●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●ラジオ体操。

2018年11月15日 | しないこと。
小学生の頃から、ラジオ体操はキライだった。夏休みになったら、近所の公園に早朝から集合して、町内会でラジオ体操当番のオッサンオバハンが指揮を取り、体育会系の子供たちが前に立って『模範』を示す。私は『夏休みの行事』としか捉えておらず、スタンプがたまったら景品をもらうのが目的で、それだけのために早起きをさせられていた。こんな調子だから、列の後ろの方で『テキトー』に『やってるふり』で、小学校の6回分の夏休みをやり過ごした。就職して、朝礼のあと全社員が『ラジオ体操』の音楽に合わせて体操するのだが、これまた『テキトー』に『やってるふり』で誤魔化した。こう書けば『ただの怠け者』だが、私の行動が正しかったのだと、最近わかった。


【写真:ラジオ体操は、意外に重労働なのだ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ラジオ体操の前に、準備体操をすること。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週、休日の夕方は整骨院でケアしてもらっている。

いつも同じ時間帯にやってくる若い女性の患者さん。
事務職で、通勤は単車だとか。
整骨院に通っている理由は、腰痛だという。

原因は・・・

朝礼時のラジオ体操で、
ぎっくり腰になった、のである。

こんな若い女性がラジオ体操ごときで、
ぎっくり腰になるとは、
さすがの私も、びっくりした。

気をつけないと、ぎっくり腰はクセになる。

整骨院の先生は『ラジオ体操は結構な運動です。
その分、きちんとストレッチなどで、
あらかじめ、体をほぐしておかないと、

ぎっくり腰になるんですよ』と仰る。

確かに、過去にラジオ体操の最中に、
ハッスルして、
ぎっくり腰になった爺さんがいた
爺さんが、痛い痛いと大騒ぎするので、
朝っぱらから、公園に救急車が来て病院搬送・・・。

何をやってんだか。

NHKも『健康』に関する番組やら、
試してガッテンとか、いろいろやっているが、
ラジオ体操でぎっくり腰になる、
検証をしたらどうなのだろうか。

ラジオ体操をなめていたら、
ぎっくり腰になります


だから、私は、生涯、
ラジオ体操をやらない

・NHKを見ていたら安心・・・
・NHKの言うことは正しい・・・

そんな考えの人は、認識を改めた方がいいと思う。

※記事は、表現と言論の自由に則ったエッセイで、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。
※このブログは、筆者の『思考の格納庫』です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●無償ボランティアは、しない。

2018年10月16日 | しないこと。
最近『ブラック・ボランティア』なる言葉が現れた。なるほど、一理あるな、と思う。特に東京五輪開催には、10万人以上の無償ボランティアが動員される。私は被災地のボランティアに関しても『行政の手抜きと甘え』という見方を持っている。私有地の泥のかきだしは民間で・・・と行政が見放していることこそ職務放棄だと思っているくらいだ。また、東京オリパラに関しては『商業イベント』だ。そこに『手が足りないから』『予算が足りないから』と、自己実現をしたい純粋無垢な人たちを動員するのは、いかがなものかと思っている。だいたい、現代のオリンピックイベントは、大手広告代理店が裏で電波放映を仕切って、民放も公共放送も『アホほど儲け倒す』のである。カルナナンダが走った頃のような『参加することに意義がある』という時代は過去のもので、人員が必要なら、相応の人件費を予算計上して、例え時給が最低賃金でも支給した方が士気も上がるし、仕事である以上、責任を持って役割を果たすことにつながる。これが学生アルバイトなら『カネをもらって、教育の一環になる』と思うのだが。


【写真:ボランティアの語源は『志願』や『志願兵』だ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ボランティアに『無償』の定義はなく『有償ボランティア』もある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

辞書では『自ら進んで社会事業に参加する人』とある。

まぁ、その多くが『無償参加』になってしまっているが、
かつての『志願兵』にしても『職業軍人』だから、
軍人とて、無報酬ということはなかった。

わかりやすくいえば『今の自衛官』が、そうじゃないか。

自衛官は自分の意志で志願して国家公務員になって、
まさに体と命を張って、任務に当たっている。
国力を表す『経済』や『外交』のほか『軍事』を担うのが、
他でもない志願兵である『自衛官』という『国家公務員』だ。
当然だが、私らなんかより、うんと高給取りである。
その費用は、私らが払っている税金からねん出されているじゃないのか。

最近は『ボランティア=無償=美しい姿/自己実現』になっている。

確かに、報酬に縛られると『役割の範囲』でしか、
役割を果たさない人も出る。

だったら、そんなヤツはボランティアでも解雇したらいい。

昨今の被災地復興のボランティアを見たら、
物見遊山の観光気分で『とにかく役立ちたいから来た』と、
気軽に観光バスに乗って『手ぶら』で来るやつもおる。
けしからんヤツは、倒壊した家の前で記念撮影をして、
それを、速攻でFacebookやインスタに上げたりするアホがいる。

そういうヤツは、厄介者になるから、行かない方がいい。

また、いつもの『南そんたく』に話が飛ぶが、
そんたく団を率いる葛之屋末兵衛が、
意識高い系のおじさん、おばさん相手に、
朝っぱらから、そんたく団のプレゼンをした際、
参加者から『活動費はどうなっているのか』という質問に対し、

『ぼ、ボランティアで、ま、まかなっています』と、しどろもどろだ。

もう、この時点で、葛之屋末兵衛の認識は、
『ボランティア=無償活動=美しい姿』に凝り固まっている。
参加者の反応を動画で見る限り『怪訝そう』であった。

有償だったら、さもしくて、やりがいがないというのだろうか。

私は、無償でやれる人は、
カネも時間も余っている人で、
それこそ文字通り『余暇活動』で、
ボランティアをやるのだと思っている。

だが、世の中、そんな恵まれた人の方が希少だ。

話しが飛ぶが、1億総活躍社会には、
ボランティアも含まれるのだろうか。
有償であれ無償であれ『活躍』できたら、
その社会は実現することになる。

だが、ホンネは『低賃金で死ぬまで働け』が1億総活躍社会だ。

その証拠に『持続可能な全世代型社会保障制度』という、
これまた絶妙な制度の『ネーミング』に仰天した。
実際の中身は『高齢者への福祉抑制』なのだが、
これを、あからさまに表に出したらどうなるか・・・。

・年金支給年齢を、後ろ倒しにしまっせ
・年金支給金額を、減額しまっせ
・だから、低賃金で死ぬまで働くの、辛抱してね、だ。

明確にしたら保守頼みの『高齢者票』が取れなくなる。

この国は、いつから、こんな巧妙なすり替えばかりになったのか。
ボランティアのテレビ映りのいいシーンばかり流して、
果ては、スーパーボランティアおじさんをヒーロー扱いする。

何か、変だ。

オリンピックなんか、商業イベントなのに、
ボランティア参加者は『自己実現』だの、
かかる経費は『参加費だと思っています』だの、
『無償だからこそ、やりがいがあるんです』とかいう。
気持ちはわからなくはないが『所詮は名誉職』という程度。

実際は、ゼネコン、広告屋、放送局、その他付随業種が、儲け倒す。

ボランティア参加で、自分の立てている目標に近づくとか、
そういう人は、どうぞご勝手に・・・だ。
通訳ボランティアとかは、スキルアップにつながるだろう。

だが、国際的な運動会の通訳業務は、けっこう重要度が高い。

こういうスキルが高い人にこそ、
きちんと『見合ったギャラを払え』と思う。
本人が、それでも辞退するなら、それはそれで国庫に戻したらいい。
とはいえ、全世界に放映される大会の通訳が『タダ働き』でいいのか?。

あまり知られていないが懲役刑を食らった受刑者ですら給料がある。

・給料:時給6円~45円/月給600円ほど
・労働時間:8時間厳守
・始業時間:7時50分
・終業時間:16時30分
・残業:一切なし
・土日祝:休業

まぁ、貯金も大してできないが、受刑者とて労働者である。

受刑者ですら、時給が発生するのに、
参加費だの、自己実現だの、
そういう『きれいな面』ばかりメディアが映して、
民衆は『そういうものなのか』と、納得をする。

チャリティの24時間テレビなんか・・・。

フリーの出演者は、がっぽりギャラをもらい、
局アナは、給料をもらって出演する。
詳細はわからないが、残業手当や深夜手当、特別手当などがある。
純粋無垢な視聴者は、せっせと募金に出向いたり銀行から送金する。

まぁ、税金控除できるくらいの寄付なら、寄付のしがいもあろう。

無償ボランティアの鬱陶しいところは、
無償を盾にとって『やりたいこと』しかやらない人があまりにも多い。
テレビでは決して映らないが・・・。

災害ボランティアの現場では、かなり『わがまま』を言うヤカラがいる。

責任の所在もあいまいだし、取り仕切る行政も不慣れで、
なんともならんのが実情だ。
私は、責任範囲が不明確で、あいまいなボランティアには、
参加しないことにしている。
無償ボランティアが美しいというのは、
幻想に近いのではないだろうか。

商業イベントに、無償ボランティアなんか『やめたら?』

※記事は、表現と言論の自由に則ったエッセイで、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。
※このブログは、筆者の『思考の格納庫』です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落『遺物は真相を語る』(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309027111/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


大阪市内の隠れた名所を、ベテランタクシードライバーがご案内。
大阪ナイトツアーは、いかがですか。

・料金:タクシーメーターによりますが、
    2時間で、5,000~7,500円(料金応相談)
・開催:日・月・水・木 20時、市内指定場所からスタート
・催行人数:1名様~4名様まで
・お問合せ:080-6187-8665
・営業時間…18:00~翌2:00(定休日:毎週火曜日)
※一般の通常お迎え業務は、諸般の都合により中止しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●飲み会の断り方。

2018年10月05日 | しないこと。
毎週末、繰り広げられる『飲み会』。その、飲み会帰りの酔客を送る際に『最近の若い社員は、飲み会に誘っても来ない』とボヤく上司おぼしき男性が増えた。だが、私は『30年前の若い社員だった頃』から『飲み会』という『会』は、3回中2回は『先約がある』と断っていた。何で同じ会社の社員というだけで、わざわざ大げさな『飲み会』という『会』をしないといけないのか、鬱陶しくてしかたがなかった。もっとも、飲むのはキライではなく『ちょっと、行こか』といった少人数での酒席には参加したし、上司や得意先からのお誘いは、断ったことはない。


【写真:社会人にもなって大学生のコンパのノリがキライなのだ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆私の断り方。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とにかく、飲み会というのは『だらだら』してイヤである。

こういう誘いを受けたら、
その中の年長者でしっかりした人に、
祝儀袋を渡して『足しにしてえな』と渡していた。

中身は、だいたい1万円である。

こういうことを、30歳過ぎに、
すでにやっていたのだ。
ところが、今の30歳過ぎの人たちは、
どこかしら『おぼこさ』が抜けず、
そんなことだから、管理職にも抜擢されないのだと、私は思う。

さて、飲み会の、何がイヤか・・・。

飲み会という会に参加したら、
必ず『二次会、行く人!』という号令がかかる。
ハラの中では『面倒くさ!』と思っていても、
なかなか意思表示ができない雰囲気もあり、
それが、三次会、四次会と延々続く。
帰りは、必ずタクシーになる。
何回か経験したら『学習しろ』と思うなぁ・・・。

ならば課長クラスなら『1万円のカンパで十分』だし、安上がりだ。

だいたい、上司である私が同席していては、
課員が私の悪口も言えない。
飲み会の主旨は、会社や上司の悪口や仕事上でのグチ、
現場に無理難題を押し付ける『営業の悪口を言う場』が相場だ。
上司が部下の顔色を見て、いきがってカード支払をしてカッコつけて、
帰りのタクシー代も現金が足りずに、カードで払うバカらしさ。

だったら『現金カンパ』の方が喜ばれ『生き金』になる。

仮に二次会までで解散としても・・・。

1、一次会会費:3,500円
2、二次会会費:7,000円
3、タクシー代:7,000円

これだけで、17,500円もかかってしまう。

また、今のような週休二日ではなく、
だいたい連休など、あったところで『隔週』だ。
仮に土曜日が休日であっても、
溜まった伝票処理やら、翌週の仕込み作業など、
広告屋ってのは、それなりに忙しい業界である。

金曜日に飲み倒して、土曜の昼まで寝ているほどヒマではない業界。

若い頃は、あれやこれや趣味に充てる時間も欲しかったし、
土曜日に出勤しても午前中には仕事なんか片づけて、
午後からは、町歩きのイベントやセミナーなんかに出かけた。
夜は、アマチュア無線の山岳移動実験やら、
それなりに『やりたいこと』がたくさんあった。
金曜日の飲み会で、自分の楽しみが潰されたり、
睡眠時間を削られるのは、たまらなくイヤだったのだ。

休日をどう使おうが、その人の勝手だが『知的活用』の方がいい。

部下の人たちが飲みに行く際にはカンパするが、
上司や社長から誘われたときは、
遠慮なく『ごちそうさまです!』とお相伴にあずかる。
こういう場は、いわばオフィシャルな場だからハメも外せない。

得意先やクライアント社の誘いは『インサイダー情報』も得られる。

社会に出て35年間、
こんな風に『飲み会』をかわしてきた。
また、私のタクシーで『今の若いヤツは・・・』とボヤくお客には、
失礼ながら『昔ながらのノリだったら、若いヤツは来ませんよ』と、
たしなめている。

もう、50歳を過ぎた上司なら・・・。

若いヤツがハメを外す場を作ってやり、
自分は参加せず、カンパしてやって、
『せいぜい、わしの話題を酒の肴にしてくれや』と言った方がかっこいい。

大きな仕事を終えたときは、部署をまたいで、派手に打ち上げはしたが・・・。

まぁ、飲み会なんて、参加しようがしまいが、
月曜日には、みんな忘れているし、
会社行事でもなければ、
大声で『週末、楽しかったっすね』なんて話題にもならない。

飲み会の断り方など、テキトーに考えればいくらでもある

・先約がある
・やりたいことがある
・家族との予定がある
・体調がすぐれない
・ここんところ、睡眠不足なので・・・
・もっと、早よ、言うてくれはったら行きましたのに・・・

飲み会に行かない人は『あの人は、そういう人』で済むのである。

※記事は、表現と言論の自由に則ったエッセイで、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。
※このブログは、筆者の『思考の格納庫』です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落『遺物は真相を語る』(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309027111/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


大阪市内の隠れた名所を、ベテランタクシードライバーがご案内。
大阪ナイトツアーは、いかがですか。

・料金:タクシーメーターによりますが、
    2時間で、5,000~7,500円(料金応相談)
・開催:日・月・水・木 20時、市内指定場所からスタート
・催行人数:1名様~4名様まで
・お問合せ:080-6187-8665
・営業時間…18:00~翌2:00(定休日:毎週火曜日)
※一般の通常お迎え業務は、諸般の都合により中止しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●しない、やらない、使わないシリーズ「クレカ」編。

2018年08月06日 | しないこと。
商売をしていたときに、債権債務で『やっさいもっさいした』ことは何度も書いた。それ以来は、クレジットカードを持たない生活になり、早や10年が過ぎた。その間に『クレカがあったらなぁ・・・』と感じたのは、仕事で使うETCカードの入手、この一件だけである。結果的にデポジット(保証金)を4万円積んで、ETCカードを入手したのだが、私は『これでよかった』と思っている。クレカを持つと、概ね20%の『余分な買い物』をしてしまい、これが即時決済ではなく『短期借入金』である認識を持つ人が、どれくらいいるのだろうか。私は、働いた証としての『現金』を大事に使いたい方である。


【写真:クレカは、気づかないカネ食い虫】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆キャッシュレス時代など、どうにでもなる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

単純思考の人は『キャッシュレス=クレカ』。

最近はスーパーマーケットでも、
レジのキャッシュレスが進んでいたり、
セルフレジが普及して『人手不足解消に一役買う』と、
メディアが喧伝しているが、
セルフレジ操作ができない『レジ難民』も増えている。
何でもかんでもメディアを信じ込まず、
自分の頭で考えて『いろんな方法』を持つことが大事だ。

私の場合、キャッシュレスに対応するツールは、

・ETCカード
・キャッシュカードについているデビッドカード
・交通系のICOCA(切符がわりのプリペイドカード)

これだけである。

今はクレカを持たない生活だが、
広告屋の頃はカード会社の販促を担当し、
あれやこれやの『企業戦略』の手伝いをしていた。

多くのユーザーの平均利用額は、月額で3万円というデータを見た。

これも、ケータイなどの通信費や、
水道光熱費など『従来、口座引き落とし』していた分を、
カード決済に『おまとめ』して『ポイントゲット』する。
この程度であれば『賢い使い方』かも知れない。

また、カードを持つと20%ほど余分な消費をする、というデータを見た。

例えば、5万円くらいの趣味の道具を買うとして、
その道具を売っている販売店に出向く。
確かに、本体だけならば5万円なのだが、
あれこれオプションを付け足すと、
余分に1万円くらい加算することはよくある。

現金払いなら・・・。

・本体だけで、一旦、納得して購入し、翌月にオプションを買う
・あるいは、何店舗か回って、もっと安い店を探し値切り交渉

ところが、クレジット払いだと・・・。

『まぁ、いいかな』と『支払いはカードで』と相成る。
さらに、頭の中で計算しながら『2回払いで』とか。
クレカの2回払いまでは、手数料(金利)がつかない。

これとて、最長で約90日の『無利息の短期借入金』だ。

もう、頭の中は、その品物が欲しくて仕方がないのだから、
何店舗も回って、苦手な値切り交渉をするくらいなら、
気風のよさを見せる(単なる見栄だが)ようにカードを切る。

5万円の20%は1万円、5万円+1万円=6万円で20%増しの買い物。

クレカも『ポイント』が売りになっている。
だが、一見、おトクなポイントだが、
どうせ、カード年会費で相殺されたり、
商品券などの金券と交換されて、
これまた、欲しいものを買う時に追い銭が必要になり、
不足分をカードで払う。

現金主義だと、追い銭もクソもなく、手の上にある現金で絵を描くしかない。

また、かつて1席が何万円もした航空運賃が、
LCCが出てきて、そんなにマイレージを貯めるのに躍起なのが不思議だ。
出張の多い人が貯まったマイレージを使って飛行機移動し、
会社から出る『出張費をピンハネするヤカラ』も増えたが、
これは、本当のところ『背任行為』『横領』にもなるから注意が必要だ。

乗りもしない飛行機のマイレージなど、どうでもいい。

また、先日『カード払いのお客』が乗ってきた。
運賃は7,500円ほどだったのだが、
決済時に『2回払いで』と言われ仰天した。
ウチのタクシーは、一括払いしか扱いがない。

たぶん、ヨソのタクシーでも同様の扱いだ。

一応、カードの知識は持っているつもりなので、
『一旦、一括払いの処理をして、後日、カード会社に、
 支払方法の変更申込みをしたらいい』とアドバイスした。

まぁ、カンタンなリスケなのだが『リボ変更』をススメられるだろう。

そのお客は『めんどくさい』とかいうが、
一括処理しかないのだから仕方がなかろう。
町の洋服屋と同じようにできるわけないじゃないか。

カード会社は、利ザヤで稼げる『リボ』をススメてくる。

一般の書店で手に入りにくい専門誌などは通販を使うが、
そういうもの以外、通販を使うことはない。
いちいち店に行くのが面倒くさい趣味の品などでは、
店から商品を宅配便で送ってもらうこともあるが、
そういうことは、数年に一度で、こんなものは通販とは言わない。

『入金確認したら、〇日の夕方指定で送っといて』と電話で片づける。

通販を利用すると指定時間帯に家にいなければならない。
私は、これが面倒くさいというのか、
時間拘束されるのが、たまらなく鬱陶しいのである。
不在にして再配達を頼むのもドライバーに気の毒だし、
あれだけ『物流業界の人手不足』を聞かされると、
なんでもかんでも、クリック一回で運送屋さんをバタバタさせるのは、
どうも、気が進まない。

だから、というわけではないが、通販は、とにかく時間拘束が煩わしい。

私らより年上の人の多くには、
クレジットカードを作ったことすらない人がいる。
こう書くと『どうせ高齢者でしょ』と言われそうだが、
案外、50歳代でもクレカを作ったことがない人もいるのだ。

そういう人に話を聞けば『必要ない。無駄遣いするだけ』と一蹴。

我が家では、だいたい10万円を超える買い物をするとき、
購入先の営業担当に、家に来てもらい商談をすることが多い。
商談成立したら、現金渡しか振込かを決め、
納品日を確定するとか、そういう流れがほとんどだ。

家の外壁工事やら、防水工事などは・・・。

必ず『下見』があって『見積り』が出て『商談』になる。
こういう高額な場合のキャッシュレスというのはクレカでは難しい。
まぁ、銀行振り込みも『立派なキャッシュレス』だが・・・。

政府挙げて『キャッシュレス』を推進している。

これも、マイナンバー同様『カネの動きを芋づる式に把握できる』。
個人の消費が『全て、記録に残る』のだ。
言い換えれば『あんたの消費を、第三者が把握できる』ということ。

これは、実のところ『恐ろしいこと』だ。

もっとも、アングラなカネの動きまで把握できたり、
本来、課税できるカネが地下に潜っているのをあぶり出して、
脱税などが減るのはいいことだと思うが、
こういうのは、必ず『弊害』が起きるものだ。

まぁ、それでも『使いたい人は使えばいい』。

私は、生活の中に通販を利用することがなく、
ETCの支払いも、数千円で済んでいる。
欲しいものも、年齢とともに激減し、
財布の中に、お守り代わりのクレカがないと不安、
などということもなくなった。

その分。

コンビニの買い物も交通系カードに、
一定額のチャージをしてたら買い物もコト足りる。
キャッシュカードにしても、
総合口座で、定期や定額に10万円ほど入れておけば、
不意の出費で、普通口座の残高が少なくても、
定期の90%まではコンビニATMで引き出しが可能だ。
質素倹約な生活で『不意の出費』など、まずない。

キャッシュレス時代だか知らないが。

現金は、がんばって働いた証(あかし)だ。
家族は感謝してくれ、自分も『これだけやった』と、
給料の入金日には『充実感』もある。
金額の多寡は『人それぞれ』だが、
自分の実績や実力が『目視できる』のだ。

別に、カネに執着しているわけではないが。

カネにシビアな家庭で育ったからかも知れないが、
自分が、いろんな思いをして得た現金を大事に思い、
いろんな人が私の営業車に乗ってくださって得たおカネを手に、
必要なモノ、欲しいモノを手に入れる。

それを、実感したいだけなのだが・・・。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。







●しない、やらない、使わないシリーズ「SNS」編。

2018年07月31日 | しないこと。
タクシーの乗客で、ほんのわずかだが『運転手さん、LINEの交換しませんか』といわれることがある。こういうときは、大げさに『はぁ?、わし、これやで』と、ガラケーを見せて『モバイル系では電話かショートメールしかやらない』と答えることにしている。うっかりメールアドレスを教えて『名簿屋』に売られて『カモリスト』で出回ったら、鬱陶しい。だいたい、一期一会のタクドラとLINEを交換して何の意味があるのか。どうせ『今、〇〇にいてるので、迎えに来てください』が関の山。ウチは、目的地に着き、カネもらって『おおきに!』といってドアをバン!と閉めたら、それで関係が終わる。それでいいと思っている。チャラい客には『インチキの電話番号』を書いた名刺を渡すようにしているくらい『自己防衛』をしているくらいなのだが・・・。


【写真:SNSから遠のく人の60%が『面倒』と答えている】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『いいね』の、何が、いいのか・・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

招待制のmixiが出始めたころは、
牧歌的かつ特権階級的で、
オフ会なんかもあって、非常に楽しかった。
IDは、30万台で、まだ携帯に対応していなかった頃だ。

その当時は、アマチュア無線の有線通信版くらいの位置づけだった。

同じような趣味の人が集まって情報交換でき、
仮想世界とはいえ『コミュニティ』では、
アマチュア無線などの趣味関係でも、
けっこう専門的な情報交換もした。

私にとってmixiは、いわば、アマチュア無線の補完的通信手段だった。

その後、短文のツイッターが出始め、
『まぁ、よくも、こんな短い表現でおもしろいことを言うなぁ』と、
長い文書を書く私から見たら、すごいな・・・と思ったものだ。

でも、やろうとは思わなかった。

5~6年前だか、疎遠になっていた葛之屋末兵衛と接点ができ、
彼らは『みんなFacebookで情報を交換している』と聞き、
それまで使っていたWindows2000meが使いにくくなり、
現在のWindows7のセコ(中古)を日本橋で3万円で購入し現在に至る。

そこでFacebookを始めたのだが、とにかく見づらい。

葛之屋末兵衛と『すったもんだ』があり、
再び『絶縁関係』となったのを契機にFacebookをはじめ、
ほとんど放置状態になったmixiも含め、
SNSの一切合財をやめてしまった。

何度も書いたが、清々している。

最近のインスタ映えとかを聞くと、
何だか、すごく不愉快になってくるのである。
インスタなどは眺める程度だが、
どれもこれも『合成着色料満載』のジュースやカクテルだとか、
とにかく『けばけばしいもの』ばかり探して載せている。

合成着色料で、腹を下したりしないのだろうか・・・。

SNSをやめて思うのだが、
仮想世界で『いいね』などもらっても、
私にとっては『全く無意味』だ。
仮想世界に載せるために、わざわざ出かけてネタ探し。

現実世界で認められないから、仮想世界で『いいね』してもらう・・・。

言い方はキツイかも知れないが、
身近な人に認められないようなキッチュな人が、
SNSで『いいね』をしてもらったとて、
結局は、世間からは、ほぼ認められていない。

だいたい、いいね、などは。

ともだち数やフォロワー数をやたら増やせば、
こいつが『分母』になって、
勝手に『いいね』の『分子』が増える勘定だ。

また、SNSの『いいね』欲しさの生活。

今、若い女性のインスタ狂いでデジタル一眼レフが売れている。
まぁ、写真に興味をもってくれる人が増えるのは嬉しいが、
その目的が『いいね』欲しさの『けばけばしい被写体』ばかりだと、
こいつら、何、やってんだか・・・と思ってしまう。

私は、インスタ映えなど、早く死語になればいいと思っているのだ。

※この記事は、法に定まる表現と言論の自由に則ったエッセイであり、
 公人を除き、登場する個人・団体名は全て架空のものです。
※時事問題については、筆者個人の考えです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2018 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。