●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●自分探し。

2016年07月08日 | 本質を見て、自分の頭で考えよう。
就職活動中の青年が私のタクシーに乗ってきた。関西の有名私大卒業後、2年間『留学』として海外を放浪してきたそうだ。この春、帰国して『就職活動』しているのだが、なかなか内定が取れないという。海外放浪してきたというから『語学はビジネスで通用するくらい堪能なの?』と聞いたら、『旅行者レベルだ』と返ってきた。『なぜ、採用されないかわかる?』と聞いたのだが、『企業側がわかっていない』と居直る。ちょっと、仕事をなめている気がした。『卒業後2年間の「空白」が「海外放浪」で「ビジネスに通用する語学もできない」。あなたが採用担当者だったら、そういう人を積極的に採用したいか?』とたずねた。青年は『・・・・・ですよね』。要は2年間、モラトリアム(執行猶予)の期間を作って自分探しをしてきたということだ。しかし、2年間かけても『自分探しで自分は見つからなかった』のである。今は、貯金が底をついたから、仕事をしてカネがほしい、それだけなのだ。


【写真:自分探しは、親を観察したり、友人や出身校を振り返れば十分に見つかる】

私は、自分探しなどやったことがない。

自分はここにいて、あの両親のもとで育ち、
あの学校を出て、あの仕事を続けて、
時代の流れで淘汰されて、
今は、タクシー乗りをやっている。

それが、どうだというのだ。

バックパッカーで海外放浪するのはいいことだと思う。
だが、目的が『自分探し』だったら、
何年たっても自分は見つからない。

自分は、今、ここにいる、それだけだ。

自分を探すには『まず、どんな親のもとで育ったか』を振り返る。
そして『友人はどんなヤツだったか』、
さらに『どんな校風の学校だったか』と、
概ね、これだけを振り返れば『自分探し』の結論が出る。

要は『自分はどんな環境で育ち、今に至っているか』でしかない。

仮に、バックパッカーで東南アジアを放浪したとする。
すでに『自分探しの結果』が出ていて、
さらに『環境を変えてみる』とか『新たな価値観の見識を増やす』のはいい。

たいてい『熱気あふれる現地人がどうのこうの』という気づきに至る。

熱気あふれる現地人・・・。
この人達は現地で一生懸命生活しているのに気づく。
多くの現地人が『何かを売って商売している』のを見る。
この程度で『自分探しができた』のなら、
自分探しの結論は『熱気あふれる仕事をせえ』に至る。

30年以上、何らかの仕事をしている私には感動もない。

混迷の時代だから『自分探し』をしたい気持ちはわかる。
夢やヴィジョン(同じ意味合いだが)を持ちたいのも大事だろう。
ただ、結論は『何をやって衣食住を確保するのか』にしか至らないのだ。

ペーパーテスト秀才が『自分探し』をする傾向が強い。

1、ペーパーテスト秀才が、
2、世渡り上手なのか・・・?

これは『全くの別物』だ。

混迷の時代だが、経済不振の原因は『政治』ではない。
生産性を高めてきた年代層が『引退』していたり、
生産拠点が国内から海外に移り、
国内総生産が低下しているだけの話だ。

選挙時期に『経済再生』とか政治家が言うが・・・。

政治家が経済に介入できるのは、
為替介入やプール金の運用くらいしかできない。
生産が調整されるから、
人員も調整しやすい『非正規』が増える。
それだけの話なのだ。

新卒の特権を捨てて『海外放浪』したのはちょっともったいない。

成功者と呼ばれる人の中には、
『ひとつの場所にとどまらず、
どんどん環境を切り替えて、
広い世界を見て成功を手に入れろ』とかいう。

あるいは・・・

『今ある人間関係を大事にして、
コミュニティを深めて仲間で成功を手に入れよう』ともいう。

どちらもペーパーテスト秀才らしい『狭苦しい生き方』だと思う。

また『越えられない壁は自分の前には出てこない』とかいう。
秀才は『それが唯一の答え』と思い込み、
一生懸命、越えられない壁を越えようと『努力』する。

私なら・・・

『無理に越えなくても、穴をあけて抜けたらどうか』と。
『ピアノを弾ける人もいれば、ピアノを運べる人もいる』のだ。
『好きな仕事をするか、今やっている仕事を好きになるか』を考える。

自分探しの潜在的な根底は『何をやって衣食住を確保するか』に尽きる。

インドを放浪しようが、
全米を回ろうが、
東南アジアの熱気あふれる市場に感動しようが、
今やっている仕事が消耗戦であろうが、
幸福な人の営みは『今日、やる仕事がある』ということだ。

さらに大事なこと。

人に関わるのがイヤで、ひきこもったりニートを選ぶと、
重症化すれば『人間アレルギー』になることもある。

ペーパーテスト秀才と世渡り上手は全く別の話である。

ささきいさお と 舟木和夫は似ている・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










※下記の広告は本記事とは無関係です。