自由自律(日本国&仙台&東京)・千葉 潤(無所属、jchiba)のきょうのひとこと

「他人事」のようにコメントしていた元総理大臣やマスコミとは別の視点で政治関連の動きをコメント。

「次の総理は?」(2012/8/10)

2012-08-10 08:45:11 | 政治・時事

きょうは2012/8/10(金)です。

「次の総理は?」(2012/8/10)

「法律が 成立すれば 近いうち 次の総理の 顔も見たいが…」-

 「東日本大震災」(→国内観測史上最大・世界最大規模(2011/3/11、PM2:46頃、マグニチュード(M)9.0に修正)。「平成23年東北地方太平洋沖地震」、「東北関東大震災」などとも)発生からもうすぐ1年5カ月になります。死者(1万5868人)・行方不明者(2848人)は合わせて1万8716人(8/8現在、警察庁発表)に上っています。そして大震災をきっかけに発生した東京電力の福島第一原子力発電所の事故は極めて深刻な状態が長期化しています。

 きのう8/9夜に衆議院本会議で野田内閣不信任決議案が否決されました。そして消費税増税関連法案などはきょう8/10に成立する見通しになっています。法律が成立すれば「近いうち」なのでしょうか? 何度も繰り返していますが、このまま闇雲に解散・総選挙に突入するのではなく、次の総選挙後に誰を内閣総理大臣にするべきかということを真剣に考えなければならないと私は考えています。何にしても「近いうち」や「近い将来」よりももっと早く次の内閣総理大臣候補の「顔」をハッキリと国民に示さなければならないはずです。

 「次の内閣総理大臣候補」と「次の総選挙後の4年間に実現を約束させる現実的な公約」も示さずに解散・総選挙だとか何とかと大騒ぎしている「政治家の生活が第一」の人間たちを少しも評価できないないのは私だけではないはずです。このまま闇雲に解散・総選挙に突入しても総選挙後は今と同じかそれ以上にひどい「決められない政治」になるだけだということがどうして分からないのでしょうか? 何としてでも次の総選挙で「政治家の生活が第一」の人間たちを一掃しなければならないと私は強く思います。

 国際社会の中の日本国という視点も絶対に見失ってはならないはずです。あえて個別具体的な事実関係については触れませんが、日本国と日本国民の利益のために、次の総選挙後は最低でも約4年間に渡って安定した強力な政治勢力に支えられる内閣総理大臣を絶対に選ばなければならないと私は強く思います。このままでは日本国と日本国民の利益が次々と失われていきます。

 次の総選挙では各政党・各候補者に次の総選挙後からその次に解散・総選挙が行われるまでの最長4年間は一人の同じ人物に内閣総理大臣を務めさせると「確約」させたいものです。つまり総選挙で信任された内閣総理大臣(候補)が辞めるときには有権者から信任されない人物を勝手に内閣総理大臣にするようなことはせずに必ず解散・総選挙を行うと「確約」させたいものです。私は、実現可能な政策を掲げることもできず、「内閣総理大臣にふさわしい有能な政治指導者」を首相候補として掲げることもできないような政治集団は、政党ではなく、「選挙のための徒党」にすぎないと見なしています。また私は、各政党は、消費税増税の是非を含め、それぞれの社会保障制度改革案を実現可能な形で示し、次の総選挙で有権者に判断を求めるべきだと考えています。私は、次の総選挙は「次の約4年間に実現を目指す政策」と「次の約4年間に内閣総理大臣を務める内閣総理大臣候補」を共有した安定的な政治勢力同士が競い合って単独過半数を争うような選挙にしなければならないと考えています。そのためには次の総選挙前に政界を再編することが必要不可欠です。次の約4年間こそは1人の同じ内閣総理大臣の下で有権者に選挙で公約した政策を実現していかなければならないと考えています。

=======================================

 <基本方針 -「解散・総選挙に関する方針」(2012/6/5策定)->

<1>私は、民主党は「消費税増税に賛成する勢力」と「消費税増税に反対する勢力」に分裂した上で、次の総選挙でそれぞれの主張を堂々と別々に有権者に訴えるべきだと考えています。重要政策でさえも主張が完全に食い違っている状態では総選挙で有権者にいったい何を公約することができるのでしょうか? 本来同じ政党にいるべきではない人間たちが選挙のために一緒になって「政党」をでっち上げているという現実をしっかりと見据えなければ日本の政治を改善することはできないと思います。その上で、次の総選挙では、2009年総選挙で実現不可能な政策を掲げて結果的に国民を欺いて議員バッチを付けた人間たち、さらに総選挙後に民主党から脱走して任期の途中で公約の実現を放棄した議員バッチを付けた人間たちを確実に落選させなければならないと考えています。

<2>私は、国会議員としてはどんなに能力のないお粗末な人間であったとしても、ひとたび現職になれば、大きな不祥事がない限り、その後はほぼ自動的に公認され続けていくという悪しき慣行が日本の政治のレベルを大きく低下させていると考えています。各党が公認する予定の現職議員や予定候補者は本当に国会議員としてふさわしい人物なのでしょうか? 私は、永田町周辺にも、それぞれの選挙区にも、都合の良いときだけ「公募」を利用したり世間の「風」をうかがって「総選挙」から逃げ回ったりするような「AKBもどきのおじさん」や「お天気おじさん」は不必要だと考えています。少なくとも政権を担当する意思を持った政党は、現職議員や予定候補者がいる場合であっても候補者選定のための予備選挙を実施するべきであると考えます。

<3>私は、次の総選挙(衆議院選挙)は次の約4年間に誰を内閣総理大臣にするのかを決める選挙にしなければならないと考えています。そして次の総選挙では、約4年間に渡って次の内閣総理大臣と共に公約した内容を実現していくことができるだけの十分な能力を持った国会議員によって構成される「安定的な政治勢力」を作り出す必要があると考えています。そのためには選挙運動にインターネットを利用できるようにする公職選挙法改正を含めた様々な準備が必要になると考えています。次の総選挙での「魔法の言葉」は「大阪都」や「道州制」、あるいは「政経塾」や「政治塾」のような三文字になってしまうのでしょうか? 「郵政民営化」や「政権交代」を叫んでウジャウジャと増えた「なんとかチルドレン」では日本国を良くすることはできなかったということを絶対に忘れてはならないはずです。

=======================================

 <基本方針 -「政局への対処方針」(2011/9/1策定)->

(1) 私は、次の総選挙で菅直人氏という日本の歴史の中で最も「無知」「無能」な「あまりにもお粗末な内閣総理大臣」を選んだ民主党などの人間たちの責任を問わなければならないと考えます。

(2) したがって、2009年総選挙などで有権者に掲げた公約違反の責任や「あまりにもお粗末な人間」を内閣総理大臣に選んだ責任を取ろうともしない民主党を中心とする政治勢力とは敵対関係を維持し続け、政界再編を視野に入れながら野党的立場を貫き続けます。

(3) また日本の民主主義のために、「中身のないテレビ政治」、「選挙のための政治」、「勘違いした余計なお世話がはびこる政治」を厳しく監視し続け、それらを排除するための活動を継続します。

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net、Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「近いうちに」(2012/8/9) | トップ | 「占拠」(2012/8/11) »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
失業保険~老人失業者~生活保護~。 (謎の三文字∬村石太&ヒッピー)
2012-08-10 13:15:59
消費税増税 で プログ検索中です
私は 消費税増税反対です
今日の 午後 決まるのかなぁ
社会保障は 具体的に 何に使うのかなぁ
イギリス オリンピック すごいですね
イギリスの失業率を 考えます。
政治研究会(名前検討中

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治・時事」カテゴリの最新記事