見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

秘仏のたのしみ/秋篠寺(奈良):大元帥明王立像

2010-11-20 23:56:09 | 行ったもの(美術館・見仏)
○秋篠寺(奈良市秋篠町):大元帥明王立像ご開帳(2010年11月8日~11月21日)

 金曜日に奈良で仕事があったので、後泊して見仏してきた。お目当ては、遷都1300年祭(11/7で終了)を記念して、まだまだ続く秘仏・秘宝公開のひとつ、秋篠寺の大元帥明王立像(重文、鎌倉時代)のご開帳。ふだんは年1回、6月6日しか公開されない秘仏である。前日に仕事で会った京都の友人が「秋篠寺に行ってきた」というので「大元帥明王でしょ!」と言ったら「違います。帥は発音しないので、たいげんみょうおうと読むんです」と正された。

 翌日、大和西大寺駅からバスで秋篠寺へ直行。拝観券を求めて境内に入ると、すぐ左が大元堂だが、同じバスを降りた参拝客は、気づかずに正面の本堂へ流れていく人が多い。私は、まず目的の大元帥明王立像を拝観する。小さなお堂の正面の厨子の暗がりに、ぬっと大きな黒いお像が腰から上を覗かせている。なるほど、聞いたとおりで迫力満点。

 近寄っていいというので、厨子の前まで行って、中を覗き込むように拝観させていただく。お姿は六臂。向かって左には三鈷杵(かな? 右手の三鈷杵に比べると先が開いている)・剣・棒、右には三鈷杵と斧を持つ。胸の前に引きつけた右手は、はじめ独鈷杵を持っているのかと思ったら、人差指を高く反らせて、印を結んでいるらしい。筋骨隆々とした腕・足・腰・胸などに18匹の蛇を巻きつけており、おとなしくアクセサリー化した蛇もいれば、カッと口を開いた蛇もいる。裳(袴?)にはかなり彩色が残る。下半身が極端に短いが、迫力が減じているとは思わない。なお、「大元帥明王」でGoogle画像検索をかけると、秋篠寺の尊像を含む、迫力ある画像が多数上がってくる。

 それから本堂に行き、久しぶりに伎芸天にまみえる。秋篠寺の本堂は、こう言っては失礼だろうが、あまり荘厳もされておらず、全くタイプの異なる仏像がテキトーに寄り集まっている感じが好きだ。いつまでもこのゆるい雰囲気のままでいてほしいと思う。ところで、ご朱印をいただこうとしたら「当寺はご朱印はしておりません」とつれない返事。あれ?そうだっけ?と思って、前回拝観時(2004年11月)のご朱印帖を探したら、確かに貰っていない。むかし(学生時代)は貰ったような気がするんだけどな…。

 それから、いろいろ迷ったが、奈良と京都を捨てて、滋賀県の近江八幡に向かう。以下、明日。

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 意外と人間臭い/国宝 源氏物... | トップ | 秘仏のたのしみ/正明寺(滋... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
阿吽 (dxxr)
2010-11-21 16:37:37
大元帥明王立像の腰のあたりに巻き付いていた蛇は片方が口があいていてもう片方は口を閉じていることから阿吽をあらわしていると案内してくださった方はおっしゃってました。

伎芸天像も美しかったびですが、左奥に安置されていた五大菩薩像が珍しかったです。
Unknown (鴨脚)
2010-11-21 22:25:00
疑問にお答えいたします。
手元に昭和54年11月4日付けで頂いた朱印(火炎太鼓と秋篠寺印の2つ)がありました。
「南無薬師佛」「秋篠寺」と墨書していますが、「奉拝」が書かれていません。
恐らく何らかの事情で捺さなくなったのでしょうね。

追記
五島美術館は残念ですが諦めました。
ご朱印 (jchz)
2010-11-23 11:13:20
鴨脚様

いつもありがとうございます。疑問が氷解しました。

現在は、6月6日の大元帥明王開扉のときだけご朱印をいただけるそうですが、マニアが殺到してものすごい混雑になるらしいです。ご朱印は参拝の記念と記録にもなるし、美しい「書」をいただけると嬉しいのですが、加熱する風潮もどうかと…思ってます。
Unknown (dxxr)
2010-12-31 05:19:48
高野山霊宝館で図像の大元帥明王像を拝観したのですが、解説には「だいげんすいみょうおう」とありました。調べてみないとわからないのですが、「帥」を読まないのはもしかして秋篠寺だけなのかも。
dxxr様 (jchz)
2010-12-31 12:14:47
大晦日にありがとうございます。ネットで調べ始めたら、
・中里介山の「大菩薩峠」に、醍醐寺の三宝院の大元帥明王図(画)について「帥の字は読まず、ただ大元明王と訓(よ)むのが宗教の方の作法でございます」という記述がある。
・芭蕉の奥の細道行に随行した曽良の日記に「大元明王へ参詣」とある。
・後者は、福島県三春町に田村大元神社として現存。「大元明王」の神額が残っている。
…というようなことが分かりました。

漢訳するときに「大元明王(太元明王)」「大元帥明王」の両方があったのかな?とも思って、中文Google検索もかけてみましたが、日本語のページばかり上がってくるので、いまひとつ分かりませんね。

では、来年もどうぞよろしく。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

行ったもの(美術館・見仏)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事