Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「エズラ」30分de一巻 Vol-15

2017年01月21日 | Good News
今回、知っておいてもらいたいことは、エズラ、ネへミア、エステルの3巻と、旧約最後の3つの預言書、ハガイ、ゼカリア、マラキの6巻をワンセットとして捉えておくこと。これらは同じタイムテーブルの上で起こっている出来事であり、エズラ、ネへミア、エステルは捕囚後の歴史書、ハガイ、ゼカリア、マラキは捕囚後の預言書で、互いに関連し合っている。

同じタイムテーブルとは、イスラエルがペルシャの支配下にあったということ。南北王朝時代は混乱していたにせよ、取り敢えずは独立国家だった。ところが捕囚後のイスラエルは、王も大祭司もいないペルシャの属国であり、民族的・政治的アイデンティティを喪失していた時代であった。

     

今、世界各地で起っている民族紛争は、更に深刻化さを増しており、そこには必ず民族アイデンティティと宗教の問題が介在している。ペルシャ(イラン)は中東紛争の火種となり、イスラエルはその民族性故に問題となり、逆に日本は民族性喪失の故に世界で孤立している。

これらの書巻が伝えている民族的・宗教的「分離」と、それに基付く国家のあり方は、そのまま現代の民族問題へとつながっており、キリスト教徒という、共同体に属する私達自身も同様の課題を持っている。人類が繰り返している過ちの本質に気付き、その失敗を繰り返さない。私達がこれらの書巻を読む意味はそこにある。


GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 「日々の出来事 II」30分de一... | トップ | 「ネヘミア」30分de一巻 Vol-16 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
失業している時のすごし方 (Mimita)
2017-01-22 11:57:30
エズラは祭司の家系に生まれ育ちましたが、
生まれた所は、神殿のない異国の地。
エルサレムに戻るまで、
ずーっと、失業状態で生活していました。
でも、エズラは、腐って、自堕落な生活をすることなく、
来るべき日、エルサレムに戻り、神殿で働くために、
準備をしていたからこそ、宗教改革者として聖書に記されています。

私たちも、この世の中で、仕事をしていても、
クリスチャンとしては、天国に行くまでは、失業状態。
イエス様がいつ、戻って来られてもいいように
準備をする必要があること、その大切さを
今日のメッセージで教えていただきました。

聖書を読み、神様との交わり、
そして、まだ、神様を知らない人々との交わりを大切にして、今週も歩んでいきましょう!
不条理に立ち向かう (Kent)
2017-01-22 11:58:38
今日のメッセージを通して、実践して行きたいと思ったのは、自分のアイデンティティーをしっかりと持つ事です。それは、自分がクリスチャンとして、この地上でどう生きてくかということに、深く関係しています。自分は日々、悔い改めの毎日ですが、いつもイエス様の十字架を見上げながら、自分はどうであったかを覚えて行きたいと思います。人生には様々な不条理があります。ヨブを読んでみると、彼は大きな困難と不条理に遭いましたが、そこには第二の天で神様とサタンとのやり取りがあったと事が最初に書かれてます。自分も様々な人生の局面で、日々試されているのだと思いますが、どんな状況の中でもクリスチャンとしてのアイデンティティーをしっかりと持ち続けながら、困難や不条理に立ち向って行ける男になりたいと思いました。
30分de6巻 Part 1 (Mu)
2017-01-29 14:45:36
歴代誌を終え、30分de一巻もしばらく「短編」が続いてラクチンかも、と思った途端、師からのありがた~いアドバイス。「3つの歴史書エズラ、ネヘミヤ、エステル3巻と、旧約最後の3つの預言書ハガイ、ゼカリヤ、マラキの全6巻は同じタイムテーブルで起きていることだから、ワンセットで読むこと」

これらは、捕囚後ペルシャの属国として民族的政治的アイデンティティ喪失の時代のことであり、それは、この現代社会で世界各地に起こり、深刻さを増している民族紛争の根源に繋がる、と言われれば、、、読まねばなるまい!ということで、30分de六巻、パート1と相成りましたが、聖書は読めば読むほど祝福だと実感できました。 今、この世に起きる現象は第二の天の出来事の影響があること。また離散された状態で「神の国の民としてのアイデンティティ」を保ち続けるためには、神様との日々の交わりと、礼拝をしっかり守ることが必要であること。でなければ、バビロンに残ったイスラエルの民のように、歴史から消えてしまうこと。失敗を続けてきた人間の本質を見極め、過ちを繰り返さないために、聖書を読む。神様の言葉を聞き続ける。 エズラの地道な努力に倣いたいと思います。
神(聖書)の必要性 (Takashi)
2017-02-04 15:00:36
昨今の世界情勢を見ると、黙示禄の時代が近いことをひしひしと感じる。

それを紐解く書物は唯一聖書にあることを感じている。

日本国内で報道されているNewsを見ていると
日本はどこに向かているのかという事を感じる。

しかしそのように思っていてもやはり自分もこの世に流されていることを感じる。

聖書を日々通読し、もう少しで読み終わるので
今度はメッセージに出てきているような関係を考えながら聖書拝読をしていきたいと思っている。
神(聖書)の必要性2 (Takashi)
2017-02-25 14:55:44
第二の天が第一の天に影響している
このこと思うと今の時代に対して
神とサタンがどのようなやり取りをしているのか
非常に気になる。

しかし、どのような状況にあっても
来るべき時に備えて聖書によって
準備をしていかなくてはいけないことが必要であると感じた。

自分自身にも罪びとには寛容で罪には厳しく出来れば幸いと思う。
言いづらい事を (奈都)
2017-02-25 15:48:49
啓介先生を知ってる人は、分かると思うけど
洒落や冗談で、牧師やってないんですよね。

「先生、私の結婚したい人クリスチャンじゃないんですけど、教会連れてきますから、何とかして下さい」

等と黒髪の乙女に、涙ながらに言われて

「本気でイエス様信じなきゃ、結婚が破綻するよ」

とキッパリ言える牧師は、余り居ないでしょうね。あくまで私見ですが。

でも本当に、その通りなんですよ。
私は密かに教会やもめって、多いなぁと
常々思ってましたし。
一時期、我が家も家族が違う教会で
礼拝を守る自体となり、心から辛かったです。

それどころか、結婚前は本当に敬虔な
クリスチャンで、そこに惚れて結婚したのに
言葉の暴力やら浮気やら、涙無くしては
語れない結婚生活を送ってる人もいます。

啓介先生の雑婚は、無理!
この言葉、これから結婚する皆さん
心に刻んで下さいませ。
クリスチャン同士でも、毎日!夫婦の為の祈りは必要不可欠です。
一人一人への語りかけ (えんぢぇる)
2017-02-27 10:15:38
エズラの信仰について」、「歴史的観点について」、「霊の世界について」、「結婚の神聖さについて」。本当に一人一人に、神様が語っておられることがよく分かります。そして、それらはエズラにだけ記されている記述を通して与えられている。これが、30分de一巻の醍醐味です。
クリスチャンのアイデンティティ (渡邊由佳)
2017-03-02 22:33:52
結婚とは、人生においてかなり大きな転換期の一つである。正直、数年前まで結婚なんて遠い先だ!と思っていたのだが、それがとても身近な事柄になった。今まで違う人生を歩んできて、違う価値観の親に育てられた、性別の違う者同士が一緒に暮らして行くのだから、これは愛が無ければ不可能である。
ただでさえ、ここまで違う者同士が一緒になるのは大変な事なのに、神を信じているクリスチャンと、信じていないノンクリスチャンが一緒になるなんて、絶対にありえないことだと思う。会社で一緒に働いている人との会話ですら、価値観の違いを痛感するのだから、結婚なんて…ってな感じだ。神様の国と信仰、クリスチャンのアイデンティティを守って行くためにも、結婚に対する考え方を確り持っていこうと思った。
エズラ記に思う (伊東孝文)
2017-08-14 18:53:35
エズラ記は見方ではほんとに色んな事が関係するところですね。一次帰還から二次帰還が終わるまで140年かかっているとは、なんと時間のスパンが大きいのでしょう。僅かの時と思っていました。これからのエズラ記に関して(エズラ記からマラキ書までの事)の見方が分かってきました。ありがとうございます。

第一の天、第二の天、第三の天の事、幕屋によく似ていると思い興味深くあります。第一の天の事は第二の天の投影だと思います。それも私達人間の想念の出来事と思えます。現在は新約の時代となります。イエス様の御霊の原理の(H・グルーバー先生による)中に有る時と思います。

エズラ記の最後の所はまことに厳しいですね。第二コリント6:14~18をお示しになっていますがまことにその通りです。しかし厳しい。第二コリント5*17~21に結ぶと「新しく創造された者」とあります。 新しく生まれなければ出来ない事と見えます。私達は新しく創造された者、主のもの、そして、「日々新しくされる者」を捉え主の安心の中で住まい、そこから物事を見て判断していく者となれますよう、祈り求めます。

気付いた事そのまま記しました。弱く、眼クラの私です。主により頼むしかありません。しかし、執成しの役割を担っています。何と感謝な事でしょう、何と、やりがいのあることでしょう。しかし弱い。
イエス様しかない。いつもイエス様を喜んでいら

田中先生の労に感謝します。
神(聖書)の必要性追記 (Takashi)
2018-01-06 12:27:00
エズラ記が神の民であるイスラエルの民族アイデンテティを再構築するために、重要な書簡となっている。
民族が永遠に同じ価値観(信仰)や方向性を同じくしていくことは大変に難しい事、
何世代もそれを保ち続けていくために、神がイスラエルの民にどれほどかかわってくれているのか聖書を通してよくわかる。
我々クリスチャンもイスラエルの民と同様、神に対する信仰を全うしていくことは、神の介在なくしては成り立たない。
今の状況だけを見るのではなく、先の事(天の御国)を見据え、
エズラのように、今役目が全うできなくとも、いずれ来る世に向けた備えをしておく必要があると感じた。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事