Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「エレミヤ」30分de一巻 Vol.24

2017年04月23日 | Good News
エレミアはイザヤから100年後の預言者である。(エレミアから見たらイザヤは夏目漱石ぐらいの時代の人)イザヤは宮廷お抱えの王族出身の預言者で、アッシリアからエルサレムを救った。一方、エレミアは祭司出身で、どの階級にも組織にも権力にも属さず、結局バビロンからエルサレムを救う事が出来なかった。あげくにエジプトに連行され、そこで同胞に殺された・・。

今までの先入観を捨て、単にこのような歴史的事実に元づいた価値観から見ると、イザヤとエレミアの評価はどうなるであろうか・・?イザヤはアッシリアの危機から国を守った偉大なる預言者、エレミアは誰にも言うことを聞いてもらえず、結局預言は国に届かず、最後にはエジプトで殺されてしまった残念な預言者・・。アタシらレベルの人間的評価からすると、エレミアの人生は完全に失敗..今で言う負け組。

しかし、神の評価と聖書的位置付けは、イザヤとエレミアは言うまでもなく、全く同列である。クリスチャンの人生において、有名であるとかないとか、何をしたとかしないとか等々・・社会的な評価は全く対象にならない。問題は、如何に神様に忠実に歩んで来たかどうか? 如何に神に愛され、如何に人を愛して来たか? が、この世の人生においてクリスチャンが評価される点である。

その意味においてエレミアは文句なく最高点!(エレミアの名の意味は「主は高く挙げられる」)永遠の国へとつながるのは、人の評価ではなく、神の評価。それがエレミアの人生から第一に学ぶべきポイントである。(メッセージより抜粋)




GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「イザヤ」30分de一巻 Vol.23 | トップ | 「なにゆえ」30分de一巻 Vol.25 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残されている民として 2 (Mimita)
2017-04-23 10:44:02
今日のエレミヤ書を通して、学んだことは、「神の使者として生きる3つのポイント」
復活の後、救われたことにただ、喜び、安心しているだけでは、「残されている民」としての歩みにはなりません。
日々、自分に与えられている神の御心を具体的に神様に聴いているか?
毎日の生活に追われ、神様の御言葉も聞かず、祈らない生活を悔い改める必要があることを気づかされました。
希望の計画 (Kent)
2017-04-23 11:02:25
今日のメッセージを等して学んだのは、教会に対するビジョンです。聖書を読んでいると多くの預言者や弟子達は、以外に若い人が多かったです。もちろん年齢は関係ありませんが、神様は年齢や経験とは関係なく、用いて下さることを信じてます。

神様は僕をどのように用いて下さるのか、正直未だ分かりませんが、今日の聖書箇所、エレミヤ29章11節にある神様の約束を、ただ信じて歩んでいく事です。神様は私達に対して、何も悪い事をなさるわけない事は分かっているのに、自分に何か問題が起ったりすると、すぐに神に文句を言ったり、疑ったりします。自分も疑い深く、弱い者ですが、どんなに辛い時でも、神様は僕の将来に、希望の計画を立ててくださっているという約束に立ち、歩んで行きたいと思いました!
叱咤激励のメッセージ (Mu)
2017-04-30 18:52:02
有名なエレミヤ書29章11節は、私にとって救われる前に親しんだ御言葉にひとつだった。と言うのは、未だノンクリスチャンだった時に通っていた礼拝所にこの御言葉が掲げられており、英語の「JEREMIAH」が和文でエレミヤとであることを聖書初心者にはよく分からず、そのことを質問して教えてもらった記憶があるからだ。

以後、節目、節目に私自身、あるいは友人を励ます時に与えられ続けている御言葉だ。そして今日もまた、一つの節目の時、この御言葉が語られた。 「御言葉の真意を知るためには、この言葉がいつ、どこで、どういった状況の中で語られたのか、その背景を知ることが必要不可欠!ただ言葉だけ字面だけで追いかけていてもダメ。解釈も適用も表面的で終わってしまう!」と、メッセージで迫まられた。

この御言葉は、イスラエルという国が亡びる寸前、お先真っ暗という絶望の淵にある時、最悪の状況で語られた神様の約束だ。「私はこれからどうなってしまうの??」という不安の只中で、『新しい契約』が示された。まさに闇の中の光!ここに将来と希望がある。神様はいつでも私のために最善の計画を立ててくださっている。

そして更に、続く12節13節が迫ってきた。「あなたは祈り求めているか?心尽くして求めているか?わたしに忠実に歩んでいるか? 」神に愛され、人を愛しているか?この世の人生においてクリスチャンが評価される最も大切なポイントの適用の徹底を鋭く追及された。プラス如何に学ぶか?これも大切だ。祈り求めよう。そして御言葉を学び、聞き従おう。今日も叱咤激励の熱いメッセージをありがとうございました!
エレミアの希望 (伊東孝文)
2018-10-02 20:47:43
南王国までどうしょうもない不品行の時代の預言者エレミヤのこと。

主は、手を尽くし警告を発し逃れる道も示しています。ここまで悪に侵されると気づくことも出来なくなるようです。気付いても戻れなくなる空気を感じます。周りは全て片目の猿ばかり、ついには自分も片目をつぶす例えがありますが、人は越えられないと思います。

聖霊様の導きに従う事が唯一の取るべき道と思います。私達は幸せです。イエス様が聖霊様を送ってくださっています。聖霊様の力により頼めます。

今の日本の状態と重なります。サタンはこの日本を殲滅しようとしています。終わりの時に役割を与えられている東の果ての国を。どの様に働くか私には定かではありませんが。正しい所が分かっているものはキリストに有る者だけの様に見えます。私はイエス様に整えられ少し見える様になりました。

今の日本のために祈ることが重要だと感じさせられています。エレミヤは言われるように文学的なセンスを持っている方ですね。気が付きませんでした。神様は人の個性をお使いになる。

エレミヤ書はよく読んでいる形跡がありますが、記憶に残っていません。(私は新改訳で育ってきました。今は新共同訳をメインにしています)それは、時代背景が良くつかめていないためと思われます。(絶望的な時代だった等)

しかし、ここにも希望が語られていました。23章、31章ですね。31:31は中心的な事ですね。

次の哀歌をお送りくださいませ。御国が来ますように。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事