Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「アモス」30分de一巻 Vol.30

2017年06月18日 | Good News
アモスは、どこの宗派にも、組織にも、階級にも属さず、一般人として神の召命を受け、南王国の人でありながら、単身、北王国の聖地ベテルに乗り込み、偽りの礼拝と、北王国の堕落を厳しく批判した。彼が活動したのは、ホセアとほぼ同じ頃(BC750)で、およそ30年後に迫るイスラエル滅亡を預言した。

この時の北王国は、今の日本と状況が非常によく似ている。表向きの繁栄の陰で貧富の差は増大し、迫り来る国家崩壊を前に危機感というものが全くない。

彼は、“アモス=重荷を負う者”という名の如く、社会的には一般人だったが、傍観者ではなかった。この様な滅び行く社会の状況に対して、黙っている事が出来なかった。だからこそ神は、南王国に住んでいた彼をわざわざ北へと派遣して語らせたのである。


神の計画は、裁きで終ってしまう事はなく、必ず最終的には救いで終わる

しかし、その救いは、審判なき、悔い改めなき、安易な救いではない

その救いは、全人類のためのものである

イスラエルへの裁きは、今の堕落した教会への警告でもある

初代教会のステファノとヤコブがアモスの預言を引用してることからも分る様に、彼が語ったメッセージには、神の計画の普遍性が明確に現われているのである。(メッセージより抜粋)


GNSのメインページはこちら!
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 「ヨエル」30分de一巻 Vol.29 | トップ | 「オバデヤ」30分de一巻 Vol.31 »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御声に聴き従う (Kent)
2017-06-18 13:03:07
今回のアモス書の学びで、特に印象に残ったのは、神様は裁きで終わるのではなく、救いで終わるという事。救いで終わるためには、私達は罪に生きてはならない。悔い改めて主の御心に従う事が必要です。そして神様の救いは全人類のためにあるのです。神様はユダヤ人のためだけではなく、全人類の罪の為に十字架に架かってくださり、永遠の命を与えてくださいました。神様は今も、弱っている教会に語りかけ、もう一度神の御心に歩みなさいと語りかけておられます。主の御声に聴き従える者となりたいと思いました。
重荷を負う人 (Mimita)
2017-06-25 11:06:26
アモス書のメッセージの中で、使徒言行録の使徒会議でヤコブさんが引用した聖書箇所がどのように繋がるかがはっきりとわかり、聖書の深みを理解することができました。
800年前の預言の成就に気づいたヤコブさん。
私たちも今、与えられている聖書の御言葉が預言であることをきちんと心に留め、全ての人の救いのため、神の国の到来のために神様から与えられていることをしていこうと再認識しました。
真の礼拝 (Mu)
2017-06-26 09:04:11
今回語られたことは、アモスは「自他共に認める預言者ではない預言者」であること。それは現代の私たちと同じ立場だということ。

「一般人」アモスは、神様の召命を受けて、単身北イスラエルに乗り込み、蔓延る偽りの礼拝と堕落した信仰を厳しく指摘した。どの組織にも階級にも属さず、彼自身が認めていたように「預言者」でもなかったが、紛れもなく神様の言葉を「預言」した。権力によらず、能力によらず、ただ主の霊によって。

パウロも神からの召命によって自ら「使徒」を名乗るが、本来のアイデンティティは、神様から与えられるものである。何をしたから日本人、天国人、なのではなく、日本人として、天国人として何をするか、が大切である。救いに安住していてはならない。傍観者であってはならない。

福音は、民族の枠を超えた分け隔てないもの。人間の作った組織の内にとどまるようなものではない。今こそ、真の祝福と回復のために悔い改め、神様の御心を求めて真の礼拝をする時が来ている。
他人事にしないで (Yuka)
2017-06-27 21:44:02
今まで、アモス書の印象は、恐い書簡であった。母親に怒られる際に引用されていたからなのかも知れない。でも、こうして改めて読んでみると、アモスが“義の預言者”だと言われていた意味が納得できた。単身、一般人の身でありながら、北王国まで乗り込んで行って、神の審判を伝えたと言うのだから凄い。しかも、南王国の人であったのにも係らずである。

この事を現代に置き換えて考えてみると、もしかすると、日本の教会は、例えば、社会の腐敗と言った事に対して、他人事にしてしまう場合が多いかも知れない。でも、キリストの福音は、この世界の全ての人々のものなのだから、決して沈黙することなく、私達は福音を伝えて行かなくてはならない。それこそ、神様が望まれている事なのだから。
アモス・レポート (Andrew)
2019-07-12 20:43:54
アモスのレポートです。
アモスは普通の人で、信仰熱く正しい方だったのですね。そして信念の人。(頑固だったかもしれませんね。信念が強い人はその様です。)7:14に「いちじく桑を栽培する者」とあります。無花果とはイスラエル民族の象徴とアミール師が言っていたのを思い出します。また、マルコ11:12〜14のくだりをも思い出しました。

どこまでも主を信頼し、自分の分別には頼らず、いつも主を覚えて自分の道を歩きなさいと言われた今年の年頭聖句を思い出しています。(箴言3:5〜6)
周りの雑音は良くないもので溢れほとんどはサタンの雑音です。社会の雑音、音楽、道行く人の会話とその声色、写真、看板・・・・。。私達クリスチャンは特に攻撃が激しいですね。

見て、聞いても別に〜と思えることが肝心だと思っています。もちろん、イエス様に裁いて頂くことはしょっちゅうです。かのマルチン・ルターが城にかくまわれて執筆していた時、サタンが出て来て執拗に妨害するので、手元のインク瓶を投げつけたことは有名で壁はインクだらけであったとあります。私達もこの様な状態と思います。

ただ主のみ。妨害に耳を貸さない。主にさばいて頂き清めて頂くのみと思っています。ただ主によって平安をいただくのみ。主の平安の内に絶えず住む様に訓練したいとおもっています。(ヨハネ14:27)

アモスの時代のイスラエルは、大変な書くのもおぞましい事が日常的に行われていたのですね。主はアモスを遣わし、ホセア、ミカ、イザヤを遣わし、主に立ち返れと叫んでおられたのですね。社会は摂理に逆らって無駄に時間と労力を使い、きっと心に空洞が広がりすさみ、それを埋めるためにさら間違いを重ねて行ったのでしょう。正しい方、イエス様がおっしゃっている事に耳を傾けさえすれば潤いのある心が与えられるのにと思います。正に今の社会の様ですね。

最後の時はヨエル書3:1〜2が起こると思っています。その時、主と人を固定させる働き人が必要かもしれません。(マタイ9:35〜38)イエス様の香は救いに入れる方は分かるように見えます。イスラエル民族を通し今の私達に警告していると思います。イスラエルのために、異邦人のために祈ることの時間を毎日持つ事の必要を思いました。

主のみ名を賛美します。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事