見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

南画ってなに?/板橋区立美術館

2005-09-28 08:17:32 | 行ったもの(美術館・見仏)
○板橋区立美術館 江戸文化シリーズNo.21『関東南画大集合』

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/art/

 「南画」というタームを、私は明治の文学、特に夏目漱石との関連で覚えた。漱石は、随筆『思い出す事など』で「画のうちでは彩色を使った南画が一番面白かった」と語っているし、『猫』の苦沙弥や『三四郎』の広田先生は、”南画的世界の住人”と評されることがある。ふむふむ、なんだか浮世離れした世界のことだな、と思って読み流しながら、それ以上、調べたことはなかった。

 この展覧会は、最初に、子供にも分かるように、南画の定義を説明してくれていて、ありがたい。南画とは、室町時代に中国から渡来した南宗画が元になり、日本独自の南画として確立したものであり、心象や個性の表現を大事にする点に特色があるのだそうだ。

 分かりやすいのは、鋭い輪郭線を用いる北宗画(北画)に比べ、丸みを帯びた柔らかい描線を用いるのが南宗画→南画の特色であるという点。確かに、山水画を見ていると、山の稜線がほんわかと丸い。そうして、民家や樹木は、大地にどっしり根を下ろしているふうではなく、なんとなくよたよたして、空間に漂っている。言葉をかえると、山も樹も岩も、舟も家も、みんな、たまたまそこに留まっている生きもののような感じがする。

 個々の作品を見ていこう。谷文晁は、江戸南画の大成者であるが、これまで特に好きな作品はなかった。『山水図』(双幅)は、なかなかいい。モコモコした山の膨れ具合が、私には水木しげるの描く大妖怪みたいに見える。今にも、山ひだから、ギョロリと大きな目がのぞきそうである。

 椿椿山の『花籠図』は、精緻で繊細な花鳥画で、イギリスのファブリック・デザインを思わせた。奇抜な動物画(展覧会サイトに蜻蛉、カラス天狗の画像あり)を描く林十江もおもしろかったが、個人的なイチ押しは佐竹蓬平。人物も風景も飄々として、漱石の作品世界を形容する”南画的”に、いちばんふさわしいように思えた。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 江戸・明治の書画/書道博物館 | トップ | 世界史の中の「靖国」/国家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

行ったもの(美術館・見仏)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

<板橋区立美術館>開催中の展覧会情報 (artime -全国美術(アート)展覧会情報)
江戸文化シリーズNo.21 関東南画大集合 会期:2005年9月17日(土)~10月23日(日) 休館日:月曜日(10月10日 開館10月11日休館) 入館料:一般600円、高・大生400円、小・中学生150円 開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで) 場所:〒175-0092 板