パンの仏道日記

仏道の思いを自由気ままに、勝手に記す。
時事問題を考える。市民運動を推進する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

意生身の所有の危険

2009-07-04 23:07:21 | 仏教
これも2年前に書いたものです。

ユング派分析家老松克博先生は『サトル・ボディのユング心理学』で
サトル・ボディとの関わりの重要性を指摘する一方で、その危険性を指摘します。

それは、サトル・ボディ(意生身)の所有の危険についてです。自我肥大の危険、サトル・ボディ(意生身)の持つ破壊性、自我がサトル・ボディ(意生身)に憑依されてしまうことなどが指摘されています。往相のプロセスにおいての危険であり、還相のプロセスが重要なのだといいます。それはサトル・ボディ(意生身)との別離であるといいます。

仏道の場合、往相のサトル・ボディ(意生身)を扱うことになります。それを所有しつづける必要性があるからです。

『十地経』の第八地の無生法忍を得たものはその悟りから離れてはならないといいます。なおかつ、それを最上のものとみなしてはならないこと、発心することを最低限求めます。さらに、それができた者に対して世界を観察することを要請します。衆生、世界のさまざまな違いを知るのです。それはおそらく、浄土の世界に安住して、その浄土の世界のみ見ている状態でいることなく、現実の世界を見ることができなければならないことを要請しているものと考えられます。
区別して見ることは、自我の役割です。自我のそうした役割を失わず、現実をよく学ぶことの必要性を説いているものと考えられます。

追記

必ずしも、仏道が意生身を所有しつづけなければならないというわけではないと思います。個人個人の違いによって、それぞれの仕方があるようです。
意生身でいることにこだわりすぎることはやはり、よくないともいえます。ただ、それは個人の工夫によって、うまい仕方でつきあっていくのがよいともいえそうですし、つきあうのをやめて、さよならするのもよいでしょう。あまり、こだわりすぎるとか、決め付けすぎるのはよくないでしょうね。楽に考えてよいのではないでしょうか。危険なのはとらわれて、それに気がつかないことではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ダンマ・如来と自我、ユング... | トップ | 戦死者追悼問題と国家神道に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事