Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「コヘレトの言葉」30分de一巻 Vol.21

2017年03月24日 | Good News
富、権力、名声、地位・・この世のあらゆる頂点を極め尽くしたソロモンによる究極の人生論。もし今、彼が本を出したとしたら、「あなたも王様になれる」、「この世の富を極める極意」、「千人の女性と付き合う方法」・・と言ったところだろうか..。しかし、彼はこう書いた。「空の空、一切は空である」と。知らない人が読んだら絶対に聖書とは思わない、非常に刹那的・仏教的な内容である。

「何という空しさ、全ては空しい」で本書は始まり、37回登場する「空(ヘベル)」という言葉は、霧のような、形があるようでないもの。それは神を無視した世界の実態のなさを表す。この言葉自体は「この世の現象は絶えず移り変わり、一つとして確かなものはない」とする、仏教が言う「空」とほぼ同じ意味。人間は、神がいないこの世の空しさを、キリストが登場する600年前に悟っていたのである。

だが、仏教と福音では、当然ながら適応の方法が全く異なる。確かにキリストがいない世界において、確かなものは何一つとしてないのだから、諸行無常という言葉通り、この世は「空しい」。しかし、キリスト登場の予告を告げる聖書においては、ただ、この世は空しいではなく、創造主を無視した人の人生、生活は「空」以外のなにものでもない。これが本書が伝えているメッセージである。






GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 30分de一巻 Intermission (Co... | トップ | 「雅歌」30分de一巻 Vol.22 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真実と真理 (Mimita)
2017-03-26 18:41:28
真実は世界共通。
仏教でも、キリスト教でも、この世は「空」でしかない。
しかし、イエス様の救いによって私たちはこの世で死刑を待つ囚人の生活から、更に素晴らしい世界を約束されながら、生きることができる

その真理を知り、理解し、受け入れることで人生の虚しさからの真の解放であることを「コヘレトの言葉」は、明記している。

今週も、御言葉の糧をしっかりいただいて、歩んでいこうと実感しました
イエス様に向かって (Kent)
2017-03-26 21:45:18
今日のコヘレトの言葉で、僕がもう一度自分に受止めたいと思ったのは、この世の成功を求めてるだけでは幸福になれないという事でした。アメリカに住んでた時は、自分がどれだけ出世をして、どれだけ稼げるかをずーと思い浮かべ、自分なりの努力もして来ました。でも、振り返ってみれば、心に平安も無く、いつも疲れた状態で礼拝をしてました。日本に帰国して、様々な試練がある中で、真に頼るべきものは、自分の力ではなく、聖書、福音、イエス様そのものです。この世の幸福だけを求めても、自分の心の空白を埋める事は出来ない。真に心を満たして下さるのは、イエス様なのです。ずーとイエス様の愛に向かって歩み進みたいと思いました!
神にあって歩む (Takashi)
2017-04-02 14:17:06
コヘレトの言葉は私も好きな章で、
喜び楽しめのくだりでホッとする。

しかしその土台には
主にあってという事を忘れてはいけない、
絶えず神に感謝して歩むことで
この世での価値が生まれてくる。

神が存在しない状況で事を行うことが
空であるという事がよくわかった。
常に神を感じながら歩む必要を感じた。
時折、神をないがしろにして歩んでいることがあると気づかされた。
神の存在を知り歩むことのできる事に感謝。
クリスチャンのくせに! (奈都)
2017-04-02 14:37:28
人間は必ず死にます。
例外はエリヤみたいに、生きたまま天に上げられるか、再臨に会うかですよ。
でも現実は明日、ころっと風呂場で足滑らせて死ぬかもしれない。
私も一応♀だから、全裸死には避けたいけど
こればっかりは、神のみぞ知るです。

そして死後は、善人も悪人もイエス様の
ジャッジがあるのですよ。
それは痛いほど分かってます。
クリスチャンだから。
聖書、読んでるから天国行きのセーブとアウトも知ってます。
クリスチャンだから。

嗚呼それなのに、それなのに
心の中で、まだ大丈夫。
明日からアウトな部分は、治せば良いもんね。
と言うふざけた気持ちが、有りやがります。

今の状態が、何時迄も続くと油断してるのですよね。
危機感の無いクリスチャンて、砂糖の入ってない
アンコぐらい意味無いですよ。
なんで改心出来ないのかな。
イエス様に甘えてるのでしょうね。

聖書の中で、何度も問われてますよね。
私についてくるか?と。
これだけ良くしてくれる方に、何で素直に従えないか。
本当に情け無いです。
復活の主を待ち望む! (Mu)
2017-04-06 17:06:05
ノンクリだった私に最初に勧められた書が、この「伝道の書」(口語訳)だった。『空の空、空の空、いっさいは空である』。「空」とは、実体がなく、存在しているけれどつかみどころのない、という意味と教えられた。かつては、まさに「空」の状態でこの書に触れた訳だ。10年以上気づかなかったのも情けないが、今回、英名のタイトルを見て「エクレシアだったんだ!」と嬉しくなった。「教会(=神様に呼び集められた者たち)」という言葉に連なるタイトルの書が、メシア誕生の祝いであり、解放の象徴の仮庵祭で朗読される。そこで語られるのは、創造主を無視した人生は「空」以外のなにものでもない、ということ。私の「空」を埋めてくださったのは、主イエス・キリストだった!! とメッセージを聞きながら心が震えた。メッセージでは刑務所の例えとして話をされたが、ちょうど別の学びで、タイタニック号に例えて同じことが教えられた。豪奢な部屋、美味しい料理、あふれるエンターテイメント。船上では、皆が楽しみに有頂天だった。しかし、その踊る足元の下では、静かに海水が満ち、船は沈没の一途をたどっていた。私たちは、深部に目を留めなければならない。塵から創られた人間は、創造主である神様の手から離れると、実体を失くすのだ。復活のない人生は「空」だ。受難節の今、イエス様の十字架に感謝し、復活の主と今一度出会うことを待ち望んでいる。
空の空 (渡邊由佳)
2017-04-22 22:26:48
伝道者の書・・恥ずかしながら今まで私は殆ど読んだ事がなかった。 伝道者の書とあるから、“伝道する時はこうだ!”みたいな事が書いてあるのかなぁ〜と、勝手に思い込んで、余り読まなかったのだ。

まさか、この書簡の内容が、“人生は空しい!だからこそ、人生を楽しめよ!”みたいな内容だとは思っても見なかった。 “空の空”と言う言葉は聞いたことがあったが、今回のメッセージを聞いて、この言葉の意味がすんなりと自分の中に落ちた。

この世は、何をやってもいい刑務所で、美味しいご飯も、最高なアニメも、楽しいゲームもある。でも、私達は全員死刑囚で、いつか必ず死ぬ事が決まっている・・。としたら、それらは全て一時的な気休めにしか過ぎないではないか..!?

でも、神様はそんな私たちのためにも、人生に楽しみを与えてくださっている。折角、与えられたものならば、神様に感謝しつつ、楽しむべき!と、本当にそう思った。
空しさからの解放 (えんぢぇる)
2017-04-24 15:44:48
一人一人、本書との関わり合い方も、感想も、それぞれですね。が、本書のメッセージは、Mimitaさんが書いてくれた通り、「空しさからの解放!」です。正に達観ですね、聖書は。感謝します。
神にあって生きる追記 (Takashi)
2018-02-19 18:51:04
この地上にあるもので、神が創造していない物はない。
よってそれらが空であるわけがない、それらのものすべてに神にあってという事がない場合に空になる。
この章を読むにあたりそのことを忘れてはいけないと感じる。
この世にあるものを神に感謝し事を行う事に価値がある。
その事を忘れずに歩みたい

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事