Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「 神は呼ばれた・・」30分de一巻 Vol-3

2016年08月28日 | Good News
「レビ記」には、実にたくさんの規定が書いてあります。「何でこんなことを神様は、イスラエルの民(現代では私達)に語っているのだろう?」と思いませんか?そう思った方(私も含めて)は、『レビ記』と言う洞窟の中を『自分の経験や知識』と言う懐中電灯で照らして進んでいるようなもの。このメッセージを聴くと、「レビ記」と言う洞窟の中がより深〜く理解できるようになります

今回の「レビ記」は勿論ですが、旧約聖書を読む時にとても重要なポイントが2つあります。それは・・

1. イエス様の光を通して読む
2. 現代に生きる私達たちにどう言う意味があるのかを考えて読む

それでは、イエス様に洞窟の上からの明かりのスイッチを入れていただき、レビ記を読み進めていきましょう

レビ記の「主題」
本書の主題は、神様を礼拝するために必要なこと。つまり『礼拝規定』です。「出エジプト記」は、イスラエルの民がエジプトの神権政治の支配下から脱出する話です。そしてその後の「レビ記」には、エジプトを脱出した後、イスラエルの民が、エジプトでの偶像礼拝から、真の神様である「ヤーウェ」の神様を礼拝するために必要なことが書かれてあります。ヤーウェの神様が自ら、イスラエルの民に礼拝に必要なことを教えてくださった=「神は呼ばれた」。それが本書のタイトルです。その内容は大きく3つに分けることができます。

どうしたら神様に近づくことができるのか?(1-10章)
どうしたら神様と共に歩むことができるのか?(11-24章)
礼拝することによって与えられる祝福の約束(25-27章)

献げ物を通しての神様への礼拝
「礼拝」は、私達が神様に近づくことですが、神様を見ると死んでしまいます。(出エジプト記19:21)そのために、イスラエルの民は、礼拝を献げる祭司が死ぬことのないように身代わりとして動物を献げました。この献げ物(コルバン)を通して、イスラエルの民は神様を礼拝する事が出来たのです。レビ記 1-10章には「どんな時にどんな献げ物をどのように献げるか」ということが書かれています。さて、献げ物には5種類あり、これも出来れば覚えておいてください。

① 全焼の献げ物:神様の怒りを宥めるため
② 穀物の献げ物:神様を第一とするため
③ 和解の献げ物:神様への感謝を表すため
④ 贖罪の献げ物:自分が犯した罪の償いのため
⑤ 賠償の献げ物:献げ物の間違いに対する償い

それでは、現代に生きるクリスチャンにとっての「礼拝(献げ物)」は何か?ここが大切な所です。私たちはもはや本書に記されている動物犠牲を捧げる必要はありません。何故なら、イエス様が私達の罪のために十字架の架かって死んでくださり、復活してくださったからです。(ヘブル7:27)ですから、私達の人生の主権は「イエス様」にあると認めること。それが私達クリスチャンの献身です。また、礼拝で献げられている「献金」は、私たちが神様によって生かされているということの表明献です。(マラキ3:10)その「献身」を通して、私達は神様を礼拝をすることができるのです。(ローマ12:1)

レビ記の4つの柱
あなたたちは自分自身を聖別して聖なる者となりなさい(11:44)
神様に近づくため、神様は、イスラエルの民に聖なる者となりなさいとおっしゃっています。これは、汚れたものから自分自身を分離させることを意味します。しかし、私たち人間は自分の力では、聖なる者になることはできません。そのため、イスラエルの人々も多くの犠牲を献げなければなりませんでした。祭司は、毎日毎日、動物を殺し、火の上で焼くという、終わりのない過酷な任務を遂行しなければなりませんでした。このことが、やがてメシアの到来の願望へとつながるのです。

血はその中の命によって購いをする(17:11)
この聖句は、上の聖句を受けています。生き物の命は血の中にあるからこそ、犠牲を献げるためには、血を流さなければならないのです。この御言葉の実現が、イエス様の十字架の贖い(私たちの罪の身代わり)です。(ヘブル9:12-14)

自分自身を愛するように隣人を愛しなさい(19:18)
この御言葉は、律法の心臓部であり、神様ご自身を現されています。イエス様は弟子達たちに愛することのお手本を示されました。神様と共に生きる私達が、神様と同じように、私達が隣人を愛することを、神様は何よりも望んでいらっしゃいます。

50年目の年を聖別し、全住民に解放の宣言をする(25:10)
このヨベルの年(安息の年)についての記述は、出エジプトの50日後に十戒が与えられ、イエス様の復活後の50日目に聖霊様が降ってくださったように、神様の働きの後に『解放(安息)』が与えられることを意味しています

7つの祭り(レビ記 23章)
レビ記には、神様がイスラエルの民に定めた7つの祭り(祝祭日)があります。春の祭りが4つ、秋の祭りが3つの計7つです。
このイスラエルの祝祭日は、新約聖書の時代に新たな意味を持ちます。


①過越祭(すぎこしさい)イエス様の十字架の贖い
②除酵祭(じょこうさい「パン種を入れないパンの祭り」)罪なきイエス様の象徴
③初穂の祭りイエス様の復活
④七週祭(ななしゅうさい)ペンテコステ
(長い雨季の後)異邦人の救い

⑤角笛の祭り再臨と裁き
⑥贖罪日(しょくざいび)悔い改めと救い
⑦仮庵祭(かりいおさい)千年王国

このように「レビ記」は、「救いの根幹」が神様によって明確に現されている書巻なのです (Report by Mimita)




GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 「これらが名である・・」30... | トップ | 「荒野にて・・」30分de一巻 ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
礼拝の大切さ (Mimita)
2016-09-17 06:51:11
日曜日の礼拝が「ただ、行くだけ」の習慣として行為であったなら、それは、礼拝とは言えないと思わされました。

神様との深い交わりを愛する兄弟姉妹、そして、神様を知ろうとしている未来の兄弟姉妹と共に「霊とまことを持って神様を礼拝したい」と願い、神様の恵みに感謝し、祝福を期待しつつ、礼拝を奉げようと思いを新たにしました。
神は呼ばれた! (Mu)
2016-09-17 06:58:17
聖書は「光」で始まり、「光」で終わる。しかし最初の書、創世記は「光と命」で始まったものの、「闇と死」で第一巻の幕を閉じる。そして第二巻では、罪の奴隷で「闇と死」に苦しむ人間が、洗礼を経て、約束された神の御国へと旅する神の民の歩みが記され、そしてその背後にはいつでも神様の働きがあることに感動。主は生きておられる!共にいてくださる!!

そして次は年間通読でも最大の難関ともされる第三巻「レビ記」。『レビ記に感動が?』なんて疑ってはいけない。感動を求めて読みました、予習復習合計67章。そして教えられました。ここに神様が呼ばれ、語られる救いの根幹があること。「神は呼ばれた」の書、レビ記。今回も聖書の深さに圧倒されました。感謝します。
amazing!! (kent)
2016-09-18 12:06:46
It amazing how the Lord is able to use us even though we are not worthy enough. Many follower were not perfect in the sight of the world but the Lord uses them to show how great God is by using them. I have my own troubles and distrust but I am putting my hope in theLord who is able to use my weakness into strength!
マナラタ! (itou)
2016-09-27 16:24:10
聖書全般に深くかかわるところで、(旧約はとても根本的で大事な所です)頭がパンクしてしまいました。拙い私の感想の一部です。「神は聖なるものであるので、私達も聖なるものになるように」、「命は命で贖わなくてはならない」。こう来られると全くアウトです。肉体人間は矛盾したものを持っています。とても義なるものにはなれません。宇宙の真理、摂理に沿うことはできません。故に真理にまみえると、消滅してしまいます。(神にまみえると死んでしまいます)真理でないこの地球社会文明がこの宇宙に存在することは考えられないような事です。存在する事には意味がある事を思います。律法を人間には出来ない事を神様はご存知です。それ故に逃れの方法を与えて下さっていました。(ローマ7:13、ガラテア17、・・・。)律法は私達が不義であることを分からせてくれました。どこからどこまで、矛盾しつくしたこの世界と私。この整合性のない世界。ここで義とせられるためには理屈抜きでイエス様に包んでいただき、イエス様をお迎えするしかない事を味わっています。(第一コリント1:18~21、コロサイ2:6~23)「世は自分の知恵で神を知ることができませんでした」とあります。アーメンです。人間の考えの中に神は収まり切れません。全ての良もの、良き力はキリスト・イエス様に全てあります。このステージまで育てて下さった神様に感謝します。宇宙の完成が早くなされますよう。マラナタ!
神様と共に (渡邊由佳)
2016-10-17 04:58:04
「今まで、罪の支配下にいた人間に、神様が自分と共に歩む方法を教えてくれたのが、このレビ記である」 この一言で、レビ記の印象はかなり変わった。 今迄は何となく難しくて近付きにくい、決まり事が書いてある書簡だと思っていたからだ。しかし、本書を通して、神様が自ら、前も後ろも分からない私がどうしたらいいのかを、事細かく提示してくださっているのだ。であるならば、毎日何度も起こる選択の際に、常に自分を聖く保つためにも、少し立ち止まって祈り求める事が、大切である事を教えられた。神様が与えて下さった、私を守る為の愛の書。「 嫌わずに読みたい」と、心から思った。
礼拝規定 (takashi)
2016-12-27 19:39:08
レビ記に何が書いてあると聞かれると、
民数記の個所とごっちゃになっていることに気が付く、
頭の中で整理をしないといけないと感じた。

レビ記はモーセを通して神が語った礼拝規定であり
礼拝が大切であることを語った書である。

大切なことは捧げものと献金、
献金と聞くとルカ21章を思う。
金額ではなく気持ちが必要ということが
この箇所からよくわかる。

現在に必要な捧げものは献身
自分を神の働きのため捧げるという気持ちになれるよう日々祈りたい。
神は呼ばれた (えんぢぇる)
2016-12-28 08:41:28
☆礼拝の大切さ、☆聖書の深さ、☆神の愛、☆献身への思い...聴いた者、一人一人に語りかけがありました。今まで遠〜〜くあったレビ記が、かなり近くなりましたね。ハレルヤ感謝します
身も心も捧げます! (奈都(なつ))
2017-02-07 11:18:53
のっけから、イスラエルのお寿司屋さんの話。
貝類が無いよと。
鰻屋さんもありません。
なぜ?レビ記の11章に、書いてあるから。
何故?どうしては、多分神様の深遠なお考えがあるのでしょう。

それで思い出したのですが、中学 高校時代
規則が色々ありました。
靴下の色まで細かくて、バカバカしいなと
思っていました。

レビ記には、沢山の意味不明なお約束がありますが、それってつまり我が校の生徒になるの?ならないの?と言う事だったのですね。

レビ記の時代、世界にはどの位の民族が居たかは、知りませんが
確かな事は、神様はイスラエルを御自分の民とされた事です。
だからなんで貝がだめなの?とか鰻が駄目なの?ではなく、神の家の子供になるか、ならないかだったのですね。

瑣末な例ですが、我が家でも
「うちは家、他所はよそ!」
と子供達に言った事が、ありますね。

それから現代クリスチャンの捧げ物は
献身と献金。
霊と誠を持って、神を信じ隣人を自分を愛する様に愛しなさい。
これが献身。

一方の献金ですが、これってよ~く分かります。3歳の子供が、お母さんのお手伝いをしたい
と、言いますね。
正直、手伝って貰うとかえって……。
でも嬉しいじゃありませんか!
きっと神様も人間の献金を、微笑ましく思っていらっしゃるのかなと思います。

ついついラオデキっちゃう(ラオデキア化する意味)日本のクリスチャンは、どうしたら常に喜び絶えず祈り、全ての事に感謝できる
神と共にいる、つまりインマヌエルな者になれるか、重大な課題だと思いました。
礼拝規定追記 (Takashi)
2017-11-12 14:32:46
レビは一番危ない部族で、モーセが十戒を受け取るために山に登っている最中に、
偶像を拝み罪を犯したイスラエル人3000人を、唯一偶像を拝まなかったレビが殺した。
この出来事がペンテコステの際に救われた3000人につながっている事や、50日の意味が完全数7をかけた次の数で希望につながっていること等、
新約へつながる旧約に隠されている項目に驚かされ、聖書の奥深さに感心させられる。

神が直接民に語られた書簡であり、私たちにとっても重要な書であり、私もそのように読む必要があると感じた。
神と共に居るために (奈都)
2017-11-12 15:41:13
イスラエルの民が、神から頂いた律法は
613個あります。
そのどれ一つとして、無くても良いものなど
ありません。
なぜならイエス様が、御自身を律法の
創始者であり完成者である。
と宣言されてますから。

では、なぜ全焼の生贄を行わなくなったの?
なぜペテロは、穢れた物を食べなさいと
神様から言われたのか?

私は何時も、この問題に触れる時
小学校の情景を思い出します。
小学校に入学した時、様々なお約束を
覚えさせられました。
その中に、廊下を走ってはいけません。
走ったら、その走り出した所まで戻って
歩く事。
これが約束されていました。

すると…いるんですよ。
これで人を裁きたがる、不届き者が。
ある日、クラスの子が怪我をして頭から
血を流しました。
それを見た子が、慌てて先生を呼びに行こうとして、廊下を走ったら

『あ、廊下走った!やり直し!』

と騒いだんですね。
ここに人間の本質が、見えますよね。

神が旧約から新約に舵を切られたのは
人間の信仰の成長を望まれた事も
ある気がします。
目に見える、礼拝。
動物犠牲とか、律法の厳守より
もう一歩、前に出たインマヌエル信仰。

またその結果、パウロが言う様に
異邦人に宣教する為には、異邦人の様に
なれますから。


それからレビ記にある、イスラエルの祭り
これは神の御計画と、切っても切れないので
頭に入れておくべきです!

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事