自由自律(日本国&仙台&東京)・千葉 潤(無所属、jchiba)のきょうのひとこと

「他人事」のようにコメントしていた元総理大臣やマスコミとは別の視点で政治関連の動きをコメント。

「ヒット・アンド・アウェー」(2011/9/30)

2011-09-30 08:40:06 | 政治・時事

きょうは2011/9/30(金)です。

「ヒット・アンド・アウェー」(2011/9/30)

「開いたら すぐに閉じるの 繰り返し? 野党と記者の 『攻撃』かわす?」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5813人)・行方不明者(3971人)は合わせて1万9784人(9/29現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 きょう9/30に第178臨時国会が閉会します。1カ月前に通常国会が閉会したばかりですから、開いたと思ったらまたすぐに閉じるのかと思っている人たちも少なくはないと思います。私としては、政府・民主党の言う「適材適所」とはいったい何なのかという疑問がますます深まる国会になりました。繰り返しますが、ずいぶんと問題のある「マルチ」な人間やずいぶんとお粗末な「リベラル」な人間が閣僚になってしまったものです。そしてその他にも本当に適材適所の人事なのか疑問が残る人間が何人もいます。次の臨時国会までの間に何人かの閣僚が交代している危険性が高まっているのではないかと私は思います。

 ちなみにきょう9/30夕に野田佳彦首相が臨時国会閉会を受けて記者会見を行うそうです。どんな記者会見になるのか分かりませんが、何にしても民主党政権になってからは内閣総理大臣が内閣総理大臣の地位にしがみつくために記者たちから逃げ回るようになっていったと受け止められることがないようにした方がいいと私は心から思います。私から見れば、「ぶら下がり」を含めて記者たちから逃げ回るような内閣総理大臣の言葉が政治にあまり興味のない多くの国民の心に届くかどうかは甚だ疑問であるとあえて指摘しておくことにします。あくまでも念のために言っておきますが、国会も、記者会見も、いつまでも「格闘技」のように「ヒット・アンド・アウェー」が通用する場所ではないはずです。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「適材適所?」(2011/9/29)

2011-09-29 09:10:58 | 政治・時事

きょうは2011/9/29(木)です。

「適材適所?」(2011/9/29)

「『リベラル』と 『マルチ』が競う 不適格 いったいどこが 適材適所?」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5812人)・行方不明者(3983人)は合わせて1万9795人(9/28現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 どうやら臨時増税は約9.2兆円ではなく、約11.2兆円になるらしいです。政府保有のJT(日本たばこ産業)株売却などの「税外収入」の上積み分の約2兆円が現時点では確実ではないことが理由のようです。政府・民主党はいったいどうなっているのでしょうか? 臨時増税の総額が一夜にして2兆円も変わってしまうのはやはりどうかしています(→参考:2011/9/28付)。何にしても政府・民主党は一刻も早く2011年度第3次補正予算案を国会に提出するべきです。このまま9/30に臨時国会を閉会するのならば、一刻も早く次の臨時国会を召集して国会審議の中で「与野党協議」を行うべきです。

 きのう9/28から参院予算委が行われています。委員会審議を聞けば聞くほど、「適材適所」とはいったい何なのかという疑問が深まっていきます。現時点ではあえて個別具体的な固有名詞は挙げませんが、ずいぶんと問題のある「マルチ」な人間やずいぶんとお粗末な「リベラル」な人間が閣僚になってしまったものです。もしもなぜこんな人間たちを閣僚に起用したのかを国民に分かりやすく説明しようともしないのならば、多くの国民は民主党による内閣総理大臣の「人事」も「適材適所」だとは受け止めないと思います。

 いわゆる「ぶら下がり」に問題があることは事実だと思います。しかし、「ぶら下がり」もコミュニケーションの一種と捉えるのならば「やりとり」をする両者に問題があることは明らかです。人生経験も専門知識も乏しくかなりトンチンカンな質問をしてくる若い政治記者たちに対して、逃げずに真正面から現実政治の課題や問題点などを説明しようとしていた内閣総理大臣がかつていたことは歴史的な事実です。私から見れば、「ぶら下がり」から逃げ回るような内閣総理大臣の言葉が政治に全く興味のない国民に本当に届くのかは非常に疑問です。「ぶら下がり」をやめることにしたとしても続けることにしたとしても、民主党政権になってからは内閣総理大臣が内閣総理大臣の地位にしがみつくために記者たちから逃げ回るようになっていったと受け止められるようなことは避けた方がいいと私は心から思います。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「続・増税へ」(2011/9/28)

2011-09-28 09:00:54 | 政治・時事

きょうは2011/9/28(水)です。

「続・増税へ」(2011/9/28)

「復興の 『錦の御旗』 掲げれば その場しのぎも 『天下御免』か?」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5812人)・行方不明者(3985人)は合わせて1万9797(9/27現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。ちなみに環境省によると、年間被ばく線量5ミリシーベルト以上の地域の放射性物質を除染して出てくる汚染された土などは東京ドーム23杯分(→約2870万立方メートル(m3))に上るそうです。

 きのう9/28に政府・民主党は、大震災からの復興財源を確保するための臨時増税案と、総額約12兆円の2011年度第3次補正予算案を正式に決めたそうです。所得税、法人税、たばこ税、住民税の臨時増税によって約9.2兆円、財政投融資特別会計の剰余金や政府保有株式の売却などの「税外収入」で約7兆円を確保するらしいです。多くの国民は増税にうんざりというよりも、すぐに増税するとか増税断固反対などと大騒ぎを始めてその場しのぎの対応を繰り返す永田町周辺にうんざりしているのではないかと私は思います。何にしても政府・民主党は一刻も早く2011年度第3次補正予算案を国会に提出するべきです。「与野党協議」は基本的には国会審議の中で行うべきです。

 私は、日本の政治には中身や過程を重視した本質的な議論があまりにも不足していると考えています。例えば、「税外収入」の中身とその活用の持つ意味についてどこまで深く考えられているのでしょうか?「税外収入」の活用は「将来の世代」にどのような影響を与えるのでしょうか? いわゆる「税外収入」というものの中には、もっと先の遠い将来に「将来の世代」が活用して「将来の世代」のために使うことができるはずの資産が多く含まれているということを忘れてはならないということをあえて指摘しておくことにします。国債を増発して「将来の世代」の利益を「借金」という形で先食いしなくても「将来の世代」の利益を食いつぶしてしまうこともあると私は思います。

 以前も書きましたが(→参考:2011/9/17付etc.)、そろそろ「復興」のために必要だという予算の具体的な中身を厳しく精査することも必要になっていると私は考えています。確かに復興財源をどのように確保するのかということは大切なことです。しかし、もしも「復興」を目的に掲げてさえいればどんな予算でも認められてしまうかのような間違った印象を持たれることになれば、多くの国民から臨時増税に対する理解が得られなくなってしまうはずです。「復興」のための予算の具体的な中身を厳しく精査することが必要です。私は、被災地の復興を真剣に考えれば考えるほど、「復興」を名目に掲げた様々な税金の無駄遣いが行われる可能性を限りなくゼロに近づけようとする努力が必要だと強く思います。大震災からの復興でも税金の無駄遣いをなくすための不断の努力をしなければ、本当の意味での復興を成し遂げることは難しくなると私は考えています。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「政治とカネ」(2011/9/27)

2011-09-27 01:34:58 | 政治・時事

きょうは2011/9/27(火)です。

「政治とカネ」(2011/9/27)

「いつまでも 『政治とカネ』が ぶら下がり 『顔』を代えても すぐに『復旧』」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5811人)・行方不明者(4035人)は合わせて1万9846人(9/26現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 きのう9/26に民主党の小沢一郎元代表の資金管理団体「陸山会」をめぐる土地取引で収支報告書にうその記載をしたとして政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪に問われた衆議院議員の石川知裕被告ら元秘書3人に対して東京地裁は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。永田町周辺では再び大きな波紋が広がっています。しかし、現時点ではあえて何もコメントしないことにしておきます。

 またきのう9/26の日経平均株価は8374円13銭(186円13銭安)と今年の最安値を更新しました。そして円高傾向も続いています。ヨーロッパの信用不安の悪影響はまだまだ止まらないようです。

 さて、きのう9/26から野田佳彦内閣発足後初めての衆院予算委での論戦が始まりました。首相らの「安全運転」が可能らしい国会は実に平和です。しかし、いくら「安全運転」で野党の追及や「ぶら下がり」を避けることができたとしても、やはり「政治とカネ」のぶら下がりまではなかなか避けることができないようです。民主党政権の「表紙」が3枚目に代わっても政治とカネはあっと言う間に「復旧」しました。たとえ国会の会期を再延長せずにひとまず「政治とカネ」から逃げることができたとしても、「政治とカネ」はそのまま政府・民主党にぶら下がり続けてすぐに「復旧」することになるのだろうと私は思います。いったいいつまで政府・民主党は「政治とカネ」のぶら下がりを許すつもりなのでしょうか? 多くの国民は本当にうんざりしているはずです。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「予算委」(2011/9/26)

2011-09-26 08:03:57 | 政治・時事

きょうは2011/9/26(月)です。

「予算委」(2011/9/26)

「『言い訳』に 自画自賛する 質問と 追及したり 馴れ合ったりか」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5805人)・行方不明者(4040人)は合わせて1万9845人(9/22現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 きょう9/26から野田佳彦内閣発足後初めての衆院予算委での論戦が始まります。もしも予算委審議が、「政府・民主党が成果だと主張すること」や2009年総選挙マニフェストを実現できなかった言い訳などをダラダラと繰り返す「与党質問」と、政府・民主党の失政をとにかく追及して一刻も早い解散・総選挙を求めたり、逆に補正予算案や復興対策では積極的に協力するというだけの「野党質問」にとどまるのならば時間の無駄に終わってしまいます。国民はお決まりの対立劇にも馴れ合いにもうんざりしていると思います。ぜひ野田首相らの基本的な考えや能力を国民に分かりやすく示すことができるような緊張感のある審議にしてもらいたいものです。そして予算委以外の委員会審議を通じて各閣僚の基本的な考えや能力を十分に明らかにするために国会の会期を再延長することを真剣に検討する必要があると思います。

 もしも政府・民主党が2009年総選挙での公約違反を明確に認めてその責任を取ることがないのならば、民主党が次期総選挙でどんな公約をもっともらしく掲げたとしても国民からは全く信用されなくなるはずです。多くの国民は、民主党の2009年総選挙マニフェストが当初から破たんしていた言い訳や公約違反の責任から逃れるための見苦しい言い訳にはもううんざりしていると思います。くどいようですが、野田内閣は、一分一秒でも早く、少しでも多くの成果を上げなければならないはずです。そろそろ口先だけではなく、結果で示してもらいたいものです。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「国際社会」(2011/9/25)

2011-09-25 09:42:35 | 政治・時事

きょうは2011/9/25()です。

「国際社会」(2011/9/25)

「外遊で 『課題』を増やし 帰国して 何でいつまで 成果を上げる?」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5805人)・行方不明者(4040人)は合わせて1万9845人(9/22現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。福島第一原発1号機の格納容器につながる配管の中に水素が溜まっていることが明らかになっています。

 ロシアのプーチン首相(前大統領)が9/24に2012年3月の次期大統領選に立候補する考えを与党「統一ロシア」の党大会で表明しました。そしてメドベージェフ大統領は下院選で勝利すれば首相になるという考えを示したそうです。政権たらい回しなどという批判も出てきそうです。私としては、これからロシアがどのような国になっていくのか、そしてこれからのロシアが国際社会に与える影響はどのようなものになるのか、そして特に極東地域や日本国に与える影響はどのようなものになるのかなどということに注目しています。

 またパレスチナ自治政府のアッバス議長は9/23にパレスチナの独立国家としての国連加盟を申請しました。中東和平交渉への影響は小さくないのだろうと思います。そして米国外交、オバマ政権への打撃も少なくはないのだろうと思います。たとえ成果がなかなか得られなかったとしても、それでもやはりパレスチナ問題は交渉によって解決していくしか選択肢はないはずです。そのことだけは忘れてはならないと思います。

 さて、きのう9/24夜に野田佳彦首相が帰国しました。あす9/26から衆院予算委での審議が始まります。繰り返しになりますが、野田内閣は、一分一秒でも早く、少しでも多くの成果を上げなければならないはずです。外遊で持ち帰った「宿題」やら「課題」やらも着実に処理する必要があります。まずは政府・民主党が優先順位を付けて何でいつまで成果を上げるつもりなのかということに注目することにします。くどいようですが、国際社会は動いています。日本は国際社会の中で生きているということを忘れてはならないはずです。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「仕事ができる?」(2011/9/24)

2011-09-24 05:23:09 | 政治・時事

きょうは2011/9/24(土)です。

「仕事ができる?」(2011/9/24)

「『彼』となら 仕事ができる そう言った? 仕事ができる 彼ならいいが…」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5805人)・行方不明者(4040人)は合わせて1万9845人(9/22現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 訪米中の野田佳彦首相は9/24未明(日本時間)に国連総会で一般討論演説をしました。またきのう9/23のG20の財務相・中央銀行総裁会議の緊急声明後も、世界的な株安傾向が続いています。おそらくマーケットは、口先だけではなく、少しでも多くの具体的な結果を求めているということなのだろうと思います。

 ちなみにどこか国の大統領がどこかの国の首相について「彼となら一緒に仕事ができる」などと言ったらしいという未確認情報が首相側から流されたようです。事実関係の真偽などは分かりませんが、「しかし、彼はあまりにも仕事ができなかった」などと付け加えられることのないようにしてもらいたいものだと私は思っています。いずれにしても、野田内閣は、一分一秒でも早く、少しでも多くの成果を上げなければならないはずです。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「個人的な信頼関係?」(2011/9/23)

2011-09-23 08:58:58 | 政治・時事

きょうは2011/9/23()です。

「個人的な信頼関係?」(2011/9/23)

「実績は たくさんできた 『お友達』? 『回転ドア』の 外交デビュー」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5805人)・行方不明者(4040人)は合わせて1万9845人(9/22現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 きのう9/22に訪米中の野田佳彦首相は、日米首脳会談に続き、国連本部での原子力安全に関する首脳級会合で演説、日韓首脳会談などを行いました。野田首相の演説には「脱・脱・原発」の意味合いが読み取れると受け止められているようです。もちろん「脱・原発」の定義によっても野田首相の演説に対する評価は変わってくるのだろうとは思います。でも、少なくとも唐突に原発の利用を全面的に否定するようになったり、今まで積極的だった原発輸出に急に消極的になったりするような無責任さがにじみ出ていなかったということだけは間違いなのだろうと私は思っています。

 政府・民主党の一部にはどういうわけか「まずは個人的な信頼関係を築くことから始める」などという幼稚な発想にとらわれた人間たちがいるようです。そもそも「個人的な信頼関係」というのはいったい何を意味しているのでしょうか? 各国の首脳に「お友達」になってもらうということなのでしょうか? まさか日本の政治を私物化する「菅災」を繰り返すつもりなのでしょうか? 相手の立場になってみれば、選挙で国民から信任されて今後4年間ずっと内閣総理大臣であり続けようとする人間ならばともかくとしても、「回転ドア」のようにあと何日内閣総理大臣をやっているのかよく分からない人間と「まずは個人的な信頼関係を築くことから始める」などと考えるわけがないということはすぐに分かるはずだと私は思います。「個人的な信頼関係」などというものは、それなりの時間をかけて地道に一つひとつ「成果」を積み重ねた結果として副次的に生まれてくるものであると私は考えています。「個人的な信頼関係」は互いに協力して何かを成し遂げることによって生み出されるものだと思います。政府・民主党の一部の「まずは個人的な信頼関係を築くことから始める」などという発想は、大人の人間関係、特に、ビジネスなどの公的な人間関係とは相容れない発想、私的なお友達関係の中でしか通用しない非常に幼稚な発想ではないかと私は考えています。政府・民主党の一部の「まずは個人的な信頼関係を築くことから始める」などという幼稚な発想に危うさを感じているのは私だけではないはずです。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「審議拒否」(2011/9/22)

2011-09-22 07:58:36 | 政治・時事

きょうは2011/9/22(木)です。

「審議拒否」(2011/9/22)

「延長後 与野党共に 審議拒否? 予算委だけで 幕引き図る?」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5799人)・行方不明者(4053人)は合わせて1万9852人(9/20現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 非常に強い台風15号は9/21に浜松市付近に上陸、関東、東北南部を通過、そして太平洋上を北上して北海道の南の海上に進んでいます。東京周辺では強い雨と風のピークが帰宅ラッシュと重なって大きな影響が出ました。大震災の被害を受けた東北地方などの被災地での土砂崩れや河川の増水などによる被害も心配です。何度も繰り返していますが、今年は自然災害の恐ろしさを実感する1年になっています。

 さて、訪米中の野田佳彦首相は9/22未明(日本時間)に米国のオバマ大統領と初めての首脳会談を行いました。日米同盟の深化など…。現時点ではまだ詳細な内容は分かりませんが、予想通り「脱・サプライズ」の首脳会談になったようです。コメントは以上です。

 会期延長後の臨時国会は「空転」が続いています。9/26からは予算委が開かれる予定になっているようです。でも、もしもこのまま予算委以外の委員会審議がほとんど行われないのならば、会期を延長した意味がほとんどなくなってしまうと私は考えます。民主党にも、自民党にも、人事的な問題などがあるのかもしれませんが、何にしてもこのままでは与野党による事実上の審議拒否のために会期を浪費したと見なさざるを得なくなります。くだらない人事的な問題で税金を浪費することはやめてもらいたいものです。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「脱・サプライズ」(2011/9/21)

2011-09-21 08:03:12 | 政治・時事

きょうは2011/9/21(水)です。

「脱・サプライズ」(2011/9/21)

「詰まらない 常識的な 対応で 外遊こなす 脱・サプライズ?」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5799人)・行方不明者(4053人)は合わせて1万9852人(9/20現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 本州に接近している非常に強い台風15号の影響が心配です。本州に上陸して日本列島を縦断する可能性が高くなっています。きのう9/20には名古屋市などで100万人以上に対して避難指示・勧告が出ています。また台風12号の被害を受けた紀伊半島ではせき止め湖(土砂ダム)の決壊の危険性が高まっているなどと伝えられています(→参考:2011/9/8付etc.)。何度も繰り返していますが、今年は自然災害の恐ろしさを実感する1年になっています。

 きのう9/20夜に野田佳彦首相は日米首脳会談や国連総会出席などのために米国に向けて出発しました。もしかすると野田首相の外交でのキャッチフレーズは「脱・サプライズ」ということになるのかもしれません。唐突に実現不可能な大風呂敷を広げるような「サプライズ」がないのが最大の成果になるのかもしれないと思います。あまりパッとしない常識的な対応を伝えるニュースが続くことになるのだろうと想像しています。

 国会は民主党側の勝手な事情のために空転を続けています。辞表を提出するとなぜか謹慎になるなどという不可思議な話も聞こえてきますが、辞表を受理しないのならば「罷免」というのが常識的な対応ではないかと私は思います。野田首相の外遊中も可能な限り委員会審議を進めてもらいたいものですが…。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「外遊へ」(2011/9/20)

2011-09-20 01:29:09 | 政治・時事

きょうは2011/9/20(火)です。

「外遊へ」(2011/9/20)

1年で 辞めた人から 言われても 説得力は あるのかどうか…」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5790人)・行方不明者(4056人)は合わせて1万9846人(9/16現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 奄美大島付近を北上している台風15号の影響が心配です。本州に上陸・縦断する可能性も出てきました。そして台風12号の被害を受けた紀伊半島ではせき止め湖(土砂ダム)の決壊の危険性が高まっているなどと伝えられています。

 さて、きょう9/20に野田佳彦首相が初の外遊に出発します。日本国から国連総会には2006年からもう6年に渡って内閣総理大臣が出席しなかったり毎年別の内閣総理大臣が出席したりしているということになります。これでは国際社会における日本国の存在感は低下する一方です。一日本国民としては、できれば来年こそは新しい内閣総理大臣が出席したり内閣総理大臣が出席しなかったりなどということがない方がいいと思います。

 ちなみに2009年総選挙で有権者から首相候補として信任されたにもかかわらず、約1年で勝手に辞めてしまったどこかの元首相が首相がクルクル代わるようではダメだとか何とかと言ったらしいです。何と説得力がある言葉なのだろうと思った人はごくわずかではないかと私は思います。以前から何度も繰り返していますが、もしも「総選挙で有権者に信任された人物が内閣総理大臣を辞めるときには必ず解散・総選挙を実施しなければならない」という議会制民主主義の本質を重視したルールを定めてすべての政党・政治家に守らせたならば、さすがに1年ごとに内閣総理大臣を辞めさせるようなことはなかなかできなくなるのではないかと私は考えています。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「停滞」(2011/9/19)

2011-09-19 07:50:11 | 政治・時事

きょうは2011/9/19()です。

「停滞」(2011/9/19)

「台風も 野田政権も 停滞し 日本が受ける 被害は増える?」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5790人)・行方不明者(4056人)は合わせて1万9846人(9/16現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 沖縄付近の海上に停滞している台風15号の影響が心配です。台風12号の被害を受けた紀伊半島ではせき止め湖(土砂ダム)の決壊の危険性が高まっているなどと伝えられています。

 発足したばかりの野田佳彦内閣も「停滞」し始めているようです。当たり前の話ですが、内閣総理大臣が代わるだけですべての停滞していた物事が一気に進むようになるなどと楽観的に考えるのは間違いです。どんなものについて何らかの結論を出す場合であっても、確かにある程度の時間は必要になります。もちろん野田内閣になってから政府・民主党が事実上何もやっていないというわけでもないのだろうと思います。でも、それにしてもあまりにも成果が少なすぎはしないかと漠然と思い始めている人たちの数は増えているのではないかと私は思います。

 あす9/20から野田首相が外遊に出発します。野田首相は国連演説などで唐突に実現不可能な大風呂敷を広げるような愚かなことはしないのだろうと思います。そういう点では安心感があります。でも、今のうちに何らかの「成果」のための「芽」や「種」ぐらいは用意しておかなければそう遠くないうちに政権は行き詰まってしまうと私は思います。顔合わせ程度の首脳会談や国連演説などはほとんど成果にならないということを忘れてはならないと思います。政権が行き詰まって困るのは政府・民主党だけではありません。政権の行き詰まりによって多くの国民には様々な実害が生じるはずです。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント

「陳情」(2011/9/18)

2011-09-18 09:56:13 | 政治・時事

きょうは2011/9/18()です。

「陳情」(2011/9/18)

「『要望』し 『陳情』すれば 十分か 無駄を残せば 復興できず」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5790人)・行方不明者(4056人)は合わせて1万9846人(9/16現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 2011年度第3次補正予算案や復興財源の確保をめぐる動きが活発になっています。臨時増税に安易に依存するのではなく、政府の税外収入をさらに活用しようという主張も強まっています。言うまでもなく具体的にどのように復興財源を確保していくのかは重要な問題です。しかし、私としては、「復興」のための予算の具体的な中身を厳しく精査していくことの方がはるかに重要ではないかということをあえて指摘しておくことにします。大震災からの復旧・復興のためには膨大な予算が必要になりますが、当然ながら復興のために費やすことができる財源には限りがあるはずです。もしも「復興」を目的に掲げてさえいればどんな予算でも簡単に認められてしまうかのような間違った印象を持たれることになれば、多くの国民から臨時増税に対する理解が得られなくなってしまうはずです。

 政府・民主党の関係者が被災地を視察に訪れるたびに地元の首長らが復旧・復興のために必要なことを要望する。そして被災地の首長らが「陳情」のために永田町や霞が関などを頻繁に訪問する。確かに地方分権が十分ではない現状では他に選択肢はないのだろうと思います。しかし、こうした旧態依然とした光景に違和感を覚えているという人たちも少なくはないと思います。そして私はこうした類の「陳情」などをしなければならない制度で本当に効率的に復興を進めていくことができるのかどうかがそもそも疑問です。私は、被災地の復興を真剣に考えれば考えるほど、「復興」を名目に掲げた様々な税金の無駄遣いが行われる可能性を限りなくゼロに近づけようとする努力が不足しているということをあえて指摘しなければならないと強く思います。大震災からの復興でも税金の無駄遣いをなくすための不断の努力をしなければ、本当の意味での復興を成し遂げることは難しくなると私は考えています。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

きょうは2011/9/18()です。

「陳情」(2011/9/18)

「『要望』し 『陳情』すれば 十分か 無駄を残せば 復興できず」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5790人)・行方不明者(4056人)は合わせて1万9846人(9/16現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 2011年度第3次補正予算案や復興財源の確保をめぐる動きが活発になっています。臨時増税に安易に依存するのではなく、政府の税外収入をさらに活用しようという主張も強まっています。言うまでもなく具体的にどのように復興財源を確保していくのかは重要な問題です。しかし、私としては、「復興」のための予算の具体的な中身を厳しく精査していくことの方がはるかに重要ではないかということをあえて指摘しておくことにします。大震災からの復旧・復興のためには膨大な予算が必要になりますが、当然ながら復興のために費やすことができる財源には限りがあるはずです。もしも「復興」を目的に掲げてさえいればどんな予算でも簡単に認められてしまうかのような間違った印象を持たれることになれば、多くの国民から臨時増税に対する理解が得られなくなってしまうはずです。

 政府・民主党の関係者が被災地を視察に訪れるたびに地元の首長らが復旧・復興のために必要なことを要望する。そして被災地の首長らが「陳情」のために永田町や霞が関などを頻繁に訪問する。確かに地方分権が十分ではない現状では他に選択肢はないのだろうと思います。しかし、こうした旧態依然とした光景に違和感を覚えているという人たちも少なくはないと思います。そして私はこうした類の「陳情」などをしなければならない制度で本当に効率的に復興を進めていくことができるのかどうかがそもそも疑問です。私は、被災地の復興を真剣に考えれば考えるほど、「復興」を名目に掲げた様々な税金の無駄遣いが行われる可能性を限りなくゼロに近づけようとする努力が不足しているということをあえて指摘しなければならないと強く思います。大震災からの復興でも税金の無駄遣いをなくすための不断の努力をしなければ、本当の意味での復興を成し遂げることは難しくなると私は考えています。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

 

コメント

「増税へ」(2011/9/17)

2011-09-17 09:17:52 | 政治・時事

きょうは2011/9/17(土)です。

「増税へ」(2011/9/17)

「財源は 10年とかの 増税か 精査をすべき 復興予算」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5790人)・行方不明者(4056人)は合わせて1万9846人(9/16現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 きのう9/16で閉会する予定だった第178臨時国会の会期が14日間延長されて9/30までになりました。会期は最初から最低でもこの程度の長さにしておくべきだったと思っている人たちも少なくはないはずです。コメントは以上です。

 さて、復興財源を確保するための増税をめぐる話が盛んになっています。法人税や所得税などを何年か上乗せするなどという案が出てきています。どうやら消費税は臨時増税の対象にはならないようです。そして臨時増税の期間は3年とか、5年とか、10年とか…。やはり政府が持っている株式や資産を売却したとしても、かなりの増税が必要になってくるのだろうと思います。

 確かに復興財源をどのように確保するのかということは大事なことです。でも、財源確保の話ばかりではなく、そろそろ「復興」のために必要だという予算の具体的な中身を厳しく精査することも必要になってきます。もしも「復興」を目的に掲げてさえいればどんな予算でも認められてしまうかのような間違った印象を持たれることになれば、多くの国民から臨時増税に対する理解が得られなくなってしまうはずです。「復興」のための予算の具体的な中身を厳しく精査することが必要です。

コメント

「延長へ」(2011/9/16)

2011-09-16 07:18:57 | 政治・時事

きょうは2011/9/16(金)です。

「延長へ」(2011/9/16)

「『4日』から 『正心誠意』 延長へ? 無駄な時間も 延長なのか?」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生から6カ月が経過しました。相変わらず地震や津波などによる甚大な被害の全体像を正確に把握できない状態が続いていますが、死者(1万5788人)・行方不明者(4057人)は合わせて1万9845人(9/15現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 野田佳彦首相の所信表明演説と代表質疑だけのわずか4日間できょう9/16に閉幕する予定だった臨時国会の会期が急きょ延長される方向性になっているなどと伝えられています。わずか4日間の会期という発想にそもそも無理があったのだろうと思います。その上で、いくら野田首相が「想定の範囲内」の文書を「正心誠意」朗読したとしても、本当の意味での「誠心誠意」の答弁を待ち望んでいる国民から見れば、会期を延長しても無駄な時間が延長されるだけの結果に終わるのではないかと私は心配しています。野田首相はもっと答弁の中身に真心を込めるべきです。

 ちなみに緊張感が全くない本会議場の「ひな壇」では、どういうわけか首相の答弁中に私語を繰り返すような不真面目な閣僚もいました。私としては、本会議での代表質疑よりも、予算委での審議よりも、むしろ各大臣、各副大臣の基本的な考え方や能力・専門知識などを各委員会で徹底的に追究することによって野田首相が本当に適材適所の人事を行ったのかどうかを検証してもらいたいものだと思っています。会期を延長するのならば、ぜひ予算委以外の委員会審議を活発に行って各大臣、各副大臣の資質を国民に明らかにしてもらいたいものです。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net:現在、まだ準備中です。

コメント