Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

2019 First Message「黒い斑点?」

2019年01月06日 | Good News
あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神であるからです。(ピリピ 2:13)

「天才とは1%の才能と99%の努力だ」この有名なトーマス・エジソンの言葉の真意は「1% のひらめき(聖霊の力)がなければ、99%の努力も無駄になる」と言う意味である。

この1%のひらめきこそ、不可能を可能にし、私たちを絶対に間違うことのない方向に導いてくださる(目に見えない)聖霊の力なのだ。(メッセージより抜粋)

  

GNSのメインページはこちら!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 2018 Last Message「神の名」 | トップ | 黙示録講解 Vol.8(サルディ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年の目標! (Kent)
2019-01-06 13:42:55
今年最初の礼拝で、僕が特に最気をつけたいと思ったのは、迂闊に物事を言わないようにすると言うことでした。箴言23:1に「慎重に生きなさいと」語られてます。人生で色々な苦難は付きものですが、一番大切な事は、聖書から学ぶことです。体験から学べることは沢山ありますが、痛い体験をしてから学ぶより、先ず聖書から学んで、失敗から自分を遠ざけるように過ごしたいです。

そして、目的に達成するには、第二の目的を切り捨てなければならない。クリスチャンのベースは御言葉です。この世の価値観から学部ぶのでは無なく、しっかりとクリスチャンとしてのビジョンを持つことが大事です。

ピリピ2:13に、私達は聖霊の力によってのみ、成せることが出来る。勿論、努力も大切ですが、聖霊の働きと力がないと、僕たちの努力も、無駄になってしまうからです。今年も、聖霊の力に頼りつつ、自分で出来ることには努力を重ねて、今年の目標を達成して行きたいと思います。
神様といつも一緒に (Mimita)
2019-01-06 15:57:53
毎年、毎年、感じるのは、「老い」
今まで、感じなかったことなのに、ここ最近、ひしひしと感じること、
それは
「できない」
と言うこと。
「時間内にできない」
「もっと、やれたのに」
「重い物が持てない」
「遅くまで起きていられない」
「疲れが取れない」
「堪え性がない」
「小さい字が見えない」
「物をきちんと掴めない」
「針穴に糸が通せない」
「バランス感覚がない」
できないことがドンドン、増えていく…。
(年頭から否定的でゴメンナサイ・・・)
でも、それは、事実で、仕方がないこと。
でも、今まで、やれたことが、できないと腹が立つ
イライラする
落ち込む
時には、号泣したくなる
受け入れられないことが多くなる・・・
今までは、クリスチャンだから、自分のやっていることに自信があった・・・
でも、神様の計画を私は全て知り得る事ができるはずない
一昔前までは、年頭に壮大な目標を立て、いろいろな計画を立て、希望に燃えていた。
事を成そうと頑張っていた。
それもいい、でも、少しずつ、変わっていく。
環境も、状況も、周りの人たちも、そして、自分も。
今の自分を見つめ、その、「黒いしみ」が神様の計画のどこの一部であるか、今年は、ゆっくり、神様と共に旅に出ようと思わされました。
人生、80年と考えれば、後半が始ったばかり。
2019年、最初のメッセージありがとうございました。
ひたすら (MU)
2019-01-18 16:28:09
参加予定だった新年礼拝に己の「迂闊」ゆえ参加できず。。。失敗アプリケーションで始まった2019年。音声メッセージをいただけることに感謝。GNSには珍しく、2018年と同じ書からの年間聖句。

2018年:
わたしを強めてくださる方のお陰で、わたしには全てが可能です。(ピリピ 4:13)

2019年:
あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神であるからです。(ピリピ 2:13)

ピリピ書、喜びの書。2018年を振り返っても、混沌さが増していることを感じる。今年2019年は、日本ではまた一つの時代が終わり、新しい時代が幕を開ける。とは言え、「新時代」と手放しで喜べる状況ではないのは、年始からありあり。(己の失敗だけでなく)
そこで再度2018年の聖句を聞き、自分のアプリケーションを紐解き、喜びの書に向かう時、今年の聖句をいただいた。
}ひたすらキリストの福音にふさわしい生活を送りなさい。(ピリピ 1:27)

主に「ひたすら」忠実に生きる時、内に働く聖霊様が御心を為させて下さる。2019年からこの御言葉を生涯の指針となせるよう、祈ります。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事