自由自律(日本国&仙台&東京)・千葉 潤(無所属、jchiba)のきょうのひとこと

「他人事」のようにコメントしていた元総理大臣やマスコミとは別の視点で政治関連の動きをコメント。

「本当に?」(2017/6/21)

2017-06-21 07:50:38 | 政治・時事

きょうは2017/6/21(水)です。

「本当に?」(2017/6/21)

本当に そんな話に なるのかな? 『検証』抜きで 判断できず!」-

きのう6/20午後に東京都の小池百合子都知事は築地市場の豊洲新市場への移転問題について臨時の記者会見を開きました。そして小池都知事は豊洲新市場に移転した上で築地市場の跡地を再開発して市場機能も確保していくなどとする「基本方針」を明らかにしました。ちなみに小池都知事は「築地は守る、豊洲を活(い)かす」というキャッチフレーズかスローガンのようなものを示していました。

率直に言わせてもらうのならば、テレビを見ていたごく普通の多くの人たちを含めたほとんどの人たちには「このまま『豊洲』に移転するけれども『築地』も新しくしてまた使う」という程度のことしか伝わらなかったのではないかと思います。私としては、小池都知事の「基本方針」は「『豊洲』か『築地』か」を選ぶのは難しいから「『豊洲』も『築地』も」という選択肢をなんとか探そうということなのだろうと受け止めています。でも、本当にそんな話になるのでしょうか? 小池都知事の「基本方針」は話を具体的にしていけばいくほど疑問点や実現のための課題が次々と積み上がっていくことになるのです。そしてごく普通の多くの人たちの最大の疑問は「財源」ではないかと思います。ごく普通の多くの人たちの素朴な疑問は、「『豊洲』か『築地』か」どちらか1つでもおカネがかかってかなり厳しいという話だったのに、どうして「『豊洲』も『築地』も」と2つにするとおカネの問題を解決することができるようになるのかということではないかと思います。ごく普通の多くの人たちは余程分かりやすくて説得力のある客観的な根拠が示されない限り小池都知事の話を理解することはなかなかできないのではないかと思います。

もちろん必要な財源がどこかから湧いて出てくるのならば「『豊洲』も『築地』も」という選択肢は夢のような理想的な選択肢になるのだろうと思います。しかし、世の中にはそんなに上手い話が転がっているとは私にはなかなか思えないのです。そしておそらく小池都知事の「基本方針」を聞いただけで「『豊洲』も『築地』も」という「プロジェクト」に十分な利益が期待できると判断して投資してみようという気になったという人たちもいなかったのではないかと思います。何にしても新たに費やされることになる東京都民の税金がどれだけの金額になりそうなのかということについても客観的な根拠を示しながらきちんと説明してもらいたいものです。当たり前と言えば当たり前の話ですが、小池都知事の「基本方針」は裏付けとなる客観的な根拠などの「検証」抜きで判断することはできないということをあえて強調しておくことにします。この問題についてはまた取り上げることにします。

さて話は変わります。最近は永田町周辺で誰がいつどんな形で作成したのかも不明な「怪しげなメモ」がどこかに残されていてその存在が様々なタイミングで明らかになって波紋が広がるという事例が相次いでいます。もちろん当事者が自分自身の発言内容やそれに対する相手側の発言を記録したことがハッキリしているような「メモ」ならば書かれている内容を検証してみる価値はあるのだろうと思います。しかし、どうやら不正確な「伝聞」や根拠のない強い思い込みに基づいて作成された「質の悪い怪しげなメモ」もずいぶんと出回っているようです。いくら外部に公開されることが想定されていない「メモ」であったとしても内部の複数の人間で「共有」することを目的にして作成されているのならば書かれている内容について責任が問われないわけがないのです。そしてその「メモ」が公務員が職務上作成したものであるのならば内容の正確性や職務として作成した者の責任が厳しく問われることになるはずです。税金を使って作成した「行政文書」の隠ぺいや不正廃棄だけではなく、税金を使って不正確な内容の「行政文書」を作成するようなことも国民に対する背信行為になるはずです。いずれにしても永田町周辺で出回っているらしい誰がいつどんな形で作成したのかも不明な「怪しげなメモ」の類についてはその裏付けとなる客観的な証拠の「検証」抜きで判断することはできないということをあえて強調しておくことにします。この問題についてもそう遠くないうちにまた取り上げることにします。

=======================================

 (twitter:http://twitter.com/jchiba_net

Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

 

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「言ってはいない?」(2017/6... | トップ | 「『なかったこと』に?」(20... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治・時事」カテゴリの最新記事