「じぇんごたれ」遠野徒然草

がんばろう岩手!

文武両道の日曜日

2018-10-14 19:12:32 | その他

 10月も中旬、いやはや・・・!・・・月日の経つのが早い事・・・(;^ω^)

地域の山羊さん・・・

「うめぇ~・・・」

えっ!?羊は「めぇ~・・・」

では、山羊は?

 

そんな10月の日曜日、9時前に野田渡り、矢崎5千歩コースをウォーキング。

地区内の稲刈りは、未だ30%弱・・・コンバイン主流でこれからが本番という雰囲気。

手前の白い線は二ホンジカ除けの電気牧柵というか電気が通っている線

ソーラー利用・・・?

ここ20年位か?二ホンジカが繁殖というか、多すぎる状態で水田まで被害がでる始末、電気柵で農地への侵入を阻止というところですが、遠野物語でも二ホンジカの存在は古より語られるも小生の少年時代は鹿は一度も観たこと無し、天然記念物の二ホンカモシカは時折観たことあるけど、ここまでメジャーな存在となるとは・・・、おっ家内さま専用車と接触して、こちらは数十万円という修理費の負担、もう参ったという経験も・・・(;^ω^)

 

そんなことを考えつつ、自宅へ戻ると着替えをして・・・

画像の講座受講のため図書館、博物館の視聴覚室へ・・・。

只今、遠野市史編さん中ということですが遠野南部家、江戸期が主の近世文書の調査が進行中ということで、市民向けの講座が開催され、小生も受講というところでした。

正味、1時間半の講義でしたが、解りやすく要点をまとめた内容に大満足、歴史の知識のみならず皆さんの前で分かりやすく解説、説明する技術も必要不可欠ということが実感でき、井の中の蛙、おまけに低学歴では思わず脱帽という講座でもありました。

 

南部家の通史において・・・

鎌倉期において南部光行公(南部初代)が奥州糠部郡を拝領した、下向したという内容については、ほぽ否定されていること等、この分野の歴史も10年前とはかなり変化していることが通例となっていることが解ることでもありましたし、講師先生が仰せでしたが、遠野市史に活かす内容として、武家側のことは文書である程度解ることでもあるが当時の遠野(庶民)の人々、遠野の姿が垣間見れるような市史にしたいという思い、これは賛同しますし、是非に実現して欲しいと期待しております。

 

この講座では少し遠くへ車を停めて徒歩移動、ウォーキングで2千歩近く稼いだという印象。

 

正午過ぎ、帰宅してからは・・・

いつもの福泉寺散策、3千歩コース

少し紅葉は進みましたが、さほどではない雰囲気

夏の猛暑の影響かな?色付きの早いところはあるも、クチャっと枯れているというか縮まった葉が多数・・・。

今年の紅葉は、風台風の影響で結構な数の葉が落葉、さらに暑い夏の影響もあって、そんなに綺麗に色づかないかも?そんな思いも実はしております。

 

落ち葉対策もスタンバイ済み

 

そんな心配をしつつ、一眼デジをぶら下げたまま、妻の神7千歩コースに移行

 

遠野馬の里を過ぎた辺りで振り返ると・・・

遠野方面

 

途中で・・・

べご

 

山羊

 

知り合いのお宅では・・・

猫専用の出窓?

障子が出入りし易いように加工されている・・・笑

 

地域の花っこ

 

 

 

収穫物も・・・

 

結局、午前に5千歩、講座のための移動に2千歩、さらに帰宅してからいつものコースを3千歩、その後に7千歩コース、その他諸々で1万8千歩の日となりました。

 

この日のラストは・・・

市民のオアシスとの位置付けの日帰り入浴施設のポイントカードが、いよいよ満杯直前・・・。

ということで汗を流しましたが・・・

ポイントカード達成で入浴無料券6回分をいただきました。

実は今年2月だったかな?いずれ春先に前回達成してましたが、半年後にまたまた達成・・・いったい何回利用しているんだっ・・・ということではありますが、計算すると週2ペース、月8~9回はお世話になっているということですね・・・

(-_-;)

でもこれからも大いに利用したいと思ってます。

 

今回のタイトル・・・

文武両道

 

意味合いは違いますが、文は歴史講座、武はウォーキングということで、ほぼ一日費やしたという内容ということです。

「さがすぐなったほがに、なんぼがやせだ」日曜日となりました。

 

ところで・・・

合間をみて撮り鉄も近場でしてます。

青笹~遠野

鶯崎

 

 

 

コメント (3)

SL銀河 実りの秋を往く

2018-10-13 18:57:48 | 乗り鉄・飲み鉄・旅

 まさに実りの秋、最盛期・・・

いやっ、終盤に突入ですね。その代表は・・・

リンゴですね。

特に遠野では林檎ということになりますが、これからが旬となります。

 

さて・・・

釜石線運行のSL銀河も今月28日がラストとなってますが、釜石行の往路メインに撮っている身としては、27日は用向きがあって撮り鉄叶わず、然らば20日は?こちらもどうなるかわからずですが、なんとしてでもと思うところです。

なので今回はラスト2的な思いで撮り鉄となりましたが、未だ稲が刈り取られていない綾織の田園を確認したので先週に続いて稲穂と共にということにしました。

 

岩手二日町~綾織

黄金色の稲穂の海原がなんとも美しい・・・

残念ながらこの場所での良煙はありませんでしたが、今時季の実りの秋的な絵が撮れたということで良しとしております。

 

午後は・・・

綾織でご一緒した方々が上郷のリンゴが真っ赤になって、良い感じとのことで、皆さんそこで待ち伏せ予定との声・・・。

季節ものとのコラボは、ひとつの目標でもあるので、ご相伴させていただくことにしました。

 

良い色合い、大きさのリンゴ

2週連続での台風の影響もなんのその、なんとか持ち堪えていい感じに「おがって」・・・笑・・・。

 

まずは在来線で練習

 

そして・・・

 

ちょっと暗めに撮れてしまった・・・謝

望遠用のもう1台は・・・。

リンゴの色合いにもう少し気を使えればよかったかな?

いずれ、まだまだ腕不足を実感しております。

 

コメント (6)

散策で追憶

2018-10-08 16:08:59 | 思いで

 台風くずれでの暴風警報が発令され、夕方近くに切り替わった某日、明るいうちにということで先月からコースに入れた妻の神7千歩コースをウォーキング。

 

こちらは翌日の散策コースにて

25度近く、仕舞いかけた半袖を着ましたが、それでも汗が・・・

爽やかな秋晴れながら、けっこうきつかったなあ・・・。

 

さて・・・妻の神7千歩コースの巻

自宅を出て県道を北進、附馬牛方面に向かう。

上駒木  妻の神の石碑群

駒木バス停傍にありますが、小生の少年時代、道の反対側にも石碑群があり、近年、写真の位置、一ヶ所にまとめられたものですね。

中央の「大峰山」

明治24年、地域の方々が伊勢参り(三重県)の折、奈良県の金峯山(大峰山)へも参拝した記念として建立したもの。

他には・・・

庚申碑、猿田彦碑、湯殿山、秋葉山、狼塔、山の神、早池峰山

地元では、この場所を「くよ」と言っていましたが高校生くらいになるまで「くよ」の意味も知らずに使ってました。

「くよ」とは「供養石」があることから「くよう」・・・くよ・・・ということが後から解って納得というところでした・・・(;^ω^)

江戸時代の文政元年(1818)建立と刻まれた「念佛供養塔」が最古の石碑とのことである。

 

自宅からここまで約500メートル、300メートルほど直進して馬の里方面へ向かい、道なり山際へ歩みを進める。

馬の里の向かいにある蒼前神社

創始は不明とされるが昭和54年に地域で畜産関係を営む方々によって神殿の屋根の葺き替え、拝殿の改築を行ったとのこと。

 

山際の道沿いを妻の神方向へさらに進む。

振り返ると遠野方面、物見山がみえる。

 

子供頃、栗拾いや木の実を集めて遊んだ野山は牧草地がさらに拡大されてますが、それでも当時と同じ雰囲気はそのまま・・・

栗は既に終わってますがドングリ等の木の実は至る所にみられます。

 

上駒木集落からの道と合流地点から妻の神方面

道というか舗装した林道を進めば耳切山牧野、さらに荒川高原に通じる道すがら。

上駒木集落の最奥のお宅が1軒、写真の中ほどにはもう1軒南部曲り屋のお宅がありましたが、小生が中学生の頃かな?空き家となりました。

その後、馬の里というか、その前身施設で青山学院馬術部が夏季合宿を数年継続しまして空き家を宿泊施設として利用しておりました。

合宿も後半部分、小生は社会人となってましたが、毎年、地域の「わげしたず」(若者たち)と交流会をしていたようですが、一度も「かでられだ」ことは無し。

地域の先輩達、後輩達共に女子学生といい仲になりお嫁さんにもらったという話は聞いたことは無い・・・。

ちょっと残念

ざまーみろ・・・笑

 

その空き家もいつしか廃墟となり、今は何も残っていない。

 

 

大沢川

子供の頃は岩魚釣りを興じました。

猿ヶ石川に注ぐ大沢川、下流域も上流域も岩魚の宝庫でしたね。

当時に比べ水量も減り、河川も工事なんかも入って釣りができるポイントは限られてますが、所々に川に至るルートが足跡というか踏み固められている雰囲気があり、少ないですが釣り人が訪れていたかも?そんな形跡があります。

岩魚が未だに居るとしたら嬉しいですね。

 

蒼前神社への参道跡

以前はこの鳥居をくぐって参拝していた名残。

無論、今でも行けますよ。

 

大沢川と太郎沢の落合

向かって右が太郎沢、左が大沢川

やはりどちらも岩魚が釣れましたが、太郎沢(たらじゃ)は川幅も狭く途中までしか釣りをしたことがないです。

さらに「たらじゃ」とくれば当時から名うての熊の出没地帯で有名、当時も今も行きたいとは思わないですね。(;^ω^)

 

旧上駒木会館(集会所)

大沢川と太郎沢の合流点脇に佇む旧公民館

小学生になる頃に建てられた記憶が・・・脇の小道は林道となっていて、少し上から冬になるとソリのコース、遊びとなっていました。

今の上駒木集会所は駒木バス停横にあります。

 

駒木バス停、妻の神石碑から松崎方向へ進むと

小生の住む集落、下駒木となります。

駒木小学校東側にあったO先生の屋敷跡。

又五郎梨と同類の梨の木があって小学生の頃は今時季、友人達と拾って食べてましたね。

その梨の大木も近年、台風の暴風で倒木し今はその痕跡もありません。

いずれ今は蔵と作業小屋が残されているのみです。

 

小学校があった頃は警察官駐在所、教員住宅が並んでありましたが、今はかつての教員住宅が空き家状態となって残されている。

 

下駒木というか駒木地区のかつてのメインストリート

駐在所に商店が上と下(かみとしも)にそれぞれ1軒、上の店は酒屋も営んでおり、他に釣り道具なんかも扱ってましたね。

2年前まで下駒木のバス停がありましたが、バス路線が廃止され、さらに寂しい景色となってます。

バス停があった頃の名残か?

笠置場?・・・まさか?・・・笑

 

下駒木から農道を通って福泉寺駐車場下の県道に至り、左折して歩道を歩いて我が家へ・・・正味1時間、約7千歩のウォーキングコース。

かつて見知っていた集落、空き家があったり新しい家が建ったり、それでも昔みた光景と大きな変化もなく、当時の記憶が蘇ってくる散策でもありました。

頻繁に歩いても懐かしさも薄れてきますので、別コースと織り交ぜながらウォーキングしたいと思います。

 

その福泉寺

 

今年も平日開催なので任に就くことはできない。

ブログを始めた頃は紅葉も序盤という雰囲気でしたが、ここ数年はポスターのとおり、盛りとはいいませんが、良い感じに色づいております。

今年はどうなんだろう・・・?

例年どおりであれば後2週間で最盛期か??

10/21の週が見頃かと思います。

 

10/8 現在

 

それらしくなってきておりますが、まだまだ・・・。

 

暴風で木の葉がだいぶ落ちたということで・・・

受付の任をしつつ落ち葉集めも・・・

(母親です)(;^ω^)

 

ネネ、先月で満14歳

寝ている時間が若干増えた感じですが、それでもテリトリーの巡回も欠かさずということで、元気です。

 

 

 

コメント (4)

久々のSL銀河撮り 往路秋

2018-10-06 18:43:12 | 乗り鉄・飲み鉄・旅

 お盆過ぎ以来のSL銀河撮り

8月下旬から週末の度にイベント等があって撮り鉄が叶わず状態となっていましたが、約1ヶ月半ぶりにSL銀河を撮ることができました。

 

秋も深まり・・・

7月下旬頃から咲いている秋桜、10月となってもまだまだ健在、最盛期はとうに過ぎてますが沿線の某所ではもう少し楽しめそうな雰囲気

 

 

久々の撮り鉄、先週に引き続きの台風の影響を気にしつつ、嵐の前の静けさか?

少し風は出てきているものの、まだ影響は無し・・・。

所々に青空も見えたりしてカメラのホワイトバランスを曇り設定にしたりオートにしたり・・・(;^ω^)

結局は2台のカメラそれぞれにオートと曇りにしました。

 

まずは・・・

 

今回は望遠狙い

70-200と100-400

季節感というか今時の風景ということで稲刈りを絡めた絵ということで岩手二日町と綾織の間に陣取ることに・・・。

ざっと農道を流していると稲刈り後のハセ掛け風景と刈り取り前の水田の風景がありましたので、この場所に決定。

下手に迷っても時間の無駄・・・という思いでしたし、久々の撮り鉄、少しばかり気合も入ってましたね・・・笑

 

 

岩手二日町~綾織

 

思い描いたイメージとは少し違いましたが、気合は入ってましたし、こんなもんでしょ・・・妥協しかないですね・・・(-_-;)

 

午後は馬鹿のひとつ覚えで、いつもの上郷の某所

既に向日葵も秋桜も終わり、跡形もない状態でしたが、それでも10名程度の撮り鉄氏達がスタンバイ。

ここは良煙狙いしかないという雰囲気ですね。

久々の良煙

爆煙とはいかずとも、これくらいで一応満足

 

久々の雄姿

撮る方では一応自己満足でした。

ただ客車をみると空席が目立った印象、小生が心配するほどではないと思うし、気のせい程度であればよろしいですがね。

兎に角にも久々の撮り鉄、午前、午後にも関わらず僅か2箇所のみ、もう少し気合を入れてラストスパートしたいところです。

 

小昼風景(こびる風景)

一休み・・・一休み

コメント (4)

再開、(再会)かな?盛岡にて

2018-10-01 18:46:41 | その他

 10月となりましたが、台風24号来襲ということでの台風一過

秋空とはいかず、吹き返しの強風もあっての台風対応・・・

解放されての夕方

遠野市民のオアシスにて28時間の汗を流すというか癒すというか、少しだけ堪能いたしました。

 

さて・・・

今回のエントリーは某週、盛岡で商売をしている同級生の復活を祝して少人数ではありますがお邪魔して来ましたというお話でーとなります。

 

訪ねた先は・・・

 

個人的には1年と4ヶ月ぶりかな?

遠野と盛岡・・・同じ岩手県内ですので、けっこう時間を置いたかな?と思われる方々も多いと思いますが、諸事情で同級生夫婦が営む写真のお店は昨年末から休業しておりました。

昨年6月に仕事上での盛岡での会合の後に訪ねたが最後かな、その後に休業となっておりますし、同級生達との宴は当ブログの過去ログでは2015年1月となっており3年ぶりということになりますね。(2015.2.1エントリー)

 

いずれ・・・

休業状態となったにも関わらず同級生や友人からの情報を頼り、自ら何かを得ようとか、何かを成そうということは無かった小生・・・このことが少しばかり心残りというか心許ない・・・そんな思いでもありました。

 

今年夏頃から再開されたということで、及ばずながら早目に顔を出したいとは思ってましたが、なかなか・・・今回、姫猫さんが声がけくださり、とにかく日程を合せたということ、盛岡在の同級生も色々とあるということで遠野から3人、盛岡在が2人、少数精鋭で訪ねて来たということですね。

同級生夫婦を合せれば7名ですね。

色々と料理も準備いただきましたが写真は、本来の商売の・・・

撮る前に誰かが巻物を少しだけ食べたようです・・・笑

たぶん島〇千〇子さんだと思います・・・笑

盛岡からは毛針酔人さん、旧姓上郷のМ下さん、ありがとうございました。

また、盛岡で・・・矢車寿司で是非によろしくです。

 

午後10過ぎ・・・

楽しい宴も終了、毛針酔人さんの綺麗な奥様運転の自家用車で大通りまで送られて小生はカラオケ店前で降車・・・、

本来は別な同級生が営むパブというかスナックで二次会ということが常ですが、今回は翌日のこともあり、個人行動ということで・・・(-_-;)

いつもの如く、大都市や地方都市での締めは独りカラオケ

 

ちょっと効いたのか?5曲しか歌えなかった・・・(^_^;)

こんなはずはないと言い聞かせながらラストの曲は・・・?

ちと不完全燃焼ですが翌朝は早目の帰還となりました。

 

同級生のお店を訪ねる前

かなり時間的制約がありましたが盛岡に泊りとか飲んでも帰れるという際は、ほとんど行っている駅地下の立ち飲み屋さん

 

まずは看板でのモルツビール

そして自分的での最低限の肴と共に・・・

角ハイボールとやきとん3点

これが至福の時でもあります。

コメント (6)