自分表現

家族に応援されながら趣味の世界で楽しむ自分の自己満足

床屋さんに行ってきました。

2019-03-08 17:23:41 | 日記


今日は長男の仕事が休みなので、二人で髪の毛をカットしてもらってきました。
ここの床屋さんの店名はカットハウス・アライと言います。
ここには、私が就職する前からお世話になっていたので、すでに四十年近く通いつめています。

世代が替わり、今は、息子さんが理髪師として頑張ってくれていますが、最初は、母親が一人で切り盛りしていました。
昔気質で律儀な理髪師さんだったその“おばさん”も既に亡くなられて7年目になります。
ご主人(おじさん)は警察予備隊以来の生え抜きの自衛官でしたが、退職後は悠々自適の生活をしていました。
そのおじさんも昨年亡くなってしまい、今は、息子さんがこの〝カットハウス・アライ〟を切り盛りしています。
彼は、生き馬の目を抜く東京の店で修業してきただけあって、なかなかの腕前です。
そのお陰で、不細工顔の私も、髪の毛をカットしてもらった後の数日間は、多少サッパリとした面立ちになります。




店内は、いつも清潔感にあふれ、綺麗に整っています。





理髪師である彼の趣味は、戦闘機や戦車のプラモデルの製作らしく、作品が店内のショーケースに飾られています。
私も、子どもの頃は旧日本軍の戦車や軍艦、戦闘機等のプラモデルを作る事が好きでしたが、不器用さが手伝い、完成品はいつも接着剤が隙間から滴り落ちてしまうものばかりでした。そして、完成した作品を部屋のあちらこちらに置きっぱなしにしてしまうので、母親はプラモデルが置いてある事に気づかずに踏んでしまう、といった事もしばしばあった事を思い出します。

1ヶ月半に1度の頻度で息子と二人で訪れるこのカットハウスアライで過ごすひと時も、私にとっては結構至福の時間なのです。



コメント

雪国の『ホワイトヒルはまゆう』の“雪見の会”に出かけてまいりました。~第2日目~

2019-03-04 13:04:06 | アマチュア無線
昨晩は、グッスリと眠ることが出来ました。
美味しい料理を食べ過ぎたのと、美味しいお酒を飲みすぎたために、二日酔い三歩手前の一点七日酔いです。
昨年とは違い、部屋は暖かくて寒さを全く感じない心地よさだったので、私は布団の中に入らずに、掛け布団の上にそのまま寝そべったまま、眠りにつき、明るい朝を迎えることが出来ました。




今日のゲレンデは、薄曇りですが、リフトは静かに動いています。








それにしても、この『ホワイトヒルはまゆう』は、雪の中に佇む綺麗な建物です。




増田さん使用のアマチュア無線のタワーに鎮座するアンテナも、雪に映える“浜木綿”にも見立てられます。



















朝食もボリューム感がある割りには胃に優しい内容で、ゆっくりご馳走になることが出来ました。
味も、たいへん美味しかったですよ。









参加された方達や、増田さんにご挨拶をして、私は、自宅に向かって出発することにしました。
駐車場には、大澤さんと宇田川さんのクルマが駐まっていたので、記念写真を写しました。手作りの無線アンテナが綺麗に取りつけられています。





雪もだいぶ無くなってきたとはいえ、まだまだかなりの積雪量です。











高速道路の松井田インターチェンジで降り、安中の梅林を経由しての帰路です。
昨日もこの道を通り木島平村に向かいました。
実は、私の家から前橋インターに乗り松井田インターまでの時間は50分かかります。
一般道を使って松井田インターまで行くのにも50分かかるのです。
したがって、私はいつも松井田インターまでは一般道を愛用しています。




この道中には、昔からフィールドアーチェリーの施設もあります。
私は、一度行ってみたいと思うのですが、一度も行ったことがありません。

安中梅林の梅の花は、まだ満開には至ってはいませんが、日曜日という事もあって、人はちらほらと居ますが呼び込みの人も寂しそうでした。
これからが本番といったところでしょうか。








梅林近くには、赤穂浪士の四十七士を供養するために作られた石像もあります。
この石像は、四十七士の下僕として働いていた安中の出身者の元助が、事件直後に47個の石に、一人1人の姿を地蔵に見立てて彫ったものです。
今日は、ここへは行かず、まっしぐらに自宅に帰ります。



今回の「雪見の会」では、大澤さんと宇田川さんのお話が心に残りました。
それと言うのも、私自身が、心の拠り所にしている幾つかの言葉の中の一説に思い当たったからなのです。
その言葉は、イギリスの哲学者ベーコンの言葉として有名な格言です。
『学問を装飾にするのは虚栄であり、ずるい人間は学問を軽蔑し、単純な人間は学問にあこがれ、聡明な人間は学問を利用する』
お二人は、この格言の最後の部分~聡明な人間は学問を利用する~をまさに具現化する生き方をされているようです。
その様な中にあって、趣味のアマチュア無線を通して多くを学ぶと同時に、多くの知り合いができ、喜びを知ることもできたけれども嫌な経験もされたようです。
なにはともあれ、アマチュア無線は、所詮、趣味の範疇の一つなのです。
趣味とは、自分の人生の流れの中の一服の清涼飲料水のような物です。
趣味を楽しんでいる人に対して、他人が自己満足のために、その人を、おとしめてはなりません。
大澤さんと宇田川さんは、心痛む思いでしょうが、人は進化しなければなりません。
嫌な思い出を引きずることは、お二人をおとしめた人と同じ、低レベルな人間と同類になってしまいます。
ですから、これからは明日の自分への展望を探る事が肝要です。
世間は、正義を希求するものです。
ほとんどの人が、お二人にエールを贈るはずです。
最近、暇に任せて読んだ『法句経』に、以下の言葉があったので、目をとめました。
~「花のかおりは風にさからいて薫ぜず、栴檀(せんだん)、多揭羅(たがら)、末利迦(まつりか)のかおりもまた然り。されど、善き人の香りは風にさからいて薫ず。正しき人の香りは四方にかおる。」~

今日は、あらぬ方向へ話が行ってしまいました。
今日は、この辺でファイナルとします。


今回の『雪見の会』も、私にとっては、最良のひとときに成り得た時間でした。参加された人達や、この会を提供してくださったオーナーの増田さん及びスタッフの皆さんに感謝申し上げます。
今度は、バーベキューの集いですよね。
私は楽しみにしていますよ。

コメント

雪国の『ホワイトヒルはまゆう』の“雪見の会”に出かけてまいりました。~第1日目~

2019-03-04 09:21:13 | アマチュア無線
昨日から今日に架けての一泊二日の「雪見の会」に行ってきました。
雪の中に佇む「ホワイトヒルはまゆう」の美しい景観を見るのは凡そ一年ぶりになります。





愛車のランクル200を操り、目的地の木島平村に向かっています。
長野県に入ると雪を抱く浅間山が私を出迎えてくれました。
昨年は、1月に「雪見の会」があったので、3月2日現在になると、雪の少なさを感じます。











クルマは木島平村に入りました。
雪のメッカのここ木島平村も、3月に入ると雪も少なくなっていました。
やはり、去年の1月の雪の量とは桁違いに違います。
おそらく、地面下に疼く植物たちも、春の訪れを待ち焦がれていることと思います。





木島平村の「ホワイトヒルはまゆう」から見えるゲレンデには、今年は数十人のボーダーやスキーヤーが、各々楽しんでいる姿が目に飛び込んできました。
私は、今年もスキー道具を愛車に忍ばせては来たのですが、歳をとったのか、スキーを楽しむ気力が沸いてきませんでした。
若いときには仕事を休んでまでもスキー場に出かけて行きたかったものですが、はやる気を押さえ、自分の心に「退職したら思う存分スキーをやろう。」と、言い聞かせて我慢をしたのです。今思うと、やはり、やりたいときに勇気を出してスキー遊びをしておいた方が良かったのかも知れません。





ホワイトヒルはまゆうに到着し、しばらくすると沼田市在住の宇田川
さんが到着されました。宇田川さんは、沼田インターからほんの少しばかり高速道路に乗り、新潟に入ってからは、一般道を使って木島平村にやって来たのだそうです。道路にはすっかり雪が無くて、タイヤは夏用タイヤに履き替えて遠路のドライブをされて来たそうです。




宇田川さんが到着してすぐに、埼玉県から大澤さんが到着されました。
大澤さんも、宇田川さん同様に疲れを全く感じさせない元気な姿で到着されました。

お二人とも、申し合わせたかのように、近くの温泉に浸かってからの来館だったそうです。
今回は、大澤さんは奥様とご一緒の来館で、お菓子の差し入れを頂きながら、積もり積もった話で盛り上がりながら、夕食を待ちました。


タイミング良く、オーナーの増田さんからの夕食コールがあり、一同はレストランに集合しました。





今回も、テーブル上に所狭しと並ぶ料理の多さに驚かされました。
さっそく、いただく事にしましたが、食材の味を十分に引き出した料理は、大変美味しくて満足のいく味に仕上がっていました。
厨房で一生懸命腕をふるうオーナーの増田さんやスタッフの皆さんに感謝をします。















すみません、この写真は、増田さんのホームページから無断転写したものです。





清水さんも到着されましたが、清水さんは今回は、友人を4人連れての参加になりました。











大澤さんと宇田川さんが饒舌に語る3.543MHzモービルの過去からの話は、私にとってはとても興味のある話題でした。次回お会いした時も、またお聞きしたいと思いました。







今回も、オーナーの増田さんをはじめスタッフの皆さんには本当にお世話になりました。




今回も、沢山の料理と併せて日本酒がテーブルに並びましたが、それぞれに微妙に異なるお酒の味を楽しみながらみんなで制覇させていただきました。











美味しい料理には、美味しいお酒が合います。
今回も、飲みすぎました。



コメント

謹賀新年

2019-01-01 19:53:56 | 日記

新年が明けました。
今年はどんな年になるのでしょうか。
楽しみなようで、不安もあります。



近くの神社(諏訪神社)に初詣です。



前を歩いている親子連れは、どんな決意表明を心に秘めて詣でたのでしょうか。
私は、決意表明等はなんにもありませんが、唯々願い事だけをしっかり心に秘めて初詣しました。



自宅に戻る前方には、雪で白く染まった赤城山が綺麗に見えていました。
コメント

アンテナのメンテナンスを実施しました。

2018-12-28 16:52:34 | アマチュア無線

狩野さん(JP1XYQ)にお願いして、本日、アマチュア無線のアンテナのメンテナンスを実施しました。
狩野さんは、高電圧線の配線やタワーの設営を行うプロの仕事師です。このタワーの設営も、十年ほど前に狩野さんがお一人で仕上げてくださいました。

狩野さんは、100メートル以上もある送電線の設営などのお仕事に従事されていて、日本各所を飛び回っている人で、一週間ほど前は、青森県で仕事をされていました。
実家の前橋市に戻ってこられたところをつかまえて、メンテナンスのお願いをしたところ、快く引き受けてくださいました。




流石にプロ。
高いところなのに、あっと言う間に上ってくださり、作業をしてくださいました。
私は、高所恐怖症なので、足場の悪い高い場所は、絶対にダメです。



それにしても、凄い人です。



狩野さんに、高いところでの作業は怖くはないのか尋ねたところ「怖いけれど、安全への対応を十分にしているので、その事を信じて仕事をしているんだよ。」と、話をしてくださいました。プロならではの言葉だなぁ、と、感心しました。



今回も、“ボランティア”という形でのアンテナメンテナンスをしてくださった狩野さんに感謝です。
コメント

アマチュア農業・・ゴボウ掘り

2018-12-14 11:07:33 | 日記
先日、ゴボウを掘り出しました。
私が勤めていた時には、母がしていた作業ですが、私が退職してからは、極力、私がやっています。



ゴボウを掘り出す作業は、本当に重労働です。
ゴボウの専門農家なら、機械が揃っているのでしょうが、何しろ我が家は自宅と親類が野菜である程度潤えば良いだけのアマチュア農業です。ですから、総てが手作業なのです。





毛根が土にしっかりと入り込んでいるのと、ゴボウ自身のあまりの長さのために、力任せに抜こうとすると、途中で折れてしまうのです。




1日がかりの作業時間で、体中が痛くなりました。商売にしているわけではないので、2日~3日は、農作業はお休みします。
来年も、また作るのかなぁ~??




ブロッコリーの方が簡単に収穫が出来るのになぁ~・・・・・。
コメント

『JARL 群馬ハムの集い』に、ちょっとだけ行ってきました。

2018-12-02 14:57:34 | アマチュア無線
今日は、午前中、標記のところへ出かけてきました。
会場は、群馬県前橋市にある
『ヤマダ グリーンドーム』




受付を通り、会場の中に入ると、かなりの人数でごった返していました。







真ん中の人は、前橋市在住の清水さん・・・コールサインは・・・・、暫くお会いしていなかったので私の忘却曲線が“0”に近づいてしまいました。








なんと、岐阜県の『CQオーム』が出店しているではありませんか!!
私は、時々このCQオームの通販を利用して、無線関係の品々を購入しています。


ジャンク品やかなり古い型式の無線機等の可動品を売る個人出店の数も多く、そこに、人が群がっていました。
プレミアが付くほどの品物は無いのですが、それでも結構値段が高いのには驚きました。
自分の家の押し入れにほったらかしてあった品物なのですから、値段もそこそこの値段をつければ良いのに、
これでは買い手もあまり居ないのでは無いだろうかと、思いました。

私には、興味を引く品物も見付からず、早々に会場の外に出ることにしました。









会場の外に出ると、ナント、加藤さん(JA1TJV)と原田さん(JI1DIY)を発見しました。
お二人とは、先日、静岡県牧之原市静波の“オーシャンビューはまゆう”を会場にした3.543MHzモービルハムの大会で、お世話になって以来になる再開でした。30分ほどのお話をさせていただいき、又の再会をお約束し、お別れしました。


前橋市で行われた今回の集いは、暫く前に原田さんから教えて頂いたものでした。
会場となった“ヤマダグリーンドーム”は、私の家からは、車で20分ほどの近場にあるので、出かけてみたのですが、
JARL主催のこのような催し物に出かけたのは、私自身、初めての経験でしたので、ちょっとだけ行ってみることが出来て、とても良かったです。





コメント

JA1AE V(井上正行さん)主催の『餅つきの集い』に参加してまいりました。

2018-11-26 14:09:40 | アマチュア無線

今日は、予てより申し込んでいた「餅つきの集い」に、出かけてまいりました。
向かって右側の理知的な人が野島さん(JE1PQJ)、そして、左側の丸顔が私(JE1MGB)。私は、今日も写真写りが悪いです。

前回のバーベキュー大会以降、二度目の中相原会館でのひとときを楽しむ事が出来ました。
これも、ひとえに井上正行さん《(JA1AEV)以下〝井上さん〟と記述》のご尽力あっての事と理解しております。
井上さんにお会いするのは、今回で二度目となりましたが、主催者である井上さんは、主催者であるがゆえに、ご多用で、私は井上さんと会話をした時間は、受付の時と帰りの時の挨拶だけでした。

また、今回の目的の一つ、町田市在住の野島さんと、久しぶりにお会いすることができて良かったです。

一人一人の自己紹介があったのですが、群馬からの参加者は私一人でしたので、遠地参加者の私は、流石に恥ずかしさが込み上げていました。



















今回も、精力的に行動される井上さんの逞しさに脱帽するばかりです。また、スタッフの皆様の手際の良さや、私達参加者へのさり気ない気配りが、会場に流れる11月の心地良い風と重なり合う心地よさを感じることが出来ました。

私は、集合写真を写し終えた後、帰路の交通渋滞が予想されるので、午後1時半頃には、井上さん他皆様とお別れして、群馬への帰路に着きました。
私自身は、アマチュア無線に多くの時間を費やす事はあまり無いのですが、それでも時々無線を楽しむ事があります。
『アマチュア無線は私の趣味』と言い切るのは、少々おこがましいところではあるのですが、それでもこれを趣味にしていて良かったと思うのです。



今回の催しは、餅だけではなくバーベキューや豚汁等の食べ物や、コーヒー等の嗜好品等、多種の飲食物が振る舞われました。
おかげさまで、お腹が一杯になりました。

井上さんを始め、スタッフの皆様、大変ありがとうございました。
そして、久しぶりにお会いした野島さんとの会話も、私の心に栄養を与えてくれました。


以下の写真は、主催者の井上正行OMからお送り頂いた写真の内の一部を掲載いたしました。























今回の餅つきの集いへの参加局は以下の通りです。
なお、頂いた参加者名簿(氏名、居所を除く)の順にご紹介します。
JA1JLP,JE1BRX,7N3BZM,JA1RGL,JJ1IWR
7K3QWG,JA1AEV,JA1VQP,JA1CCA,7N1QJG
JI1AOI,JF1CXH,JG1SAH,JA9DTV,JR1FCR
JP1GRY,JA1WAR,JG1QWM,JG1TAP,JA1CFM
JJ1TBU,JA2WIB,JF1THH,7N2XYK,JK1VTV
JR1THB,JL1BLF,JG1PLA,JN1OHF,JH1LNO
JR1CCK,JR1OAO,JA1WQD,JF1CHF,JE1HFS
JH1SUU,JH1QHC,JE1PQJ,JR1RMZ,JG1NJU
JH1SYW,JH1HFH,JR8QVT,JE1MGB,JR1UCB
JH7IET,JN1GTT,JI1RBA

コメント

高尾山ツアーに参加しました。

2018-11-15 16:08:46 | 旅行

バス会社で募集していたツアーがあったので、予てより応募していた高尾山ハイキングに昨日(11月14日)行ってまいりました。
私たち夫婦は、バスを降りたところからリフトに乗り込み、終点の駅を目指しました。
高尾山ハイキングに行った人の中には、リフトやゴンドラに乗らず、バスを降りたところから直接山頂を目指して歩く人も居るのだろうと思いますが、私が参加したツアー客の中に、そのような健脚の人が居たのかは不明です。




高尾山は、週休日でもないのに、人が大勢いました。
立ち寄ったお団子を売る店のお兄さんに、聞くと、「今日は埼玉県民の日だから、お昼ごろから大勢の埼玉県民が押し寄せてくると思いますよ。」との事でした。




すっかり色づいた紅葉が、とても綺麗でした。




頂上に差し掛かった辺りの林道からは、東京都内の風景が見えましたが、その遠くの方は、ややガス状のうっすらとしか見えない景色が広がり、それが、この時期の様子なんだなぁ、と、感じさせてくれました。
微かに見えるスカイツリーは、都心のシンボルとして高尾山を訪れる客一人一人が認知していて、それが見えた嬉しさや喜びを、お互い語り合っていました。




高尾山山頂へのハイキングは、日頃、運動などやっていない私にとっては、〝疲れる経験〟でしたが、山頂を目指す多くの人の波の流れに乗り、歩き通せたことは、良い経験だったと自己分析しています。
妻は、私と違って日頃から家事等をせっせとこなし、身体を動かしている成果なのか、「高尾山山頂までの歩く行程は、程々には疲れたような感じもするけれど、景色が美しくて、来て良かった。」と、言っております。










下山して、昼食に「ビール」と「とろろ蕎麦」を注文しました。
冷えたビールは、疲れた心身を〝キュ〟っと引き締めてくれました。また、とろろ蕎麦もとても美味しくいただく事ができました。


帰路のバスは、高速道路の乗り口を間違えて、帰りの方向とは逆の方に入ってしまい、そのまま走行し、次のインターで降り、暫く町田市相原の一般道を彷徨った後、どうにか高速道路に乗り、帰路に着くことが出来ました。

乗客の多くは、高速道路の乗り口を間違ったことを知らなかったのですが、男性客の何人かは、この事を知っていたのです。
そのうちに運転手さんか添乗している人から、説明があるものと私も期待をしていたのですが、いつになっても弁明がありませんでした。
すると、1人の男性客から、大きな声で説明を求める声があがりました。
すると、添乗員が慌てたように運転手さんに近づき、運転手さんの耳元で囁き、
あまり聞き取れないような声で「はい、間違えました。」と一言弁明があったのです。

その後、乗客の一部が下車するために立ち寄った「ララン藤岡」で、バス会社のツアー責任者が出向いてきて、
今回の一件についてのお詫びの言葉を述べられました。

乗り口を間違えた時点で、一言弁明があれば、客も説明を求めるような事態にはならなかったのではないでしょうか。
ほとんどのツアー客は、仕事をリタイヤしている方だろうと推察しますが、それだからなおさら社会経験が豊富です。
仕事でミスをした事もあると思います。
ミスをしたなら、即、釈明し謝る事です。
みんな、こんな事は経験済みなのだと思います。
だから、この程度の事なら、大きな事件にはしなかったはずなのです。
要は、運転を間違えた事を隠蔽する事に、不信感を抱いたのです。


厳しく考えれば、確かにバスの従業員の対応は、陳腐です。
考えようによっては、客には分からないだろう、と言う、まるで客をバカにしている対応とも考えられます。
私も、サラリーマン時代は、失敗の中から、いろいろと学んだ事ばかりでした。
間違ったら、それを瞬時に相手に伝える事。
「報告・連絡・相談」は、瞬時に行う事。
これが先輩からも学び、失敗からも学んだ事の一つです。
この事は、私も後輩には伝え置きした事です。

ミスした事について毅然とした声で弁明を求めた、あの一人の男性客は、バスの従業員にとっては良い先輩だったと私は思うのです。
世の中様々だと言う事を実感させられた今回の日帰りツアーでした。















高崎駅東口に到着したので、私たち夫婦は、海鮮居酒屋で魚介類などをつまみにして、生ビールを呑み、今日一日の反省会をしました。
日帰りでしたが、良い旅でした。

隣の席では、サラリーマン風の一人の中年の人と、一人の若い人が、いつの間にか向かい合ってビールを呑んでいます。
声が良く通る人達だったので、会話が聞こえてきます。
今日の取引についての対応の反省点を、先輩が後輩に優しく指導しているのです。
良い先輩に育てられているなぁ、と、しみじみと感じると共に、その光景にほほ笑ましささえ感じながら、私たち夫婦は居酒屋を後にしました。
コメント

漬物用に大根を掘りました

2018-11-12 16:20:55 | 日記
今日は、漬物用の大根ほり・大根洗い・大根しばり・大根干しの作業をしました。


さあ、植えられている大根を掘り起こすぞ~。


最初はスコップで大根の周りの土を掘り起こすのですが、私はいい加減なので、土どころか大根を傷つけてしまいます。
上手に大根の周りの土を取り除き、力任せに大根を引っ張った結果が、こんな感じ。




どんな作業も、“楽”な作業はありません。(T_T)





高校生が通学しています。
高校生・・・彼らは未来の自分が見えているのでしょうか?
明るい未来が待っていることを信じて頑張っているんだろうなぁ~。
『頑張れ、若造~!(^_^)v』
おまえの未来は、おまえ自身が開拓するんだ!




と、生意気なことを考えながらずる休み


妻は、真面目に大根洗いに精を出す。(^_^;)





土の泥が落ちてすっかり白色になりました。



私も、シャドーマンになって、洗った大根を4本ずつ束ねて、葉っぱを紐で縛っているのですよ。


ほ~ら、見て観て視て!(^_-)
しっかり干しているでしょう。




この柿、何の変哲もない「柿」だけれど、実は20年ほど前に、我が家唯一の柿の木を切ってしまった後、私は、何故か柿が食べたくなり、経済連に出かけて行って柿の苗木を一本買ってきたのです。
その苗木が実を着けてくれるようになり、今は、柿の実を美味しく頂いているのです。



これも『柿』です。
この柿の木は、川縁に自然に生育した柿の木なのです。
この柿の木の実は、当たり外れがあり、「渋い味」、「甘渋い味」、「甘い味」の3種類の味の実をつけるのです。



梅もどきの実が赤々とみのっています。


今年は『ユズ』不作です。
去年は沢山実りましたが、今年は10個程度しか実りませんでした。
今年のユズは、我が家にとっては、とても貴重なユズになってしまっています。



『キンカンの実』も成っていますが、例年通りの実のつけ具合です。
我が家では、私しかこの実を口にしないと思います。
庭に出てボケ~(-_-)っとしながら、この実を木からもぎ取って口にするのが好きなのです。
我が家に成る木の実や、野菜等々、どれをとっても無農薬なので、ホコリをちょっと取り除けば、食べることが出来るのです。
原子力発電所が被害にあった時、私は行政機関から時々計測機会を借りてきて放射能検査をしていましたが、
全く安心できる数値だったので、放射能汚染についても全く問題はありません。



と言う事で、本日の大根ほりから大根干しまでの作業は総て終了いたしました。
腰が痛い・・・・。
疲れました。
とはいえ、このようなブログを作成しているのですから、あまり疲れていないのかも知れません(^_^;)
コメント