分が1年ほどヒッキーになったからといって、
   だから、ヒッキーのことが全てわかる、なんてことはないのです』

(専門家じゃない代表理事に、何ができるのですか)

わし『さあ、知りません。せいぜい、土に触れようとか、
   作物を育てようとか、そんなんでしょう。
   対人関係に不慣れなヒッキーやニートが、
   わざわざ、起業家やサラリーマン、OLさんの余暇活動に、
   参加しますかね、ヒッキーが』

(ちょっと、想像できないですね)

わし『そうでしょう。
   ただ、着眼点はいいと思っています。
   今は、パラサイトでヒッキーもニートも黙認されているでしょうが、
   パラサイトが成り立たなくなったとき、
   深刻な問題に直面します』

(要は、収入がないってことですね)

わし『そうなんですが、収入が得られない「無業状態」から、
   いろんな「不幸事」が待ち構えています』

(どんな不幸事でしょうか)

わし『無業状態は、犯罪に直結しますし、巻き込まれやすいですね。
   人間に限らず、動物は生死に直面したら「生」を取ります。
   無業状態は、収入がないから食べることもできない。
   もちろん、福祉の世話になって生活保護を受けるのも可能ですが、
   他人との接点を持って来なかったヒッキーやニートは、
   おしなべて、役所のどのセクションに相談したらいいか、
   あるいは、そういうことに精通した市議会議員とのパイプなどない。
   短絡的に、コンビニ強盗とか、ひったくりとか、万引きとか、
   女性だったら、売春とか。
   とにかく「生」のために「食」を求めた犯罪が後を絶たないですね』

(そういう展開になっちゃうんですか。驚きです)

わし『さらに、よからぬヤカラに薬漬けにされたり、
   借金にハメられて、風俗の風呂に沈められる。
   やけっぱちになって、知らないうちに犯罪者にされたり・・・』

(知らない世界とはいえ、すごいことになるんですね)

わし『だから、ニートやヒッキーが社会保障の下支えに・・・とか言うのは、
   「タテマエ」であって、無業状態を脱出して、
   職業訓練を受けて社会参加してこそです。
   その職業訓練が、あのNPOで、できますか?』

(そんなプログラムは聞いたことがありませんね)

わし『そうでしょう。
   こういう問題は、心理カウンセラーやら職業訓練所、
   ハローワークなど、相応のノーハウをたくさん持った専門家の分野です。
   確かに、ヒッキーを脱出して、畑に出るとか、
   作物を育てるとか、そういう「ヒッキー脱出のきっかけづくり」には、
   とても有効だとは思いますが、そのヒッキーを見つけてくるのが難しい』

(やっぱり、難しいもんなんでしょうか)

わし『そりゃそうでしょう。
   どこにヒッキーがいるのか、なんてわからないんですもん。
   ひきこもっているから、オモテに出てこない。
   よほど、属人的なつながりでないと見つけにくいでしょう。
   また、福祉団体からヒッキーを紹介してもらっても、
   あのNPOに「更生プログラム」がありますか。ないでしょう。
   そんな調子で、どうやって、ヒッキーやニートを受け入れて、
   社会で使いモンになるくらいに更生させられるのか、わからんです』

(けっこう、難しい課題なんですね)

わし『そうですよ。
   極論ですが、ヒッキーやニートは塀の外にいるだけ。
   塀の中にいる受刑者は、刑務作業という仕事をしています。
   刑期が終了して社会に戻ったときに「無業」では社会復帰できません。
   いろんな種類の刑務作業を通じて、職業スキルを身につけているんですね。
   そういった視点では、何のスキルも生産性もなく無業状態というのは、
   社会になかなか出にくい状況で、それを自らが作っているのが難儀です』

(すごい視点で見ていますね、タニーさんは・・・)

わし『まぁ、ただの請け売りですけどね。
   でも、受刑者は、規律とか集団生活を要求されていますし、
   無業でない状態で刑期を全うしますから、
   服役後の社会復帰は、案外と早いですね」

(そういう人、身近にいるのですか?)

わし『タクシー会社には、懲役上がりの人はけっこういますよ。
   まぁ、ほとんどが極道系で、昔の暴力団抗争とかで、
   パクられて服役した人ですけどね。
   今は、改心されて、頑張ってお仕事したはります。
   服役した人は、運転免許を持っていたから、
   出所後に2種免許を取ってタクシーに乗ってますね。
   会社によっては「独身寮」もあるし「大浴場」もある。
   彼らは、集団生活には慣れてはりますから、
   なんてことないんですね』

(タクシーって、そういう側面もあるって、初めて知りました)

わし『だから、いつも言っている「雇用の受け皿業界」なんです。
   移動ニーズに加えて「雇用ニーズ」がある以上、
   この職業はなかなかなくなりません。
   AIとかいう人工知能でタクシーがなくなるとか言っていますが、
   そんなコスト高なシステムを、
   導入するだけの資金力があるタクシー会社なんか、ないです』

(でも、AIってかなり進化していますよね)

わし『進化しようが、移動ニーズより「雇用ニーズにAIが必要かどうか」です。
   雇用の受け皿、つまりセフティネットの役目を果たし終わったら、
   AIを搭載したタクシーのような乗り物も出てくるでしょう。
   でも「雇用の受け皿ニーズ」があるんだから、
   そうカンタンになくすわけにもいかないと思いますね』

(でも、AI搭載の自動車がどんどん登場していますが・・・)

わし『そういうのは、先に一般車で実証実験をすべきです。
   運転に自信がない人は、AIの力を借りたらラクでしょう。
   タクシー業界は、国交省関係や、警察官の天下り先というか、
   定年後の再雇用先でもあります。
   単に天下りではなく、服役後の社会復帰を見守るのが、
   元警察官の再就職の目的のひとつでもあるんですよ。
   うちの職場にも、捜査一課のOBが顧問役でいたはりますが、
   あの「筧千佐子死刑囚」の事案を扱っていました。
   本題からズレますが、合計12人を殺めたが物証が取れなかった。
   それでも、4人で死刑判決に至ったんですから、
   なかなかの凄腕刑事だったようですよ』

(えぇ!そんな事件に関わった人が、タニーさんの会社にいたはるんですか!)

わし『まぁね。何とか物証が取れたのが4人。
   でも、筧千佐子は、更生の余地なしで、あの判決です。
   更生の余地があれば、服役で社会復帰できるんでしょうが、
   あれだけやったら、もうだめ、でしょうね。
   またまた脱線しましたが、あのNPOに話を戻しましょう』

(ヒッキーやニートを、福祉の世話で食わせるのって税金ですよね)

わし『そう。ヒッキーもニートも懲役で服役中の人もそうです。
   普通に働いている若い人は、社会貢献にも関心があったりします。
   でも、社会を変えられるとも思っていない。
   国は、耕作放棄地や、無業者を問題視して大仰に発信します。
   これに呼応したのが、あのNPOの代表理事ですね。
   かといって、政府が問題視して発言するのは、
   勝手にやりゃあいいんですが、
   かといって、社会貢献をするしないは個人の自由です。
   いちいち、政府や国家に決められる筋合いはないと思っています。
   もちろん、政府や国家がヒッキー&ニートを誘導するのは大事ですが、
   強引にひっぱり出そうとしたら「徴兵」くらいしかないんですよ』

(ち、徴兵ですか!)

わし『だって、強引に引っ張り出して、強制的に集団生活させたりなんて、
   それこそ、軍隊のプログラムくらいしかできないでしょう。
   特に、国家レベルで、強引にやるとなれば・・・』

(かなり、根が深い問題なんですね)

わし『そうだと思いますよ。
   今の時代に「臨時召集令状」なんかが届いたら震え上がるでしょうね。
   それくらい、性根を叩き直さないと、
   ヒッキー&ニートの問題なんか、解決しませんって』

(そりゃ、あのNPOじゃ、無理だわ)

わし『無業状態が不幸と直結してしまう事例が多いんです。
   罪を犯して、服役という強制的な集団生活で、
   刑務作業を通じて職業スキルを身につけるか、
   志願兵か徴兵で職業軍人としてのスキルを身につけるか。
   ヒッキー&ニートは、すごく根が深い家庭問題で、
   もはや、家庭内では解決すら難しい。
   だいたい、親御さんが、ヒッキー&ニート解決のノーハウなんかないもん』

(根が深い社会問題なんですね)

わし『だから、安易に考えている「あの代表理事は無能だ」というんです。
   そんな集団から脱退できて、まぁ、よかったじゃないですか。
   これからも、ますます活躍して、
   あの代表理事を見返してやってください』

(ありがとうございます!)

わし『じゃあ、今日は、この辺で・・・』

◆まとめ◆

好き勝手な土いじり程度で、ヒッキー&ニート問題は解決しない。

<つづきは、3月25日(日)に掲載します>

※この記事はエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ●始末と稼ぐ、どっちがラクか... | トップ | ●立派な人か、幸せな人か、ど... »
最近の画像もっと見る

マーケティング感覚を磨こう」カテゴリの最新記事