Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「荒野にて・・」30分de一巻 Vol-4

2016年09月11日 | Good News
民数記は、シナイ山からモアブ平原までの旅の記録。律法書の中の歴史書。原題は、本書1章1節からの言葉「荒野にて・・」本書を通して「イエス様のメッセージとは何か?」に焦点を合わせて読む!

何故、ここで人口調査(二度)が行われたのか?それは、400年間の奴隷生活で、烏合の衆と化した民衆を、荒野に導き、カナン先住民との戦いに備えるために、民を組織化し、軍隊化する必要があった。また、この調査は後に、カナンの地における領地分配の基礎資料となった。

彼らは、契約の民であって、途中で何があっても、どんな誘惑に落とされようが、あなた達はわたし(神)の保証の内にいる」と言う事を、民に自覚させるための人口調査。この記録は、天国に入るための命の書。これが今、私達に伝えられている本書の主題テーマである。

彼らの40年間にわたる荒野の旅は、私達クリスチャンの人生の象徴である。救われた私達異邦人も、キリストを受け入れられていないユダヤ人も、今は天国に入る前の段階の荒野の過程の中にいる。

ユダヤ人は40年どころか、未だに1900年以上、茨の地を放浪している。しかし、その彼らが最後に救われる。何故か!? それは、彼らが毎週、心と霊と力を込めて祈っている御言葉があるからだ。その重要な御言葉が本書の中に有る!!

神は民の必要を満たされた!この事を忘れてはいけない。私達はいつも思い出して感謝する必要がある。今でも与え続けて下さっている神に感謝!!さて、本書の内容は、以下の大きく3つに分けられる。

シナイ山にて (1章1節~10章10節)

シナイ山からカデシュバルネア (10章11節~19章)

カデシュバルネアからモアブの平原 (20章~36章)

約束の地に入れなかった旧世代(1章~25章)、 約束の地に入れた新世代(26章~36章)とも分ける事が出来るが、民の移動の行程については、カデシュバルネアと3つの山(シナイ山/十戒、ホル山/アロン死す、ネボ山/モーセ死す)の位置関係を中心に見ると分かり易い。

エジプトを脱出した時の民の数は約60万人。しかし、これは20歳以上の成人男子の数で、女性・子供・老人は含むと、おそらくその数は4倍以上、少なくとも200万人以上いたと考えられる。ところが、この人達のほぼ全員、モーセも、アロンも、ミリアムも、約束の地には入れなかった。(例外はヨシアとカレブのみ)

この“601728人対2人”の差はいったいどこにあったのか その答えは新約聖書にある。旧約はイエス・キリストの光に照らして読むことが大切だが、その具体的方法が、新約に引用されている旧約箇所を確認することである。ここが、ミソだ



いったい誰が、神の声を聞いたのに、反抗したのか。モーセを指導者としてエジプトを出たすべての者ではなかったか。いったい誰に対して、神は40年間憤られたのか。罪を犯して、死骸を荒れ野にさらした者に対してではなかったか。いったい誰に対して、御自分の安息にあずからせはしないと、誓われたのか。従わなかった者に対してではなかったか。このようにして、彼らが安息にあずかることができなかったのは、不信仰のせいであったことが私達に分かるのです。

このへブル3章16-19節を読めば明か。それは“信仰対不信仰”の差。ちなみにヨシアはエフライム族、カレブはユダ族。この二人が、北王国と南王国を継承する。

あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。

クリスチャンであれば誰でも知っている、この第一コリント10章13節の御言葉は、その前の10章1〜12節に記されている荒野での出来事から引用された適応(教訓)である。

神はその独り子をお与えになったほどに世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

ルターがスモールバイブルと読んだ、おそらく聖書中最も有名な御言葉、ヨハネ3章16節は、その前の14〜15節で語られている青銅の蛇事件(21章4〜9節)の出来事から引用された御言葉である。言うまでもなく、命を回復させる青銅のヘビはイエス・キリストの予表である。

メリバの泉事件:モーセの失敗。自我にとらわれ感情的になった。神の権威の乱用(神の権威の印である杖を道具に使った)神の絶対的聖を汚してはならない!

バラム事件:本書の22〜24章(+25章&31章)の実に5章、新約にも黙示録を含め3度登場する占い師。第二ペテロでは、「バラムが歩んだ道」、ユダ書では「バラムの迷い」、そして黙示録では「バラムの教え」。彼はミディアン人、モアブ人の娘を使ってイスラエルを誘惑し、多くの民を偶像礼拝に陥らせた。この事件でユダヤ人2万4千人が殺された。

バラムの迷いとは、貪欲と二心を表す。信仰を持った後は荒野に入る。行けども行けども砂と岩ばかり..。しかも、自分達の前にはいつも敵が立ちはだかっている。信仰の霊的戦いの難しさ!

だけれども、何が起ころうとも神様の約束は変わらない!!神様はクリスチャンをこの世の霊的な戦いを、戦い抜く兵士として一人一人数えておられる。荒野で戦い抜くために、自分の名が「天の命の書」に記されている事実を認識しておこう!

実は、ユダヤ人達はこの信仰を今でも忘れずに持ち続けている。それは、彼らが毎週行っている安息日最後の祈り。それは、神に対して絶対的信頼をおいた感謝の祈りである。

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。主が御顔を向けてあなたを照らし、あなたに恵みを与えられるように。主が御顔をあなたに向けて、あなたに平安を賜るように。彼らが私の名をイスラエルの人々の上に置くとき、わたしは彼らを祝福するであろう。(6章24〜27節)

主の御名が高く崇められますように。アーメン (Repot by itou)



GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 「 神は呼ばれた・・」30分de... | トップ | 「これらが言葉である・・」3... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました! (kent)
2016-09-16 21:55:07
アーメン!内容凄く良く分かりました!ありがとうございます!

確信を持って! (Mimita)
2016-09-18 10:49:33
「命の書」に自分の名前が記されていることを日々確信して!
クリスチャンとして生活することを意識して!
神様から与えられた命(この世の時間)を生きていこうと
気持ちを新たにしました
感謝です♪
レポートありがとうございました! (Mimita)
2016-09-18 10:54:09
itouさん
レポートありがとうございます。
簡潔にまとまっていて、よく解りました
民数記に感動しました。 (Mu)
2016-09-18 15:18:08
GNSの師の教え:救いのない学びや集会はあり得ない。どんな聖書勉強会であっても、そこに救いがなければならない、どんな学びやメッセージもイエス様に結び付けなければならない!。。。しかし、もし私が「民数記」の学びを任されたとして、どうだろう?「民数記」って人口調査の話で、ただただ部族と氏族と人数が書かれているだけ、だよねぇ、と思った私は浅はかの極致でした。如何に聖書を読んでいないことか!民数記には、非常に深い意味を持つ事件がたくさん記されていました。特に、ヨハネ3:16が、民数記の青銅のヘビから繋がっていること、これは覚えておかなければなるまい!と大発見気分の他、多々「ハッ」と気付かされることを与えられたメッセージでした。ありがとうございます。さぁ、行くぞ申命記!

エジプトから救い出され、約束の地カナンへ出発する前に、「戦士」として備えられなければならなかった民。これは、今、終末時代を目の前にする私たちへの「霊の戦士」としてのメッセージです。絶えず祈り、いのちの書に記された神様の恵みの約束に感謝し、荒野の歩みを続けて行きます。霊の家族と共に。
正しい選択 (渡邊由佳)
2016-10-31 11:15:46
この民数記まで、一貫して「正しい選択」と言う事の大切さを教えられている。 クリスチャンになってから、荒野の旅路を歩んでいる私達は、雲の柱や火の柱で行く先を神によって先導されているが、辛い旅路の中でそれに託けて誘惑してくるサタンの罠に常に晒されている。 岩と砂しかない荒野でサタンの甘い誘惑から顔を背けて、神に従って正しい選択をし続けると言うのは、恐ろしく難しい事だ。あの砕かれに砕かれたモーセですら、荒野の旅路でメリバの泉事件を起こしているのだから。こんな中で、神に祝福される選択をする為に私は、常に固く固く神に結びついていなくては、ほぼ不可能であると、改めて確認させられた。
御言葉によって・・ (えんぢぇる)
2016-12-27 13:09:48
今回の礼拝レポートは、大分教会の伊東さんが担当してくださいました。今までの信仰キャリアが滲み出ていると言うか、日々の祈りの積み重ねが随所に感じられる、そんなアプリケーションでした。

私たちクリスチャンは日々、御言葉によって新しい者とされ、御言葉によって成長させられて行く。神の御国到来を仰ぎつつ。そんな感動に溢れたメッセージとアプリケーションでした。感謝
荒野の試み (Takashi)
2017-01-21 19:12:36
エジプトをでて、荒野を40年さまよい、神の試みを受けてカナンの地に行けた者は60万人中、ヨシュアとカレブの2人だけ、それだけ神の国の住人としてふさわしくなるということは人間にとってなんと難しいことなのだろう。

神は日々私たちを神の住人になるにふさわしいように試されている。しかし試練は与えるが乗り越えるための準備もしていてくれる。本当に感謝である。

あのモーセでさえ自我を捨てきれずに神に背いてしまった。結果カナンの地に入ることはできなかった。

私も民数記6章24節から27節の祈りを心にとめておき、命の書から外されないような信仰を持ち続けていきたい。
主の愛を再確認 (なつ)
2017-01-21 19:22:34
荒野を40年さすらい、挙句に出発した時
成人だった者は、ヨシュアとカレブしか約束の地に入れなかった。

今までは、彼等が救われたかどうか
はっきりと分からなかった。
だって、一々神とモーセに逆らって
荒野の真ん中で、肉が食べたいって……。
それエベレスト登頂に行って、寿司を出せと
言ってるのと同じかと。
言うに事書いて、エジプトで奴隷してた方が
マシだったって、酷い言い方ですね。

てもこれは、イスラエルの人ごとではなく
私も同じ事を、日々やっていてですね。
だから2回の人口調査は、命の書に名前を書き記す為と聞いたら、ホットしました。

ダメダメな奴でも、主は見捨てないんですね。
だから私も、転んでも転んでも
立ち上がって、ゴールを目指します。

あと出エジプトの行程は、シナイ山で十戒を
ホレプ山でアロンが天に召され
ネポ山でモーセが、天に召され
と覚えるのがコツ。

旧約を読んでも、イエス様に必ずつなげる。
それには新約で、引用されている箇所を
発見する事。

それから、北イスラエルと南ユダの先祖が
カレブ(ユダ族)
ヨシュア(エフライム族)
と、きちんとつながってますね。

以上、感想でした。
乗り越えられない試練は、与えない。 (奈都)
2017-11-18 17:26:43
神に従って生きようとすればする程
辛い事が有るのは事実です。
でもゴールは、確かだし
神様からは、応援して貰える。

キリストの言葉は、滅びる者には愚かだと
言われますが、正にそれ。

それから私の失敗談として。
この御言葉は、つい使い易くて
ノン・クリの人に言ってしまいました。
そしたら誤解を受けてしまいました。
やはり聖書は、ブツ切りで伝えては駄目で
その前後の文脈をきちんと理解して
咀嚼し、相手に一番理解しやすく
伝道すべきですね。
荒野の試み追記 (Takashi)
2017-11-18 17:33:05
人口調査が命の書につながっていること、旧世代のイスライルの民から、
新世代の民へ至り、旧世代の民のほとんどがカナンの地に入ることができなかった。
私たちクリスチャンも神の国に入るためには古い自分を脱ぎ捨てる必要があることを感じる。

新約聖書に引用されている旧約部分が重要であるという事、今後聖書通読するにあたりをすごく参考になる。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事