●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●昭和は、そんなによかったのか<2>

2016年07月23日 | 雑ネタ
思うところがあって、1970年(昭和45年)に起きた『よど号事件』を調べている。まだ、幼児だったのと、万博ムードで浮かれていたので断片的にしか記憶がない。平成生まれの人は仰天するかも知れないが、日航機のよど号がハイジャックされて、犯人グループが北朝鮮に『亡命した』という前代未聞の事件だ。また、この事件が日本で初めてのハイジャック事件であったことも特筆したい。よど号事件以後にハイジャック対策(搭乗時の所持品検査など)が導入された。逆に言えば、当時も浮かれ気分で、すでに平和ボケしていたのかも知れない。


【写真:ハイジャックされたよど号と同型機のB-727型機】

羽田発福岡行きの日航機が赤軍派に乗っ取られた。

詳細は、各種文献に譲るが、
よくわからなかったのが、
なぜ、ピョンヤンと偽って金浦空港に誘導したか。

韓国中央情報部(KCIA)が金浦空港に降ろした。

今でこそ『韓流ブーム』も去り、
韓国に対してのアレルギーを持つ人も減ったが、
私が韓国や朝鮮半島に関心を持ち始めたころは、
『変わり者』扱いされたものだ。

万博で浮かれていた日本とは対照的な韓国・・・。

当時の韓国は『夜間外出禁止令』が敷かれ、
毎夜が『厳戒態勢』だったと聞く。
私が韓国に関心を持ち始めた1977年頃も、
まだ、夜間に外出はできなかったと記憶している。

知らない人も多いと思うが韓国は今も準戦時体制である。

北朝鮮が常に挑発的なのは、
朝鮮戦争が『停戦』状態を維持しているからである。
まぁ、ミサイル発射も半ばパフォーマンスだろうが、
演出とは言えどミサイルの中身は本物の爆薬が入っている。

日本人の多くは『さらに平和ボケ』が進んでいる。

ポケモンGOが配信開始され、
昨夜、多くの若者が夜間徘徊する姿を見かけた。
テロこそ起きないだろうが、
ポケモンを探すのに躍起になって、
事故や事件に巻き込まれる人は出てくるだろう。

危機管理意識がない。

赤軍派も年老いてテロなどを起こすことはないだろう。
多くの日本人にとって赤軍派の事件など『大昔』のことだ。
また、バブルが起きたころに生まれた人達が、
社会の中核に入りかけている。

バブル時期に起きた忘れられない事件がある。

もうすぐ31年になる『日航機の墜落』だ。
表向きは『圧力隔壁の破断』が主原因で、
ボーイング社の修理ミスということになっているが、
実際のところは軍事的に撃墜されたという説が濃厚だ。

墜落事件の後にプラザ合意を受け入れている。

その後、1ドルが250円になり、
5年ほどでバブルが弾けた。
理由もなくバブルが起きたはずもなく、
理由がなくバブルが弾けるはずがない。

全て人為的に行われている。

細かいことを書くと物議を醸すし、
厄介な方面から狙われたら困るので、
ほどほどにしておくが、
昭和を懐かしがる程度なら面白いネタだが、
そんなにいい時代ではなかったはずだ。

バブル後世代はいい思いをしていないというが・・・

半ば『やけくそ人生』になっている人もいるかも知れないが、
『戦後』の昭和でも『今より、みんな若い』というだけで、
いろいろ不便で怖い時代だったのだ。

戦後・・・とはいうものの

実際に『ドンパチ』に日本が参加していないだけで、
敗戦後もアメリカの傀儡政権は、
軍需品の製造などで『間接的に戦争に加担している』。

空襲がないだけ・・・という時代を生きている。

この手のネタをブログで書くと、
どうも、消化不良になってしまうが、
あんまり詳細を書きすぎると、
いろいろ厄介なので、
この辺で止めておくことにする。

ポケモンもいいが、危機管理意識も兼ね備えるのが肝要だ。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










※下記の広告は本記事とは無関係です。