Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「彼の名は神」30分de一巻 Vol-9

2016年10月29日 | Good News
しばらく歴史書が続いて行く。今回のⅠサムエル記は、ユダヤの経典では1と2で一つの書簡であり、預言書に属している。混沌とした士師の時代から、イスラエルに王政ができ、基盤が整い始めるころ、サムエル誕生、ダビデ晩年に至るまで、紀元前1000年前後の約100年間くらいの話で、内容としては「ダビデ記」と言える。

聖書には一般の歴史的読み物と全然違い、主人公を理想化したり、話をストーリー仕立てにすることはない。その登場人物は多くの欠陥と悩みを持っていて、本書の主人公ダビデもまた、神様への揺るぎない信仰を持っている反面、罪をもおかす。その彼についても、聖書は事実は事実として、一切の脚色なくありのままの姿を描いている。罪や弱さを持った欠点だらけの人間に神の恵みが与えられ、不思議な形で用いられつつ、歴史が動かされていくのだ。「30分de一巻」では、歴史的出来事ではなく、登場する人物に焦点を当てて話を進められ、今回はハンナ、サムエル、サウルが取り上げられた。

ハンナ:
ハンナはサムエルの母であり、その名前の意味は「恵み」。彼女は、聖書に登場する女性の中でも覚えておくべき一人である。本書にあるハンナ賛歌は、マリア賛歌と共に新旧聖書の双璧を成す信仰告白だからだ。ハンナと夫エルカナ、そしてペニナの関係は、創世記でのサラとアブラハム、ハガイの関係に似ている。二人の女の戦いをめぐる相関図において、エルカナは実にできた夫で、ハンナを慰め、励ます。しかし彼女の心の奥底にある苦悩は治まることなく、ハンナは心を注ぎ出す祈りへ追い込まれていく。

彼女の祈りの特徴は、「万軍の主よ」「主に在って」「主に」と、身を絞るような神様への訴えかけであり、その祈りは1章11節で、命を懸けて取引をする意味を持つ誓願に至っている。誓願の祈りは、士師記のエフタ同様、約束厳守が必須。人生崖っぷちの中で誓願を立て、そのハンナの誓願によって誕生した子供がサムエルだった。

同時に、1章5節には、「主がハンナの胎を閉じておられた。」という神様の意図を見ることができる。つまり、神様はサムエルという人物をイスラエルに送るためハンナという一人の女性を用いられ、ハンナが誓願の祈りを立てるのを待っておられたと言える。全能全知の神様は、ハンナの願いも、私たちの必要もすべてご存知だ。その上で祈り続けることを願っておられる。イエス様もルカ伝で「気を落とさずに祈り続けよ」と教えてくださり、ヨハネ4章では、「神様は真の礼拝をする者を求めておられる」とある。私たちクリスチャンはこの神様の思いが抜けてしまっていることがある。神様が祈りを待ち、礼拝者を求めていらっしゃる。ここに、神様と人間との密接な関係を見ることができる。

サムエル:
サムエルは、サウルとダビデに王位を授けた最初の預言者だ。しかしそれだけではない。「先見者」「神の人」とも呼ばれ、7章では「最後の士師」とある。更に、神様の代理人としてサウルとダビデに王位就任の儀式を行った「祭司」でもあった。また、9章の記述からは、当時堕落している祭司たちがサムエルによって再教育されていることがわかる。当時の「神学校教授」でもあったのだ。ハンナの誓願を通して生まれた彼は、イスラエルの礎を作るために派遣されたミスターオールマイティだ。

サムエルという名は、「シェーム(=名前)」と「エル(=神様)」が合わさり、「彼の名は神」という意味を持ち、その名の通り彼はモーセと並び称されている重要人物である。

主はわたしに言われた。「たとえモーセとサムエルが執り成そうとしても、わたしはこの民を顧みない。わたしの前から彼らを追い出しなさい。(エレミヤ15:1)

主の祭司からはモーセとアロンが 御名を呼ぶ者からはサムエルが、主を呼ぶと主は彼らに答えられた(詩編99:6)

神様の言葉を蔑ろにしていると中身が徐々に腐り始め、いずれ外部に浸食し始める。士師の時代、イスラエルの人は神様の御言葉をちゃんと聞いていなかった。腐り始めていたのだ。その状態を修復するため、神様はサムエルを用いて原点回帰を働きかけられた。これは現代の私たちにも同じことが言える。信仰生活とは礼拝だけしていればよいものではない!神様の知恵を持って生きるためには、絶えず聖書を読み、正しく理解して、検証できる実践力を蓄える必要がある。聖書の学びは不可欠であり、それを知的欲求を満足させるに留まらせてはならない。聞いた御言葉を反復すること。それがえんぢぇる師が繰り返して言う「アプリケーション」なのだ。

サウル:
サウルはイスラエルの人々の切望によって最初の王となった人。しかし、そのイメージは、嫉妬深く、被害妄想持ち、神経質で、ダビデを苛めて殺そうとまでした嫌な奴ではないだろうか。しかし、彼は初めからダメな奴ではなかった。彼は、一農夫から神様に選ばれ、人に対しても家族に対しても素直で従順であり、サムエルにも謙遜で、文句のつけようのない人物像を10章までに見る。神様は彼の心を新たにされ、預言もし、柔軟であり、しかも背が高くてイケメンだった。まさに初代王にふさわしい選びの器だったのだ。

また、サウルの方がダビデ、ソロモンより優れている点がある。ダビデは優れたリーダーシップを持っていたが、彼には致命的欠陥があった。アンチイクメンだったのだ。ダビデは子育てに失敗し、その子ソロモンもまた、良い出来とは言い難い。しかし、サウルはその息子ヨナタンを立派に育て上げ、親子関係も良好だった。Ⅱサムエル記では、ダビデもこう謳っている。

サウルとヨナタン 愛され喜ばれた二人 鷲よりも速く、獅子よりも雄々しかった。命ある時も死に臨んでも 二人が離れることはなかった。

しかし18章以降、ダビデとヨナタンが心を通わせるようになって以降、ややこしい問題が絡み、事は複雑な様相を見せる。ダビデの父はエッサイ、しかしその母の名前ははっきりと記載されておらず、詳しい話しは一切ない。が、彼の母はアヒノナム、サウルの奥さんだ。聖書中最大の問題発言が本書20:30にある。サウルがヨナタンに激怒して思わず発してしまった言葉だ。この発言やその後の下りから、ダビデはヨナタンの異父兄弟だと分かり、前後状況もクリアになる。ダビデはエッサイの長兄から疎まれていた、ミカルとの間にも子はなかった、互いに兄弟と呼ぶダビデとヨナタンの親愛の情。サウルは妻の裏切りに対する感情転移でダビデを憎み、募るその思いが段々と主の命令を守らなくさせ、神様の言葉を退け、破滅の道へ進むことになる。

サウルの聖書における評価は、ダビデ、ソロモンと比べると雲泥の差である。しかし、ソロモンも晩年はおかしな行動をとり、ダビデも致命的失敗をしている。失敗したという意味においては、三人は同じ位置にあるはずだ。しかしダビデとソロモンには信仰があった。サウルは全能の神の存在も知り、預言もでき、礼拝もした。しかし、彼には信仰がなかった。礼拝は形骸化し、嫉妬による怒りの連鎖で感情が制御不可能となり、悔い改めができないまま最期を迎えてしまった。「捨てられた」という傷が、彼を悪霊の餌食としてしまったのだ。

信仰は賜物だ。持て、と言われて持てるものではない。だからこそ、私たちは賜物を求め、常に信仰を吟味をする必要がある。クリスチャンであっても、神様のため教会のため、と言いながら、自分のため、自分を神とするためにしていないだろうか。神様の前に出て、謙虚に求める時、御言葉は、現在進行形で適応し続けなければならないこれらの御言葉が恵みとして与えられる。それが神様の愛だ。

怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。 悪魔にすきを与えてはなりません。(エフェソ4:26-27)

信仰を持って生きているかどうか自分を反省し、自分を吟味しなさい。(Ⅱコリント13:5)  (Report by Mu )




GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「友情」30分de一巻 Vol-8 | トップ | 「彼の名は神 II」30分de一巻... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イエス様の十字架に改めて感謝! (Mimita)
2016-10-30 08:27:57
今日のメッセージを聞いて、ダビデが詩篇51:7で語った言葉を理解することができました。この箇所は、ダビデが姦淫の罪を犯したことについて神様に赦しを請う詩です。罪は、自分の中に留まらず、子供にも、孫にも、子々孫々と受け継がれて行くことをダビデも理解したのだと思います。しかし、イエス様は私たちの罪のために十字架にかかってくださり、全人類の罪は帳消しになったのです。

私たちがイエス様を信じることにより、私たちは罪から解放されるのです。〈私たちが、イエス様を信じない限り、私たちの罪はアダムの時代から脈々と蓄積されているのです…)まさに「罪の連鎖」から解放されて、自由と喜びに満たされて生きるには、イエス様の十字架と、私たちの罪の悔い改めをイエス様に告白し、イエス様と共に生きること以外ないのだと教えていただきました! ハレルヤ!!
サウルの失敗 (渡邊 孝至)
2016-10-31 21:30:39
今回のメッセージで
サウル王が家族が原因で失敗し
生涯悔い改めが出来ない状態だったと
今までとは全く違った見方ができた。

我々も怒りを感じ、しばらく平常心でいられない状況が
あり、そこにサタンの入るスキを与えてしまう、
ということがよくわかった。

聖書にあるように
怒りを次の日に持ち越してはいけない
という危険性の恐ろしさがよくわかった。

真の礼拝者 (Mu)
2016-11-02 14:12:00
神様は真の礼拝者を求めておられます。先週、日本からの賛美集会を通してでも「真の礼拝者」を語られ、同時にこのメッセージでも待っていてくださる父なる神様を感じました。愛は寛容であり、愛は忍耐強い。その聖句通りに、神様は私が祈りに導かれるのを、また真の礼拝に導かれるのを、じっと待っていてくださる。ハンナを誓願の祈りに導かれたのは、サムエルという人物を預言者として、教師として、士師として、信仰の導き手として神の民イスラエルに送るためであったように、私の知ることのない背後に神様の救いの計画があるのだ、ということもひしひしと感じました。だからこそ一瞬一瞬を大切に祈り、これほどまでに愛を示してくださる神様に「礼拝」をささげてその愛に応えていく。それがイエス様に救いをいただいた私たちの感謝と愛の実践です。また日々の生活の中で、御言葉を聞き、祈り、行動していくことも「礼拝」として捧げて、見守ってくださる神様との愛の関係の内に生きることを教えられました。 えんぢぇる師を通しての言葉では、「神様の知恵を持って生きるために絶えず聖書を読み、正しく理解して、検証できる実践力を蓄える必要がある。そのための30分で1巻だ!」に1000%でアーメンです 感謝します。
生かされてることに感謝! (Kent)
2016-11-11 23:26:21
今日のメッセージを聞いて感じたのは、人間の罪は代々受け継がれてしまうものなのなんだなと言うことでした。サウルの罪は、確かに彼が犯したことなのですが、何か他からの影響もすごく受けてのことなんだなぁということです。でも、私達にはイエス様が付いており、罪赦され、新しくつくり変えられたと聖書は約束してくれています。サウルも家族関係・夫婦関係で物凄く苦しんだのだと思います。今回のメッセージで、自分はイエス様の十字架のおかげで生かされてるんだなという事に凄く感謝できました。
祈り続ける (渡邊由佳)
2016-12-07 12:17:25
人間は、1日に何度も失敗を犯す。それは、大なり小なり必ずだ。イライラする事もある。しかし、それを引きずったままいると、周りにいる他の人にも嫌な思いをさせるし、そこから自分の方がとんでもなく悪い事をしてしまう事もある。 そうなる前に、私達は神様に助けを求め、悔い改めなくてはならないと思う。やらかしてしまった時や、怒りが収まらない時は、神様の前で素直になって全てを告白すれば、神様が守ってくれるし、助けてくれるし、許してくれる。サウルやユダのようにならない為に、常に神様から離れないように、祈り続けるのが大切であると思う。
共通した視点 (えんぢぇる)
2016-12-27 08:32:25
“罪”に対する視点。それが今回の皆さんのアプリケーションに共通していた点でした。

“罪の恐ろしさ” と、“どんな罪をも悔い改めれば赦してくださる神様の愛”、そして“神様と私達を繋ぐ絆としての礼拝”の大切さ。

どれもこれもとても大切なポイントです。ハレルヤ!感謝します

「彼の名の神」感想 (伊東考文)
2017-05-22 20:41:55
メッセージをありがとうございます。心に残ったものを記してみます。

20章30節のくだりは、引っかかっていたものの、そおだったのですね。示して頂き、サウルの事がよくわかりました。上に立つ者は、神様のお仕事をする自覚がなければならないのですね。この世の者で無い自覚も。そして、この世の事を成していく事ですね。此の世の事は真理ではないと自覚していく事でしょうか。それには、日々イエス様と歩んでいる自覚が必要なのですね。

サウルには信仰が無かったのですね。此の世に執着する事柄はイエス様にお捧げして歩むべきと思いました。

次に、ヨハネ4章23~24節の「霊とまことをもって礼拝する」ことの大切さを思います。私にはまだ出来てはいないようです。せめて、日々のDevotionを守ろうと思います。日々、主を感じつつ。

それにしても、今の私と重なってしまう聖書の世界は驚きです。その中で、光り輝いているのは神様の御業だけと思ってしまいます。新約も旧約も、おぞましいものは私自身です。あの主を裏切ったユダさえ私であると気付いた時は涙が止まりませんでした。イエス様にお会いしていなければ、この世から抜け出せなかったと思います。理屈と人の言う事に生きていたと思います。

私と言うものが抜けた時、イエス様が見え始めました。テモテ3章16節に書かれてある通り、私には聖書が必要です。読み味わう事は喜びでもあります。

メッセージをありがとうございます。次のサムエル下をお送りくださいませ。
サウルの失敗追記 (Takashi)
2017-12-03 11:31:02
過去本書を拝読し、何故サウル王はそこまでダビデを嫌っているのかに違和感があったが、
このメッセージを聞き、ヨナタンとダビデが異父兄弟であり。裏切りの妻への怒りの矛先となっていたという事で理解できた。
サウル王が最後まで悔い改められなかった理由に、今まで受けてきた様々な裏切りに対する怒りで、神をも信じられない状況になり、神に頼ることができなかった状況が感じられ、そこにサタンの介入を許したのだと感じた。
我々も神を見失わないよう、礼拝と日々の祈り、悔い改めが必要だという事がわかった。
又、後継者育ての難しさをひしひしと感じる。
サムエルよ、お前もか! (奈都)
2017-12-03 14:56:06
【アプリケーション】

アロン、エリ、サムエル、ダビデ等
本人は優れた祭祀や王でも、我が子への信仰の継承が難しいと思った。
かえってエリとサムエルの様に、師弟関係で
育てた方が、上手く行くのかなと感じた。

サウルが哀れで、抱きしめてあげたい。
彼は良い所が沢山あるのに、一つの憎悪から
脱却出来なかった為に、命を失ってしまった。


【感想】

サウルに油を注いで、即位させたのも
ダビデを王にしたのも、サムエルである。
でも神様からは、王国は上手く行かないと
告げなさいと、サムエルは言われている。
もちろん彼は、民衆に伝えたが
皆んな聞く耳を持たなかった。

王権が樹立したイスラエルって
実際混乱してる時代が多い。
人気の高いダビデも、王家は血塗られているし
ソロモンも偶像礼拝に陥る。
色々悲惨ですが、でもそれは
最初に主がサムエルに言われている事ですもの。

王様なんてやってると、大抵の人は
おかしくなるのかなと思う。
まあ士師も祭祀も、それは同じ。
神と正しく繋がっていなければ、すぐに
自分を神としてしまう。
恐ろしい罪に、落ち込むでしょう。
自分の神は、自分である。
一見正しい様な、この言葉に惑わされてはいけない。
日本にはこの思想が蔓延しているが
仕方がないと言えば仕方がない。
なぜなら、本当の神を知らないのだから

主は私の羊飼い。
私には乏しいことがない。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事