自由自律(日本国&仙台&東京)・千葉 潤(無所属、jchiba)のきょうのひとこと

「他人事」のようにコメントしていた元総理大臣やマスコミとは別の視点で政治関連の動きをコメント。

「効率的な対策」(2020/2/9)

2020-02-09 14:19:11 | 政治・時事

きょうは2020/2/9(日)です。

「効率的な対策」(2020/2/9)

『重症化』 している理由 分析し 効率的な 対策にする!」-

相変わらず中国・湖北省の武漢市を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスによる「新型肺炎」の波紋が広がっています(→参考:2020/2/8付、2020/2/7付、2020/2/5付、2020/2/3付、2020/2/1付、2020/1/30付、2020/1/28付、2020/1/26付、2020/1/24付。2/9午前までの「新型肺炎」による死者は800人以上に。2/8には中国・武漢で入院していた「新型肺炎」の疑いのある日本人男性(60代)が死亡したことが明らかに)。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために乗客らの上陸が認められずに横浜港内に停泊するなどしているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」などに関連した情報が繰り返し報道されています(→約3600人の乗客・乗員は2/5から14日間は客室内などに待機予定。持病のために必要な医薬品を求めている乗客らのうち緊急性の高い約500人に対して必要な医薬品を提供へ。外国人が求めた日本国内で未承認の医薬品があることが提供が遅れている理由の1つだという。またその他にも日本に入港予定の大型客船に関する情報も)。

おそらくあと少しすれば新型コロナウイルスによる「新型肺炎」の対策について一度立ち止まって考えることができる時間的な余裕が生まれるのではないかと思います。そもそも「新型肺炎」が「重症化」している理由はいったい何なのでしょうか? どんなに少なくとも「新型肺炎」は致死率と感染力が極めて高いような非常に危険な種類の疾病でないことだけは確かなようです。「新型肺炎」が「重症化」している人たちが特定の年代の人たちに大きく偏っていたり、何らかの持病を持っていた人たちが多かったり、あるいは、特定の地域で発症して特定の地域で治療を受けている人たちに大きく偏っていたりするのならば、「新型肺炎」の対策をより効率的なものにすることは十分に可能ではないかと思います。当たり前と言えば当たり前の話ですが、医師や看護師の人数、そして病床の数や医薬品の量が患者の数に対してあまりにも不足しているのならば、つまり適切な医療環境が整っていない状況であるのならば、本来ならば「重症化」しないはずの患者までをも「重症化」させてしまうのではないかと思います。きょうのところはこれ以上の深入りはしないことにしておきます。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net

Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「予防のために…」(2020/2/8) | トップ | 「まずは整理して…」(2020/2/10) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治・時事」カテゴリの最新記事