Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

Mission Report

2018年02月18日 | Good News

GNSのメインページはこちら!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 「Ⅰ テサロニケ」 30分de一巻... | トップ | ◇GNS Letter (21)  »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主を待ち望む (Kent)
2018-02-18 12:12:26
今まで、クリスチャン人生を生きて来て、何か問題や失敗に遭遇するたびに、自分は本当にクリスチャンなのだろうか?と、考える時がよくあります。伝道においても、新しい人が教会に来る時、どうやって、その人に伝道しようか、導こうか、と考えます。でもその前に考えなければいけないのは、自分自身が正しい聖書理解を持ってるかどうかを吟味する必要があることを、今日のメッセージで思わされました。自分は、クリスチャンとして、聖書を土台にして生きているのですが、聖書の上に、自分の経験や、この世のやり方を乗せてないか、注意しなければいけないと思わされました。礼拝についても、形式的なやり方で満足するのではなく、バランスを持って、神様を礼拝し、再臨を待ち望む姿勢を持ちたいと思いました!
基本が大切!! (Mu)
2018-02-22 16:35:34
「基本のないところに応用はない。」セルリーダー育成のための基本の確認事項を受けとめました。

1.クリスチャンに対するイエス様の四つの命令
 福音を述べ伝えよ。(マルコ16:15)
 弟子にしなさい。(マタイ28:19・大宣教命令)
 互いに愛し合いなさい。(ヨハネ13:34 & 15:17)
 聖霊を受けよ。(ヨハネ20:22)

2.初代教会の感染力に倣う家の教会の活動四つ
 使徒の学び、相互の交わり、パン裂き、祈り(使徒2:42)

3.礼拝の4つの柱
 祈り=地上の扉と天の扉をつなぐ
 賛美=感謝
 メッセージ=神様からの応答
 献金=神様への応答

今日特に教えられたことは、家の教会の活動の「交わり」について。初代教会が意味する交わりは、井戸端会議的なお交わりではなく、生活すべての「共有」。今は日曜礼拝に「交わり」を求めて行っていたものの、何か違う?と思っていたことはこの理解の無さ故だったと知りました。

私の持つえんぢぇる師直伝の基本をすべて「共有」する仲間と、ほんとうの交わりを目指します。今回の復習はその最初の一歩だと思います。先に行かれる雲の柱、火の柱の主の導きのように。ありがとうございました。
御言葉を受け入れた者として (Mimita)
2018-03-18 13:07:32
今日のメッセージは、御言葉を受け入れる段階の人にも、御言葉を受け入れた人にも、有益なメッセージでした。

私たちの周りにはたくさんの情報で溢れかえっています。しかし、私たちに必要な情報は多くなく、その情報(真理)は、時として、多くの必要でない情報に隠されてしまいます。

御言葉を受け入れた者として、正しい聖書理解、福音理解をすることの努力をしていこうと心新たにされました。
それが、また、御言葉を受け入れた者として、まだ、福音を知らない人に正しく伝えていく、神様から与えられた使命です。

望みは、いつも、主にある「希望」であるか?
人の救いにつながるか?
イエス様ならどうするか(WWJD)?

なかなか、日々の暮らしに忙殺されてしまいますが、今週一週間もこの3つを心に覚えて始めていきましょう!

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事