Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「これらが名である・・」30分de一巻 Vol-2

2016年08月23日 | Good News
出エジプト記は、“モーセが海を割った”とか、“神から十戒を授けられた”等、聖書の中でもひときわスペクタルス性に富み、世間でもよく知られたエピソードが登場する。しかし、興味を持って読み進められるのは、十戒が登場する20章迄で、その後は、読めば読むほど退屈になって来てしまう書簡である。

言うまでもなく、それは本書本来の読み方ではない。実は本書のタイトルは、"エクソダス(脱出)”ではなく、「さて、これらが名である」と言う、一見意味不明なタイトル。これらとは、神に導き出された民(イスラエル12部族)のことで、彼らがエジプト(罪)の奴隷から、海を渡り(洗礼)、カナン(神国)へと失敗を重ねながら歩いて行くその旅行中の出来事と、それを背後で導く神の働きの記録(13:21-22)が本書の内容。エジプト脱出はその一つの過程である。

その内容は、“1〜18章のエジプト脱出”、“19〜24章の神との契約”、“24-4章の幕屋建設”の3つの部分に分けられる。エジプト脱出は"救いの始まり”、神との契約は“救いの内容”、幕屋建設は“救いの目的”。これらは私たちクリスチャンの“新生”、“聖化”、“栄化”を表す。

エジプトの奴隷時代400年、モーセの王宮生活40年、羊飼いの生活40年、モーセがシナイ山にいたのが40日、40夜、イスラエル民族の荒野生活40年、カナンの地偵察に40日、 そのカナン炎上は出エジプトから40年後、それはノアの洪水40日、洪水からソドム・ゴモラの炎上まで400年、ヤコブ埋葬40日から始まり、イエスが復活された40日間、復活から40年後にエルサレム滅亡。

その計画は、イスラエル民の叫びを神が聞かれた所(2:23-25)から始まるが、実はこの出来事は、神がアブラハムにカナンの地を与える約束をした際に既に預言(創世記15:16)されていた。つまり、カナン攻略は単なる占領ではなく、イスラエルの民を用いた神の裁きだったのだ。このように神の計画が定められた一定の期間で、寸分のくるいもなく進行していることが聖書によって知ることが出来る。

ユダヤ人にとって本書は、ユダヤアイデンティティの根幹、民族解放の象徴、それらを記念するのが、彼らが今でも固く守っている過越祭である。一方クリスチャンにとっては、羊の血を鴨居に塗った家だけが助けられ、海を渡って滅びから逃れられたこの出来事は、イエス・キリストによる十字架の明らかな予表である。

私たちは今、神を礼拝しつつ、荒野の中で生活している。それは、やがて定められた時に、主と共に約束の御国へと帰るための旅路である。モーセがイスラエルの民をカナンの地へ導いて行ったように、私たちも今、新しいイスラエル(神の御国)に向かって、イエス・キリストによって荒野を導かれているのである。ハレルヤ




GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   この記事についてブログを書く
« 「 はじめに・・」30分de一巻... | トップ | 「 神は呼ばれた・・」30分de... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヴァエレー・シェモット(שְׁמוֹת) (Mu)
2016-08-30 17:35:22
聖書は「光」で始まり「光」で終わる。しかし創世記は「光と命」で始まったものの、その終わりは「闇と死」で閉じる。第二巻は、ヘブル語で「ヴァエレー・シェモット(שְׁמוֹת)」、その意味は「これらが名前である」その後には、イスラエルの子らの名前が記されている。

全体で聖書を読むこと、それが今回の30分de一巻の目的だ。奇蹟も十戒ももちろん重要だが、それがどのように聖書全体のテーマに繋がっていくのか、それを掴んでこそ聖書の真髄だと今回も思わされた。

ヨセフがエジプト第二位の地位で収めていた頃から400年後、イスラエルの民は神を礼拝することを忘れ、それ故、エジプトの奴隷と化していた。神様はかつてアブラハムと交わした約束を忘れることなく、その民を憐れみ、奴隷の地から海を渡って神の約束の地へと導き出す。

これは、罪の奴隷だった人間が、洗礼を経て、約束された神の御国へと旅する神の民の歩みのこと。この書のテーマは、「神から導き出された民」、その「名前」。そして第一幕:エジプト脱出、第二幕:神との契約、第三幕:幕屋建設の3つの部分の内容は、私たちクリスチャンの『新生』、『聖化』、『栄化』を表す!これこそ、葦の海もシナイ山をも越える超・大スペクタクル!聖書の深さにゾクゾクするこの感動が次のレビ記(!?)でどうなるのか?非常に期待しています。(その前に復習&予習で合計67章読まなければ!!)
荒野のクリスチャン生活 (Mimita)
2016-09-10 10:01:05
クリスチャンにとっても出エジプト記が神様の愛と憐れみと祝福の顕現であることを改めて学ぶことができ、恵まれました。
毎日の生活がカナン(天国)への道のりと実感して歩めるように主により頼んでいけますように。
God Bless !! (kent)
2016-09-18 11:08:06
When I read the book of Exodus, one thing that came to my mind is always be careful how I walk as a Christian. Moses was a man God chose to save the Israelite from slavery and it was a success but later on, because of his anger and disobedient to the Lord, he has wandered around the desert not able to go to the promise land. Moses and the Israelite were able to go to the promise land in two week but it took forty years instead. Even though I am saved, it is possible to backslide and I am praying that I am able to live according to his will everyday!
感謝! (itou)
2016-09-27 21:01:37
ほんと、広範で理解することが及びません。私達クリスチャンの生活そのものが書かれてあると解釈しています。講義を聞くと、聖書全体にわたるメッセージと預言も含まれている事を知りました。一連の講解はこれから何度でも聞き学んでいくべきものと思います。聖書の大海原に漕ぎ出すための進路と羅針盤を与えて下さる、田中先生に感謝します。
優しい神様 (渡邊由佳)
2016-10-10 04:52:11
今回のメッセージで1番胸に響いたのは、出エジプトは人が救われて、神の国へ向かうプロセスが書いてあると言う事だ。エジプトと言う罪に浸かっている私を救い出し、葦の海で受洗し、神の子供としてどうやって生きていけばいいのか、また罪を犯してしまった時はどうすればいいのかを事細かに記された十戒(律法)を与えて下さった神様、 昼は雲の柱、夜は火の柱でゆく道を示して下さる神様は、本当に何処まで優しいのだろうと思ってしまう。お陰で私は、暗闇の中も明るい中もなんだかんだ、歩んで行けている。私もどうしょうもないほど罪だらけだけど、こんな私でも神様は、私の先頭に立って道を照らしてくださっているから、完全に道を見失うことはない。 折角、エジプトから救い出されたのだから、どんなに辛かろうが、世間的には馬鹿馬鹿しく見られようが、神様の道を神様と共に歩んで、最終的にカナンの地へ入りたいと切に思った。
出エジプトの意味 (takashi)
2016-12-29 21:00:40
イスラエルの民がエジプトを出てから40年
本来なら短時間で行ける距離をどうして40年
かけたのか、それはすべて神の計画の中にあった。

神の計画を我々は悟ることができない
そのためわき道にそれてしまい
神を怒らせてしまう。

神は我々を良い方向に導こうとして計画しているのに
我々がそれに背き、神がどうしようもなくなってしまい
裁きを行い我々を軌道修正させてくれている。

大事な事は礼拝、神との交わりである。
神から離れることなく祈りと礼拝で歩んでいきたい。
30分de一巻を聴く意味 (えんぢぇる)
2017-01-24 13:20:43
皆さん、コメントありがとうございます。皆さん一人一人に神様が語れたことがよく分かり、私も励みになります。

30分de一巻のメッセージを聴きたがっている人は案外沢山いて、確かに聴けばそれなりに面白いし、それなりに勉強になるでしょう。でも、聴いたらそれを適応しない限り「それなり」の域を出ることはないんです。このメッセージは一般向けではなく、弟子訓練用なので、聴いた後には必ず検証を求めます。訓練であれば、これは当たり前のことなんですが、この当たり前のことをコミット出来ない人が聴いても、意味が発生して来ないんです。実際の話し。

そんな訳で皆さん、一言でも良いので、自分に何を問われたのかと言うことを、必ずコメントに入れておいてくださいね。よろしくお願いします。
聖霊によるテーマは「これらが名前である」 (なつ)
2017-01-25 15:13:02
ルベン シメオン レビ ユダ イッサカル
ぜブルン ガド アシュル ヨセフ ベニアミン
ダン ヨセフの子 としてマナセとエフライム

これがイスラエル12部族です。
彼らには、それぞれ役目があり有名なのは
祭司のレビ族と王様のユダ族でしょうか。

1あなたには、私以外の神があってはならない。
2偶像を作ってはならない。
3神の御名を、みだりに唱えてはならない。
4安息日を守り、聖別しなさい。
5両親を敬いなさい。
6殺してはならない。
7姦淫してはならない。
8盗んではならない。
9隣人に、偽証してはならない。
10隣人のものを、欲しがってはならない。

これが十戒です。

また三位一体について、書かれている聖書箇所
ですが、私はヨハネ福音書17:21だと思います。

出エジプト34:6と7に関しては、まさに
神の御性質、つまり愛の秩序を語っていると
思いました。

私は以前、旧約聖書は戦いにつぐ戦いで
いったいイスラエルの民は、何と戦っているのだろう?と思いました。
今回のメッセージを伺って、なるほど
罪(的外れ)と戦っていたのだなと納得しました。

私達の住む日本は今現在、戦争や迫害はありませんが、沢山の罪はそこ此処にありますね。
特に性的逸脱の誘惑が激しく、払い除けるのが
大変です。
この状態で、神様とつながる礼拝を
止めたら、あっという間に罪の深みでしょうね。神を求める日と求めない日では、天と地ほど違います。
どうか1人でも多くの人が、神の民になれますように!
感想 (Kei)
2017-11-08 12:12:17
聖書は解れば解るほど面白く、個人に向けた神様からの愛のメッセージなんだと言う事を、今回強く感じています。

クリスチャンにとって、礼拝が如何に大切であるか、自らの姿勢を見つめ直す良い機会になりました!
今回学んだ事 (Yuta)
2017-11-08 12:19:05
本書は聖書中、非常にスペクタクルに富んでいる書巻だが、本当のテーマはそこではない。テーマは、「彼らが神に選ばれた民族である」ということ。

本書は大きく以下の三つのパートに分けられる。
1~18章:エジプト脱出 (救いの始まり)
19~21章: 神との契約 (救いの内容)
22~40章: 幕屋建設 (救いの目的)

「十戒」は、救いの条件ではなく、救いの内容。

創世記における出エジプトに関する神の預言。(15-13)

何故イスラエルの民は奴隷になったのか?=礼拝をしていなかったから。(2-23)

この民が戻ってくるのは四代目の者たち。それはアモリ人の罪が極みに達しないからだ。(15-16)

アモリジンとはカナン人の総称。つまりイスラエル人によるカナンの奪還は、アモリ人に対する神の裁きだった。

これらの事が今回の学びで分かりました。特に礼拝の大切さに関しては改めて再認識させられました。また出エジプト記に関しては、やはり最初の20章が印象的なため、それ以降が適当になりがちであると言う事に関しては、正にその通りだと感じ、「それではいかんとな」と理解しました。感謝します。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事