ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奇跡のメダイユ(メダル)を求めて 奇跡(不思議)のメダイユ教会@パリ

2015-06-03 | My Paris
一年半前にパリに来て、し残した4つのミッション。

その第一は「奇跡のメダイユを手に入れること!」

奇跡のメダイユとは、1830年に、カタリナ・ラブレという修道尼が「心を込めてメダルを作りなさい」というマリアのお告げを受けつくったメダイユ(メダル)のことです。

このメダルをコレラが流行した際に人々に配ったところ、コレラが収束したと言い伝えられています。
そして、このメダルを持っていると奇跡が起こる、幸せになるという話が世界中に伝わり、jesterの小耳にも伝わってきたわけです。

もとはというとこの本

修道院のお菓子と手仕事
修道院のお菓子と手仕事

を読んでいて知ったのですが。

この本、日本全国の修道院と、そこで作られているお菓子や手仕事が紹介されている素敵な本です。

その頃、いろいろ疲れて、もう尼さんになってしまおうかなどと冗談半分に考え

この本を読んでは

「はあ~~ 世俗を離れた祈りと手仕事の毎日、いいわあ~~」

などとため息をついていたのですが、
その中で特に気をひかれたのが「不思議のメダイ」という87ページの写真。



幼少の頃より「不思議」とついたものはアリスであろうと文学全集であろうと世界××発見であろうと、めちゃくちゃ心惹かれ、好奇心でいっぱいになってしまうサガをもつわたくしとしては、「不思議のメダイ」とはいったいどのような物だろうと思い詰め、どうにか手に入れたいと思っていました。

ところでこのメダイユ、実は日本でも買えるのです。全国の「サンパウロ宣教センター」で販売されているらしいです。
さらにネットで検索すると、たくさん出てきます。

でも、どうせなら、パリで買いたい・・・

ネットなどで売られてるものには「偽物」も結構あるらしい。
ほかの国で作られたものも多いといううわさだし。

というわけで、今回のミッションNo.1となったわけです。


メダイユを作りなさいというマリア様のお告げを受けたカタリナ・ラブレさんのご遺体は、死後、湿気の多い地下墓地に埋葬されていましたが、56年たって発掘されたにもかかわらず、腐敗することなく元の姿のままだったそうです。
それも現代に伝わる奇跡だということ。

そして現在は礼拝堂にその遺骸が安置されて、世界中から多くの人が巡礼に訪れているのだそうです。

今やパリ観光屈指のパワースポットとして有名になった「不思議のメダイ教会」(とこの本では訳されていますが、奇跡のメダイユと訳すのが近いと思います)を今回は訪れてみました。

Chapelle Notre-Dame de la Médaille Miraculeuse(奇跡のメダイユのノートルダム礼拝堂教会)
  
140, rue du Bac 75007 Paris



メトロの Sèvres-Babylone(セーヴル=バビロヌ)駅で降りて迷いつつも行くと、街中の路地を入ったところにひっそりと教会があります。



ちょうどミサが始まる前で、人がたくさん集まっていました。

この祭壇の右側にカタリナ修道尼の遺骸がはいったガラスの御棺があります。
(上の画像にも右の白いマリア像の下のライトで内部が照らされている御棺がちょっとうつっています)

ロウ人形のようで本当に死後何十年も経っているとは思えない感じです。

アメリカ人の観光客とかは遺骸を写真に撮っている人もいましたが、私はなにか「バチが当たる」ようなおおそれ多い気がして、カメラを向けることはしませんでした。

(ちなみに左側にも誰かの遺体がはいったガラスの御棺が。こっちはちょっとロウ人形っぽ過ぎるので、多分フェイクだろうと思いつつ・・・良くわかりません・・・

ミサにも参加させていただきましたが、世界中からの巡礼者で込み合っていて、席に座るのもやっとのこと。


私の横にフランス人のおばあさんが座っていて、あとから来た人に話しかけられ何か喋っていましたが、その後私の方を向いて、

「そこをつめて、座らせてくれないかって言われたけど、断ってやったわ。だってもうすでにぎゅうぎゅうですもの。
私は歌を歌うのが好きで、いつもミサに来ているのよ。あなたは?」


などと勝ち誇ったようにフランス語でいう(っているのではないかと感じた)ので

「私も歌が好きよ」

などと思わずいい加減なフランス語で答えてしまった結果、その後全く意味が分からないフランス語の讃美歌を楽しそうに歌っているふりをし続け、たまにはおばあさんとうなずきあい微笑みあいながら歌い続けなくてはいけないという、なんともつらい修行になってしまったのですが・・・・




さて、礼拝堂に入る前の通路の左側に小さな「メダイユ売り場」があります。

ミサが始まる前はたくさんのお客で大混雑していましたが、終わって出てくるとそれほど人はいませんでした。



メダイユは質素に、まるでアクセサリーのパーツ売り場のように販売されていました。

そしてとても安いです。一つ1ユーロ前後、日本円で100円前後です。

私はたくさん買ったのですが、6ユーロしなかったでした。

ただしこのメダイユ、誰かにプレゼントするのはいいけれど、転売は禁止だそうです。

転売するとご利益がなくなるとか。(日本で、とくにネットでは買いたくなかったのはこのせいもあります)


会計をしてくれたシスターが穏やかなフランス語で「英語が話せますか?」と聞いてきて、

「もし話せるなら、ここの外に出たところにシスターがいて、あなたの買ったこのメダイユを祝福して、魂を込めてくれますよ」と教えてくれました。



外に出てみると、3人ほどのシスターがメダイユを買った人たちで祝福を希望する人たちに次々とお祈りしてくれています。

私も早速頼むと、メダイユを私の手に置いて、その手をそっと下から支える感じで持ち、英語で2~3分ほどお祈りしてくれました。

・・・なんかこういうのに弱いんです・・・・・(汗

・・・そのお祈りの間、とても不思議な力がシスターから伝わってくるのをピリピリと感じたのでございます。

ちなみに一緒にお祈りしてもらった家族Bも

「シスターの手を通して、天から力が下りてきている気がした」

などと申しておりましたので、あながち乗りやすいわたくしだけの症状でもなかった感じです。





その時買ってきたメダイユたち。

金や銀のメダイユ、またそれに青や緑のコーティングがしてあるもの。

なかなか気に入って、それからは紐に通して、首にチョーカーのように飾って旅のお守りにしておりました。

といってもキリスト教徒ではないのですが・・・・

(でも、ロンドンで、ウエストミンスター・アービィ(教会)のミサで『聖体拝受』を(ひょんなことから)受けてしまったことは内緒です・・・

だってウエストミンスター教会はイギリス国教会だし・・・・

マリア様信仰はカソリックですし・・・ああああ


まあいいか。

かの三輪明弘さんも「マリアさまはご利益がある!」と言ってたし。



ちなみにメダイユ好きなjesterはロンドンのウエストミンスター・カシドラル(寺院のほう。ウエストミンスター・アービィと違って、こちらはカソリック)でもメダイユを購入。



マリア様以外に、マザーテレサとか天使とか、デザインがいろいろあります。

これは結構高くて、フランスのものの3倍~5倍ぐらいしてました。



ああ、崇高な宗教の話をしているつもりが、またいつもの物欲の話になってしまった・・・

神よ、マリア様よ、罪深きわたくしをお許しください。


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ユーロスターでロンドンから... | トップ | ギュスターブ・モロー美術館へ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メダイユ・・・ (igu)
2015-06-03 13:07:04
手の上にてんこ盛りのメダイユを祝福してもらっているjesterさんを想像してしまいました~!
シスターからピリピリと伝わって来たという何かの力。
なんか有り難くて敬虔な気持になってしまいますね。

jesterさんの「メダイユ」コレクション・・・これからもどんどん増えていくのだろうなあ~
でもこんなに種類があると・・欲しくなるのも解ります!
デザインにそれぞれ特徴があって清らかで美しいですね。

修道院の手仕事の本、読んでみたくなりました。

それにしても1ユーロって安い。
日本の神社のお守りは安くても500円以上はしますよ~

iguさん♪ (jester)
2015-06-06 08:25:21
iguさん、いらっしゃいませ~♪ いつもコメント、ありがとうございます~

>手の上にてんこ盛りのメダイユを祝福してもらっているjesterさんを想像してしまいました~!
シスターからピリピリと伝わって来たという何かの力。
なんか有り難くて敬虔な気持になってしまいますね。


そうなんです♪
しかしロンドンに戻って友人に「奇跡のメダイユ買ってきた」といったら
「なにそれ、カルト宗教?」とか言われてへこみましたが・・・
カルトじゃないです!!


>jesterさんの「メダイユ」コレクション・・・これからもどんどん増えていくのだろうなあ~
でもこんなに種類があると・・欲しくなるのも解ります!
デザインにそれぞれ特徴があって清らかで美しいですね。


かさばらないし、高くないし、コレクションとしては結構優秀です♪



>修道院の手仕事の本、読んでみたくなりました。

とってもお勧めです♪
良かったら今度お貸ししますよ♪


>それにしても1ユーロって安い。
日本の神社のお守りは安くても500円以上はしますよ~

ひとつ1ユーロしないのもあって、そこが信頼できる感じです。
金儲け主義じゃないなと思われます。
教えて下さい (青龍)
2015-09-06 20:15:52
初めましてなぜか急に奇跡のメダイユを知る事になり
検索していてこちらにお邪魔しました。

検索していて教会で頂こうと思ったのですが
画像検索していて疑問に思った事を教えて頂きたく
突然書き込みさせていただきました。

実際に現地で拝見された方なら間違い無いと思いますので教えて下さい。

画像検索していて星の位置が左右対称になっている物、一番上に一個そしてその後左右にある物がありますがどちらが本当でしょうか、国によって違うのでしょうか。
青龍さん♪ (jester)
2015-09-07 15:32:21
青龍さん、こんにちは。

>画像検索していて星の位置が左右対称になっている物、一番上に一個そしてその後左右にある物がありますがどちらが本当でしょうか、国によって違うのでしょうか。

買ったことは買ったのですが、内容については詳しくありません。ごめんなさい。

私が教会で買ったメダルは画像を見られるとわかりますが裏面の周りに全部で12個の星が付いています。

そして時計でいうと1時と11時の場所から始まっています。左右対称というやつですね。

しかし「修道院のお菓子と手仕事」の本に乗っているメダルのは12時の場所から星が始まっていますね。

もしかしたら2種類あるのかもしれません。
すみません、お役にたてず。

12個の星はこの教会を表しているらしいです。

パリに行かれるのでしょうか?
どうぞ良い旅を!
ありがとうございます (青龍)
2015-09-12 17:16:40
お返事ありがとうございます
来年の気候の穏やかな時期に行きたいと思います
沢山種類もあるみたいで楽しみです
これからもいろんな情報楽しみに拝見させて頂きますね。
青龍さん♪ (jester)
2015-09-12 18:50:21
青龍さん、コメントありがとうございます! 

>来年の気候の穏やかな時期に行きたいと思います
沢山種類もあるみたいで楽しみです
これからもいろんな情報楽しみに拝見させて頂きますね。

来年行かれるのですね~~
5月から6月ごろのパリはほんとにいいですよ♪

またぜひコメントしてくださいませ♪

コメントを投稿

My Paris」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事