平成徒然草

衛星通信つれづれなるままに…。 JE1CVL Kuge Fumio
衛星ごとに初回交信のみQSLカードを発行します。

衛星通信記録12月18日(火)

2007-12-18 07:25:22 | アマチュア無線

本日午前7時快晴-1.8℃ 大霜

20:34のSO-50 ■交信JM2UDO/1(1508小山市) ■受信JH0PVF JI1SGK JA1AZR JE2TLZ JG5WLV JM1WBB JE1TNL JA8JXC JH4MGU JR1NUR JH1EKH/1

【衛星デジタル通信の現状:追補版】
『NoneTNC9600ボーの不思議』サウンドカードを取り替えたら上がるようになった(JA4NA ViaJA0CAW)というレポートがある反面、サウンドカードを取り替えてもだめだった(私のローカルJH1OKL局)というレポートもあります。上がるには上がるが受信が芳しくない局(私JE1CVL)がいるかと思えば、受信は良好だが上がらない局も多いようです。いずれの場合も1200ボーでは問題なく出来ているようですが、9600ボーになると障害が発生してしまうようですインターフェース部品の時定数か、アースラインか。サウンドカードの周波数特性か、クロック周波数の整合性か、どこかに原因はあるはずですが、未だ特定出来ていません。①9600ボーの場合も1200ボーと同じレベルで②サウンドカードを取り替えて見るのも一つの手③インターフェースのアースラインなどをもう一度チェックパソコンと、9600ボーデータ端子のあるリグがもう1台あれば、同じ環境を室内に作って実験する手もありますクリエイティブのSoundBlasterAudigyValue(PCIバス)というサウンドカードの性能表を見ると周波数特性の記述があって、40Hzから40KHzとありました。使ってみる価値のありそうな製品です。5千円弱の値段ですが、もっと安い製品にはもう、周波数特性の記述はありませんでした。サウンドカードもピンキリのようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 衛星通信記録12月17日(月) | トップ | 衛星通信記録12月19日(水) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事