GNS クリスチャン人名録

☆今まであるようでなかった世界のクリスチャン著名人名簿。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Sylvester Stallone

2008年11月13日 | Weblog
俳優・映画プロデューサー

 ヘルズ・キッチンと呼ばれるニューヨークの無法地帯で、イタリア系の父親と、アイルランド系の母親との間に生まれ育つ。少年の頃は、言語障害と脆弱な性格のため、常にいじめの対象だった。マイアミ大学の演劇学科に入学するものの、授業料を支払えず2年で中退。その後、ニューヨークに戻り俳優を志すが、顔面麻痺とあまりに典型的なシチリア人風貌のため、54回オーディションに落ちる。ポルノ映画出演やクラブの用心棒などで日銭を稼ぐ極貧生活が長く続いたが、1975年、自ら脚本・主演したB級低予算映画『ロッキー』が、何と同年のアカデミー最優秀作品賞を受賞し、世界的な大ヒットを記録。一夜にして世界的スターとなったアメリカン・ドリームを体現した。

 16年ぶりのロッキーの続篇、「ロッキー・ザ・ファイナル」の冒頭に、彼が経営するイタリアン・レストランの片隅で聖書を読んでいる男が登場する。「人生ほど重いパンチはない。だが大切なのは、どんなに打ちのめされても、こらえて前に進み続けることだ」、「自分より強い相手と戦い、うちのめされる事で本当の自尊心が生まれる」などの台詞に、彼のハンディキャップを克服しながら、常に前向きな人生を志す姿勢が現れている。以前、過去の自分の汚点を消すために、昔出演していたポルノ映画の権利を買い取るという話が持ち上がった時、彼は、「人はキリストによって新しくされるのだから、自分の力で汚点を消そうと努力する必要はない。どんな過去があろうと大丈夫。神に心を向ければ誰もが生まれ変わることが出来るのだ」と言って、その映画の権利を買い取ることをしなかった。(1946年 アメリカ・ニューヨーク州出身)


☆Good News Stationのメインページへはここをクリック!
コメント   この記事についてブログを書く
« Dwayne Samuel Hosey | トップ | 金賢姫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事