Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

姦淫の女 Ⅰ (ヨハネ福音書 8:1-11)

2020年12月06日 | Good News
イエスはオリーブ山へ行かれた。朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、御自分の所にやって来たので、座って教え始められた。(ヨハネ8章1-2節)


オリーブ山は、神殿の東の門から、600〜700mほど離れた旧市街より数10mほど高い小高い丘で、イエスの時代はオリーブ畑だった。

現在のオリーブ山は、世界最大のユダヤ人墓地(15万柱以上)になっている。何故なら、メシアはオリーブ山に現れ、その時にユダヤ人の死者が甦ると彼らは信じているからである。

イエスの時代は、オリーブ畑だったこの丘には、収穫したオリーブの実を貯蔵し、油を抽出する為の小屋があった。

イエスがエルサレムを訪れた時は、夜はイエスは弟子達と一緒に小屋で過ごし、朝になるとエルサレムの神殿に出掛けて人々に教えられていた。

姦淫の女のエピソードは、こうした状況の中で起きた出来事である。(メッセージより抜粋)
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ✝️ 再臨と携挙 最終章 「彼ら... | トップ | 姦淫の女 Ⅱ  »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
深く学ぶ (Kent)
2020-12-06 12:50:06
今日の学びで、今オリーブ山は、ユダヤ人のお墓になっていることを聞いてとても驚きました。山というほど高くはなくて、小高い丘ぐらいなのですが、イエス様が地上に再臨される時は、このオリーブ山に来られます。ユダヤ人にとって、それは初臨になるわけですが、その時にユダヤ人は死んだユダヤ人が甦ると信じている。だからお墓があるのだそうです。

今日の姦淫の女の話しは、ヨハネ八章に書かれていますが、この箇所は、ルカの福音書にあってもおかしくはない話しだなのと思いました。何故なら、ヨハネ福音書の原本となる写本にこの話しはなく、
ルカの福音書の21章に、ヨハネ8章の冒頭と同じ出だしがあり、また、ルカの福音書には女性の癒しの話しが多く書かれているからです。

来週は、姦通の女の話しの内容について学びますが、これからももっと聖書を深く学んで行きたいと思います。
深く読めると成長につながる (Tomoko)
2020-12-08 15:33:46
ハレルヤ!! 今更ながらスゴイ!オリーブ山がこうなっていたとは今まで知りませんでした。オリーブ山とは丘だったのですね。イエス様は夜はここにあった小屋で休まれて、朝になると神殿で教えておられなんですね。今やなんか大きな舞台のようです。聖書編纂の基本的なことがわかりました。

オリーブ山は現在、ユダヤ人墓地で彼らはゼカリヤ14-4を信じている。メシアがここに降りてくる。大きな地震があって東西に分けられて..。なるほど..ここにゼカリヤなどの墓があるんですね。

ペリコペーという、聖書の内容のまとめを死海文書などから編集されて聖書ができた。ヨハネ7-53から8-11までが(かっこ)でくくられているのは、元々ヨハネ福音書の写本にはなかった。ヨハネの福音書のテーマは、神としてのキリスト、愛と赦しのメシアである。

う・・ん,,これらを知ってから福音書を読むのは大変クリスチャンとしての成長につながります。イエス様はいつでも救ってくださる。教会にもクセのある人たちがいますから、何か教会の人ともめたとしても、自分は教会にイエス様に会いに行ってるのだから、人間に会いに行ってるのではないと思うと、いろんなわだかまりが解消できます。

私の方は健康診断の再検査となりましたが、無事であることを祈ってます。仕事の方は、ようやくコロナ関係の書類などが終わり、決算も終わって一息ついているところです。コロナはどんどん感染者が増えてる状態ですので、油断ならないです。日々、祈りをさらに続けてます。

主の恵みがとこしえにありますように。アーメン
()(カッコ)から見えてくるもの (Mimita)
2021-01-02 21:03:39
なぜ、()(カッコ)に括られている話なのか?
でも、なぜ、ヨハネの福音書の8章の最初に入っているのか?
メッセージは、内容に入る前のイエス様の人として生きていた時代背景やイエス様が公生涯の中で、世間の人々にどう言う影響を与えていた時だったのか、と言うことをルカの福音書と平行して学ぶことができて感謝でした。

ペリコペの集まりである今の聖書。
このお話が、ここにあることに神様の配剤を感じます。そして、それを読んでいる現代の私たち。
神様の愛は、2000年、いえ、神様がこの天地を創造された時から私たち一人一人に注がれていることを深く感じることができました。
感謝です。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事