自由自律(日本国&仙台&東京)・千葉 潤(無所属、jchiba)のきょうのひとこと

「他人事」のようにコメントしていた元総理大臣やマスコミとは別の視点で政治関連の動きをコメント。

「『お墨付き』」(2020/3/20)

2020-03-20 15:33:19 | 政治・時事

きょうは2020/3/20(金)です。

「『お墨付き』」(2020/3/20)

『お墨付き』 得られることを 待てるのか? 自分自身で 判断すべき!」-

中国・湖北省の武漢市などから地球規模で感染が拡大している新型コロナウイルスによる「新型肺炎」(→「COVID-19」とWHOが命名)は世界に大きな悪影響を及ぼし続けています(→イタリアでは3/19に新型コロナウイルスによる死者が3405人となって中国を上回って世界最多に。これまでにイタリアの感染者数は4万人を超え、集中治療室や人工呼吸器などが不足しているという。またフランスでも新型コロナウイルスの感染者数は1万人を超えている。ちなみに大阪府の吉村洋文知事が3/19夕に3/20-3/22の大阪-兵庫間の不要不急の往来を控えるように要請。そして新型コロナウイルス対策のための政府の専門家会議が3/19夜に開かれて提言を発表(→参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00093.html)、など)。

非常に残念なことではありますが、おそらく新型コロナウイルスによる様々な悪影響は長く続くことになってしまうのかもしれないと思い始めています。あえて言い換えるのならば、地球上のほとんどすべての人たちは新型コロナウイルスによる様々な悪影響とこれから長く付き合っていくことになってしまうのかもしれないと思います。もしそうであるとするのならば、一人ひとりが自分自身でしっかりと考えて正しく判断することが重要になってきます。確かに国や専門家などの「お墨付き」のようなものが得られたことだけをしていれば危険性は最も少なくなるのだろうと思います。しかし、新型コロナウイルスによる様々な悪影響があっても「絶対に今やらなければならないこと」は「絶対に今やらなければならないこと」のまま変わらないはずなのです。ですから、たとえ国や専門家などの「お墨付き」のようなものが得られていないことであったとしても、場合によっては自分自身でしっかりと考えて「絶対に今やらなければならないこと」を正しく判断していかなければならないこともあるのです。当たり前といえば当たり前の話ですが、それぞれの人たちには国や専門家などの「お墨付き」のようなものが得られるまでやらずに待っているわけにはいかないこともあるのです。きょうのところはそのことをあえて指摘した上で強調するだけにとどめることにしておくことにします。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net

Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「『あの日』から25年」(2020... | トップ | 「言い換え」(2020/3/21) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治・時事」カテゴリの最新記事