Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「彼の名は神 II」30分de一巻 Vol-10

2016年11月03日 | Good News
今日は、IIサムエル記です。本書はサウルの死後、ダビデが王となり、イスラエルを統一国家としての礎を築き、ダビデの晩年までが記されています。前回のレポートにも書かれているように、ユダヤの教典では預言書とされていますが、登場人物が大勢登場する歴史・人間ドラマとして読むことができます。サムエル記は、イスラエルの歴史の動きと言うより、人間の心の動きの方に焦点が当てられ、そこに神様がどのように介入されているかが主題となっています。

このような、多彩な本書の中心人物である、ダビデの人生を見る時、あまりにもドラマチックで、「私たちの人生や生活に適応できることってある?」と、考えてしまいがちですが、神様にとって、ダビデも私たちも同じ人間です。今日は、ダビデの「信仰のあり方」について焦点を当てながら、本書を読み解いていきましょう

ダビデの7つの信仰表現

ダビデ=「愛される者」
聖書に登場する人々の名前は、その人その者を表しています。ダビデは「愛される者」と言う意味。その意味の通り、ダビデほど、「自分は神様に愛されている」と、実感していた人物は聖書中他にはいないと言ってもいいほどです。詩篇に数多く残されているダビデの詩は、神様に素直な自分の気持ちを表しており、神様を賛美する言葉に溢れています。本書6章で神の箱がエルサレムは運ばれた時、「ダビデは麻のエフォドを身につけて力のかぎり踊った」とあります。その姿を見て、ダビデの妻、ミカルは心の中でダビデをさげすみ、ダビデにいやみを言いますが、ダビデは、自分を王としてくださった神様の前で踊っただけだと全く気にも留めません。

神様に愛されていることの確信(自己アイデンティティーの確立)
ダビデは自分の自己アイデンティティーを、自分の地位や才能にではなく、ただ、神様に愛されていると言う確信・安心感に、自己アイデンティティーを置いていました。

神様との深い絆
ダビデほど、いつも人間関係に悩まされていた人はいません。自分の長兄であるエリアブには疎まれ、上司であったサウルには殺されそうになり、直属の部下には裏切られ、優秀な部下の妻と不貞を行い、子供同士の争い、そして、子供の死を何度も経験します。それでも、ダビデが信仰を失わなかったのは、ダビデと神様との関係が人間同士の関係よりも前にあったからです。例えば、バト・シェバとの子供が病気になり、死んでしまった時のこと。子供が病気の時は、ダビデは嘆き、悲しみ、断食し、地面に横たわって、神に祈りを捧げていました。しかし、子供が亡くなったと聞いた途端に、断食をやめて立ち上がり、身を清めて、神様に礼拝を捧げ、食事をします。つまりダビデは、神様の領域を理解していたのです。そして、その領域に自分が踏み込むことができない事も、同時に理解していたのです。

          

神様を第一とする
神様と深い絆で結ばれていたダビデは、当然、神様を第一としていました。先ほどのバト・シェバとの子供が亡くなった時、彼が最初にしたことは、礼拝を捧げることでした。それは、自分の子供を神様に委ねる行為でもありました。ダビデはどんな時も、どんなことがあろうとも、神様を第一に行動していたのです。

人の裁きは神様に委ねる
人は、人から嫌なことをされると、相手に仕返しをしたくなります。しかし、ダビデはそうではありませんでした。あんなにもしつこく、自分を殺そうとしたサウルに対して、自ら手を下そうとはしませんでした。絶対的な神様への信頼により、自分自身が犯し得る罪から、神様が守ってくださるのです。

神様への賛美と感謝
詩編を読むと、ダビデがいつも神様に賛美と感謝を捧げていることが分かります。詩篇には、自分の立場の不遇さを神様に嘆き、訴えても必ず、神様が助けてくださると信じ、最後は、神様に賛美と感謝を捧げています。サムエル記下22章のダビデの感謝の歌は、詩篇18篇にも残されています。

神様との契約=礼拝を捧げる
ダビデは「神様が自分を喜んでくださる」ことを知っていました。(23:5)その確信の根底はどこにあるのでしょうか?
それは、預言者ナタンによってダビデに告げられました。(7:5-16、歴上17:4-15)神様と契約を交わした者は全て、神様に礼拝を捧げています。サムエル記下の最後にダビデが語った言葉も礼拝に関することでした。ダビデが「人口調査をする」と言う、神様がしてはいけないとした罪を犯した時も、罪の赦しを請うダビデに対し、神様は祭壇を築き、礼拝を捧げることを預言者を通して言われました。

ダビデは、アラウナの麦打ち場を持ち主のアラウナが受け取ってくださいと言ったにもかかわらず、お金を払って買い取ります。礼拝に対して、犠牲を払うことが当然であるとダビデは考えていました。同じように、この場所は、アブラハムが神様を礼拝するためにイサクを捧げようとした所でした。そして、ソロモンがこの場所に神殿を建て、千年後、この場所でイエス様が十字架にかかり、私たち、全人類の罪を贖ってくださったのです。そして、今、神様に赦された私たちがいます。ダビデと私たち、神様に同じく愛されている者なのです。(Report by Mimita



GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 「彼の名は神」30分de一巻 Vol-9 | トップ | 「KINGS」30分de一巻 Vol-11 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
信仰の大切さと罪の赦し (Kent)
2016-11-06 11:26:44
☆今回のメッセージで学んだことは、信仰の大切さと、キリストによる罪の赦しです。聖書には沢山問題を抱えてる人たちが神様に用いられています。ダビデも沢山の罪を犯し、家族関係も失敗しました。それでも神様はダビデを愛し、用いられました。その理由は、ダビデには信仰があり、いつも神様に対して悔い改めていたからです。信仰がなければ神様を喜ばす事を出来ません。私たちに罪が受け継がれていも、キリストの十字架によって赦され、新しい者とされた!このイエス様の愛に感謝をもって、日々覚えて行きたいと思いました。感謝します!
神様、大好き!! (Mimita)
2016-11-06 11:29:30
ダビデの名前が「神に愛される者」と言うことは、随分、前から知っていましたが、その名前がダビデの人生にどれだけ影響していたのか今日、初めてわかりました。

メッセージの中で、「神様にとって、ダビデも、私たちも同じ人間」と言う言葉がとても印象に残りました。

私たちも大胆に神様に近づき、「主よ、憐れんでください!」と心からの祈りを捧げると同時に、「私は神様を愛しています!」と言える、言動を日々の生活で行っていけますように。 ハレルヤ!!
神に愛される (渡邊孝至)
2016-11-06 12:22:27
自分が神に愛されていると確信を持ち、礼拝を第一にしていたダビデの信仰は素晴らしいと感じた。

自分が神に愛されていると思えるということは、信仰がしっかりしていないとできない。日々、悔い改めを必要としている我々にはかなり難しいことのように思われる。

まず、神を礼拝し、神に愛されているという確信を持てるように歩んで行ければ、どんなに良いことだろう!この世においてダビデのような信仰を持ち続けて行くことは、神の助けなしにはできないと感じた。
ダビデの信仰 (Mu)
2016-11-06 18:41:34
ダビデの人生には、人間にとっての信仰の在り方が包括されています。決して雲の上の存在の話ではありません。人間の本質として一番大切なことをその波乱万丈の人生で現したのがダビデのすごさであり、「愛される者」として生きたダビデの人生から7つの信仰表現を教えられました。

神様に愛されている「絶対確信」、赦されている「絶対祝福」、だから神様を中心に生きて行く「絶対信仰」、何よりも大切な神様との絶対的な永遠の関係を再確認しました。その祝福の関係を感謝しつつ、私の日々の生活に繋げた礼拝を献げます!
愛されてるのだから! (なつ)
2016-11-08 17:56:39
私達は主の十字架を、背負って人生を歩まなければならない。それはつまり毎日、主の御心をチョイスすることだ。クリスチャンなら誰でも、イエス様の言動は分かっている。しかし、人間であるが故に、自我もバッチリ存在する。だから毎回葛藤がある。ある時は主に仕える私が勝つし、ある時は古い私の自我が勝つ。これから私は何年生きるか分からないが、きっと主に従うか自分に従うかの連続だろう。

でも、私は徹底的に主に愛されている。永遠の命を頂き、途方に暮れた時は語りかけて下さり、生きる術を教えて頂き、全ての拠り所となって下さっている。そこまで愛して下さっている方に、何をもって報いようか。まず悔い改めるべき事を、主に告白する勇気を持ち、古い私と決別しよう。私の内面は、熱くも冷たくもない生ぬるいもので占領されているのだから。
ダビデの信仰 (渡邊由佳)
2016-12-27 07:02:41
☆ダビデの素晴らしい信仰! でも、長女の私にとっては正直、なかなか真似が出来ないとも思いました。今回のお話しを聞いて一番最初に思ったことは、ダビデの信仰はある意味、“末っ子気質”であること。何か困った時や、物事を決める時、直ぐに神様に頼って、何かしでかしても、「絶対自分は捨てられる事はない、何故なら自分は愛されているから!」と言う“絶対信仰”。このポジティブシンキングは、因果応報の価値観がへばり付いている私たち日本人には、なかなか真似しづらい部分があると思いますが、どんな時にでもいつも自分の前に神様を置いているダビデの信仰は、本当に見習うべきだと思いました。
ダビデの茶筒 (えんぢぇる)
2016-12-27 08:01:07
コメントを入れてくれた皆さん、感謝します!
皆さんも、他の方々のコメントを読めばお分かりになるように、同じ御言葉・同じメッセージでも、聴く人によってこんなに受け取り方が違うのです。

特に今回感心したのは、長女の視点による“ダビデの末っ子信仰”。この観点は実に的を得ており、こういった実体験によるアプリケーションが、その人にとって、生きた適応となります。

“ダビデの茶筒”を真上から見ている由佳ちゃんは、「ダビデの信仰ってまん丸なんだ、うらやましい・・」。正面から見ている孝至さんは、「ぴっちり長方形なダビデの信仰、オレにはマネできないなぁ・・」と言った感じ。

それぞれに真理なのですが、見ている観点・方向が違うのです。皆さん、ありがとうございます!私も勉強になります。
サムエル下の感想 (伊東孝文)
2017-05-29 09:01:26
ダビデの実務と言う観点から見ると、ダビデは大変頭がよく、筋を通し実行する力があるなーとよく思います。(周りの者たちへの影響も計算に入れて)その要因は先生のメッセージにありました。歴代誌上17章8節での神様のお言葉を生涯頂いて歩んだ事にあるのでしょう。

思い出すのは、「聖書を読むと頭がよくなる」と、義人先生が言っておられたこと。神様が整え、智慧を与えてくださるのでしょう。ダビデも一途に主を求め、主を喜んだ方だった事がよく分かります。
わたしもここまで一途になれたらと思います。

また、よく砕かれた方でした。ヤコブもモーセも・・・。良く砕かれても、限度を超えるような試練を神様が与えることはありません。何かある度に、ダビデは主の御前に出ていました。しかし、御前に出る事を忘れる事(自我が勝つ時)もあったでしょう。うつうつとした時、主に取り払って頂き、御光で満たして頂く事を忘れないようにしなくてはと思いました。

バテシェバのことです。なんという事を・・と思いますが。もしかして、この地位と名声と力がある環境で長く生活をしていたなら・・・。。よく見ておかなければと思います。ウリヤの忠誠と皆を思う心。愛する夫の死を嘆く妻の心・・・・・。

ヨアブの心境。そして、それらの事をやって、忘れ去っているダビデの事・・・・。本気で悔いたが、それでも追いつくものではなかったようです。神様が言われた事は実現して行きました。それほど重かったのでしょう。此の世に唆されたとは言っても。(肉なる者に振り回されたとはいえ)その姿は、きっと傲慢な嫌な姿だったと思います。悪臭を放っているような。重いですね。

今、イエス様がおられます。 しかし、それでもどこかで支払わされると思います。パウロが良い例だと思います。

ダビデを見ていて。生きる。生身の人間が、神様と共にどこまでも生きて行く、と言う事が詩編を通してもよく分かります。このでたらめな世の中を、主と共に生きる事の大切さを、ダビデを見るたび思います。死んではいけないと。死んでは意味がないと。主と共にこの世を歩む様に、キリスト者は召されていると。

此の世に死んで、主と共に此の世に生き、この世で歩む大切さを思います。実りのために、この世と肉体と真理が必要なのでしょう。それには、主を喜ぶ気持ちが大切だと思わされています。主の平安の内に住み続け、この世を見る訓練中です。(ヨハネ14;26-27)

すべての良きものを与えて下さる主を喜びます。すべての全てである主を愛します。メッセージを感謝します。次の列王記上をお送りくださいませ。
神に愛される追記 (Takashi)
2017-12-10 14:01:28
ダビデの信仰は素晴らしいと感じるが、そこにも罪が入り、それによって子が死に、子孫に信仰の継承が出来なかった。
本当であれば夫を殺しその妻を奪う事はあってはならなかったが、そこが人間の愚かな部分。
ダビデでさえこのような状況に陥ってしまう、罪の怖さと巧妙なサタンと罠を感じる。

しかし、罪を心から悔い改めることによって、神は見捨てることをなさらずに、ダビデの家系から救いの道が開かれた。

罪をしたことによって、自分を責め、更に罪を起こし、サタン側に目を向けさせられるのではなく、
その罪を告白し悔い改め、神に目を向け許しを請うようにすることが大事であり、私たちに必要な事と感じる。

麦打ち場がアブラハムがイサクを捧げようとした場所で、
後にソロモン神殿が建ち、更にイエス様による救いが成就した場所であることに不思議な計画を感じた。
ホントにクリスチャン?! (奈都)
2017-12-10 14:18:31
【アプリケーション】

神への信仰、礼拝を人生の中心にしていたダビデ。しかし彼の家庭は散々で、特に子供達は
罪に罪を重ねていました。
しかしそれは、ダビデに限らず
アロンもエリも、サムエルも同じです。
今現在、我が家でも信仰の岐路に子供が立たされていると思います。
親としては、何とか信仰を捨てないで欲しいのですが、形ばかりの礼拝ならしない方が良いし
本当に難しいです。
でもあの破滅型のサムソンでさえ、最期は悔い改めたわけですね。
それはマノアが、懸命に祈っていたからだと
聞きましたから、やっぱり
子供に関しての祈りは、神と固く繋がる事を
最優先に祈るべきと思いました。

【感想】

実は私、ダビデって余り好きではないのです。
それは失敗しても、神様は私を裁かない。
神は私をあいしている!
と言う信仰が、受け入れられないからだと
今日のメッセージで、分かりました。

私も頭では、神様は私を愛し
悔い改めを受け入れてくださり、励まして下さると、理解はしてるのです。
でも肌感覚は、違ったみたいです。
これってノン・クリが、クリスチャンを
馬鹿じゃないの?と思う感覚と同じだなぁと
思い知らされました。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事