ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

電子書籍リーダー Kindle キンドル の初歩的・基本的な買い方、使い方など

2013-04-08 | Kindle
以前Kindle Paperwhite を購入した記事を書きましたら、そこに高冷社さんからご質問をいただきました。


ご質問;電子書籍を欲しいと思ってますが、購入してから、どういう風にすれば活用できるのかがわかりません。
初心者相手と思って、具体的に教えてください。インターネットとメールしか出来ないものです。



高冷社さん、私はそれほど詳しくはないのですが、できる限りお答えしたいと思っています。
当初はコメント欄でお返事していましたが、長くなりそうですし、リンクを張ったほうがわかりやすいと思うので、コメント欄ではなく、こちらでご返事いたします。
(なお、私もよくわかってないところがあるかもしれません。ご購入の前にはぜひ今一度、アマゾンのサイトでご確認くださいませ)

「電子書籍リーダー」はKindleなど、電子書籍を読むハード(機械)とお考えください。
「電子書籍」は書籍が電子ブック化されて、「電子書籍リーダー」で読めるものです。


細かい製品説明は、アマゾンのサイトに載っていますが、そこではよくわからないようなことを書いていきます。

(この記事内の画像にはすべてそのショップに行けるようにリンクを貼ってあるので、クリックしてみてください)

まず、電子書籍リーダーには、Kindleだけではなく、ほかにもいろいろなメーカーから出されているハードがあります。たとえば楽天で出しているKobo



など。これはすんごく安いですね。
Koboはいろいろトラブル続きなので、安売り攻勢に出ているのかもしれません。リーダーを安く売って電子書籍を高く売るので儲ける、という戦略と思われます。
楽天ゴールドカードをもっている人(?)に無料で送りつけるといったことも行われたらしく、それがネットですごく安く転売されたりしていましたし。

発売当初、KoboとKindleとどちらにするか考えていたので、Koboにも結構注目していました。

しかし鳴り物入りだった発売当初から、出ると宣伝されていた数の書籍の電子化が全然できなかったり、初期設定や使い方が難しく、ヘルプに電話してもスタッフの対応が悪かったりと問題続出でした。

その時の楽天の三木谷社長の自信満々の記者会見後、トラブルに対する稚拙なごまかし方や、購買した人の怒りのこもった評価の低いレビューを消してしまうなど、対応に誠意がなく気に入らなかったので、私は購入する気はなくなりました。
一事が万事といいますしね。たとえ投げ売りされてもいりません。

Kobo自体の使い勝手については使っていないのでわかりません。ネットなどによるとKindle のほうが良いと言っている人が多いようですが、すごい差があるとは思いません。
とりあえず販売会社の信用度が、三木谷社長以下楽天側の態度ですっかり下がってしまったので、今後の書籍の電子化も怪しい気がして、私はKoboはなしです。


私の使っているのはアマゾンの

Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite

です。(この上の画面をクリックすると、売り場に行けるリンクを貼ってありますので、そこから詳しい商品説明などを読んでみてください。その画面の上のKindle ストアのリンクをクリックすれば、その他の製品の説明も見られます。)

まず考えなくてはいけないのは、自分が欲しいのが、「本が読めるだけの『電子書籍リーダー』」なのか、ほかにもインターネットなどができる「タブレット」(キーボードがない小型のパソコンと考えていいと思います。)なのかということ。

電子書籍リーダーとして「タブレット」を使うことは、ipadなどでも、『Kindleのアプリ』を入れればできます。(読書用アプリにもいろいろあります)


アマゾンで出しているインターネットができる「タブレット」には例えば

Kindle Fire HD 16GB タブレットKindle Fire HD 16GB タブレット

などがあります。

「タブレット」である、「Kindle fire」などを買うか、「電子書籍リーダー」である「Kindle Paperwhite」などを買うかは、個人の使用目的で違うと思います。

なお「Kindle fire」は画面がカラーで、「Kindle Paperwhite」は白黒です。なので、写真集などを見たいときは、「Kindle Paperwhite」はむかないかもしれません。

私は、目が疲れないこと、軽いこと、値段が安いこと、バッテリーが長く持つことなどに加え、「タブレット」は別に持っているので、本を読むのには「電子書籍リーダー」である「Kindle Paperwhite」を使っています。(この辺のことは詳しくは以前の記事をお読みください)

タブレットはApple社のipadを使っています。(タブレットを使うには、Wi-Fiでご自宅と公衆LANでのみ使用する場合以外は、電波の使用量が毎月かかり、契約が必要です。電子書籍リーダーは、これがかかりません。)



以下、電子書籍リーダーである「Kindle Paperwhite」を基準に話をしていきます。(もしタブレットをご購入ご希望の時は、またコメント欄でお知らせください。)


ご質問;心配だったことの一つに電波がどうして届くようになるのかと言う事も在りました。これは、携帯と同じで、購入時に私あての電波を振りつけてくれるのでしょうか。実は携帯電話は使ったことが無いので、今使ってる光回線に無線ルーターを用意するして使うのかとも考えたりしました。

Kindleで本を読むときは「電波」はいりませんが、本を購入するときには「電波」が必要です。いったん本を購入してしまえば、ネットにつながなくても本が読めます。


私の使っている「Kindle Paperwhite」はWi-Fi(ワイファイ)・モデルで、家の中に無線LANが飛んでいるか、お店などで無線LANが飛んでいるところでなくては、電波を捕まえることはできません。

ただし、パソコンをお持ちであれば、パソコンにKindleをつないで使うことができます。

そのため、パソコンでネットをなさっているのなら、無線LANの設備を購入しなくても、パソコンで本をダウンロードし、それを自分のKindleに配信することが可能です。

(ただし、購入直後にその購入した末端(kindle)を自分のアマゾンのアカウントに登録するとき、Wi-Fiにつなぐ必要があります。Wi-Fiがお宅にない場合は、公衆の無線LANが飛んでいる場所に行き、登録しなくてはいけないのではないかと思います。この辺、ヘルプを読んでみると、「末端の登録解除はパソコンからできる。登録は末端をWi-Fiにつなげ」と書いてあります。登録がパソコンに末端をつないでできるのかどうかは書いてありません。なので、たぶんできないのだろうと類推しました。しかし未確認ですので、もし無線LANなしでWi-Fiモデルをご購入する場合は、アマゾンでお確かめください。)

パソコンで購入した電子書籍は、パソコンとKindleとを付属の充電用コードでつなぎ、PC経由で配信できます。(このやり方はアマゾンのヘルプなどを参照してください)

末端の登録のためにスタバにいったり、本を買ったときにいちいちパソコンとKindleをつなぐのが面倒なら、無線LANのルーターをご購入なさるといいと思います。

2000円~3000円ぐらいの安いものでも、部屋のなかで使うなら、まったく問題ありません。

ちなみに私の使っている無線LANのルーターは

Logitec 無線LANルータ 300Mbps 11n/g/b 【スマホからも簡単設定】 LAN-W300N/PLogitec 無線LANルータ 300Mbps 11n/g/b 【スマホからも簡単設定】 LAN-W300N/P

このぐらいの安物です。これでも同じ部屋で使うなら、まったく問題なしです。

使い方はとても簡単です。説明書通りにつなげば、パソコンも家の中でどこでも使えるようになります。

もし広いおうちで、1階と2階でも使いたいというのなら、少し値段は高くなりますが、

BUFFALO 11n/g/b対応 ハイパワー 無線LANルーター Air Station 単体 WHR-HP-G300NBUFFALO 11n/g/b対応 ハイパワー 無線LANルーター Air Station 単体 WHR-HP-G300N


このようにアンテナがついているタイプが強力だそうです。



さてKindleには、LANがなくても携帯電話のように、Kindle自体がどこでも電波を捕まえられるタイプもあります。

Kindle Paperwhite 3G
Kindle Paperwhite 3GAmazon.co.jp 2012-11-19売り上げランキング : 18Amazonで詳しく見る by G-Tools


こちらの「Kindle Paperwhite 3Gモデル」です。ワイファイモデルの「Kindle Paperwhite」よりも値段は5000円ほど高くなります。

これは無線LANがなくても、携帯電話のように、自力で電波をキャッチします。
そして、その電波の使用料は無料です。
(厳密にいうと、docomoの電波を使用し、料金はアマゾンが払ってくれます。また新たな契約などはいりません。)

こちらのタイプだと、docomoの電波が飛んでるところなら、日本中どこでも使うことができます。

ただし使える範囲はアマゾンストアとウィキペディアだけです。
(これ以上のインターネットを使いたいなら、Kindle Fireなど、タブレットにしなくてはいけません)


さて、どちらを使ったほうがいいのか、これも個人の好みの問題ですが、私は、普通の「Kindle Paperwhite」を購入し、パソコンとつなげて使い、必要なら無線LANルーターを購入するほうがいいのではないかと思っています。

というのは、「Kindle Paperwhite」は所詮、電子書籍リーダー用なので、インターネットとして使うにはとても「遅い」のです。
3Gを使っている方のコメントを読むとそれが指摘されています。

私自身、無線LANはありますが、書籍の購入はパソコンでやっています。
アマゾンの画面もパソコンのほうが見やすいし、早いからです。
購入時にダウンロードする場所をKindleに指定してダウンロードしています。
(ほかにもタブレットやスマホでKindleのアプリを使用しているので、そちらを指定すればそちらに落ちます)

LANを使ってさえ、Kindleの画面でストアに接続すると、画面が切り替わるのがとても遅くてイライラします
3Gならいかばかりかと想像できます。

また、コミックなど一部大容量のファイルは3G接続でダウンロードできません。

値段的にも、ワイファイモデル+安いLANのルーターを買ったほうが、3Gモデルを買うより安いです。



質問;カバーをかねたすっぽり納まるキーボードつきの付属品があるようです。もしご存知ならその品名とNO.など、お願いいたします。

カバーはいろいろ売っています。

kindle paperwhite カバー /kindle paperwhite 3g PUレザーケース ブラック 黒kindle paperwhite カバー /kindle paperwhite 3g PUレザーケース ブラック 黒

こちらなど、たくさん出てきます。これらは、アマゾンのKindleストアに行かれて、アクセサリをクリックなさって検索すると出てきます。

でも私がざっと見たところ、キーボードつきというのは見つかりませんでした。

どういう目的で、キーボードを使いたいのでしょうか?

キーボードのご使用を望んでらっしゃるということは、本を読む以外にもメールやネットなどをいろいろ使う「タブレット」がご希望なのでしょうか?

「タブレット」や「電子書籍リーダー」の「Kindle Paperwhite」でも、文字を打ちたいときに画面にキーボードが出てくる仕組みになっています。

私の「Kindle Paperwhite」の画面でキーボードを出すとこんな感じです。(画面下に出てくる)



画面をタッチして入力します。
ちゃんとしたキーボードと比べると打ちにくいですが、なれれば打てるようになります。
切り替えて数字なども打てます。


長文を入力・編集したくて、ちゃんとしたキーボードが欲しい場合は、別売りのブルートゥースなどのキーボードを買うということもできますが、携帯するには重いですし、持ち歩くときに一時的に使うなら、内蔵されている画面内のキーボードで十分です。


それと、持ち歩くということを考えると、重いカバーも必要ないと思います。
はっきり言って、布の巾着袋に入れてもいいし、そのままバッグにいれて持って歩いても大丈夫かなとおもいます。
個人的にはですが、万が一落として壊れたとしても、パソコンほど高価なものでもないし・・・と思います。



なるべくわかりやすいようにと書きましたが、くどくなっている部分があるかもしれません。
書き方が下手で、難しいように思えるかもしれませんが、電子書籍リーダーの使い方は決して難しくありません。いまパソコンでネットをなさっているのなら、必ず使えると思います。

もっと詳しく知りたかったら、アマゾンのヘルプにメール/電話してみると、丁寧に教えてくれます。

またご質問がおありでしたら、コメント欄にお書きくださいね





後記;2013年9月3日にKindleの2013年版が発売になるとアマゾンがリリースしました。そのことに関する記事はこちらです♪









コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 根津 釜竹のうどん  そし... | トップ | いろいろなパスワードを管理... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アリエル)
2013-04-09 15:04:59
詳しく書かれていて、私も参考になりました。

>アマゾンの画面もパソコンのほうが見やすいし、早いからです。
購入時にダウンロードする場所をKindleに指定してダウンロードしています

そうですね。私もアイパッドで見たりもしてますが、どうもササット他の場所へ行ってしまったり、
PCがある部屋が上なので、気軽にでき便利は便利ですが、やはりPCの方がいいと思うことがあります。

で、いつか、いつになるか買う日のために。
ダウンロードの場所指定は、簡単にできるのですか?
そこで難しいと困った、と思いました。よろしく。
Unknown (くっちゃ寝)
2013-04-10 14:57:36
以前jesterさんが書かれた記事を読んで、全く興味がなかったKindleに興味を持ちました。
でもアナログ人間ゆえ、Kindleと他のタブレットの違いもよくわからず・・・
それが↑を読んですっきり!

今はまだ紙の本に愛着がありますが、出かけるときにバッグに入れるとかさばるし重い。
若いときは気にならなかったのにねえ。

私もいつか買うときがきたら、これを参考にさせて頂きます。
アリエルさん♪ (jester)
2013-04-10 21:04:49
アリエルさん、いらっしゃいませ♪ いつもコメント、ありがとうございます♪


>詳しく書かれていて、私も参考になりました。


そういってくださるとうれしいです♪ありがとうございます♪


>そうですね。私もアイパッドで見たりもしてますが、どうもササット他の場所へ行ってしまったり、
PCがある部屋が上なので、気軽にでき便利は便利ですが、やはりPCの方がいいと思うことがあります。


ipadで見るのはパソコンと同じ画面ですが、Kindleで見るのと全然違います。
Kindleはe-inkなので、ほんと~~に遅いのです。
それに表示される画面も全然違います。


>で、いつか、いつになるか買う日のために。
ダウンロードの場所指定は、簡単にできるのですか?
そこで難しいと困った、と思いました。よろしく


場所指定は簡単です。
パソコンやタブレットでアマゾンで電子書籍を購入する場合、購入画面に、どの端末に配信するか選ぶウィンドウがあり、そこからプルダウンして選ぶのですが、プルダウンの最初の選択肢がKindleになっているので、何もしないとKindleにダウンロードされます。
くっちゃ寝さん♪ (jester)
2013-04-10 21:08:17
くっちゃ寝さん、コメントありがとうございます! いつもうれしいです♪

>以前jesterさんが書かれた記事を読んで、全く興味がなかったKindleに興味を持ちました。
でもアナログ人間ゆえ、Kindleと他のタブレットの違いもよくわからず・・・
それが↑を読んですっきり!


いや~~ 私なんかが書いたものではわかりにくいと思うのですが・・・
冷や汗ものです~


>今はまだ紙の本に愛着がありますが、出かけるときにバッグに入れるとかさばるし重い。
若いときは気にならなかったのにねえ。

本棚を持って歩ける、っていうのが革命的です。
例えば親の付き添いで病院に行くのでも、どんなに待たされても、1か月読む分ぐらい持って歩けますし、何を持っていこうかなと迷うこともないです。


>私もいつか買うときがきたら、これを参考にさせて頂きます。

またくっちゃ寝さんが購入なさったら、おしゃべりしましょう♪
Unknown (キャベツ頭)
2013-07-04 11:42:27
PC、タブレット、スマートフォンなどネットワークに接続して使用する機器は一般に名詞として「端末」と称することが多いと思います。あくまで一般的ですが。

キャベツ頭さん (jester)
2013-07-06 08:47:58
キャベツ頭さん、初めまして。

ご指摘、ありがとうございます。
勉強になりました!
良かった (タクー)
2013-12-08 15:50:10
分かりやすかった









良かった (タクー)
2013-12-08 15:51:12
分かりやすかった









タワーさん♪ (jester)
2013-12-11 15:37:01
タワーさん、初めまして。

>分かりやすかった

すこしでもお役にたてたらうれしかったです♪

コメントを投稿

Kindle」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事