脳内出血と心筋梗塞との共生

脳内出血の発症から13年ちょっと経ち、リハビリ等でいろいろ工夫してなんとか右半身麻痺と、心筋梗塞とも共生を図っています。

2/27パワーリハビリ(*^_^*)

2015年02月27日 20時49分47秒 | Weblog





2/27パワーリハビリ(*^_^*)

おはようございます(*^_^*)
今日も、また、元気に楽しいパワーリハビリだ‼
今日も一日、この様に楽しくパワーリハビリが出来ることは、感謝であり、喜びである☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.☆

今日は、白い雲に覆われた曇りの天気である。冬型の強烈な寒波が日本列島に流れ込んで来ている。超寒くて、本格的な真冬にはいってる~(´・_・
気温は、7-1度である(*^_^*)

今日も、リハビリ(パワーリハビリ、理学療法士、物療)で、スタッフ/友人との大バカ笑い、と気もちの良いお風呂、にはいって、大いに、今日一日、一瞬一瞬を楽しもう^_^;
10時から、夕方四時半までだ(*^_^*)

今日のリハビリは、またお風呂から入り、パワーリハビリはソケイヘルニアの手術後なのでそれを考慮し行い、理学療法士の運動、物療、等の順番で行う。でも、だいぶ最近は、お腹の手術の傷も癒え、かなり普通に力が入るようになり、P-Walk以外のパワーリハビリが出来ている~(*^_^*)
①お風呂での気持ち良い筋肉のほぐし
②仲間、スタッフとの大笑いによるコミュニケーション
③パワーリハビリは上肢、下肢を使ったリハビリも追加し、理学療法士による右半身麻痺への簡単な筋肉への刺激、
等身体によい、三種類のトータルバランスがとれたリハビリを行う(*^_^*)

今週の水曜日は、この前の月曜日が、ショートステイだったので、振り返りで、パワーリハビリにきた~(笑)(*^_^*)
そして、この日は家で、夕食が出来ないので、福祉タクシーが、16:30に向かえに来て、近くの宝塚食堂に、食事に行った~(笑)(*^_^*)

メニューは、サバ、サンマ、ポテサラ、冷や奴、マグロの刺身、肉じゃが、梅干し、恵比寿ビール、等僕の好きなメニューばかりである~(笑)(*^_^*)

僕が脳内出血のため味覚障害になり、最初サンドイッチしか、食べれ無かったが、だんだん味覚が広がった~(笑)(*^_^*)
あ~あ、やはり、この宝塚食堂の食事は、宝塚木曽路とは、また違った意味で、超おいしかったな~(笑)(*^_^*)

味覚には、以下の事が分かっている~(笑)(*^_^*)
【味覚には、複雑な味を組み立てる基本要素となる「基本味」というものが存在します。それらの基本味がそれぞれどれぐらい感じられるかの組み合わせによって、僕達は様々な複雑な味を区別し、楽しんでいるのです~(笑)(*^_^*)
食べ物の味を感じ取っているのは、舌や軟口蓋に存在する「味蕾」(みらい、英:Taste buds)と呼ばれる小さな器官です。人間の舌には約10,000個の味蕾が存在しています。

味蕾には、「味覚受容体細胞」と呼ばれるセンサーのような役割を果たす細胞があります。この味覚受容体に味を感じさせる元となる特定の化学物質が結合すると、その刺激が神経を通じて脳に伝わり、脳の大脳皮質にある「味覚野」という場所で最終的に味として認識されます。
基本味の種類としては?

現在ではとりあえず、「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「うま味」(うまみ)の5つが基本味とされています~(笑)(*^_^*)

この人間の味覚を形成する基本味が何なのかについては長い間議論と研究が行われており、中でも「うま味」が基本味として認められたのは比較的最近の話です。
それまでは、1916年にドイツの心理学者ヘニング(Hans Henning)が提唱した4基本味説が支持され、全ての味は「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」の4つの基本味とその複合で説明できると考えられていました~(*^_^*)

しかし、1907年に日本の化学者・池田菊苗氏がグルタミン酸モノナトリウム塩が昆布のうま味成分である事を発見(翌1908年に「味の素」製造特許の出願)をした事から研究が進められ、2000年に味蕾の感覚細胞にグルタミン酸受容体(mGluR4)が発見された事から、「うま味」も味覚のひとつの要素である事が認知されるようになりました~(笑)(*^_^*)

「うま味」の正体は、主にアミノ酸であるグルタミン酸や、核酸構成物質のヌクレオチドであるイノシン酸、グアニル酸、キサンチル酸など、その他の有機酸であるコハク酸やその塩類などによって引き起こされる味覚です。
「うま味調味料」として知られる「味の素」も、L-グルタミン酸ナトリウムを主成分としています。
日本や中国、東南アジア諸国など、東洋の文化圏においては、古くからこの「うま味」を料理の中で重視してきました^_^

その正体がはっきりわかっていなくても、出汁(だし)を取るとおいしくなる、という事から、塩味や酸味などとは異なる味覚が存在する事が経験的にわかっていたのです(*^_^*)


しかし西洋の文化圏においては、料理の味の調節には塩味や酸味、甘味などが用いられ、「うま味」という概念が存在しませんでした。もちろん、調理の過程でうま味成分自体は肉や野菜などから出ていたのですが、それを積極的に引き出そうという発想が調理法に存在しなかったのです。そのため、西洋の考え方では、味覚の要素に「うま味」は含まれておらず、東洋人が言う「うま味」とは、他の味覚の要素がバランス良く調和してかもし出される抽象的な概念として捉えられていました^_^



僕は、この味覚のうち、「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」は、回復してきたが、まだ「うま味」は感じない~(´・_・`)
だから、健康な時と正反対に、日本食がまるでダメで、「うま味」を感じない洋食がメインになった~(´・_・`)
これが、今の僕の現状である。でも、食欲があるだけでも、幸せである~(笑)(*^_^*)
宝塚食堂の食事後、18:00ころ、また福祉タクシーに、乗っけてもらって、家に帰った~(笑)(*^_^*)


☆さて、テルマエロマエではないが、楽しくお風呂に入るのは、僕の一番好きな楽しみの一つである(^_^)
午前中に湯船のお風呂に入れる(*^_^*)
ここで、湯船の中で、身体を温めてリハビリに望むので、筋肉が温まる~(笑)(*^_^*)
この湯船の中で、テレサテンの“時の過ぎ行くままに”、村下孝蔵の”踊り子“、“聖者の行進“、三曲を唄う。これで、湯船の中での時間調整をする~(笑)(*^_^*)
これで午後のリハビリする身体を使う筋肉をほぐして、サッパリして最適である☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

お風呂を出て食堂で、皆んなといろいろな事で、悩み、雑談等で話しをし、しゃべったり、バカなことで大笑いしたり、楽しく会話したり、脳トレしたり、アイスコーヒーを飲んだり、すごく刺激しあって楽しい時間を持つ(笑)(*^_^*)
僕はいつも一日、朝夕の二食なので、アイスコーヒーを飲む(*^_^*)

その後、午後は、パワーリハビリと理学療法士の先生と物療、である☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

これらの全てが、終わった後には、いつもホットコーヒーを飲み、友人たちと楽しく、団らんする~(笑)(*^_^*)

これで、だいたい6時間の従実したリハビリがほんとに、あっと言う間に終わるが、今日もリハビリ仲間といろいろ話しをして、楽しい時間を過ごした~(笑)(*^_^*)
これで話しをしていると、すぐ一日が終わる。充実しているから時間の過ぎるのが本当に早い。あっと言う間である☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

リハビリの一日は、ほんとに時間の経つのが早いな(*^_^*)
このように、1日1日の時間が過ぎて過ぎ去っていく~(笑)(*^_^*)
光陰矢の如しである☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

その後、16:30からベッドに横になり、FBをし、19:00まで寝てしまった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今日の、夕食は、ヒレカツとキャベツ、おでん、お味噌、クロワッサン、あとぬか漬けのダイコン、おいしい白菜の漬け物、である(*^_^*)

そして、10:00ころベッドに横になり、1時ころに寝むりについた
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2/26ケアマネージャーの日  | トップ | 2/28ゆっくりした日  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事