Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

ペテロ序章

2018年05月26日 | Good News
あなた方の抱いている希望について説明を要求する人には、いつでも弁明できるように備えていなさい。それも、穏やかに、敬意をもって、正しい良心で、弁明するようにしなさい。(1-Peter 3:15-16)

聖書が明確に語っていない事は、人間にとっては重用ではないという事。例えば、死後の世界について誰かが語ったとしても、それが神からの啓示なのか、本人の幻想なのか、悪霊の嘘なのか?客観的に検証する事は不可能である。つまり、超自然な事柄に関しては、神の啓示である聖書から検証する以外に方法はないのである。

例えば「セカンドチャンス」という説を検証する上で大切な事は、「福音を聞いた事がない人が滅ぶのは不公平」とか、「あんな親切だった人が地獄なんて可愛そう」といった人間的な道徳観や感情を入り込ませては正しい聖書解釈は出来ない。問題は、その説が聖書の御言葉に合致しているか否か。ただそれだけである。

また、100%神の恵みである福音を、恵みを受けた側が、恵みを与えてくれた側に対して主張する権利はない。また、恵みに預った者が「私は恵まれたのに、何故あの人は恵まれなかったのか?」と言う事も出来ない。救われた者としてはただ、与えられた恵みに感謝し、その感謝を伝道という行為に繋げる。それがクリスチャンとしての正しい姿勢である。神に恵みを主張したり、意義を唱えるという事自体、本末転倒なのである。(メッセージより抜粋)

GNSのメインページはこちら!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
«  「ヤコブ」30分de一巻 Vol.59 | トップ | 「Ⅰペテロ」30分de一巻 Vol.60 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
十字架以外に救いはない (Kent)
2018-05-27 11:49:41
今日、セカンドチャンスという説について、話しを聞きました。ルターも「ペテロがここで何を言おうとしているか分からない」と言ったそうですが、もし死後にも救いのチャンスがあるのなら、イエス様が十字架に架かった意味がなくなる。確かにその通りだと思いました。救いを受けるのはただこの地においてだけ。2千年間、クリスチャンはどんなに迫害されても、福音を世界に宣べ伝え続けている。もし、セカンドチャンスがあるのなら、自分の命をかける必要がどこにあるのか?今日のメッセージを聞いてそう思いました。
備える (Mimita)
2018-05-27 18:55:28
Iペトロの手紙は、「迫害に対する教会、信徒への慰め」
今の時代も、命を懸けて、自身の信仰を守ろうとしている人々、福音を宣べ伝えようとしている人々が存在します。
国家で信仰の自由が守られている、福音を伝えることに何の制約をもない、某国に住んでいると信じられないことが、実際、今も、この地球上で起こっているのです。
しかし、いちばんの問題は、福音によって命を脅かされる心配もない国が、霊的命のいちばんの危機的状況に陥っていることをわかっていないことです。
そのために、先に救われたクリスチャンは、福音を伝える必要があります。
そのために、私たちは、「抱いている希望に付いて説明を要求する人には、いつでも弁明できるように備える(Iペトロ3:15)」必要があります。
それも、「穏やかに、敬意をもって、正しい良心で、弁明する(Iペトロ3:16)」ことができるように。
そのためには、私たちが「抱いている希望」が何なのか?自分自身もきちんとわかっている必要があります。
日々、救いと神様と共に生きる喜びを味わって、言葉にしていこうと思いました
魂のプレゼンに備える (Mu)
2018-06-03 08:00:31
30分de聖書もいよいよ終盤。先週のヤコブ書で「キリスト者として生きる実際的な知恵」を聞き、新生と聖化の違いををリマインドされ、感謝できた。続く今回のペテロ書もまた、私たちが持っている「希望」について、正確に聞き、理解し、それを正確に次に伝えるポイントを教えられた。その「希望」こそが神様の恵み。恵みを受けた私は、それを次の人がしっかりと正しく受け取れるように、プレゼンしなければならない。それがキリスト者の使命だからである。

人間は自然のままの状態では天国には行けない。もし、誰でも天国に行けるのであれば、この世と何の変わりがない。そしてイエス様の十字架が無意味となってしまう。

イエス様の十字架は、人間が天国に行けない部分のための代償だ。そのことを知り、感謝して受け取り、悔い改めた人だけが天国に行く。これが、聖書の言う恵みである。その恵みを受けて、自分中心からイエス様中心に方向転換した人・それがクリスチャン。

この方向転換ができるのは、霊が肉体に留まっている(生きている)間だけ。信仰の姉妹が「時間(クロノス)のある間だけ」、と言ってくれたのが印象的だったが、霊の質は生きている間だけしか昇華させることが出来ない。だからこそ、今、その希望を人々に伝えること、魂のプレゼンに備える時間を大切にしなければならない。この恵みにしっかりと踏みとどまりつつ。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事