自由自律(日本国&仙台&東京)・千葉 潤(無所属、jchiba)のきょうのひとこと

「他人事」のようにコメントしていた元総理大臣やマスコミとは別の視点で政治関連の動きをコメント。

「これまでに…」(2020/3/24)

2020-03-24 13:01:28 | 政治・時事

きょうは2020/3/24(火)です。

「これまでに…」(2020/3/24)

これまでに 準備したもの どうするか? どんな形で いつまで延期?」-

中国・湖北省の武漢市などから地球規模で感染が拡大している新型コロナウイルスによる「新型肺炎」(→「COVID-19」とWHOが命名)のために今年2020年7-9月に開催される予定の東京オリンピック(2020/7/24-2020/8/9)・パラリンピック(2020/8/25-2020/9/6)が延期になる可能性が高まっています。マスメディアでは東京オリンピック・パラリンピックの延期関連の情報があふれています。

繰り返しになりますが、新型コロナウイルスが地球規模で感染を拡大していてその終息の見通しの立っていない現状から判断するのならば、残念ながら今年夏の東京オリンピック・パラリンピックを延期することはやむを得ないことなのだろうと思います(→参考:2020/3/23付、2020/3/16付)。その上で、あえて指摘させてもらうのならば、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催のためにこれまでに準備してきた様々なものをいったいどうするのかということを真剣に考える必要があるはずなのです。まさかこれまでに準備してきた様々なもののすべてを無駄にしてしまうつもりなのでしょうか? 仮に東京オリンピック・パラリンピックを延期することが決定されたとしても、東京オリンピック・パラリンピックが開催される予定だった期間中に開催される予定だったそれぞれの会場は「何らかの別のイベント」のために転用することも不可能ではないはずなのです。たとえば、地球規模で感染が拡大している新型コロナウイルスに脅威を感じている地球上のすべての人たちを応援するための「無観客のイベント」を東京オリンピック・パラリンピックが開催される予定だった壮大な会場から全世界に向けて中継することも真剣に検討すべき「選択肢」の1つになるのではないかと思います。「人類がコロナウイルスに打ち勝つ証として東京オリンピック・パラリンピックを完全な形で実現する」などということを示す日本から全世界に向けた何らかの強いメッセージが必要であると私は考えています。何にしても仮に東京オリンピック・パラリンピックが延期されるとするのならばどんな形でいつまで延期されるのか…。とりあえずきょうのところはこれ以上の深入りはしないことにしておきます。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net

Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「延期する?」(2020/3/23) | トップ | 「前向きに」(2020/3/25) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治・時事」カテゴリの最新記事