Stuck out of the side

英語で書かれた本を、SSS多読法により、楽しく読んでいこうとする中で、感じたり考えたりしたことの記録です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Pirates Past Noon

2013-12-26 21:52:11 | book
5270words

まずは朗読を聞いてみました。
どうやってpiratesから逃れられたのかが今一つわかりませんでした。
その後に自分で読んでみたらわかりました。

piratesの人というのがいまひとつイメージしにくい感じです。
字が読めず、地図も解読できないというのはJackとAnnieが出会った彼らがたまたま読めなかったということでしょうか。
すくなくとも、treasureを埋めたKiddは字が書けたし地図も書けたし、謎を掛けるユーモアも持っていたということでしょうか。ちょっと謎がやさしすぎる感はありますが、難しすぎるとJackとAnnieには解けずに、殺されてしまい、話は終わってしまいます。
そのほかの、上下関係とか、風呂に入っていないし食事の後歯も磨かず、何かあるとfightして力を発散させていて乱暴で、といったイメージは浮かぶのですが。

しゃべる言葉は、Caribbean SeaのPiratesなのですが、やはりEnglishです。
ただ、ちょっと海賊っぽいしゃべり方になっているのと、頭が悪っぽい言い回しになっているところが面白い感じです。

JackがAnnieの言葉を無視するのはちょっとと思いましたが、あとで反省するのとセットになっていたので、必要だったのかなと思いました。2人の行き違いでピンチをまねくパターンはよく出てきます。

舞台が、無人島の海岸と、近くに留めた海賊船と、行き来する小舟に限定されているところが、わかりやすくてよかったです。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Mummies in the Morning | トップ | Pirates Past Noon »

コメントを投稿

book」カテゴリの最新記事