雲上の楽園通信

カメラをお伴に体力に気を付けて、【雲海・野鳥・野の花など】撮影! 野鳥の姿があまり見られず寂しいです。

効能の凄さに驚くカワラケツメイ【河原決明】の花も咲きはじめ・・・我が家の迷惑電話拒否設定の話です

2017年08月22日 | 野の花・果実

 本日もお天気が悪いようです、上空の一部便が明るいのみです。
これだけお天気がよくないと、湿度の多さからか清掃をしても即風呂などの桶もカビで黒ずんできます、洗剤が有るだけ使用をしお湯桶のカビを撤去中にて洗剤はなくなりました、本日買い物へ出かけて購入です。
 何故って思われるでしょうが、姉の旦那の不幸が近づいており、兄弟姉妹が我が家へ逗留するからです。一人で清掃をしていると作業が捗りませんね !、何時亡くなるかと期待をしているわけでは有りませんが、毎日ながら・・・電話があると大変です。そんな中、イタズラボケ婆さんが日に何度も電話のベルを鳴らします、深夜に起床をさせると嬉しいのでしょうかね!

 そこで、思案の挙句深夜の電話が多いですからと・・・電源を切断などとも考えましたが、電話機の機能を全てチェックしました。
 素敵な設定が有るではありませんか・・・何と相手の電話番号を登録し、その相手からの電話は、拒否機能として働くのです【回線がないとか相手に音声で届くのです】、拒否設定もかなりの数が出来ます、取り敢えずとイタズラ婆さん等の電話番号などを電話機に登録しました。他に迷惑電話も多いためにそれらの対策の設定をも致しました。その設定完了から不思議です、イタズラ婆さんとして機能の拒否設定をしたためにベルは一切鳴りません。婆さんの親族が警察官であり、イタズラなどは全て私は知っていますと、勤め先にて宣伝をしているようです。
 何と馬鹿な話です・・・私の過去の知識からでは、そのような照会は一切不可能であることも知らず自慢をされて居るらしいです。
最近知り合いとなった方の息子さんが警察官になった、詳しい知識も判断も出来ない人からの自慢話を聞いたのでしょう・・・取り敢えず、当分静かな夜間となりましたので皆様方に報告です。

 

 とても前置きが長くなりました、我が家で咲き始めました河原決明の花です。

 花の名前の由来はその昔、弘法大師が広めたといわれる、味と香りが豊かな健康茶です。
超安心で徳地の休耕田を利用した無農薬栽培を行い、お茶を食草とするとか、効能としては

利尿作用・便秘改善・カン予防・高血圧予防・滋養強壮効果・健胃作用・眼精疲労改善・消臭作用

があると、効能ではカフェインゼロでポリフェノールを多く含み、整腸・利尿作用、脂肪の吸収を抑える働きがあると知りました。このカワラケツメイ【河原決明】は、別の名をアマチャ・ネムチャとも呼ばれております。葉はネムノキに少し似ておりますよね。マメ科カワラケツメイ属の多年草です。花言葉もあります【自由】でした。

 この種子等を健康茶などとして利用されて居られますね、種子を主にハブ茶としネムノキ  の葉に酷似して夜になると葉を閉じる。民間薬として葉をを煎じ、お茶にして飲むことから【ネムチャ】とよばれ。種子が豆になるので【マメチャ】など別名がある。決明とは、ハブ茶知られている「エビスグサ」の漢名である「決明」に似ることから名付けられたと。これは「目を明らかにする」という意味で、疲れ目に効くことからきているて利用をもされているようです。
 素人説明が長くなりました。
このカワラケツメイは、県内の自然公園にて初めて花を見て少し興味がわきました。ところが当地でもこの花が咲いておりお茶として利用をされて居る方が有り、その種子を頂き昨年適当に種子を蒔きました。ところが芽を吹き更に花も咲き始めです。咲きはじめですが、暫くしてその種子の状況なども撮影して報告をしますね!

  ほぼ毎日この河原決明をお茶として頂いております、まずまず、健康で頑張っていますよ!

カワラケツメイ【河原決明】の花等

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« スズメの親子・・・ | トップ | ナミアゲハ »
最新の画像もっと見る

野の花・果実」カテゴリの最新記事